1. TOP
  2. 現金化業者なら、商品券をカードで買って現金化するより簡単
クレジットカード現金化マニュアル

現金化業者なら、商品券をカードで買って現金化するより簡単

「今すぐお金を手に入れたい、でも借金はしたくない!」

そんな人がまず思いつくのは、換金性の高い商品券をクレジットカードで買い、売って現金に換えるという方法。

うまくやれば高換金率で現金化が可能ですが、クレジットカードが利用停止になる可能性も高く、失敗すれば半値になり兼ねません。

そんな方法よりも、換金率は7,80%ですが、早く確実に現金化する方法があります。

それは、クレジットカード現金化業者を利用した現金化の方法です。

もしこれから先、現金化業者を利用しようと考えているのなら、いくつか注意点がありますからぜひ覚えておきましょう。

カード現金化業者の換金率について

AdobeStock_93490146_R

商品券をクレジットカードで買うことができない、ということはほとんどの方がご存じかもしれませんが、例外もあります。

信販会社が直接扱っているギフトカードならクレジットカードでも購入が可能ですし、オンラインからの申込みもできます。

また、Amazonギフト券などもクレジットカード購入ができますから、すべての商品券がクレジット購入できないというわけではありません。

信販会社のギフトカードにしろ、Amazonギフト券にしろ換金率は高いですから、クレジットカードのショッピング枠現金化を考えた際もっとも利用したいアイテムと言えるでしょう。

クレジットカード現金化業者は現在数多く存在しますし、インターネットの発達によってさらにその数は増えています。

AdobeStock_76415509_R

オリジナリティの高いサービスを提供しているところもあれば、換金率で差をつけているところもありますし、それぞれの会社が生き残りをかけて熾烈なデッドヒートを繰り広げていると言っても過言ではないでしょう。

現金化業者の換金率ですが、ほとんどの方は「高いところがいいに決まっている」と考えています。

確かに、換金率が高ければそれだけ手元に残るお金は多くなりますから間違いではないものの、換金率の高さだけで決めると後悔してしまうことにもなり兼ねません。

一般的な業者の換金率はだいたい75~85パーセント程度だと言われています。

これは業者によっても変わりますし、選ぶプランによっても変わってきます。

即日振込のプランだとどうしても換金率は低くなってしまいますが、申し込みから数日後に一定額以上を換金というケースだと換金率が90パーセントほどになることもあります。

AdobeStock_52743129_R

また、業者によっては還元率98パーセント、という魅力的な数字を掲げていることもありますが、このような数字は現実的ではありません。

換金率が98パーセントだとすると、10,000円での業者の利益はわずか200円となります。

このようなスズメの涙ほどの利益で会社運営は難しいでしょう。

広告費や利益、人件費などさまざまな経費が会社経営ではかかってきますから、それなりの利益を得ていないとまともな運営はできません。

よって、98%の換金率になるのは「300万円以上」などと定めているのが一般的です。

高い換金率を掲げている、悪質な会社の場合、いざ振込みの段階になって換金率を下げたり、別途手数料を要求してくるということもあります。

間違いなくまともな業者ではありませんから、そのような現金化業者に申し込むのはやめましょう。

現金化で詐欺に合わないために

AdobeStock_91299225_R

クレジットカード現金化業者に騙されてしまった、という方は少なくありません。

一時期に比べて業者の数も増えましたし、中には最初から詐欺目的に会社を立ち上げているようなところもあります。

このような業者に引っかかってしまうと現金化どころかお金をだまし取られてお終いとなってしまいますから、現金化サービスを利用するのなら業者の見極めが非常に重要となります。

もしこれから先、現金化業者を利用しようと考えているのなら、いくつか注意点がありますからぜひ覚えておきましょう。

初めて現金化業者を利用しようと考えているのなら、まずは少額から試してみることが大切です。

いきなり高額な現金化を依頼してしまい、その業者が詐欺業者だったとすると大変なことになります。

現金に換えるどころかお金をだまし取られ、借金だけを背負うことになってしまうのです。

このようなリスクを回避するため、最初の数回は少額で利用してみることをおススメします。

少額利用だと仮に被害に遭ったとしても被害を最小限に留めることができるでしょう。

また、業者を選ぶ際にはネットの口コミなども利用して各方面から情報を集めるということも大切です。

AdobeStock_53404525_R

現金化業者をお試しとして利用する場合、いきなり自分の携帯メールアドレスから連絡してしまうのはリスクが大きいです。

パソコンから申し込む場合も同様に、正規のメールアドレスで連絡をとってしまうとしつこく連絡が来るということもありますから注意が必要です。

できるだけフリーメールなどいつでもアカウントを削除することのできるメールを使いましょう。

フリーメールに大量のメールが届いたり、現金化を促すようなメールがしつこく来るようならほぼ悪質な業者と考えて間違いありません。

もっとも気を付けないといけないのはカード情報です。

カード情報が必要になるのはあくまで決済のときだけですから、それ以前にカード情報を聞き出そうとする業者には注意しなくてはなりません。

カード情報を業者が知ってしまうと勝手に使われてしまう可能性がありますし、知らず知らずのあいだに借金が膨れ上がっていた、ということにもなり兼ねません。

カード番号やセキュリティコードを聞き出そうとする業者は十中八九悪質な業者ですから注意しましょう。

もし大切なカード情報をうっかり漏らしてしまったというような場合、すぐにカード会社に連絡して利用を停止してもらうよう対処してもらう必要があります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル