1. TOP
  2. メリット・デメリット
  3. 電話番号、メールアドレス取得目的の悪徳現金化業者
クレジットカード現金化マニュアル

電話番号、メールアドレス取得目的の悪徳現金化業者

クレジットカード現金化はインターネット上に公式サイトを持っている業者が多くあります。

しかし、オンラインのみで手続きができることのデメリットも知っておくべきでしょう。

ネットで申し込んでも電話が来ない

情報目的

クレジットカード現金化はインターネット上に公式サイトを持っている業者が多くあります。

そのような業者を利用することでオンライン上で全ての手続きが完了することも多々あります。

クレジットカード現金化を利用する人の多くはすぐに現金を必要としている場合が多いです。

その為、そのような人にとってオンラインですぐに手続きができ、素早く現金を手にできることのメリットは大きいと言えます。

業者によっては最短10分程度で振り込みが行われる業者もあり、そのような業者を利用するとすぐに現金が振り込まれるため、大変便利です。

おそらく手続きを済ませてから銀行に向かうまでの間に振り込みが行われていることでしょう。

しかし、オンラインのみで手続きができることのデメリットも知っておくべきでしょう。

なぜならば、悪徳業者にとってもオンラインのみで手続きが完結することは非常に便利であり、利用者を騙しやすい方法だからです。

顔を見られずに利用してもらえる事はとても都合が良いのです。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. 現金化堂

    85%の換金率が保証されている現金化堂。
    100%ご成約主義をかかげており、お客様の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのが特徴です。
    「換金率をもっと良くしてほしい」「振り込みを30分以内にしてほしい」などなど、わがまま言いたい放題です!
    初回利用で現金プレゼントキャンペーンがありますので、併せて利用すればすごい換金率になりますよ!^^

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

携帯サイトからクレジットカード現金化を申し込んだけど連絡がない

情報目的

よく見られるのは、携帯サイトで業者を見つけて軽い気持ちで申し込みをしてみたら、その後全く音沙汰がないと言うものです。

本当に軽い気持ちで申し込みをしただけであり、それほどお金に困っていないならば放っておいてもいいかと思うかもしれません。

しかし、もうその時点で悪徳業者に騙されている可能性があります。

そのような業者は、クレジットカード現金化業者を装って申し込みを受け付け、個人情報の詐取を行っているからです。

このような悪徳業者は、クレジットカード現金化業者を装って個人情報を集め、闇金融業者などに売ると言うタイプの悪徳業者です。

そして、このような悪徳業者は数多く存在します。

これらの悪徳業者は基本的に申し込みを受けてもレスポンスを行うことはありません。

クレジットカード現金化の申し込みでは様々な個人情報を入力して申し込みを行います。

氏名、住所、電話番号、クレジットカード番号、生年月日、銀行口座番号などです。

これらが一気に取得できるため、個人情報詐取を行う悪徳業者からするととても良質な情報源となるのです。

特に、携帯サイトしかなくパソコンサイトを持っていない業者にはこのような詐欺を行う業者が多いと言われています。

そのため、携帯サイトやスマホサイトを見つけて申し込みを行おうと思う場合には、一旦パソコンサイトもあるかどうかを確認してみる必要があります。

カード停止になりづらい現金化サービス

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

しばらく経っていかがわしい業者からの電話や売り込みが増えた

情報目的

クレジットカード現金化を申し込んでからしばらくたってから、全く身に覚えのない業者から電話がかかってきたり、変な売り込みが来たりすることがあります。

これらの業者は、悪徳業者から個人情報を提供された業者であり、これらもまた悪徳業者である可能性が高くなります。

うっかり引っかかってしまうと大変な被害をうけることになります。

そのため、これまで連絡がなかった業者から連絡を頻繁に受けるようになった時は、個人情報詐取の被害を受けたと思ってよいでしょう。

クレジットカード現金化の大手業者になると、個人情報の取り扱いはきちんと保護しているものです。

第三者に個人情報を提示しないのは元より、個人情報を漏えいしないものであり、その旨がサイトにもしっかりと明記されているのです。

クレジットカード現金化の申し込みでは重要な情報をたくさん入力するものですので、十分に注意する必要があります。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ