1. TOP
  2. 現金化の実際の被害とは?被害者のリアルな体験談を見てみよう
クレジットカード現金化マニュアル

現金化の実際の被害とは?被害者のリアルな体験談を見てみよう

クレジットカード現金化には悪質業者も多く、詐欺被害に遭ってしまう人もいます。

では、実際にはどのような被害に遭っているのでしょうか。

体験談の話を聞いてみました。

クレジットカード現金化は良いシステム

被害者体験談

クレジットカード現金化は、お金が必要であるにもかかわらず、お金を借りられない人にとっては、非常に助けになるシステムです。

しかし、クレジットカード現金化の中には悪質業者も多いですし、現金化目的の利用は、クレジットカード会社の利用規約に違反となる可能性も高いものです。

だからこそ、クレジットカード現金化を危険視したり、犯罪だと断定して非難する声もあります。

とはいえ、クレジットカード現金化に助けられている人も事実なのですから、それは否定できないでしょう。

筆者が、ライターとしてクレジットカード現金化と縁を持ったのは、2015年初めのことであり、そう考えるともう2年半以上が経過しています。

当初、クレジットカード現金化業者を調査する上で、色々な悪質業者にも直接電話し、クレジットカード現金化はおかしな方法である、悪であると思ったこともありました。

一方で、中には優良業者があることも知りました。

優良業者は真っ当なサービスをしており、グレーだとされている業界の中での厳しさもありながら、クリーンな営業を続けています。

被害者体験談

そして何より、クレジットカード現金化によって助けられた、実際の利用者の声も聴いていくうちに、クレジットカード現金化は必要であるという意見に達しています。

悪であるとする意見もあり、百歩譲って悪と認めるにしても、必要悪だと思っています。

だからこそ、悪質業者の存在が一層いまいましくもあります。

利用者がきちんと知識をつけて優良業者だけを利用し、悪質業者など干上がってしまえばいいのにといつも思っています。

当サイトで悪質業者の見抜き方をくどくど説明しているのは、そう思っているからです。

本稿でも、皆さんが適切に悪質業者を避けていくための動機付けとして、悪質業者の怖い話を一つしてみましょう。

クレジットカード現金化を調査する中で、筆者はTwitterで被害者から話を聞くことができました。

本稿で記載する内容は、その被害者からダイレクトメッセージで聞いた体験談です。

体験談

被害者体験談

では、その内容を見ていきましょう。

被害者にインタビュー

どうしてクレジットカード現金化を利用しようと思ったのですか?
お金が必要だったからです。
消費者金融から借りるという選択はなかったのですか?
その時は全然知識がなくて、消費者金融は危ないと思ってました。
なるほど。クレジットカード現金化のほうがマシだと。
クレジットカードだったらもう持ってるわけだし、その中の枠だけ使うし、返済はカード会社ですし。
闇金みたいに、たくさんの利息を課せられることはないと思ったんですね。
はい。ショッピング枠以上に借りれないし、利息も安いですよね少し。
そうですね。クレジットカード現金化のことは知っていたんですか?
知らなかったですけど、ネットで調べました
どのような感じで調べたか覚えていますか?
覚えてないです。

お金を作る方法を色々調べているうちにたどり着いた、という感じでしょうか。
たぶんそうだったと思います。2ちゃんとかだったかもしれないです。
掲示板には業者が書き込んでいることもありますからね。リンクを踏んだのかもしれないですね。
そんな気もします。そこらへんはあんまり覚えてないです。
業者の比較などはしなかったですか?
してないと思います。たくさんの業者があるって、後で知りましたから。
わかりました。では、被害の流れを教えてください。
どこから話したらいいか分からないです…
では、利用の流れはどのような感じでしたか?
業者のホームページから申し込んだと思います。あんまり覚えてないんです、すみません。
いえいえ。申し込んだら、電話が来たという流れでしょうか。
電話した記憶はあります。そうかもしれないです。
それで、業者から商品を購入したという流れですか?
そうです。
何を買ったか覚えていますか。
ノートパソコンとDVDプレーヤーです。
すみません、もしかして買取方式ですか?
買取方式ってなんですか?
クレジットカード現金化は買取方式とキャッシュバック方式があります。簡単に言うと、買取方式は業者から言われた商品を買って、それを業者に買い取ってもらう方法です。キャッシュバック方式は、業者から言われた商品を買って、キャッシュバックを受ける方法です。
パソコンとか買って、業者が買ってくれるなら買取方式ですか?
そうです。
業者の説明だとそうでした。業者から言われて買ったのを、買い取ったら現金を振り込むといわれたので。
いくら分買いましたか?
50万円近くです。48万とかだったと思います。ショッピング枠全部使いました。
商品は一旦受け取ってから送りましたか?
業者にそのまま送りました。買う時に送り先を業者の事務所にするように言われていたので。
その後、どうなりましたか?
業者は、たぶん電話で『〇日くらいかかる』とか言ってたと思います。でも振り込まれませんでした。
配送と査定で2~3日はかかるでしょうね。
でも、5日くらいたっても振り込まれないから、電話したんです。そしたら、名前聞かれて、担当者は誰ですかって言われました。でも覚えてなくて、そう言ったら、申し込んだ日とか聞かれて、調べて折り返すって言われました。でも、折り返しがなくて、電話しても出なくなったんです。
それで、お金が振り込まれなかったんですね。
騙されたとわかったので、商品を買ったところにも電話したんですけど、もう商品は送ったし、送り先で受け取られているからどうにもできないと言われました。警察に相談してみたらとかも言われました。
どこかに相談しましたか?
してないです。
どうしてですか。
多分お金返ってくる気しないし面倒くさいです。
50万円の被害ですが、面倒くさいで済ませられますか?

ここで返信は帰ってこなくなりました。

インタビューも面倒くさくなってしまったのかもしれません。

しかし、警察などに相談しなかったのは正解でしょう。

手数料を大幅に差し引いて一部を振り込んで済ませようとするのではなく、利用した料金を完全にだまし取ってしまうような悪質業者ですから、警察に訴えられたときの対策は普段からしているはずで、容易には捕まらないでしょう。

さらに、警察に相談すればクレジットカード会社にも情報を求められ、クレジットカード会社は現金化した事実を知り、クレジットカードを利用停止、残債の一括請求をしてくる可能性が高いです。

そうなれば、更なる痛手を被ることになります。

それまで筆者は、キャッシュバック方式で騙されたケースを多く聞いてきました。

還元率が大幅に引き下げられた、即日と言いながら即日ではなかった、クレジットカードの暗証番号を聞かれたなどの被害でした。

しかし、買取方式の業者の被害談を聞くことができ、勉強になりました。

クレジットカード現金化業者には、この被害者のようなパターンで詐欺を働く業者もあります。

業者としては、騙して商品を買わせ、自社に送らせ、利用者のことは無視してそれを転売し、利益を得ています。

買取方式だから怪しいというわけではありません。

しかし、買取方式でありながら、店舗を構えずにネットだけで営業し、商品を自社に送らせるスタイルの業者は怪しい業者が多い気がしています。

商品を送らせ、査定したから現金を振り込むなどと言っておき、査定結果が悪かったとして低い金額しか振り込まないという詐欺も聞いたことがあります。

買取方式よりも、キャッシュバック方式の方が安全でしょう。

少なくとも「査定の結果、還元率が落ちましたといった言い訳は通用しないシステムだからです。

とはいえ、キャッシュバック方式にも悪質業者はたくさんあります。

皆さんは、当サイトの記事でしっかり勉強して、優良業者だけを利用してほしいと思います。

まとめ

被害者体験談

この体験談の被害者は、典型的な例です。

クレジットカード現金化について、大した知識を持たずに利用し、業者の言いなりになって詐欺に遭っているのです。

業者からすれば最も騙しやすい種類の人であり、鴨が葱を背負って来たようなものです。

クレジットカード現金化を利用するとき、何よりも自分を守ってくれるのは正しい知識です。

皆さんも、しっかりと知識をつけてから利用することをおすすめします。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル