1. TOP
  2. 悪徳業者について
  3. ホームページURLで悪徳業者を見分ける方法
クレジットカード現金化マニュアル

ホームページURLで悪徳業者を見分ける方法

クレジットカード現金化サービスを利用する時、ほとんどの人はオンライン申し込みを利用することと思います。

そこで、知っておいた方が良い知識として、クレジットカード現金化業者のサイトから悪徳業者を見抜く方法があります。

サブドメインで複数サイトを運営

ホームページ悪徳

クレジットカード現金化サービスを利用するにあたって、ほとんどの人は誰にも会わずに利用できるオンライン申し込みを利用することと思います。

そこで、知っておいた方が良い知識として、クレジットカード現金化業者のサイトから悪徳業者を見抜く方法があります。

インターネット上でクレジットカード現金化業者が悪徳業者でないことを見分けるためには、ドメインを見ます。

ドメインには独自ドメインとサブドメインがあります。

独自ドメインを取得すると、そのドメインに別のキーワードを追加するなどして、無数のサブドメインを作ることができます。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

独自ドメインとサブドメインの違い

ホームページ悪徳

そのページが独自ドメインで作られているのか、それともサブドメインで作られているのかは、サイトのURLを見ていくと判断することができます。

Yahoo!JAPANを例にとって説明するならば、『www.yahoo.co.jp』というのが独自ドメインに当たり、ここから派生してサブドメインが存在しています。

例えばYahoo!ブログならば『blog.yahoo.co.jp』、Yahoo!オークションならば『auction.yahoo.co.jp』、Yahoo!メールならば『mail.yahoo.co.jp』がサブドメインになります。

このような実例をみるとよくわかるでしょう。

独自ドメインはそのサイトの親のようなものであり、そこからブログ、オークション、メールといった子に枝分かれしていくと言うことです。

《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

  2. 〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了

    簡単なフォーム送信だけで最大20社を比較可能。
    換金率で比較したり、送金スピードで比較したり、
    あなたにぴったりな条件の業者を一括で探せる、
    便利なクレカ現金化業者の一括見積もりサイト

    比較してみる

きちんと運営している企業であれば独自ドメインを持つのが一般的

ホームページ悪徳

独自ドメインを持つと、そこから派生して無数のサブドメインを追加していくことができます。

しかし、独自ドメインを持つためには取得費や維持費などがかかります。

きちんと運営していくことを目指している企業ならば、長く運営していくにおいて今後サブドメインが必要になる可能性も考慮して、独自ドメインを持っているのが普通です。

一方、サブドメインは取得のために費用はかからず、さらに無料であるだけではなく匿名で利用することができます。

しかし、無料サービスサイトであるため、上部に広告が表示されていることも多いです。

クレジットカード現金化業者のサイトがサブドメインを使用している時には、独自ドメインを撮るための費用が掛けられない。

あるいはその他の理由からサブドメインの方が都合が良い悪徳業者の可能性が高くなります。

したがって、URLが異常に長いと感じたり、上部に広告が表示されている場合には、一度悪徳業者の可能性があると疑ってみることをオススメします。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ