1. TOP
  2. カード会社にバレますか?
  3. ショッピング枠の現金化がバレても、言い逃れできる方法
クレジットカード現金化マニュアル

ショッピング枠の現金化がバレても、言い逃れできる方法

ショッピング枠の現金化をするとカード会社にバレないか心配ですよね…

そこで、ショッピング枠現金化がバレたとしても、カード会社に言い訳する方法を紹介します。

また、よりバレにくくする方法を紹介します。

クレジットカード現金化口コミ  

言い逃れできるの?

クレジットカード現金化言い逃れ

クレジットカードのショッピング枠の現金化がバレたときに言い逃れできる方法があります。

事前にバレたときを想定して準備すればよいだけなので簡単です。

それは、

「キャッシング枠に余裕を持たせておく」

ことです。

キャシング枠に余裕がある人が、わざわざ高い手数料を払ってまで、ショッピング枠を現金化するというのは、あまり考えられないからです。

これを逆手に取って、キャシング枠に余裕を持たせておくのです。

そうすると、クレジットカード会社から

お客様の◯月◯日◯◯でのご利用は、現金化目的ではありませんか?

と疑われても、

キャシング枠が残っているのにわざわざショッピング枠を現金化しませんよ!

と言い逃れすることが可能です。

 

また、キャッシング枠が残っている人は利用停止になりにくい、というデータもあります。

利用停止措置は一方的に行われるので、予防策が大切です。

キャッシング枠が残っている人は、利用停止前リスト(後述)に入りづらく、そして利用停止になりにくいのです。

 

ただ、換金率の高い商品ばかり買っていては、その言い逃れも通用しなくなりますので留意してください。

より安全パイをとるのであれば、

  • キャシング枠に余裕を持たせておく
  • 換金率の高い商品など、換金目的を疑われやすい商品は購入しない

そうすれば、仮に利用停止になったとしても、

「現金が必要ならキャッシングすれば良いため、換金目的の利用は一切しておりません。カードの停止を解除願います。」

と胸を張ってクレジットカード会社に主張できます。

 

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

 

ショッピング枠の現金化をバレにくくする方法とは?

クレジットカード現金化見つかりにくい

クレジットカード会社は、利用者の中から

「利用停止前リスト」

を抽出しています。

具体的には、

  • キャッシング枠が目一杯
  • 換金性の高い商品の購入実績
  • 換金率の高い商品の定期的な購入

といった条件でフィルターを通し、全利用者の中から利用停止前リストをピックアップしています。

そのリストの利用履歴を注視して、明らかに現金化目的利用と推測される利用者に対し、利用停止措置を取っています。

従って、「利用停止前リスト」に入らなければ、現金化を疑われる可能性は低くなるのです。

クレジットカードのショッピング枠の現金化を見つかりにくくする秘策は、

「利用停止前リストには入らないこと」

です。

予備軍に入らないためには、

  • キャシング枠を目一杯にしない
  • 換金性の高いものばかりカード買わない
  • 換金率の高い高額商品を定期的に買わない
  • 手軽に現金化できる商品券などをカードで買わない
  • 買取式の現金化業者を頻繁に利用しない

以上のことをなるべく避けるようにしましょう。

 

実は、現金化業者を使ったほうがバレにくい?

 

決済代行会社のカラクリ

谷口@現金化の達人
【問題】
クレジットカード会社は現金化を禁止しています。でも、現金化業者はクレジットカードの決済ができています。これは明らかな矛盾です。なぜでしょうか?考えてみてください。

現金化決済代行会社

【答え】

前述したとおり、クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止しています。

にもかかわらず、現金化業者がクレジットカードの決済ができてしまうのは、おかしな話です。

現金化を撲滅したいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないよう、カード会社が対策すれば良いだけの話ですが、事はそう簡単ではないのです…

クレジットカードの決済をするには、カード会社の加盟店になる必要があります。

当たり前ですが、現金化業者が加盟店になることはできません。

そこで、決済代行会社という、クレジットカード決済の専門会社を経由することにより、現金化業者がクレジットカード決済ができるような仕組みになっています。

もちろん決済代行会社は、バレたらまずいので、現金化業者の決済をうまく隠します。

決済代行会社は毎月「何十億」という膨大な額のクレジットカード決済を引き受けています。

その「何十億」の中に、現金化業者の決済をごちゃまぜにしてしまい、クレジットカード会社がわからないようにするのです。

こうして、現金化業者がクレジットカード決済できるシステムが確立されています。

だからこそ、現金化業者が継続してクレジットカード決済ができるのです。

 

決済代行会社もリスクはあるが…

決済代行会社

「決済代行会社が現金化業者の決済をしている」

そんな事実がクレジットカード会社にバレてしまった場合は、決済代行会社は取引停止となります。

そんなリスクのある現金化業者の決済ですが、決済代行会社はなぜ、そんなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのか…

それはやはり、手数料がたくさんもらえるからです。

決済代行会社もいけない事とは分かっていつつも、一般的な企業よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないということなのです。

だから決済代行会社は、現金化業者の決済とわからないように色々と工夫をしています。

通常のクレジットカード利用の決済が毎月何十億もある中、現金化業者の決済が1,2億混ざっていたとしても、クレジットカード会社は把握しようがないのです。

 

自分で売買する現金化よりも、現金化業者の方が安心

クレカ現金化

いままで述べてきた事実から分かること、それは、

換金性の高い商品を売買してやる現金化よりも、現金化業者を利用した現金化のほうが利用停止の危険が少ない

ということです。

一般的に現金化業者の還元率は、70%~80%の間と言われています。

20~30%取られますので決して安くない手数料ですが、その分安心が手に入ると思えば、現金化業者を利用するメリットはある、という結論になります。

 

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ