1. TOP
  2. クレカ現金化の際、カードの写真を送っても良いの?
クレジットカード現金化マニュアル

クレカ現金化の際、カードの写真を送っても良いの?

クレジットカード現金化業者に申し込むと、「カードの画像をメールで送ってください」と指示されます。

初めての利用だとちょっと怖いですよね…

現金化業者がカード画像を求める理由などを詳しく説明します。

カードの写真は送っても良いのか?

当サイトにも、

「業者からクレジットカードの画像を送るように言われたのですが、大丈夫なのですか?」

という質問がよせられます。

結論を先に言うと、

「優良業者にカードの画像を送るのは問題ないが、悪質業者に送ってしまった場合、不正利用される可能性は否定できない」

ということになります。

【ポイント】

ただ、不正利用をするのは、詐欺をもいとわない、かなりの悪質業者のみです。

通常の現金化業者は、クレジットカード会社の規約に違反していることを認識して営業しています。

長く商売を続けるためには、波風を立てないよう、穏便に営業をするのが鉄則です。

不正利用なんてやってしまった場合、警察も動きますし、クレジットカード会社が目くじらを立てて調査に乗り出します。

そうなってしまえば、現金化業務を続けること自体が不可能になります。

現金化業者は、息の長い運営を好みますので、よっぽどな悪質業者でない限り、カード画像を送ったところで不正利用を働く可能性は低いのです。

以下で説明しますが、現金化業務を効率よくこなすためには、カードの画像を送ってもらうのが手っ取り早いので、実際の現金化では、カード画像をメール等で送るのが一般的になっています。

以下、詳しく見ていきましょう。

クレジットカード現金化で必要になる個人情報

現金化カード情報

クレジットカード現金化は借金ではないため、消費者金融と違い、収入を証明する書類等は必要ありません。

ただ、クレジットカード現金化はカード所有者以外の利用を禁止しているため、本人確認を厳格に行います。

カードの不正利用防止のために、使用するクレジットカードが本人のものであるかどうか、厳しく確認します。

よって現金化業者の大半は、クレジットカードを撮影した写真を要求してきます。

これには明確な理由があるのです。

現金化カード情報

業者からはこのように説明されるでしょう。

「お客様のクレジットカードをご利用いただくにあたって、それがご本人のものであるかどうかの確認が必要なので、身分証明書の写真と、クレジットカードの写真を送ってください」

でも、仕組みを知らない人からすると、写真を送るのはちょっと怖いですよね…

もちろん、悪質業者にカード情報が渡ってしまった場合は不正利用されてしまうでしょう。

果たして、業者に言われるまま、身分証やカードを撮影した写真を送っても良いものなのでしょうか?

カード写真の要求には応じていいの?

現金化カード写真

カードの写真を送ることに問題はないのですが、「実績のある優良業者だけ」にしてください。

悪質業者の場合は、不正に利用されてしまう可能性があるからです。

初めて利用する業者の場合は、ネットの口コミ情報などを調べて、悪質業者でないことを確かめてください。

現金化という業界の性質上、ネガティブな口コミは付きものですが、あまりにも

だまされました

なんて口コミが多い場合は十分に注意してください。

また、まったく口コミがない業者も危険です。

新規の業者が悪質業者である可能性も否定できないからです。

繰り返しますが、カード画像を送って良いのは、営業実績があってしっかりしている業者のみです。

実際に現金化業者を利用する場面では…

カードの写メ

実際、クレジットカード現金化のサービスを利用する際には、カードの画像を求められる場合が多いです。

 

カード番号、有効期限、セキュリティコード等々、電話口で聞き出すのは大変で、間違いも多いため、業者は手っ取り早くカードの画像を送らせます。

口頭で聞くのは間違いも多く、そして、メールでカード情報を送ってもらう場合でも、転記で間違う可能性があります。

業者としては、二度手間、三度手間を省きたいため、最初から間違いのない、カード写真の画像を送らせる形をとっているのが大半なのです。

 

従いまして、カードの画像を送らないと現金化ができません。

利用者は背に腹は代えられない状態となり、カードの画像を送ることになるのですが、優良業者ならまだしも、詐欺業者だった場合は、不正利用されるリスクが残ります。

カードの画像を送る場合は、実績のある現金化業者かどうか見極めるなど、細心の注意が必要になるのは言うまでもありません。

見に覚えのない利用を防ぎたい業者の内情

現金化業者暴露

現金化業者は、本人名義のクレジットカードでないと現金化してくれません。

理由は、

「身に覚えがない利用がある」

と、あとになってカード会社に申請されることを極端に嫌がるからです。

これはもっともな話で、現金化業者は、カード決済した代金がのちに入金されるのを当てにして、お客の口座にお金を振り込んでいます。

お客がのちに「身に覚えがない利用」とカード会社に申請してしまうと、当てにしていた決済代金が入らなくなってしまうのです。

こうなると、先にお金を振り込んでしまっている現金化業者は、完全にガミを食ってしまいます。

これを避けるためにも、本人確認を厳格にし、カードの画像を送らせるなどをして本人以外の利用を防ぐことで、「身に覚えがない利用」になるリスクを排除しているのです。

よってお客が、カード画像の送信を拒む場合は、

  • カードが手元にないのでは?
  • 何か隠しているのでは?
  • 本当に本人?

と疑うこととなり、現金化をしません。

現金化業者は「ちょっとヤバそうなお客は現金化しない」を徹底しています。

リスクが少しでもありそうなお客は利用させないのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル