1. TOP
  2. 知らないと損をするクレジットカード現金化のデメリット3つ

知らないと損をするクレジットカード現金化のデメリット3つ

メリット・デメリット この記事は約 10 分で読めます。
現金化デメリット

クレジットカード現金化は、クレジットカードさえ持っていればどのような人でも利用することができる資金調達法です。

利便性が高いことから人気が高まっています。

しかし、クレジットカード現金化にはメリットばかりではありません。

世の中の色々な物事には陰陽があるもので、クレジットカード現金化にもデメリットは存在します。

本稿では、クレジットカード現金化のデメリットを紹介していきます。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットカード現金化にはデメリットもある

現金化デメリット

今や、クレジットカード現金化の知名度はかなり高いものとなっています。

しかし、クレジットカード現金化の詳しいことを知りたいと思った人が、クレジットカード現金化について調べると、良い点ばかりが紹介されているように感じてしまうかもしれません。

それもそのはず、クレジットカード現金化の紹介サイトには、クレジットカード現金化業者から広告料を受け取って運営しているサイトも多く、そのようなサイトでは当然ながらメリットばかりを紹介しているからです。

たしかに、そのようなサイトで紹介されているメリットは、決して嘘ではありません。

クレジットカード現金化を利用すれば当日中に資金調達が可能ですし、消費者金融から借りられない人でも、本人名義のクレジットカードさえあれば利用が可能です。

そのような人にとって、クレジットカード現金化は非常にメリットが大きい方法なのです。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. 買取くん

    自宅に商品が届かないという、画期的な手法を取り入れている買取くん。
    商品は電子商材がメールで届くだけなので、スムーズに取引が完了。
    主婦の方など、現金化で購入した物が家に届いてはまずい人にピッタリのお店。
    女性限定のキャンペーンも行っており、女性のためのお店と言えます。

    公式サイトへ

しかし、世の中のすべての物には陰陽がつきもので、いい面もあれば悪い面もあり、完全無欠のものはありません。

クレジットカード現金化にもデメリットがあります。

本当に納得して利用するためには、デメリットもきちんと把握してから利用すべきであることは言うまでもありません。

そこで、本稿ではクレジットカード現金化に伴うデメリットを紹介していきます。

クレジットカード現金化のデメリット3選

ここでは、クレジットカード現金化の代表的なデメリットとして、3つのデメリットを挙げることとします。

 デメリット1:利用停止のリスク

現金化デメリット

クレジットカード現金化を行うことの最大のデメリットは、利用停止になる可能性があるということです。

皆さんは、クレジットカードを作る際に利用規約をきちんと読んだでしょうか。

クレジットカードの利用規約には、クレジットカードを現金化に利用することが禁止されています。

これは、クレジットカード会社の利益を守るためです。

もし、クレジットカード会社が現金化への利用を認めてしまうと、現金化目的でクレジットカードを作りたがる人が増えてしまいます。

そもそも、クレジットカード現金化を利用する人の多くは、消費者金融などから借入ができないからこそクレジットカード現金化を利用しています。

つまり、クレジットカード現金化の利用者には経済困難に陥っている人が多いのです。

現金化デメリット

経済困難に陥っている人は、当然ながら返済不能に陥る可能性も高くなります。

そのような利用者が増えれば、クレジットカード会社の経営に大きなリスクをもたらします。

だからこそ、このリスクを未然に防ぐためにも、クレジットカード会社は現金化を禁止しているのです。

しかし、単に禁止しただけでは何の意味もなく、こっそりと現金化する人は出てくるものです。

そこで、クレジットカード会社は利用者の利用を確認した際に、明らかに現金化を思わせるような利用が見つかった場合には、利用停止措置を取ることがあります。

利用停止ならば、きちんと説明して現金化ではないことを納得してもらえれば、利用停止は解除されるでしょう。

しかし、説明できない場合には契約解除となり、残債を一括請求されてしまうこともあります。

このようなペナルティを設けることで、現金化への利用を牽制しているのです。

クレジットカード現金化の方式には、主に買取方式とキャッシュバック方式があります。

現金化デメリット

このうち、利用停止リスクがより高いのは買取方式です。

キャッシュバック方式では、利用停止リスクを低くするために、商品にも配慮されています。

そのため、この商品を購入して付帯しているキャッシュバックを受け取ることで現金化し、しかもクレジットカード会社から怪しまれる危険性も低くなります。

しかし買取方式は、換金性の高い商品をクレジットカード決済で購入し、それを現金化業者に買い取ってもらうことで現金化します。

ここに危険があります。例えば、それまでブランド品など一度も買ったことがない人が、いきなり何十万円分もブランド品をクレジットカードで買っていたとすれば、クレジットカード会社が不振がるのも無理はありません。

このほか、よく利用される商品に新幹線の回数券がありますが、これも非常に疑われやすい商品であり、利用停止のリスクが高くなります。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

デメリット2:悪質業者の存在

現金化デメリット

クレジットカード現金化は、非常にメリットが大きい方法ではありますが、そのメリットの大きさ故に悪質業者もあります。

メリットが大きいのに悪質業者が多いと言えば、なんだか矛盾するように感じるかもしれませんが、これには訳があります。

消費者金融などの普通の方法では資金調達できない人がでも利用できる、短時間で入金されるなどのことから利便性が高いということは、確かにメリットです。

このメリットゆえに利用者が増え、クレジットカード現金化の市場は拡大していきました。

そうなれば、当然ながら商機を見出した人々がこの業界に参入し、業者の数は増えていきます。

そもそも、クレジットカード現金化は法的にグレーな商売であり、取り締まりは難しいものです。

取り締まりが難しいグレーな業界で業者の数が増えたとき、悪質業者の数も増えていくのは当然の流れであると言えます。

したがって、クレジットカード現金化業者の中には悪質業者が一定数存在します。

悪質業者に対する悪評はネット上に流れていきますが、悪質業者は悪評を大きく上回る良い口コミを自ら流すなどして、利用者を攪乱しています。

そのため、悪質業者を避けるすべを知らず、騙されてしまう利用者も非常に多いのです。

さて、悪質業者による被害の内容は様々ですが、最も多いのは振り込まれた金額が聞いていた金額よりも少ないというケースです。

現金化デメリット

クレジットカード現金化のホームページを見れば分かりますが、どの業者も換金率表を掲載しており、一見するとかなり満足できる換金率で利用できるように感じてしまいます。

しかし実際には、その換金率を適用した金額から決済手数料、消費税、配送料など色々な名目で手数料が差し引かれることになります。

悪質業者では、利用者がどのような内容であるかを把握できない名目の手数料が差し引かれることも珍しくありません。

したがって、実質的な換金率は掲載されている換金率を下回ることになります。

ほとんどの業者では、このような手数料を差し引いています。

そして、この手数料の割合は業者の裁量によって決められてしまうものです。

したがって、悪質業者と優良業者を分ける境界線は差し引きの程度によると言ってよいでしょう。

利用者が納得できる、常識的な範囲内での手数料であれば、不満を覚える人は少ないはずです。

しかし、あらゆる名目で差し引いたり、名目当たりの差引額が大きかったりすれば、利用者は到底満足できない換金率になってしまい、大きな不満を残すことになります。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. 商品の郵送がない買取くん

    「とにかく、家族だけにはバレたくない」という人は買取くんを要チェック。
    商品は、PDFデータなどの電子商材が電子メールで送られてくるだけです。
    「現金化した商品が届いてしまう…」そんな心配は無用のお店ですよ♪
    女性向けのキャンペーンも充実し、一番女性にやさしいかもしれないですね。

    買取くんのくちコミを確認してみる

このほか、悪質業者の中には、振込代金を一回で入金せず、数回に分けて入金を行うということもあります。

このような業者では、数回に分けて入金するとだけ伝えて入金日を伝えず、利用者から依頼がなければ振り込みを行いません。

利用者のほとんどは振込を依頼するのですが、依頼されてもなかなか振り込まないということもあります。

また、中には勘違いをして一回目の振り込みで全額だったと勘違いをして催促せず、損をしてしまう人もいます。

好きこのんで悪質業者を利用する人などいるはずはありません。

しかし、実際に多くの人が悪質業者を利用してしまい、納得のいかない取引に巻き込まれています。

そうならないためには、当サイトでも紹介している悪質業者を見ぬくテクニックを知り、悪質業者を利用しないことが大切です。

デメリット3:少額利用では損をする

現金化デメリット

クレジットカード現金化業者は、上記の通り換金率を設けています。

この換金率は、利用金額に応じて変動する仕組みになっており、利用額が少額になればなるほど換金率が低くなっていきます。

例えば、1~10万円ならば82%、11~50万円ならば86%、51~100万円ならば90%、101~200万円ならば95%、201万円以上ならば98%といった具合になっています。

クレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードさえあればだれでも利用できますが、利用額の上限はショッピング枠にどれくらいの空きがあるかということで変わります。

もちろん、ショッピング枠を超えた利用は不可能です。

しかし、ショッピング枠に大きな空きがある人でも、クレジットカード現金化の利用者のほとんどは少額の利用をしています。

現金化デメリット

これにはいくつかの理由が考えられます。

まず、クレジットカード現金化に対してどこか不信感を持っているため、大きな額の利用に積極的になれないことです。

次に、少しのお金がどうしても足りないというシチュエーションにおかれたとき、わざわざ親や友人からお金を借りて迷惑をかけたくないと考えたり、あるいは面倒な審査や手続きを踏んで消費者金融から借りるまでもないと考えたりすることによって、クレジットカード現金化に頼ろうとするのです。

しかし、クレジットカード現金化では少額になるほど換金率は下がってしまうことになります。

例えば、たった1万円が欲しいときにはクレジットカード現金化で工面しようと思う人も多いものですが、その場合には実際にいくらの換金が必要になるかを見てみましょう。

仮に、1万円の利用に対して80%の業者を利用すると考えます。

現金化デメリット

この時点で、1万円を得るためには1万2500円が必要であることが分かります。

また、上記の通り換金率というものはそのまま適用されるわけではなく、さまざまな手数料が差し引かれて実質的な換金率は下がります。

ここでは仮に、良心的な業者から5%差し引かれるとしていきましょう。

そうなると、実際の利用額は1万3125円となります。

つまり、1万円を得るために1万3125円を支払ったということです。

この1万3125円はクレジット会社に返済が必要なお金ですから、仮に一括返済で金利をゼロにしたとしても、3125円多めに支払っているということになりますから、法定金利を上回る金利で借りたことと同じことになってしまいます。

現金化デメリット

このことから、クレジットカード現金化を利用するならば、少額の利用はあまりお勧めできません。

もし、クレジットカードにキャッシング枠が残っているならば、そこから借り入れた方が良いでしょう。

しかし、クレジットカード現金化を利用する人の多くは、キャッシング枠をすでに使い果たしてしまっている人も多いものですから、そのような場合には少額で利用するのもアリと言えるでしょう。

まとめ

以上の3点が、クレジットカード現金化の主なデメリットです。このデメリットを避けるために、個人で現金化したいと考える人も少なくないでしょう。

そのような人は、当サイトで紹介する手法で現金化してみても良いでしょうが、個人での現金化では知識と時間が必要となり、下手に行えばクレジットカードの利用停止や利用解除にもなりかねない方法です。

そのため、自信がない人や時間に余裕がない人は、やはりクレジットカード現金化業者に頼った方が間違いありません。

現金化デメリット

その際には上記の通りのデメリットを背負うことになりますが、中でも最も注意すべきことは悪質業者に関するデメリットです。

悪質業者さえ回避できれば、その他のデメリットは理解の範囲内でのことですから、それほど大きな問題にはなりません。

悪質業者を利用してしまうと、各デメリットによる被害が大きくなってしまいます。

悪質業者の見抜き方に関しては、当サイトの様々な記事を参考にしてもらえればと思います。

コツさえ分かれば見抜くこと自体はそれほど難しいことではないため、皆さんも確実に回避していくことができると思います。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

現金化デメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ