1. TOP
  2. 審査
  3. クレジット枠現金化の基礎知識~クレジットカード用語集~
クレジットカード現金化マニュアル

クレジット枠現金化の基礎知識~クレジットカード用語集~

クレジット枠の現金化を考える方が増加していますが、その前に知っておくべきことがあります。

クレジット枠現金化の基礎知識を勉強していきましょう。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットヒストリーとは

クレジット枠の現金化を考える方が増加していますが、その前に知っておくべきことがあります。

クレジットヒストリーを知っておきましょう。

これはカードの利用履歴を示すもので、支払いの延滞が多い場合は悪いヒストリーとなり、逆にしっかりと返済をしていれば良いヒストリーとなります。

そのため、カードに使用せずに持っているだけでも良いヒストリーが残ります。

このクレジットヒストリーは利用者の信用を意味しますので、カード会社の審査に大きな影響を与えるのです。

このクレジットヒストリーは“クレヒス”と呼ばれており、カードを利用する上で忘れてはなりません。

クレジットヒストリーには大きく分けて二種類あります。

一般的なクレヒスは個人信用機関のもので、カードを契約した日付や請求額などの情報が詰まっています。

そのため、契約しているカードの数だけ、それぞれのカード会社が登録・更新するのです。

このクレヒスはカードを利用する上で欠かせない情報ですので、あらゆるカード会社がクレヒスの情報を閲覧することが可能になっています。

返済の遅延などがありますとこのクレヒスに情報が残されてしまい、これが悪化するとブラックリスト状態になってしまうのです。

そのため、カードを利用する上で返済を遅らせてはいけないのです。

この個人信用機関のクレヒスは信用情報機関によって異なりますが、基本的に契約中はずっと情報が残されます。

そして、契約を終了してから5年経過すると情報は削除されるのです。

そのため、しっかりと返済をしている方は良い情報が残るので、契約を続けておいた方が良いでしょう。

もうひとつのクレヒスは個人信用機関のクレヒスと異なり、カード会社それぞれが保有するクレジットヒストリーを指します。

これはそのカード会社内のみで閲覧できるクレヒスです。

例えばA社で遅延無く返済をしていたとしても、B社にその情報は分からないのです。

そのため、B社は直近の請求額や過去2年分の支払い状況しか分かりません。

毎月いくら使っているかも分からず、おおよそで判断するしか無いのです。

つまり、個人信用情報機関に登録されていない、ひとつのカード会社しか知らない情報があるということなのです。

逆にA社で返済が滞った過去があると、そのA社からの審査は厳しくなってしまいます。

しかし、B社はその情報を知らないので審査に影響を与えません。

この社内クレヒスは半永久に残るとも言われているため、返済の遅延は絶対に避けなければならないのです。

 

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

 

ブラックリストとは

クレジットカード業界にはブラックリストと呼ばれるものがあります。

しかしこれは通称で、実際にブラックリストと呼ばれるリストがあるわけではありません。

ブラック状態とは信用情報が大幅に悪化した状態で、個人信用情報機関にネガティブな情報が載っています。

このネガティブな情報とは致命的に信用情報が悪化していることです。

個人信用情報機関とはクレジットヒストリーを持つ第三者機関で、カード会社はこちらの情報を基にして審査を行っています。

そのため、何かカード会社に対して問題を起こしてしまいブラック状態になっているようでしたら、ほぼ間違い無くカードが作れなくなってしまうでしょう。

さらに、このブラック状態でカードを作ろうとすると、ほかのカード会社への信用も下げてしまうので避けた方が良いでしょう。

この個人信用情報機関の情報は保持してはいけないという決まりになっています。

一般的に5年でブラック情報が消えるとされていますが、中には10年以上に渡って記録が残されるケースもあります。

もちろん、10年以上に渡って残されることは中々ありません。

カード会社に対して相当大きな悪影響を与えた場合のみ、これだけ長期間にわたって記録が残ります。

しかし、ブラック状態でカードが持てない状態でもカードが必要になることがあります。

特にネットショッピングではカード払いが当たり前で、銀行振り込みや代引きは手数料がかかってしまいます。

そういった場合はデビットカードを利用しましょう。

これは、利用した直後に口座から引き落とされるので審査の必要がありません。

各カード会社から発行されているので、自分に合ったものを選びましょう。

しかし、デビットカードは口座の残高までしか使うことが出来ません。

そのため、常に口座にある程度のお金を入れておきましょう。

支払いの遅延などでブラック状態になってしまったら、時間が経つまで情報が消えません。

すぐに消えてしまえば個人信用情報機関の意味が無くなってしまいます。

しかし、レアケースではありますが情報を消すことも出来るのです。

中には同姓同名の情報が記載されてしまうこともあり、そういった場合は身分証明をすることで消してもらうことが出来ます。

さらに、カード会社の更新が遅れたことで、ブラック情報が残っている場合もあります。

そのような時もカード会社に依頼をして消してもらうことが可能です。

しかし、こういったことは極々稀ですので待つ以外に方法はありません。

 

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

 

社内ブラックとは

ブラックにはさまざまな種類がありますが、社内ブラックとは特定のカード会社の内部だけでブラックになっている状態です。

そのためほかのカード会社に影響を与えません。

それでは、どういった状態の利用者が社内ブラックに登録されてしまうのでしょうか。

クレジットカード会社のA社で支払いが延滞したとすると、個人信用情報機関に延滞をしたという情報が残されてしまいます。

個人信用情報機関に加盟しているカード会社であれば、この情報を閲覧することが可能です。

そして、その情報を基にして審査や与信管理を行っています。

つまり、A社での延滞した情報が他社にも知られることとなり、他社の審査にも悪影響を与えてしまうのです。

これがブラックリストの状態と言われています。

しかし、個人信用情報機関に残された情報は半永久的なものではありません。

5年経過することで個人信用情報機関から消されることになっています。

 

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

 

つまり、個人信用情報機関から情報が消えることで、A社以外のカード会社に知られる心配が無くなるのです。

しかし、こういった個人信用情報機関の延滞情報が消えたとしても、A社には延滞情報が残り続けます。

これが社内ブラックという状態です。

A社の社内ブラックに登録された情報は半永久的に残るとされているため、A社で再び審査に通過することは難しいでしょう。

そのため、一度社内ブラックに登録されてしまったら、そのカード会社は避けることをおすすめします。

10年ほど待たなければ審査に通過出来ません。

社内ブラックに登録されている状態では、そのカード会社の審査に通過することは出来ません。

これはひとつの社内だけが知る情報ですが、本当に他社に知られる心配は無いのでしょうか。

これはカード会社の合併によってブラック情報が広がる可能性があります。

過去に大手カード会社の合併は行われました。

これによってブラック情報の共有が行われている可能性があります。

A社のブラックに登録された状態で、A社とB社が合併してC社が誕生したとします。

そこでC社でカードを作ろうとすると、C社にはA社の情報があることから審査に通らない可能性があるのです。

このように、一度ブラックに登録されてしまうと非常に厄介なのです。

個人信用情報機関であれば5年で消されますが、社内ブラックの場合は半永久的に残されてしまう可能性もあります。

ブラックになる最も大きな理由は延滞です。

そのため、毎月必ずしっかりと返済をしましょう。

 

 

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ