1. TOP
  2. なにかあったらすぐカードが止まる「利用停止前リスト」とは?
クレジットカード現金化マニュアル

なにかあったらすぐカードが止まる「利用停止前リスト」とは?

クレジットカード会社が現金化の事実をどうやって把握しているのか気になりますよね…

それは、カードの利用を止める一歩手前の「利用停止前リスト」というのをピックアップしているからです。

詳しくみていきましょう。

なぜ、現金化がカード会社にバレるの?

クレジットカードのショッピング枠の現金化が、クレジットカード会社に見つかり、カードの利用ができなくなってしまうことがあります。

ショッピング枠の現金化がバレてしまった人からすると、

「なぜバレたのだろう・・?」

という疑問をお持ちだと思います。

カード会社からすると、

ショッピング枠の現金化目的の利用を見つけるのは、以外に簡単なのです。

まず、全利用者から、キャッシング枠が限度額いっぱいの人をピックアップします。

これだけで、かなりしぼれるのです。

考えてみてください。

ショッピング枠を現金化する人は、キャッシング枠が限度額いっぱいのパンパンな状態なはずです。

キャッシング枠に余裕があるのに、高い手数料を取られてまで、わざわざショッピング枠を現金化する人は少ないのです。

よって、クレジットカード会社は、キャッシング枠がパンパンな人だけの利用履歴を注視していればよく、その数はそれほど多くありません。

お持ちのクレジットカードのキャッシング枠が限度額いっぱいでパンパンな人は、クレジットカード会社から利用履歴をじっくり見られています。

その他、

  • 換金性の高い商品を定期的に購入している
  • 換金性の高い商品を大量に一括購入している
  • 換金率の高い高額商品を何度も購入している

そのような履歴がある人も「利用停止前リスト」に分類されます。

あやしい人とあやしい商品が組み合わさると限りなく利用停止に近づく

 

  • あやしい人
  • あやしい商品

この2つが一緒になると限りなく利用停止に近づきます。

あやしい人とは、

キャッシング枠がいっぱいいっぱいで、もうキャッシングすることが出来ない人です。

キャッシング枠がパンパンな人は、クレジットカード会社から、

「現金化目的でショッピング枠を利用しそうな予備軍」

として要注意人物としてチェックされているのは前述したとおり。

あやしい商品とは、

ショッピング枠の現金化目的で購入されることの多い商品です。

現金化する人は、できるだけ多くの現金を手にしたいと思っています。

必然と、換金率が高い商品が、現金化利用で購入されることになります。

クレジットカード会社は、現金化目的の利用で人気のある、換金率の高い商品を把握しています。

いつショッピング枠の現金化をしてもおかしくない、キャッシング枠がパンパンな人が、現金化に人気の、換金率の高いの商品を購入すると…

「ショッピング枠を現金化目的で利用している可能性が極めて高い」

とクレジットカード会社から判断され、利用停止に一歩近づきます。

このまま、換金率の高いあやしいの商品を買い続けたりすれば、利用停止になるのは時間の問題でしょう。

あなたは大丈夫でしょうか?

実は、現金化業者を使ったほうが利用停止になりにくい?

決済代行会社のカラクリ

谷口(現金化のスペシャリスト)
【問題】
クレジットカード会社は現金化を禁止しています。でも、現金化業者はクレジットカードの決済ができています。これは明らかな矛盾です。なぜでしょうか?考えてみてください。

現金化決済代行会社

【答え】

前述したとおり、クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止しています。

にもかかわらず、現金化業者がクレジットカードの決済ができてしまうのは、おかしな話です。

現金化を撲滅したいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないよう、カード会社が対策すれば良いだけの話ですが、事はそう簡単ではないのです…

クレジットカードの決済をするには、カード会社の加盟店になる必要があります。

当たり前ですが、現金化業者が加盟店になることはできません。

そこで、決済代行会社という、クレジットカード決済の専門会社を経由することにより、現金化業者がクレジットカード決済ができるような仕組みになっています。

もちろん決済代行会社は、バレたらまずいので、現金化業者の決済をうまく隠します。

決済代行会社は毎月「何十億」という膨大な額のクレジットカード決済を引き受けています。

その「何十億」の中に、現金化業者の決済をごちゃまぜにしてしまい、クレジットカード会社がわからないようにするのです。

こうして、現金化業者がクレジットカード決済できるシステムが確立されています。

だからこそ、現金化業者が継続してクレジットカード決済ができるのです。

決済代行会社もリスクはあるが…

決済代行会社

「決済代行会社が現金化業者の決済をしている」

そんな事実がクレジットカード会社にバレてしまった場合は、決済代行会社は取引停止となります。

そんなリスクのある現金化業者の決済ですが、決済代行会社はなぜ、そんなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのか…

それはやはり、手数料がたくさんもらえるからです。

決済代行会社もいけない事とは分かっていつつも、一般的な企業よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないということなのです。

だから決済代行会社は、現金化業者の決済とわからないように色々と工夫をしています。

通常のクレジットカード利用の決済が毎月何十億もある中、現金化業者の決済が1,2億混ざっていたとしても、クレジットカード会社は把握しようがないのです。

自分で売買する現金化よりも、現金化業者の方が安心

クレカ現金化

いままで述べてきた事実から分かること、それは、

換金性の高い商品を売買してやる現金化よりも、現金化業者を利用した現金化のほうが利用停止の危険が少ない

ということです。

一般的に現金化業者の還元率は、70%~80%の間と言われています。

20~30%取られますので決して安くない手数料ですが、その分安心が手に入ると思えば、現金化業者を利用するメリットはある、という結論になります。

以下サイトで、現金化業者の口コミや評判・還元率・振込スピードなどを比較することができます。

→ クレジットカード現金化口コミ.jp

様々な店舗を比較して、より有利に現金化しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル