1. TOP
  2. 違法性について
  3. クレジットカード現金化はヤミ金業者?逮捕事例もあるの?
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカード現金化はヤミ金業者?逮捕事例もあるの?

これまで、クレジットカード現金化業者が逮捕された事例があります。

出資法違反に問われて逮捕されているのです。現金化業者が出資法違反で逮捕されたとは、いったいどういうことなのでしょうか。

また、利用者に影響はあるのでしょうか。

クレジットカード現金化口コミ  

クレジットカード現金化はグレーゾーン

クレカ闇金逮捕も

クレジットカード現金化に関する意見は賛否両論です。

グレーな業界であるため、警鐘を鳴らす意見も多々見られますし、インターネットで検索してみても、弁護士が法的な見地から見て、クレジットカード現金化は違法であるとしている意見も見られます。

筆者としては、クレジットカード現金化はグレーなものであり、完全にホワイトであるとも、完全にブラックであるとも言えないと思っています。

もちろん、悪質業者は完全にブラックだと思いますが、優良業者はごまかしなど抜きできちんとサービスを提供していますし、それによって救われている人がいるのも事実です。

それに、細かい法的解釈をつけていけば、世の中でホワイトとされているものが案外違法になったりすることもありますし、ブラックとされているものがセーフだったりします。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

誰が見ても罪を犯している人が、凄腕弁護士の手によって無罪を勝ち取ってしまったり、軽く罰せられるだけで終わったりするのです。

クレジットカード現金化も味方によってはホワイトにもブラックにもなり得るわけで、グレーだと言った方がなんとなくしっくりくるのですが、それでも世間的に見て怪しい存在だと思われているのは事実です。

これは、弁護士や警察が「クレジットカードの現金化は違法です!」と警鐘を鳴らしていたり、金融マンガなどでクレジットカードを作らせ、買い物をさせて売り払うという現金化手法が取られていたりするものですから、なんとなく怪しいイメージがあるのでしょう。

警察も、クレジットカード現金化が違法だというならば、ネット上で営業しているクレジットカード現金化業者を全て摘発して、根絶やしにしてしまえばいいのです。

しかし、それをしません。

法的解釈で違法にも合法にもなり得るため、摘発が難しいのです。

このことからも、グレーゾーンなのだということが良くわかると思います。

しかし、一部のかなりあくどい業者に限っては、逮捕されている事例も見られます。

クレジットカード現金化の逮捕事例を見てみれば、クレジットカード現金化業者が警察からどのように見られているかが分かります。

またそれによって、危ない業者の典型的な例も分かるでしょう。

ある事例

クレカ闇金逮捕も

クレジットカード現金化業者が摘発された事例はそれほど多くありませんが、その中の一例を見てみましょう。

この事例では、クレジットカード現金化業者が出資法違反で逮捕されています。

ここで疑問に思う人もいるでしょう。

クレジットカード現金化業者は貸金業者ではないのに、どうして出資法違反に問われたのでしょうか。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

確かに、クレジットカード現金化業者は貸金業者ではありません。

街金融や消費者金融などとは違って、お金を貸していないのだから当然です。

また実際に、利用者は現金化業者からお金を借り、年利〇%の条件で返済していくわけでもありません。

それでも、クレジットカード現金化業者の中には、一部で悪質業者が営業しています。

この事例の逮捕された悪質業者では、異常に低い還元率でサービスを提供しており、それによって15億円もの利益を上げていました。

警察では、貸金業者ではないものの、得られた利益は利息と同じ性質のものと見なしました。

しかし、利息とは「貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価」であり、お金を貸したわけではない現金化業者の利益が、利息とみなされることはなさそうです。

それでも警察は、「実質的には利息のようなものだ」と解釈します。

クレカ闇金逮捕も

本来ならば、クレジットカード会社への返済期日に支払うべき金額と、利用者が受け取った金額の差額を金利に当ると解釈するのです。

「異常な低還元率で現金化」した場合、それは「異常な高金利で融資」したとみなすということです。

異常な低還元率で現金化をしていた背景には、きっと色々な違法性もあったはずです。

そのような低還元率では、まともな人は利用しないはずです。

それでも、利用者がいたからこそ15億円の利益が得られているわけで、その裏には詐欺的行為もたくさんあったことと思います。

叩けば誇りが出るような相手に対しては、警察はとりあえず何らかの名目で逮捕してしまい、余罪を追及していくものです。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

この業者にしても、詐欺的行為を繰り返してきた自覚があったでしょうから、出資法違反に問われたところ、観念してお縄に付いたというところでしょう。

このように、クレジットカード現金化業者を逮捕する際、出資法違反を適用するのが普通となっています。

出資法違反で逮捕された現金化業者は、複数社見られるのです。

出資法では、出資や貸付けをする場合には、年利20%以上の利息を取ってはならないこと定められています。

しかし、逮捕された業者は、この法定金利を大きく上回っているとみなされ、逮捕に至ったのです。

法的金利を大幅に上回る金利で貸し付けを行い、出資法違反で逮捕。

これはまさに、闇金業者と同じ扱いをされたと考えることもできます。

利用者はどう考える

クレカ闇金逮捕も

もっとも、クレジットカード現金化業者が逮捕された事例はあっても、利用者が逮捕された事例は一件もありません。

これまで、クレジットカード現金化を利用した人が何万人、何十万人といることでしょうが、そのうちたったの一人も逮捕されてはいないのです。

法で裁く時、その行為に悪意があったかどうかということも重視するものです。

超低還元率でサービスを提供し、時に詐欺的行為も働きながら利益を出していた現金化業者は、明らかに悪意をもっていたのであり、裁くのは簡単です。

しかし、利用者はお金に困り、普通の借り方ができない何らかの理由があって、クレジットカード現金化を利用していました。

他人名義のクレジットカードをこっそり使っていた場合などは別ですが、そこに悪意があるとは考えにくく、法的な裁きは難しいです。

また、悪質業者を裁いてしまえば、丸く収まる問題でもあります。

利用者を逮捕したところで、問題の解決にはつながりにくく、業者を逮捕すれば問題の解決につながりやすいですから、警察は利用者を逮捕するよりも、業者を逮捕することを考えるのです。

したがって、利用者がクレジットカード現金化を利用したとしても、逮捕されることはまずありえないことですから、その点では安心してかまいません。

しかし、逮捕されるようなクレジットカード現金化業者を利用したとすれば、おそらくかなり損な条件での利用になっているはずですから、その点では問題があります。

クレジットカード現金化業者の中には、悪質業者も多いです。

中には、警察が動くような業者もあります。

その一方で、かなりの長期にわたって、警察に問題視されることなく営業を続けている、健全な老舗業者もあります。

皆さんがクレジットカード現金化を利用する際には、悪質業者を避け、優良業者を利用しましょう。

どちらを利用しても逮捕のリスクはありませんが、優良業者の方が確実に良い条件で利用することができます。

まとめ

クレカ闇金逮捕も

クレジットカード現金化業者の中には、悪質業者もあります。

そのような業者は、逮捕されることもあります。

逮捕されるということは、法律に違反していたということであり、クレジットカード現金化は違法なのだと思う人もいるでしょう。

しかし、逮捕された業者は、かなりの低還元率で取引をしていたため、闇金と同様のものだとみなされていました。

実際、まともな還元率で営業している優良業者が逮捕された事例は、これまで一度もありません。

また、クレジットカード現金化を利用したからと言って、利用者が逮捕されることもありません。

皆さんは、逮捕されると不安になる必要はなく、ただ「逮捕されるような悪質業者は利用しない」ことを心がけるだけでいいのです。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ