1. TOP
  2. カード会社にバレますか?
  3. クレジットカードの現金化がバレそうな時に言い逃れる方法
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカードの現金化がバレそうな時に言い逃れる方法

クレジットカードの現金化はカード会社規約に反する行為となってしまい、カード会社にバレてしまうとカードが利用停止になってしまいます。

そして、それ以上カードを使うことが出来なくなってしまいます。

これを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

クレジットカード現金化口コミ  

言い逃れるための大切な準備

急ぎで現金を用意しなければならない方にとって真っ先に思いつくのは、消費者金融からのキャッシングですが、現在はクレジットカードの現金化という方法も人気となっています。

これは誰もが広告で目にしたことがあるでしょう。

このサービスはカードのショッピング枠を利用して現金を手にするもの。

具体的な方法として買い取り方式とキャッシュバック方式の二種類があり、買い取り方式とは業者の指定する商品をカード払いで購入します。

業者がその商品を買い取ってくれるため、利用者は現金を手にすることが出来るのです。

もうひとつのキャッシュバック方式も業者の指定する商品をカード払いで購入します。

その商品にはキャッシュバック機能が付いているため、キャッシュバックという形でお金を手にすることが出来ます。

どちらもカードショッピングを装っていますが、目的は商品の購入ではなく現金を手にするためにあります。

一見すると問題が無いように思えますが、これはカード会社の規約違反になってしまいます。

カードを作る際にカード会社の利用規約を読みますが、そこにはショッピング以外の目的でカードを使用してはいけない、と必ず書かれています。

そのため、クレジットカードの現金化はカード会社規約に反する行為となってしまうのです。

ばれそうなときの言い逃れ

これがカード会社にバレてしまうとカードが利用停止になり、それ以上カードを使うことが出来なくなってしまいます。

こうなってしまうとカードショッピングが出来なくなるだけでなく、それ以上のクレジットカードの現金化も出来なくなるのです。

こうなると生活にも支障が出てしまうでしょう。

これを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

大切なことは、キャッシング枠に余裕を持たせておくということです。

カードにはショッピング枠のほかにキャッシング枠がありますが、わざわざ業者に手数料を払ってまで現金化をする必要はあまりありません。

カードの不正使用の疑いがあるとカード会社から電話がありますが、そういった場合

「キャッシング枠があるにも関わらず、わざわざ現金化をする必要は無い」

と言い逃れをすることも出来るのです。

そのため、キャッシング枠は極力使わない方が良いでしょう。

つまり、カード会社に“自分は現金を必要としていない”ということをアピールする必要があるのです。

しかし、キャッシング枠を使用しないことで完璧に防げるわけではありません。

カードの使用停止カード会社から一方的に行われるので注意しましょう。

バレにくくする方法はある?

ばれそうなときの言い逃れ

クレジットカードの現金化はカード会社の会員規約に反する行為ですが、これはどこからバレるのでしょうか。

カード会社ではリアルタイムで顧客情報を管理していますが、その顧客情報には“クレジットカード現金化予備軍”と呼ばれている会員がおり、常にカード会社からマークされているのです。

具体的には、

  • キャッシング枠が限界に達している
  • 過去に換金性の高い商品を大量に購入した履歴がある
  • 換金率の高い商品を定期的に購入している

などの会員は現金化予備軍と判断されてしまいます。

顧客情報にはフィルターがあり、こういった会員をピックアップして常に管理しているのです。

こういったフィルターでピックアップされた会員がさらに不審な使い方をしてしまうと、カード会社からカードを使用停止にされてしまいます。

カードが使用停止になるとカードショッピングが出来なくなるだけでなく、それ以上のカードの現金化も出来ません。

これを防ぐには予備軍にならないようにすることです。

そのために必要なことは、まずキャッシング枠を限界まで利用しないことです。

キャッシング枠を使用している時点で、お金に不自由している顧客、とカード会社に判断されてしまいます。

それが限界まで達してしまうと、その時点で予備軍に入れられてしまうのです。

それに次いで大切なことは、換金性の高い高額商品を買わないということです。

これは売却して現金にすることが出来るため、カード会社からマークされてしまいます。

これと同様のこととして、換金率の高い商品券を定期的に買わない、ということです。

これは金券ショップで高額売却が可能ですので、怪しまれるでしょう。

特に全国で使えて、使用期限の無い金券は常に人気のあるものです。

場合によっては95%前後で買い取ってくれる金券ショップもあります。

そして、何より連続してクレジットカードの現金化を利用することは危険です。

何度も現金化している人は以下の記事を参考にしてください。

こういったサービスを利用するのであれば、何度もお世話になるのではなく計画的に利用しましょう。

カード会社は利用者の想像以上に顧客の情報を握っています。

不審なカード利用は筒抜けになっているので、注意してください。

カードが使用停止になることで生活に大きな支障が出るようでしたら、消費者金融のキャッシングをおすすめします。

年収や就業形態を基にした審査の手間があるのでスピーディーな対応は出来ませんが、カードの使用停止を確実に防ぐことが出来ます。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

クレジットカード会社にバレるとどうなる?

ばれそうなときの言い逃れ

クレジットカードカードも目的とは本来ショッピングのために使用されます。

さらに、カードショッピングは現金を持たずともショッピングをすることが出来ます。

そして、その支払いは翌月にカード会社に行いますが、それまでカード会社に立て替えてもらっている状態なのです。

そのため、お互いの信頼関係によって成り立つサービスと言えるでしょう。

“クレジット”というワードには“信用”という意味も含まれています。

そのため、カード会社の利用規約に反する行為を利用者が行ってしまうと、裏切り行為とみなされてしまうのです。

カード会社はこういった裏切り行為に対して、厳しい態度で対応をする傾向にありますが、具体的にどうなるのでしょうか。

主な対応としてクレジットカードの使用停止があり、カードが使用出来なくなってしまうのです。

こうなってしまうとカードショッピングが出来なくなるだけでなく、それ以上カードの現金化も出来ません。

これはカードの利用規約に記載されていることですので、逃れることは出来ないのです。

また、中にはこういったサービスを利用して一括返済が難しくなり、リボ払いや分割払いに変更するケースは少なくありません。

しかし、カード会社が利用規約違反と判断した場合、一括での返済が求められる場合もあります。

こうなってしまうと支払いは非常に困難になるでしょう。

クレジットカードの現金化において悪徳業者を避けることも大切ですが、カードの規約違反によるペナルティについても考えなければならないのです。

それでも現金が必要になってこういったサービスを利用するのであれば、少しでもカード会社にバレないように配慮をする必要があります。

さらに、こういった現金を必要としている方をターゲットにした悪徳業者も少なくありません。

クレカ番号聞く業者注意

特に住所や氏名などの個人情報を提出することになるので、そういった情報を悪用されてしまうのです。

具体的にはヤミ金業者への転売です。

こういった方はお金を必要としているので、ヤミ金業者に手を出してしまう可能性が高いので、ヤミ金業者は特にありがたがっています。

ヤミ金業者とは法外な金利で貸し付けを行うだけでなく、理不尽な取り立てで利用者を苦しめます。

さらに、ヤミ金業者を利用せずともダイレクトメールや電話によるしつこい勧誘があります。

健全な消費者金融はこういった勧誘を行っていません。

個人情報が漏れてしまうとマイナスにしか作用しないので注意しましょう。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

クレジットカード会社の会員規約

ばれそうなときの言い逃れ

クレジットカードは誰もが一枚以上持つ時代となりました。

特に現在は誰もがネットショッピングを利用するようになり、ネットショッピングの支払いはカードが一般的です。

そのため、カードは生活に欠かせないものと言えるでしょう。

そのため、カード会社ではカードを作る際に利用規約への同意を求めています。

これに同意出来ない場合はカードを発行することが出来ません。

カードとはカード会社と利用者の信頼関係によって成り立つものですので、必ず利用規約が必要となるのです。

その中にはカード会社を問わず必ず記載されているものとして、ショッピング以外の目的でカードを使用してはいけない、というものがあります。

つまり、クレジットカードの現金化はショッピングに当てはまりませんので、カード会社の利用規約違反になってしまうのです。

これは契約と同様の扱いですので、それに反した場合のペナルティも記載されており、具体的にはカードの利用停止があります。

カードが利用停止になるとカードショッピングはもちろんのこと、それ以上の現金化も出来ません。

カードが利用停止になると生活にも支障が出てしまうので、大きなペナルティと言えるでしょう。

どのカード会社にもこのペナルティはあります。

クレジットカードの現金化は法律に触れない行為ですので、利用者が逮捕されたことはありません。

そのため安全な行為ではありますが、カードの利用規約に対して反しているのです。

クレジットカードの現金化業者には、買い取り方式というシステムを採用している業者があります。

これは業者の指定する商品をカードで購入して、それをそのまま業者に買い取ってもらうことで現金を手にする換金方法です。

これはショッピングにカードを使用しているのではなく、最初から換金を目的に使用しています。

そのため、カードの利用規約に反していることになり、カードが利用停止になってしまうのです。

換金性の高い高価な商品を購入している、換金率の高い商品券を購入している、キャッシング枠を限界まで利用している、などの独自の基準を設けており、カード会社はこれらの行為をしている利用者を常にマークをしています。

そして、さらに不審なカードの使用をすると、カード会社から電話確認があります。

これはもちろん確認だけでなく警告の意味もあるのです。

そして、電話確認があっても改善されない場合は、カードが利用停止になってしまいますので注意しましょう。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

クレジットカードの現金化をするときは注意しよう

ばれそうなときの言い逃れ

ネットショッピングが当たり前となったこともあり、クレジットカードは一般的なものとなりました。

現金が手元に無くともショッピングが出来るため、一枚持っていると非常に頼もしい存在です。

しかし、中にはカードが使えないお店もありますが、そのような時のためにキャッシング枠もあります。

ATMから手軽にキャッシングが出来るため、もしものときに安心です。

しかし、カードのショッピング枠は非常に少額であるため、それ以上現金が必要になると困ってしまうもの。

そこで、キャッシング枠でなくショッピング枠を現金化する業者が登場しています。

クレジットカード現金化業者を利用する際には、買取方式、キャッシュバック方式の二つの種類があることを覚えておきましょう。

買取方式は、クレジットカードを使って、業者の指示された通りの商品をネットショッピングで購入します。

それを業者が、決められた金額で買い取ってくれるということです。

物を転売するということに近いでしょう。

また、もうひとつはキャッシュバック方式です。

これは、決められた商品を買うところまでは同じですが、それを買い取ってもらうのではなく、キャッシュバックしてもらえます。

買取方式が、以前は多かったですが、今ではキャッシュバック方式の方が多くなりました。

クレジットカードの現金化は還元率によって受け取れる金額が決まります。

そのため、こういったサービスを利用するのであれば、この還元率に注意しましょう。

還元率が90%の業者で10万円を利用すると、9万円を手にすることが出来ます。

これが85%の業者だった場合、8万5000円の現金を手にすることが出来ます。

5%の差が5000円もの差になってしまうのです。

還元率は高額の現金化をするにつれてアップします。

そのほかに女性限定の高還元率プランを設けた業者もあるので、女性はそういったサービスを利用しましょう。

また、クレジットカードの現金化で利用者が逮捕されたケースはありませんが、カード会社の利用規約に反してしまいます。

そのため、この行為がカード会社に見つかってしまうと、カードが利用停止になってしまうので注意しましょう。

そして、中には利用者を騙そうとする悪徳業者も存在しています。

業者の連絡先が090や080で始まる携帯電話の業者は避けましょう。

こういった業者はすぐに逃げられるように携帯電話にしているのです。

さらに、ホームページに記載されている会社概要にも注目しましょう。

中には嘘の住所を記載していることもあるのです。

さらに、代表者氏名が記載されていない業者も危険です。

苗字だけの場合もありますが、それも避けてください。

これらもすぐに逃げられるようにするために行っているのです。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ