1. TOP
  2. メリット・デメリット
  3. クレジットカード現金化の種類には色々ある
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカード現金化の種類には色々ある

近年、クレジットカード現金化が広まりつつあり、業者数も利用者数も増加しています。

クレジットカード現金化の方法も種類が増えてきており、利用者にとってはどの方法が一番良いのか分からないことでしょう。

そこで、本稿ではクレジットカード現金化の種類について解説していきます。

クレジットカード現金化口コミ

広まりつつあるクレジットカード現金化

現金化種類色々

クレジットカード現金化が登場したのは、もう何十年も前のことです。

当然のことながら、クレジットカードの所有者は首都圏をはじめとした商業都市で働く人々から浸透し始めたため、クレジットカード現金化業者が登場したのも初めは首都圏でした。

しかしながら、当時クレジットカード現金化はほとんどの人から関心を持たれておらず、あるいは怪しいものとしてみなされていたため、利用者は限られていました。

クレジットカード現金化の存在を知らないという人も多かったことでしょう。

しかし、最近ではクレジットカード現金化がかなり浸透してきました。業者の数も、利用者も共に増加しています。

悪質業者もいまだに少なくないため、悪いイメージが完全に払しょくされるのはまだまだ先のことでしょう。

とはいえ、良くも悪くも知名度は向上しており、資金調達の際にクレジットカード現金化を考慮する人も増えていることは事実です。

この背景には色々なことが考えられますが、主な理由としてはインターネットの普及、長引く不景気、総量規制の三つが挙げられるでしょう。

現金化種類色々

インターネットが普及してからは、インターネット上で運営される無店舗型の現金化業者が急速に増えました。

また、インターネットによって情報収集が容易になったことで、クレジットカード現金化を知る機会も増えました。

次に、長引く不景気によって経済困難に陥る人が増えましたが、経済困難ゆえに消費者金融などからお金を借りられない人が増え、クレジットカード現金化に頼らざるを得ない人が多くなっていることも考えられます。

最後に総量規制ですが、これは貸金業者の貸しすぎと消費者の借りすぎによる自己破産を防ぐため、2010年に施行されたものです。

これによって、消費者は年収の3分の1以上は借りられなくなりました。

つまり、年収がゼロである無職の人や専業主婦は借入ができなくなり、低所得者は多くを借りられなくなりました。

もちろん、安定した収入を得ている人でも3分の1以上は借りられなくなったのです。

これによって、総量規制によって借り入れができない人が、クレジットカード現金化に頼るケースも増えてきました。

さて、クレジットカード現金化が登場した当時、現金化の方法といえば買取方式しかありませんでした。

しかし、今では色々な方法が登場しています。

はたして、クレジットカード現金化にはどのような方法あるのでしょうか。

また、どの方法がよりよいと言えるのでしょうか。

 

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

 

代表的な方法

現金化種類色々

代表的な方法としては、買取方式とキャッシュバック方式があります。

それぞれのポイントを解説していきましょう。

 

買取方式

現金化種類色々

買取方式では、現金化業者が利用者に対して購入すべき商品を指定し、利用者がクレジットカード決済で指定された商品を購入すると、現金化業者はそれらを買い取ります。

利用者はこれによって現金を得ることができます。

指定された商品は全て換金性が高いものであるため、業者はさらに専門業者に転売することによって利益を得ることができます。

買取方式では、基本的に利用者の持ち込んだ商品を買い取るため、店舗型である必要があります。

最近は無店舗型の業者が増えたため、買取方式の業者は少なくなっています。

中には無店舗型で買取方式を行う業者もあるのですが、従来とは異なる流れの取引であり、情報も少ないため、あまりお勧めはできません。

 

キャッシュバック方式

現金化種類色々

キャッシュバック方式とは、現金化の利用者に対してキャッシュバック特典付き商品を購入してもらい、キャッシュバックとして現金を提供するという方式です。

商品はオンラインでクレジットカード決済するため、業者は店舗を構える必要がありません。

インターネット上で無店舗営業が可能となり、小さいリスクで開業することもできることから、近年業者の数が急増しています。

最近では、「クレジットカード現金化と言えばキャッシュバック方式」というくらいに広まっている方式です。

業者数が多いだけに悪質業者もよく見られます。

悪質業者による詐欺被害(個人情報を盗られる、異常に低い換金率になってしまう)は決して少なくはなく、キャッシュバック方式を利用する人は悪質業者を避けることが絶対条件となります。

当サイトで紹介している悪質業者の見極め方なども参考にしつつ、優良業者を選ぶことが大切です。

現金化種類色々

以上の二つが、クレジットカード現金化の代表的な方法です。

もっとも、買取方式は必ずしも業者を通さずともよい方法です。

換金性の高い商品を自分で購入して転売すればよいからです。

業者を通せば、商品の流れは「自分→現金化業者→買取業者」となるため、得られる現金は少なくなります。

しかし、自分で現金化を行なえば、商品の流れは「自分→買取業者」となり、現金化業者の中間搾取がないだけに、より多くの現金を得ることができます。

また、間に挟む現金化業者が悪質業者であった場合には、得られる現金が極端に少なくなってしまうこともあるため、自分で現金化すればリスクは一層小さくなります。

ただし、自分で行うためには商品の選定から買取業者の選定と売却まで全て自分で行わなければなりません。

買う商品を間違ってしまえば、得られる現金は現金化業者を通すよりも少なくなる可能性があります。

また、全て自分で行うためには時間もかかるため、緊急に現金を要している場合には適しているとは言えません。

したがって、買取方式において業者を通すか通さないかは、自分の置かれている状況を考えて選択する必要があるでしょう。

現金化種類色々

一つだけ裏技があるとすれば、業者を半ば通すという方法が考えられます。

つまり、買取方式の業者に現金化を申し込んで買うべき商品の指定を受け、そこでキャンセルし(あるいはその後の連絡を絶ち)、指定の商品を購入して自分で買取業者に売ってしまうのです。

現金化業者は換金性の高い商品をよく知っていますから、指定された商品は高確率で高く買い取ってもらえる商品です。

現金化業者を通さずに買取業者に売れば、換金性は高くなるでしょう。

この方法では、キャンセルを申し出たときに現金化業者から難癖を付けられる可能性があります。

中には、キャンセル料を請求してくる業者もあるでしょう。

しかし、それは突っぱねてしまって構いません。

キャンセル料を請求してくる業者は大抵が悪質業者であり、それを突っぱねたところで業者側はどこにも訴えることができないため、大きなトラブルに発展することはありません(もちろん、トラブルになると気分が悪いという人がほとんどでしょうから、この方法は現実味の薄い方法であるとも言えます)。

 

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

 

新種の方法

現金化種類色々

最近では、買取方式とキャッシュバック方式以外に、新しい方法も誕生しています。

以下に紹介していきますが、これらの方法にはあまり利用価値がありません。

なぜならば、悪質業者が多く、良くない条件であることが多いからです。

一般的なクレジットカード現金化でさえ、まだ情報が錯綜している状態ですから、新しい方法ではなおさら謎の部分が多いものです。

利用者たちは、正しい知識をもって利用することが難しいのが現状です。

そのため、知識のなさを利用して搾取を図る悪質業者の数が非常に多く、利用すれば後悔する可能性が高いのです。

したがって、以下に紹介する方法は、業者を通さずに自分で現金化した方が良いと言えます。

 

アマゾンギフト買取り

現金化種類色々

アマゾンギフトとは、通販サイト・アマゾン内で使える商品券のことです。

アマゾンの利用者は非常に多く、日常的に買い物をしている人も多いものですから、アマゾンギフトの需要は非常に高くなっています。

また、アマゾンギフトはクレジットカードで購入することができるため、それを利用してクレジットカード現金化も可能となります。

このことから、クレジットカード現金化の方法としてアマゾンギフトが広まりつつあります。

アマゾンギフト買取りを専門的に行う現金化業者もありますし、買取方式あるいはキャッシュバック方式と並行する形でアマゾンギフト買取りを行なっている業者もあります。

アマゾンギフト買取りを行なっている業者で換金率を見ると、概ね90%前後からとなっており、換金額が大きくなるにつれて換金率は上がっていくという仕組みになっています。

しかし、詳しく調べてみると、「アマゾンギフトのレートは日々変動するため、換金率も常に変動している」というような曖昧な表現をされていることが多いことに気づきます。

現金化種類色々

つまり、業者が表示している換金率より下げたとしても、「本日のレートなので」の一言で言い逃れもできるということです。

したがって、現金化業者がホームページなどで公表している換金率は、そのまま適用されないことの方が多いと考えた方が良いでしょう。

さらに、さまざまな手数料がかかって実質的な換金率は70%前後になったという話もよく聞きます。

つまり、5万円のアマゾンギフトを換金したならば、3万5000円しか得られないということです。

これならば、業者を通さずに個人で売った方が間違いなく高く売れます。

例えばヤフオクを利用すればアマゾンギフトを売る事が可能です。

ヤフオクは非常に多くの人が見ており、入札という形で価格が引き上げられていくものです。

額面金額より少しでも安ければよいと考えている人も多いため、95%以上で買い取ってもらえることも珍しくありません。

つまり、5万円のアマゾンギフトが4万7500円で売れることもあるということです。

現金化種類色々

少なくとも、70%などといった低い換金率で落札されることはほとんどないと言ってよいでしょう。

ヤフオクに出品する際には出品手数料として落札価格の8.64%を支払わなければなりませんが、それでも95%で売れた場合の換金率は86.36%であり、5万円のアマゾンギフトが4万3180円になるということがわかります。

以上のことから、アマゾンギフトで現金化したいならば、自分でやった方が明らかに高い現金を得られることが分かります。

ただし、ヤフオクに出品した場合には落札までにいくらかの時間が必要となるため、緊急にお金が欲しい人にはお勧めできない方法といえます。

 

キャンセル方式

現金化種類色々

キャンセル方式とは、一旦クレジットカード決済した商品を返品して現金で返金してもらうことによって、現金を得るという方法です。

まだ非常に少ないものの、現金化業者の中には、この方法によって現金化を行なっている業者があります。

この方法では、業者はホームページ上で商品を販売し、利用者はそれをクレジットカード決済で購入します。

そして、決済後にキャンセルを申請すると、業者はいくらかのキャンセル手数料(概ね10~15%程度)を受け取って返金をするというものです。

形上はネットショップを装っているものの、業者も利用者もクレジットカード現金化を前提として取引をしているため、商品はどうでもよいものばかりというのが特徴です。

これを見れば分かる通り、業者を通してキャンセル方式を利用するということは、手数料を支払ってクレジットカード現金化をしていることにほかなりません。

しかし、キャンセル方式は自分でも行うことができ、その場合には100%の換金率で現金化することができます。

現金化種類色々

クレジットカードで買い物ができるお店は色々ありますが、金銭管理がしっかりとしているお店であれば、クレジットカード決済した商品を返品すると、クレジットカード決済を取り消すことによって対処するため、現金化はできません。

しかし、クレジットカード決済の取り消し作業には手間がかかるため、現金で返金をしているお店もあります。

そのようなお店を利用すれば、決済分のお金が全て現金で支払われるため、換金率100%で現金化できるということになります。

ただし、これは危険を伴う方法でもあります。

そもそも、クレジットカード会社は利用規約で現金化を禁止しているため、もし現金化をしたと知られれば利用停止措置を受けることになり、最悪の場合には残債の一括返済を求められることもあります。

もしあなたが現金を欲しいからと言って、大型テレビを何個も買い、キャンセルによって現金を得たならば、クレジットカード会社が怪しむ可能性は非常に高くなります。

また、普段はクレジットカードで買い物をあまりしない人が、高額の商品をたくさん買ってキャンセルした場合にも、これもまた不審がられる可能性が高くなります。

現金化種類色々

したがって、100%で現金化できるからと言って、同じお店で頻繁にクレジットカード決済のキャンセルを行なっていれば、利用停止措置や残債の一括請求を受ける可能性があります。

そのようなリスクを承知の上であれば利用してもよいでしょうが、クレジットカード会社に露見して信用情報にキズを付けるのが嫌であれば、多少の手数料を支払っても現金化業者を利用した方が良いでしょう。

 

携帯電話のキャリア決済

現金化種類色々

クレジットカード現金化の類似の方法として、最近では携帯電話のキャリア決済を利用する方法が登場しています。

docomoやauであれば3~5万円、Softbankならば最大10万円の枠が設けられており、この枠でWebマネーの決済などを行うことができるのです。

最近、クレジットカード現金化の情報サイトなどでは、キャリア決済を利用する情報が出回るようになりました。

キャリア決済でアマゾンギフトなどを購入し、アマゾンギフト買取業者に売るなどして現金化が可能であるとしているのです。

しかし、これは現実的にはお勧めできない方法です。

なぜならば、例えばキャリア決済で5万円を利用した場合には、次回の携帯料金の支払いの際に5万円が請求され、分割払いは不可能だからです。

クレジットカード現金化のメリットのひとつは、現金化に利用したショッピング枠を分割で支払える点にあります。

数万円が用立てられずにキャリア決済で現金化を考えているのですから、まもなく訪れる携帯料金の支払いでそれを全額返せない人も多いことでしょう。

したがって、携帯電話のキャリア決済は最近広まりつつある方法ではあるものの、利用しない方が良いと言えます。

 

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

 

まとめ:自分に合った方法を

現金化種類色々

上記の通り、クレジットカード現金化には色々な方法があります。

キャッシュバック方式以外の方法であれば、現金化業者を通さずとも行なえることも分かりました。

しかし、それぞれの方法にはメリットもデメリットもあります。

スピードを重視するならば、キャッシュバック方式の業者を利用するのが最も早いでしょう。

得られる現金だけを重視するならば、買取方式やアマゾンギフト換金、キャンセル方式などを自分で行うことが考えられますが、それぞれにはデメリットもあります。

したがって、クレジットカード現金化には色々な方法がありますが、どれが適しているかは人によって違うと言えます。

皆さんも、自分の置かれている状況を考え、自分に最も適した方法で現金化するようにしてください。

 

 

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ