1. TOP
  2. クレジットカード現金化とは
  3. クレジットカードの現金化におすすめな商品券の利用
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカードの現金化におすすめな商品券の利用

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に還元するサービスです。

クレジットカード現金化におすすめな商品券の利用と現金化の手順を見ていきましょう。

クレジットカードの現金化って?

おすすめ商品券利用

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金に還元するサービスです。

サービスが登場したのは明確ではありませんが、おおよそ1980年代頃から始まっていたとされています。

そのため、分かっているだけでも30年にわたる歴史がある業界です。

クレジットカード現金化の利用者層は、現金でのお支払いが難しいタイミングです。

手持ちに現金がなく、クレジットカードを利用しても支払えないという状況であれば、利用するメリットがあります。

個人だけでなく、法人であっても対応していることから、急な状況になってしまったらすぐに換金するのがおすすめです。

なかには、クレジットカードのキャッシング枠を利用しても、内容的には変わらないと考える方もいます。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. 現金化堂

    85%の換金率が保証されている現金化堂。
    100%ご成約主義をかかげており、お客様の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのが特徴です。
    「換金率をもっと良くしてほしい」「振り込みを30分以内にしてほしい」などなど、わがまま言いたい放題です!
    初回利用で現金プレゼントキャンペーンがありますので、併せて利用すればすごい換金率になりますよ!^^

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

おすすめ商品券利用

しかし、キャッシング枠でお金を借りる場合、どうしても本人の債務返済能力が関係することから、多重債務者であったり事業を始めたての方だったりすると、借り入れが円滑に行かないケースも考えられるはずです。

クレジットカード現金化は貸金業ではないため、このような状況でも簡単にお金を借りることができます。

手順としては、クレジットカードを現金化したい消費者が、現金化業者に対してショッピング枠の決済を依頼します。

すると、業者側が決済を代行し、商品の売買を行ったという手続きを取ります。

その後、消費者の銀行口座にお金が入るという流れです。

店頭の場合は直接手渡しでお金が渡されることになります。

現金化手続きの手順だけを取り上げると、面倒に感じるという方もいるかもしれません。

しかし、実際は消費者金融や銀行と違って、審査申し込みの必要性はなく、来店する必要もないことが特徴です。

クレジットカードを使ってオンライン決済をするようなイメージで、手軽に手続きできるというメリットがあります。

おすすめ商品券利用

オンライン店舗も増えており、ネットバンキングを上手に活用すれば、カード決済の申し込みから5分以内に入金されるという業者も存在します。

24時間365日、いつでもすぐに現金が手に入るサービスなので、消費者からすると融資よりも使い勝手のよいサービスだと言えます。

返済方法は通常のクレジットカードの請求と変わりません。

カード利用額の支払い日にまとめて返済するだけで完了します。家族や友人からバレるリスクも極端に少ないことから、安心して利用できます。

分割払いやリボ払いなど、本人の希望に応じて利用できるので、ぜひとも現金化を利用しましょう。

カード停止になりづらい現金化サービス

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

商品券を使った現金化の手順

おすすめ商品券利用

クレジットカード現金化の仕組みを知ると、業者に代行手続きを依頼しなくても手軽にできることが分かります。

方法的には難しいことではありません。では、どのようにしてクレジットカード現金化をするかの手順を見てみましょう。

まず、用意しなければならないのはクレジットカードです。これがなければ、ショッピング枠で商品を購入することができないので、必ず1枚は持っておきましょう。

もし可能であれば、異なる国際ブランドのカードを所有しておくとさまざまな店舗で決済できるのでおすすめです。

例えば、日本国内であればVISAとJCBのカードを所有しておけば、ほとんどのケースに対応できるのではないかと考えられます。

次に、クレジットカード決済ができ、換金率の高い商品を販売している店舗を探します。

例えば、貴金属やブランドバッグと言った商品でもよいのですが、換金するにあたって一番よいのは商品券です。

おすすめ商品券利用

その理由は、商品券の換金率は90%以上と高いからです。

全国共通で使える百貨店の商品券など、98%以上の価格で取引されているケースもあります。

10,000円の商品券なら、9,800円前後で取引されているため、換金率という意味でも安心でしょう。

無事、クレジットカードで商品券を購入できたら、金券ショップや換金サイトへ申し込みを行います。

すると、業者が買い取ってくれ、指定の銀行口座へ入金してくれるのです。

入金までのスピードは翌営業日から2週間以上とさまざまですが、このあたりはそれぞれの業者を比較するとよいかもしれません。

また、オークションを利用して換金手続きを行うという方法もあります。

《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

この場合、商品券を売却するときに、Amazonギフト券であっても売れるというメリットがあることが強みです。

Amazonギフト券はコードを入力する仕組み上、金券ショップへ売却できないこともしばしばあります。

この点、オークションを利用することでカバーできるので、手元にAmazonギフト券がある方は、ぜひとも利用してみるとよいかもしれません。

セルフでクレジットカード現金化をする場合、以上の手順を踏めば現金が手に入ります。

業者へ代行する手数料が発生せずに済むことから、換金率が高い状態で現金化することもできます。

ただし、セルフ現金化の弱点は、カード会社から「換金目的での利用ではないか」と疑われる可能性があることです。

換金率の高さを取るか、安全性を取るか、そのあたりを熟考しながら現金化するようにしましょう。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ