1. TOP
  2. 現金化の方法
  3. 必要なもの
  4. 【不安】クレカ現金化では本人確認書類を求められるのが当然です!
クレジットカード現金化マニュアル

【不安】クレカ現金化では本人確認書類を求められるのが当然です!

クレジットカード現金化では、本人確認書類を求められます。

これは、クレジットカードが本人名義であることを確認するためのものです。

しかし、それが個人情報であることを忘れてはいけません。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットカードだけでいい?

クレカ現金化確認書類

クレジットカード現金化の業者ホームページや情報サイトを見ると、

「クレジットカード一枚あれば現金が手に入る」

といった宣伝がなされていることがあります。

 

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

 

この言葉を額面通り受け取れば、クレジットカード現金化は、クレジットカードだけを持っていれば、他になんの書類や情報を提供することなく、現金を受け取れそうにも思えます。

確かにニュアンスは曖昧なのですが、この「クレジットカード一枚あれば・・・」という宣伝は、

「本人名義のクレジットカードさえ持っているならば、誰でも現金化を利用できる」

ということの言い換えであり、実際にクレジットカード現金化の際には、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化を行います。

したがって、より正確に言い表すならば、

「本人名義の、ショッピング枠が余っているクレジットカードさえ持っているならば、誰でも現金化を利用できる」

という表現になるでしょう。

クレジットカード現金化で必要となる情報

クレカ現金化確認書類

したがって、クレジットカード現金化の際には、ショッピング枠が余っているクレジットカードが必要になるのは大前提として、その他にも情報の提供が必要となります。

特に重要なのが、本人名義であることを証明するための情報です。

例えば、電話番号の提供が必要です。

申込フォームにも電話番号の記入欄がありますが、そこに記入しておくと、記入後に業者から利用確認や内容確認の電話がかかってきます。

本人確認書類も必要です。現金化に利用するクレジットカードが他人のものであれば、それは不正利用ですから、業者としてもトラブルになった際に困ります。

そこで、そのクレジットカードが本人のものであることを確認するために、運転免許証や健康保険証などを通して、本人確認を行なうのが普通です。

 

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

 

さらに、その本人確認書類の提出者が本人であることを確認するために、公共料金の請求書も求められ、それによって本人確認書類と公共料金の請求書で住所・氏名の一致を確認することもあります。

これらの本人確認書類提出は、本人確認書類そのものやコピーを業者に送るのではなく、

写メで撮影したものを送ることになります。

このほか、現金化したお金を振り込む際の口座番号も提供する必要があります。

この場合も、振込口座は本人名義の口座でなければなりません。

個人情報漏洩の危険

クレカ現金化確認書類

本人確認書類を提出すれば、名前、住所、生年月日といった情報を業者に知られることになります。

クレジットカード現金化業者の中には、悪質な業者も多数あることを考えると、本人確認書類を提出することを不安に思う人もいると思います。

その危機感自体は、持っておいてよいものです。

しかし、優良業者を選ぶのは、ポイントを抑えればそれほど難しいものではありませんし、優良業者ならばこれらの情報を提供しても問題ないでしょう。

 

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. 現金化堂

    現金化堂は、お客様がオトクに利用できるための努力を惜しみません。
    今開催中のキャンペーンをご紹介!
    ●ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント
    ●他業者様からのお乗り換えで現金最大30,000円プレゼント
    ●ご紹介してくれた方のご利用で現金最大30,000円プレゼント
    換金率保証サービスと併せて利用すれば最強です!^^

    現金化堂のくちコミを確認してみる 公式サイトへ

 

悪質業者だと疑わしい場合には、個人情報を提供してはいけません。

以前ならば、名前、住所、生年月日といった個人情報が洩れ、名簿屋などに取引されてしまった場合には、DMやテレコールといった、悪質なセールスをかけられるくらいのトラブルしかありませんでした。

それを知られてしまったからと言って、悪用の幅はたかが知れていたのです。

しかし最近は、情報化の時代です。

クレカ現金化確認書類

個人情報はブラックマーケットで取引されており、本人に成りすましてサービスを乗っ取る際に使われることも増えていると言います。

また、詳しいところは非常に複雑なので割愛するとして、それらの個人情報から情報の糸を手繰っていき、クレジットカード情報やパスワード、マイナンバーの個人番号などにたどり着くこともあると言います。

だからこそ、悪質業者には個人情報を与えず、優良業者のみの利用に留めることが、非常に大切なのです。

個人情報の提供については以下に詳しく記載しています。

優良業者の選び方は、以下で詳しく解説していますので参考にしてください。

とはいえ、クレジットカードの不正利用を防ぐためには、本人であることを確認するために情報提供が必要になるのは事実であり、優良業者であればあるほど、その態度は徹底されています。

したがって、皆さんが現金化を利用する際には、必要となる情報を聞き、例えばクレジットカードの暗証番号やマイナンバーの個人番号といった、本人確認に必要ないと思える情報の提供を求められた場合には、その業者は利用しない方が賢明です。

うっかり情報を渡してしまうと、クレジットカードを勝手に使われてしまい、身に覚えのない請求をされてしまうことになるかもしれません。

まとめ

クレカ現金化確認書類

クレジットカード現金化は、ショッピング枠が空いているクレジットカードを持っていれば、誰にでも利用可能です。

しかし、本人名義のクレジットカードであることが必須であるため、本人のものであることを確認するために、本人確認書類が必要です。優良業者

であればあるほど、この確認作業が徹底されています。

したがって、クレジットカード現金化では、本人確認書類も必要になると考えてください。

本人確認書類に記載されている情報は、個人情報保護法で守られるべき個人情報ですから、不要だと思われる情報の提供はきちんと拒否し、その業者は利用しない態度も必要となります。

 

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする  
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ