1. TOP
  2. 【実際は…】換金率90%以上ってホント?還元率の現実

【実際は…】換金率90%以上ってホント?還元率の現実

業者の換金率について この記事は約 9 分で読めます。
現金化換金率

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金を得る方法です。

お金に困っている人が利用する手段ですから、利用すればいくら手に入るかは非常に重要なことであり、換金率の良い業者を利用しようと思うことでしょう。

しかし、業者の好評している換金率は、まともに適用されないことも多々あります。

その理由や構造を知れば、できるだけ多くの現金を受け取れる方法が見えてきます。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットカード現金化の換金率

換金率実際は

急にお金が必要になったものの、借りるあてもなければ何かを売ってお金を得ることもできないとなると、皆さんはどうするでしょうか。

どうしようもないと思うかもしれませんが、クレジットカードを持っているならば、クレジットカードから現金を得るという方法があります。

これは、キャッシング枠からお金を借りるということではなく、ショッピング枠を利用してお金を得る方法です。

今の時代、クレジットカードを持っている人はとても多くなっていますから、多くの人が活用できる方法であると言えます。

クレジットカードのショッピング枠から現金を得る方法を「クレジットカード現金化」と言いますが、この方法はショッピング枠が残っているクレジットカードを持っている人ならば誰でもできる方法です。

クレジットカード現金化業者に依頼して現金化を行うことになりますが、その際には審査もありませんし、必要になるものと言えば身分証明書くらいのものですから、手軽に利用できるのも嬉しい所です。

かつては店舗型のクレジットカード現金化業者がほとんどでしたが、インターネットが普及してからというもの、ネット上で運営される現金化業者が増えました。

換金率実際は

そのため、インターネットから申込みを行い、身分証明書も写メールなどで送ることによって提出が可能です。

このように、クレジットカード現金化は手続きが非常に簡単であり、気軽に利用できることから、近年利用者が急増しています。

さて、クレジットカード現金化業者を利用して現金化する場合、気になるのが換金率です。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. 買取くん

    自宅に商品が届かないという、画期的な手法を取り入れている買取くん。
    商品は電子商材がメールで届くだけなので、スムーズに取引が完了。
    主婦の方など、現金化で購入した物が家に届いてはまずい人にピッタリのお店。
    女性限定のキャンペーンも行っており、女性のためのお店と言えます。

    公式サイトへ

換金率は業者によって異なります。また、ショッピング枠をいくら現金化するかによって換金率が変動し、一般的には額が大きくなるほど換金率も高くなっていきます。

換金率は、各業者のホームページに書かれていますが、実際に取引をする際には表記の通りの換金率が適用されないケースも多いようです。

また、換金率が高くなるキャンペーンを行なっている業者を利用したところ、それが適用されなかったということもあります。

換金率実際は

よくあるケースを挙げるならば、「初回利用のお客さまは○%還元実施中!」といったキャンペーンを打ち出しており、それによればかなり高い換金率を期待できるのですが、実際には適用されなかったというケースです。

多くの現金化業者において、換金率は表示からいくらか引き下げられ、キャンペーンが適用されないことも多いのです。

業界関係者の話によると、「初回の利用者が好評通りの換金率で現金化してくれない業者の方がむしろ多い」ということでした。

これは、一見すると詐欺のような話です。

なぜそのようなことが起こってしまうのでしょうか。

換金率引き下げの理由

換金率実際は

では、なぜ換金率が引き下げられてしまうのかをお教えします。

まず考えたいのが、クレジットカード現金化業者の事業モデルです。

クレジットカード現金化業者は、利用者に対して現金化を行い、その手数料として一部を受け取ることで利益を出しています。

このようなビジネスモデルでは、利用者の利用額に応じて業者が対応も変えなければならないことも増えてきます。

例えば、Aさんは1万円の現金化を依頼し、Bさんは100万円の現金化を依頼したとします。

もし、現金化業者が全ての利用者に対して一律90%の換金率を保証していたならばどうなるでしょうか。

換金率実際は

Aさんの利用では1万円の90%である9000円をAさんに渡し、業者は1000円の儲けとなります。

Bさんの利用では、100万円の90%である90万円をBさんに渡し、業者は10万円の儲けとなります。

これを見れば分かる通り、Aさんのような小口の利用に対して高換金率を保証してしまえば、業者は薄利となってしまい、事業が成り立たなくなる恐れもあります。

クレジットカード現金化では、「家賃があと1万円足りないから」と言った理由から小口で利用する人も多いのですから、なおさらです。

そのため、小口の利用の場合には換金率を60%や70%に引き下げることで、事業として成り立つレベルの利益を確保する必要が生じるのです。

一方、Bさんの場合には90%の換金率を保証したとしても10万円という十分な収益が確保できるため、90%の換金率を保証することができます。

したがって、クレジットカード現金化業者のホームページで90%以上などの換金率を謳っていたとしても、小口の利用の場合には換金率が引き下げられることがあるのです。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

換金率引き下げの口実

換金率実際は

しかし、これがまかり通ってしまえば、利用者は納得しません。

「ホームページにはこう書いてあった」とクレームを付ける利用者も出てくることでしょう。

そこで、業者は利用者を納得させるだけの口実を用意しておく必要があります。

業者としては、納得させられる口実を用意しておくことで、換金率を引き下げて収益をアップさせることができるため、巧みな口実を用意しています。

カードブランドによる口実

換金率実際は

利用額が大きい場合には収益を確保するため、公表している換金率が適用される可能性が高くなります。

しかし、小口の顧客に対してはクレジットカードのブランドを口実として、換金率の引き下げを図ることが多いようです。

クレジットカードには様々なブランドがあるため、利用者の持っているクレジットカードもそれぞれ異なります。

クレジットカード現金化業者は、使用するクレジットカードによって換金率が変わると説明し、換金率の引き下げを行います。

もっとも、この口実は全く根も葉もないことではありません。

例えば、JCBは国内発行のクレジットカードであり、現金化業者の端末は海外決済となるため、クレジットカード会社に不信感を抱かせないために相応の手間もかかります。

そのため、換金率が低くなることがあるのです。

しかし、悪質業者になるとどのクレジットカードを利用してもそれを口実とすることがあります。

どのようなカードで申し込まれても、「そのカードは審査が少し通りにくく手間がかかるため、換金率が下がります」などと言うのです。

利用頻度による口実

換金率実際は

次によくあるのが、利用頻度を口実とする方法です。

例えば初回利用のお客さんに対して、「新規のお客さまはまだ実績がなく、カードを通すのに手間がかかるため、換金率が下がります」という口実です。

まだ数回しか利用していないお客さんに対しても同様です。

そして、「利用回数に応じて換金率が上がっていきます」と言うことで納得してもらい、リピートも促します。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. 商品の郵送がない買取くん

    「とにかく、家族だけにはバレたくない」という人は買取くんを要チェック。
    商品は、PDFデータなどの電子商材が電子メールで送られてくるだけです。
    「現金化した商品が届いてしまう…」そんな心配は無用のお店ですよ♪
    女性向けのキャンペーンも充実し、一番女性にやさしいかもしれないですね。

    買取くんのくちコミを確認してみる

利用者の心理を逆手にとる

もちろん、クレジットカード現金化業者のほうでも、このような口実には多少無理があるということは分かっているはずです。

しかし、それでも換金率の引き下げを図る現金化業者が後を絶ちません。

その原因は、クレジットカード現金化を利用する人の置かれている状況にあります。

換金率実際は

多くの人は、

「どうしてもお金が必要になったものの、親や友人・知人から借りることができず、消費者金融では待ち時間が長くなるためそれも利用できず、あるいはブラックになっているから借りることができず、それでもどうしても現金がすぐに欲しいため、最終手段としてクレジットカード現金化を利用している」

という状況に置かれていることと思います。

現金化を利用する人の事情は色々でしょうが、概ねこのような感じです。

つまり、早く現金を手にしたい理由があり、それ以外に方法がないという状況です。

クレジットカード現金化において、現金化までのスピードは換金率と同じくらい重視されるのも、ここに理由があります。

クレジットカード現金化業者からしてみれば、多少換金率を下げようとしても、ほかに手段がない利用者はやむを得ず利用するだろうという腹なのです。

換金率実際は

利用者の足元を見た方法だと言えますが、世の中の色々な商売において足元を見て売るというのはよくあることであり、必ずしも悪いということはできないでしょう。

しかし、利用者としては気分が良くないことは間違いありません。

利用するならば老舗の業者を!

換金率実際は

現在、クレジットカード現金化業者には色々な業者がありますが、それらの業者の多くが上記のように換金率の引き下げを行なっています。

これらの業者は、悪質業者であると言われても仕方がないでしょう。

悪質業者であるかどうかの判断は、申込み後の電話でなんとなくわかります。

筆者は以前、インターネット上で大手業者とされているある業者に対して調査をしたことがあります。

業者から、「お使いのクレジットカードは何ですか?」と聞かれたため、「ちょっと待ってください、クレジットカードによって換金率が変わるのですか?」と聞きました。

すると「そうです」と言われたため、「そんなことはホームページには書かれていませんでしたが」と言ったところ、「審査などもあるのでそうなっているんです」と言われました。

換金率実際は

そこで、「じゃぁ、それぞれのクレジットカードの換金率を教えてください。VISAは?JCBは?AMEXは?」と聞いたところ、「同業者ですか?」というまさかの返答。

「一般の利用者ですよ。教えてください」というと、業者は沈黙してしまい、何度呼びかけても業者が再びしゃべることはありませんでした。

このような業者は、悪質業者である可能性が極めて高いため、利用は控えた方が良いでしょう。

利用は優良業者に限ります。

優良業者の特徴は、歴史の長い老舗であるということです。

競争の激しいクレジットカード現金化業界で長年生き残ってきたということは、信頼に繋がります。

換金率を理不尽に引き下げられて不満を持った人はリピートしないでしょうから、老舗の業者には理不尽さがなく、リピーターも多いと考えられるのです。

小口の利用者にも公表している換金率をきちんと適用しており、クレジットカードや利用頻度に応じて換金率を引き下げることもありませんし、キャンペーンもきちんと適用されることでしょう。

皆さんも、クレジットカード現金化を賢く利用するためには、ぜひ優良業者を利用するようにしてください。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

現金化換金率

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ