1. TOP
  2. 振り込み
  3. 15時以降
  4. あなたの銀行口座は?15時以降、土日祝日振込可能な口座
クレジットカード現金化マニュアル

あなたの銀行口座は?15時以降、土日祝日振込可能な口座

クレジットカード現金化を利用する際には、お金を振り込んでもらう口座を指定しなければなりません。

この時、振り込む口座によって対応が異なることがあるので、注意が必要です。

対応している口座は色々

現金化前に口座確認

クレジットカード現金化には、店舗で営業している業者もあれば、無店舗でオンラインで営業している業者もあります。

店舗型の業者は、今や減少傾向にありますが、今でも営業していることがあります。

このような業者を利用した場合には、買取方式での利用となり、買い取ってもらう商品と引き換えに現金を受け取るため、口座は必要がありません。

しかし、無店舗の業者ならば、口座が必ず必要です。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

無店舗の業者の多くは、キャッシュバック方式で現金化を行なっています。

その場合、還元率に応じたキャッシュバックを受け取ることになりますが、銀行口座に振り込んでもらって受け取るため、必ず口座が必要となります。

また、振り込んでもらう銀行口座は、現金化に利用するクレジットカードの名義と一致している必要があります。

現金化に利用するクレジットカードは本人名義であることが必須条件ですから、銀行口座も本人名義でなければいけないということです。

振り込み口座を指定するとき、人によって希望する口座は違うと思います。

メガバンクの口座、ゆうちょの口座、地銀や信金の口座、インターネットバンキングの口座など色々です。

優良業者では、あらゆる口座への振り込みに対応していますが、なかには振り込み対応を受けられない口座、振り込み対応が変わる口座などがあるため、事前によく確認しておく必要があります。

クレジットカードを所有するためには、引き落とし口座を指定しなければなりませんがから、その口座を振込口座に指定する人もいるでしょう。

その際、まずはその口座に対応しているかどうかを調べることから始めましょう。

業者によって、振り込みに対応している口座は異なります。

例えば、ランダムに見ていたところ、業者間で以下のような違いがありました。

《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

  2. 〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了

    簡単なフォーム送信だけで最大20社を比較可能。
    換金率で比較したり、送金スピードで比較したり、
    あなたにぴったりな条件の業者を一括で探せる、
    便利なクレカ現金化業者の一括見積もりサイト

    比較してみる

業者Oの場合→ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行、三井住友銀行、みずほ銀行

業者Sの場合→三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行

業者Kの場合→三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、イーバンク銀行

対応できる銀行名が一切記載されていない業者もありますが、多くの優良業者が記載している事実を踏まえると、あまり丁寧とは言えませんから、その時点で除外してしまってもいいでしょう。

口座によって対応が変わることがある

現金化前に口座確認

多くの業者で、メガバンクやゆうちょ、有名なインターネットバンキングでの取引を可能としています。

地銀や信金は、振り込み対応が可能であったとしても、全て記載していると大変な数になりますから、主要なものを記載しています。

特に大切なのが、ゆうちょ銀行とインターネットバンキングです。

これらの銀行口座に指定すれば、土日祝日や平日の15時以降(深夜でも)振り込みが可能です。

したがって、これらの口座に振り込みが可能であるとしており、さらに申込を24時間受付としている業者であれば、365日24時間対応でクレジットカード現金化に対応しているということになります。

しかし、「ゆうちょ銀行やインターネットバンキングを利用すれば、24時間振込可能です」などと書かれていない業者は、それらの口座への振り込みに対応していない可能性が高いです。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. 現金化堂

    現金化堂は、お客様がオトクに利用できるための努力を惜しみません。
    今開催中のキャンペーンをご紹介!
    ●ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント
    ●他業者様からのお乗り換えで現金最大30,000円プレゼント
    ●ご紹介してくれた方のご利用で現金最大30,000円プレゼント
    換金率保証サービスと併せて利用すれば最強です!^^

    現金化堂のくちコミを確認してみる 公式サイトへ

その場合、平日の15時までしか振り込み対応を受けることができず、使い勝手が悪くなります。

多くの現金化業者が、あらゆる口座への振り込みに対応しながら、より多くの利用者を獲得しようとしている中で、ごく少数の口座にしか振り込みできないことの裏には、何らかの理由がある可能性があります。

もし、それだけの口座を作れるだけの信用がないとか、開業して間もないからまだ口座がそろっていないとかの理由ならば、そのような業者を利用するのは危険です。

したがって、対応している口座が少ない業者は、不便であるだけではなく、悪質である可能性もあるため、避けるようにしましょう。

こんな業者は避けるべき

現金化前に口座確認

あらゆる業者において、インターネットバンキングなどを通して、24時間対応が可能となっています。

しかし、注意すべき場合があります。

紛らわしい表示に注意

まず、インターネットバンキングに対応しており、「24時間受付中!」と書いているものの、実際には営業時間が限られている場合です。

これをみた利用者は24時間振り込み対応しているものと思うでしょうが、実際には申込フォームの送信を受け付けているだけなのです。

実際に申し込みが処理されるのは、翌営業日の営業時間内であるため、申し込んですぐに現金化できるとは限りません。

悪質業者に注意

現金化前に口座確認

次に注意したいのが、対応時間によって還元率が異なる業者です。

確かに、深夜の振り込みなどでは振込手数料が異なることがあります。

しかし、だからといって、深夜などの振り込みを理由に、還元率を数%も下げている業者は問題があります。

あきらかに、利用者の緊急性に付け込んだ悪質な手口です。

普通の銀行の営業時間外に、24時間対応の現金化業者を利用したいと思っているならば、そのようなあこぎな商売をしていない業者を選ぶべきです。

まとめ

現金化前に口座確認

クレジットカード現金化の際、振り込んでもらう口座によって、対応が異なる場合があります。

したがって、スピーディに振り込んで欲しいと思っている人は、振り込みを依頼する口座をインターネットバンキングにするなどの工夫が必要です。

その際には、インターネットバンキングに対応していない業者もありますから、申込の際には電話で必ず確認するようにしてください。

自分の希望するインターネットバンキングを伝えて利用できることを確認し、さらにどれくらいで振り込まれるかを確認しておくと安心です。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ