1. TOP
  2. 違法性について
  3. クレジットカード現金化、逮捕について色々と調べてみた
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカード現金化、逮捕について色々と調べてみた

クレジットカード現金化業者の中には、逮捕されてしまった業者もあります。

その業者はなぜ逮捕されたのでしょうか。

逮捕の理由を見てみると、意外な事実が浮かび上がります。

クレジットカード現金化業者が逮捕された

クレカ現金化業者なぜ逮捕

クレジットカード現金化は、店舗型の業者が古くから存在していました。

インターネットが普及してから、オンラインの現金化業者が登場しました。

これが2003年頃のことでした。

もちろん、当時は今以上に悪質業者も多かっただろうと思われます。

それでも、業者が逮捕されるケースは見られず、2011年に初の逮捕となりました。

この業者が逮捕されたことにとって、世間的にも、クレジットカード現金化というものが非常にブラックなものだと思われるようになりました。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. 現金化堂

    85%の換金率が保証されている現金化堂。
    100%ご成約主義をかかげており、お客様の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのが特徴です。
    「換金率をもっと良くしてほしい」「振り込みを30分以内にしてほしい」などなど、わがまま言いたい放題です!
    初回利用で現金プレゼントキャンペーンがありますので、併せて利用すればすごい換金率になりますよ!^^

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

逮捕された理由は、出資法違反です。

出資法とは、貸金業者に対して、貸付けの際の上限金利などを定めたものであり、クレジットカード現金化業者はあまりにも高い金利で貸し付けているとみなされたのです。

しかし、ここで疑問が起こります。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して、業者が提供する商品を買い、あらかじめ約束された還元率でのキャッシュバックを受け取るという方法です。

利用者は、クレジットカード会社に対して債務を負いますが、現金化業者からお金を借りているわけではなく、当然債務も負いません。

現金化業者が債権者、利用者が債務者という関係が成り立っており、債権者たる現金化業者が、債務者たる利用者に対して、明らかに高い金利を課していたならば、出資法違反になるのは納得がいくのですが、そのような実体はありません。

これは、非常に微妙な問題です。取り扱いも難しいです。

だからこそ、2011年まで逮捕されることがなかったのだと思います。

しかし、このようなクレジットカード現金化業者に対して、警察はついに逮捕に動きました。この時、警察は「実質上の貸金業者である」と発表しています。

すべての業者が逮捕されるのでは?

クレカ現金化業者なぜ逮捕

筆者が疑問に思うのは、この業者が実質的に貸金業者であると認定され、出資法違反に問われてしまうならば、他の多くのクレジットカード現金化業者が逮捕されてしまうのではないかということです。

出資法違反容疑で逮捕されたある現金化業者は、415万円分の利用に対して346万円をキャッシュバックし、差額の69万円を受け取っていました。

この場合、出資法で定められている上限金利が20%であるのに対し、利息はその10.96~22.95倍にも上るとして逮捕されたのです。

しかし、415万円に対して346万円のキャッシュバックをしているならば、還元率は83%です。

カード停止になりづらい現金化サービス

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

優良業者並の還元率といってよく、これで逮捕されてしまうならば、世の中のほとんどの現金化業者が逮捕されてしまうことでしょう。

したがって、逮捕された業者には、出資法違反以外にもまずいやり方があったのかもしれません。

調べてみたところ、415万円分のショッピング枠でネックレスを購入させているのですが、このネックレスは1個数十円~数百円程度のおもちゃのネックレスだったことから、「取引金額が商品価値と比べて極端に高額であり、売買は形式的なものである」と認定されたようです。

つまり、クレジットカード現金化目的であることが明らかであるとして、摘発したのかもしれません。

クレカ現金化業者なぜ逮捕

しかし、取引金額が商品価値に見合うようであれば、高額キャッシュバックは不可能になってしまいます。

例えば、取引金額の80%くらいの価値の商品を介して現金化するならば、商品を売った時点での業者の利益は、取引額から原価を差し引いた20%しかないのですから、確実に利益を上げていくためには、その20%の中からキャッシュバックをしなければならず、高額のキャッシュバックは不可能です。

法律というものは解釈次第であり、抜け道なども常にあるものなので、クレジットカード現金化業者が上手く営業していくための道もあるでしょう。

しかし、商品価値と取引金額が見合っていなければ実質的に貸金業者であると認定され、しかもほとんどの場合出資法違反になる(還元率95%でも上限金利を超過する)のです。

《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

といっても、警察は一定の法律違反を犯している人や業者が大勢いる場合、その全員を逮捕するのは労力的にも不可能です。

そのため、「あいつが逮捕されるなら、同じようなことをしているあいつはなんで逮捕されないんだ」と言ったところで、「できないものはできない」でしかないのです。

同じ違反をしている場合でも、たまたま目についた業者が見せしめ的に逮捕されることが多いのです。

だからこそ、派手にやった業者ほど逮捕される可能性は高くなるとも言えます。

優良業者は、それなりに満足のいく還元率で取引を行い、対応も丁寧な取引をしているため、トラブルになることもあまりありません。

しかし中には、還元率はそれなりに満足が行くものでも、対応がぞんざいであったり、不安を抱かせるようなところがあったり、時に詐欺的なことにも手を出したりするからこそ、警察にトラブルの相談がなされることもあり、逮捕されることになるのです。

利用者は安全か?

クレカ現金化業者なぜ逮捕

利用者は、利用した業者が逮捕されたからといって、自分まで逮捕されてしまうようなことはないため、その点では安心して良いでしょう。

しかし、逮捕されてしまうような業者は、色々な悪質性を秘めているのが普通です。

還元率ではそれほど問題がないように思えても、実際には裏で個人情報を売って利益を得ていることもあるかもしれません。

個人情報を売られてしまうと、融資金保証詐欺や還付金詐欺といった詐欺の的にかけられたり、闇金業者から営業をかけられたりすることがあるため、非常に危険です。

したがって、クレジットカード現金化を利用する際には、優良業者を選ぶことが重要です。

悪質業者を避けて優良業者を選ぶための重要性は、以下を参考にしてください。

まとめ

クレカ現金化業者なぜ逮捕

クレジットカード現金化業者が逮捕された報道を読み返してみると、これではほとんどの業者が捕まってしまうのではないかと思える内容です。

これは、クレジットカード現金化の一面であり、クレジットカード現金化業者は、常に逮捕と隣り合わせの業界なのかもしれません。

しかし、実際に逮捕されたのは業界のごく一部に過ぎません。

末端の業者まで合わせたら、正確な業者数は把握できず、何百社、何千社とあることでしょうが、そのうちの数社が逮捕されただけです。

それらは全て悪質業者であり、優良業者からは逮捕が出たことはありません。

この事実に照らし合わせて、皆さんがクレジットカード現金化を利用するときは、必ず優良業者を利用することが重要です。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ