1. TOP
  2. 利用停止について
  3. クレジットカードで購入できる金券、どんな目的で使用する?
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカードで購入できる金券、どんな目的で使用する?

現在ではAmazonギフト券を使った現金化が人気となっています。

Amazonギフト券を大量に購入してもカード会社から何か言われてしまうということはほとんどありません。

もし、これから先金券を使って現金化したいと考えているのならAmazonギフト券という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード現金化口コミ

大量購入は怪しまれる?

AdobeStock_79927342_R

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという方法です。

クレカが普及し始めてからというもの、ショッピング枠現金化の手法はどんどん多様化していき、転売に使うアイテムもいろいろなものが使われるようになりました。

ブランド関連の商品はもちろんですが、時計やゲームなど、さまざまなアイテムがクレジット決済されたあとに転売され、現金へと変わっていきました。

もっとも人気の高かった換金アイテムの一つが商品券や新幹線チケットといった金券で、高い換金率が人気の理由と言えるでしょう。

換金率の高い金券を用いてクレカの現金化をしようとする人が増え、カード会社も利用者の動向に目を光らせるようになりました。

ショッピング枠を現金に換えようとしている人はそのあと自己破産などをすることもあるため、カード会社としては何とかして阻止したいと考えていたのです。

そのため、現在では商品券をクレジットカードで購入することがほとんどできなくなりましたし、大量購入してしまうとカード会社から問い合わせがあったり、カードが利用停止になってしまうということもあります。

先ほどもお伝えしたように、カード会社は基本的に換金率の高いアイテムのまとめ買いなどを嫌う傾向にあります。

転売からの現金化を警戒していますし、常に警戒していると言っても過言ではないでしょう。

Dollarphotoclub_88688697_R

どのような目的であれ、商品券やギフトカード、新幹線チケットなどの金券をまとめ買いするとカード会社から何か言われてしまったり、カードの利用停止になることもありますから注意しなくてはなりません。

では、どのような金券でもそのようなことになってしまうのかというと、そんなこともありません。

現在ではAmazonギフト券を使った現金化が人気となっています。

Amazonギフト券を大量に購入してもカード会社から何か言われてしまうということはほとんどありません。

もし、これから先金券を使って現金化したいと考えているのならAmazonギフト券という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. 現金化堂

    換金率保証サービス導入店の現金化堂
    昨年度から業界で初めて「換金率保証サービス」を導入しました。
    これは、50,000円以上ご利用いただいたお客様全員が対象で、万が一、現金化堂よりも高い利率での現金化サービスを提供している業者があった場合、差額分をお客様に返金させていただくサービスです。
    これなら安心して利用できますね♪

    公式サイトへ

Amazonギフト券はオンラインで購入できますし、まとめ買いもできます。

もちろん、普段あまりクレジットカードを使わない方がいきなりたくさんのAmazonギフト券を購入したりすると怪しまれてしまうかもしれませんが、それでいきなりカード利用停止になるということは考えにくいでしょう。

Amazonギフト券による現金化は比較的安心なのです。

Amazonギフト券の換金か規制されない理由

クレジットカードの現金化に商品券を用いるというのは昔からあった方法ですし、現在ではAmazonギフト券を使うことが多くなってきました。

Amazonギフト券なら従来の商品券やギフトカードを利用して現金化するよりも安全ですし、カード会社から何か言われるということもほとんどありません。

実際にAmazonギフト券をクレジットカードで大量購入したという方でもカード会社から警告を受けた、利用停止の処分を受けてしまったというのは聞いたことがありませんし、現在では一般的な商品券よりもAmazonギフト券のほうが遥かに現金化には使えます。

では、どうしてクレジットカード各社はこのような現状を見逃しているのでしょうか。

AdobeStock_54349037_R

ショッピング枠の現金化に商品券やギフトカードが使われていたころは必死になってそれを阻止しようとしていたのに、Amazonギフト券に限ってどうして何の対策もとらないのでしょう。

ここを不思議に感じた方も多いのではないでしょうか。

その理由はいくつか考えられますが、一つにはAmazonギフト券そのものがまだ世に流通しだして間がないということが挙げられます。

Amazonギフト券が市場に流通し始めたのがここ数年のことですし、カード会社としても実態を把握しきれないというのが現状なのでしょう。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

また、Amazonの通販サイトを見れば分かるようにAmazonでは安価な品から高級品まであらゆる商品が扱われています。

そのため、クレジットカードを利用して決済する方が多く、その他の決済方法よりもクレジット決済を利用する方が遥かに多い傾向にあります。

カード会社がAmazon利用時のカード利用を制限してしまうと、現在Amazonを利用してショッピングしている膨大な数の方に影響を与えてしまうことになりますから、それを恐れて何の対策をすることもできないのです。

ただし、これはあくまで現状においての話ですから、これから先Amazonギフト券を利用して現金化する人がどんどん増加したり、詐欺などの犯罪に利用されることが多くなっていけばカード会社もAmazonもなんらかの対応をしてくるのではないでしょうか。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. 現金化堂

    現金化堂は、お客様がオトクに利用できるための努力を惜しみません。
    今開催中のキャンペーンをご紹介!
    ●ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント
    ●他業者様からのお乗り換えで現金最大30,000円プレゼント
    ●ご紹介してくれた方のご利用で現金最大30,000円プレゼント
    換金率保証サービスと併せて利用すれば最強です!^^

    現金化堂のくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

今後何らかの規制に乗り出す可能性はあるものの、今の段階ではそのような動きはありませんし、しばらくはAmazonギフト券を利用した現金化は有効です。

対策や規制がかかってしまうまでは有効的にAmazonギフト券の換金を活用するようにしましょう。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする  
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ