1. TOP
  2. 業者でやる現金化
  3. ショッピング枠を現金化するなら換金サイト、そのカシコい使い方
クレジットカード現金化マニュアル

ショッピング枠を現金化するなら換金サイト、そのカシコい使い方

急場をしのぐ金策としてクレジットカードのショッピング枠現金化が挙げられます。

しかし、セルフでの換金にはさまざまなリスクもつきまといます。

ここでは換金サイトを利用して金券などを現金化するメリット、デメリットについてご紹介しますので、しっかり理解し今後サービスの利用を考えている方は参考にしてください。

換金率で選ぶならランキングを参考に

換金サイト使い方

何らかの理由でどうしてもお金が必要、というケースに陥ってしまうことはあります。

長い人生の中ではこのようなことも起こりえますし、何としてもすぐに現金を作らなくてはいけない、という状況になってしまうことも充分あり得ます。

すぐにお金が必要となると友人や身内から借りるという方法もありますが、そんな時に限ってみんな給料日前でお金がなかったり、そもそもお金の貸し借りがキライだったりする方もいます。

消費者金融でキャッシング契約するという手もありますが、現在の消費者金融は昔と違ってそこまで敷居が低くありません。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

景気がそこそこ良かった頃は消費者金融も融資を積極的に行っていましたし、収入のない主婦や学生にすら簡単に融資を実行していました。

しかし、あまりにも簡単にお金を借りることができるため多重債務に陥る方が増大し、結果的に総量規制が敷かれることになったのです。

現在では収入のない方は消費者金融のキャッシングを利用することはできませんし、契約したいと思っても十中八九門前払いされてしまいます。

また、申し込みが仮にできたとしても審査がありますから、そこを潜り抜けないことにはお金を手にすることはできません。

換金サイト使い方

急場をしのぐ金策としてクレジットカードのショッピング枠現金化が挙げられます。

ショッピング枠を現金化することができれば現金を手にすることができますから、急にお金が必要になった際にも安心です。

クレジットカードのショッピング枠現金化では換金率の高いアイテムを利用するのが基本ですが、換金率が高いアイテムとなるとまず思い浮かぶのが商品券です。

また、現在ではクレジットカードの現金化を専門とする業者もいますから、業者を利用して換金するのも良いでしょう。

《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

クレジットカード現金化業者によって換金率は大きく異なります。

手元にできるだけお金をたくさん残したいというのならなるべく換金率の高い業者を選ぶべきですが、自分で一社一社探すのも手間ですよね。

インターネット上には現金化業者を換金率でランキング化しているサイトもありますから、そのようなサイトを利用すれば業者探しの手間を大きく軽減することができるでしょう。

ランキングサイトでは業者ごとの特徴なども説明してくれていることがほとんどですから一石二鳥です。

ほとんどのランキングサイトから直接業者のウェブサイトにアクセスできるようになっていますから、気になる現金化業者があればウェブサイトにアクセスしてみましょう。

換金サイトで金券を現金化するメリット・デメリット

換金サイト使い方

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えてくれる換金サイトはインターネットで探せばたくさん出てきます。

それだけ需要があるということの証でもあるのですが、未だにセルフで換金をしている方も少なくありません。

業者へ依頼するとどうしても手数料がかかってしまいますし、換金率次第では自分で現金化したほうがお得になると考える方も多いのです。

そこで、ここでは換金サイトを利用して金券などを現金化するメリット、デメリットについてご紹介しますから、今後サービスの利用を考えている方は参考にしてください。

換金サイトを利用すると自宅からクレジットカードの現金化が可能となります。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. 現金化堂

    現金化堂は、お客様がオトクに利用できるための努力を惜しみません。
    今開催中のキャンペーンをご紹介!
    ●ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント
    ●他業者様からのお乗り換えで現金最大30,000円プレゼント
    ●ご紹介してくれた方のご利用で現金最大30,000円プレゼント
    換金率保証サービスと併せて利用すれば最強です!^^

    現金化堂のくちコミを確認してみる 公式サイトへ

セルフで商品券を換金しようとするとどうしても金券ショップなどに足を運ぶ手間や時間がかかってしまいますし、日頃から忙しく働いている方にとってはなかなかできることではありませんよね。

オンラインでサービスを提供しているサイトを利用すれば仕事から帰ってきてパソコンの前から申し込みをすることもできますし、その後の手続きなどもすべてオンラインだけで終わらせることができます。

時間がない方こそ換金サイトの利用がオススメと言えるでしょう。

換金率の高い商品をクレジットカードで購入してしまうとカード会社から調査が入ることがあります。

不思議に思った方もいるかもしれませんが、基本的にクレジットカード会社はショッピング枠の現金化を禁止していますから、カードの利用が怪しいと感じた場合利用停止の処分を下すこともあります。

換金サイト使い方

セルフで現金化をしようとする場合、まずはギフトカードなどをたくさんクレジット決済することになりますから、ここでカード会社から怪しいと思われてしまうのです。

換金サイトを利用しての現金化ならこのようなリスクを回避することができます。

これはメリットではないでしょうか。

換金サイトを利用して現金化することのデメリットですが、手元に残るお金が少なくなってしまうということが挙げられます。

ギフトカードなどは換金率が高いため、自分で金券ショップなどに持ち込めば90パーセント以上の金額で売却できます。

しかし、換金サイトだとだいたい80パーセント程度になってしまいますから、どちらがお得かと言えばセルフによる現金化でしょう。

しかし、先ほども言ったようにセルフでの換金にはさまざまなリスクもつきまといます。

カードの利用停止などになってしまったら目も当てられません。

メリットもデメリットもしっかり理解しておきましょう。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ