1. TOP
  2. 違法性について
  3. クレジットカード現金化は犯罪だけど捕まらない犯罪!?
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカード現金化は犯罪だけど捕まらない犯罪!?

クレジットカード現金化を利用することは犯罪であるとする意見もあり、一方で犯罪ではないとする意見もあります。

犯罪だけど捕まらないとする意見もあります。これらはどれがが正しいのでしょうか。

クレジットカード現金化口コミ  

クレジットカード現金化は犯罪?

クレカ現金化犯罪

クレジットカード現金化に伴い、悪質業者の存在に注意すべきだとされています。

それらの業者は、異常に低い還元率でサービスを提供したことにより、主に出資法違反などに問われ、実際に逮捕されたケースも見られます。

この時、利用者が心配になるのは、自分たちも罪に問われてしまうのではないかということです。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

実際、クレジットカード現金化を解説した記事などを見ると、「クレジットカード現金化は犯罪です!」などとしている記事も見かけますし、共犯になるのではないかと思う人もいるでしょう。

では、クレジットカード現金化は犯罪に該当するのでしょうか。

犯罪ではないとする意見は間違い

クレカ現金化犯罪

クレジットカード現金化を推奨する情報サイトが増えてきていますが、そのようなサイトでは、クレジットカード現金化は犯罪ではないと断定していることがあります。

例えばあるサイトでは、

クレジットカード会社は、利用規約の中で現金化を犯罪だと記載していないため、クレジットカード現金化は犯罪ではありません。

などと記載されています。

しかし、クレジットカード現金化は、厳密に言えば犯罪なのです。

それでも皆さんが利用することには何ら問題はありません。

これはどういうことなのでしょうか。

クレジットカード現金化は横領罪または詐欺罪

クレカ現金化犯罪

クレジットカード現金化は、厳密に解釈するならば、横領罪や詐欺罪に該当することになります。

その理由を見てみましょう。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

横領罪

横領罪とは、自分に所有権がないものを自分のものとすることです。

例えば、会社のお金や備品に手を付けることは横領ですし、会社の備品を盗んで売ることで利益を得ることも横領です。

クレジットカード現金化の一種に「買取方式」というものがあります。

これは、クレジットカードで換金性の高いもの、例えばブランド品やゲーム機、金券などを購入し、売ることによって現金を得る方法です。

一昔前の、店舗型の現金化業者などでは、この方法で営業している業者ばかりでした。

しかし、最近のオンラインで営業している現金化業者にも、このタイプは存在しています。

例えば、クレジットカードでアマゾンギフトを購入し、それを業者に売る流れで現金化をしている業者があります。

買取方式の業者で現金化をすると、利用者は横領罪を犯したことになります。

なぜならば、クレジットカードで商品を購入した場合、ローンを完済するまでは所有権がクレジットカード会社のものだからです。

クレジットカード現金化では、ローンを完済しないうちから転売することになります。

つまり、所有権が利用者にはないにもかかわらず、それを転売して利益を得ているのですから、横領罪に該当するというわけです。

もっとも、業者指定の商品を購入して現金の還元を受ける「キャッシュバック方式」では、業者に商品を買い取ってもらうものではありませんから、横領罪に該当しません。

詐欺罪

クレカ現金化犯罪

しかし、キャッシュバック方式は、詐欺罪に該当します。

なぜならば、クレジットカード会社の利用規約では、クレジットカード現金化を禁止しているからです。

例えば、三井住友VISAカードの会員規約には、

会員は、現行紙幣・貨幣の購入、または、現金化を目的として商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を使用してはならず、また違法な取引に使用してはなりません。

と記載されています。

ここには、「現金化は犯罪です」とは書かれていませんが、「現金化をしてはいけません」と書かれており、契約の際にはこの利用規約に同意を求められています。

規約を読まずに同意している人も多いと思いますが、読んでいるものとみなされる規約には、現金化への利用が明らかに禁じられているのです。

したがって、クレジットカードを作り、手元にあるということは、この利用規約に同意しているということであり、「クレジットカードを現金化には利用しません」と約束しているのです。

そのような約束をしたにもかかわらず、クレジットカード現金化を利用しているということは、クレジットカード会社を騙してお金を立て替えてもらい、業者指定の商品を購入し、キャッシュバックを受け取ったということです。

クレジットカード会社のお金を、現金化業者を経由して受け取っているともみなせるわけで、これは詐欺罪に該当します。

以上のような理由から、クレジットカード現金化は犯罪になるとされています。

クレジットカード現金化は横領罪または詐欺罪に該当する行為だと知っておかなければなりません。

犯罪だが捕まらない

クレカ現金化犯罪

しかし、クレジットカード現金化を犯罪と見なすことができるものの、これまでクレジットカード現金化を利用したことで逮捕された人は、たったの一人もいません。

違法なのに逮捕されないといえば不思議な感じがしますが、そのようなことは世の中にいくらでもあります。

例えば先日、衆議院選挙がありましたが、選挙カーもかなり法律違反をしています。

筆者は学校の近所に住んでおり、選挙カーの音が聞こえているということは、学校にも間違いなく聞こえています。

学校や病院の近くは静穏を保持するべきであると公職選挙法に明記されているため、この候補者は違法行為をしていることになります。

しかし、これによって何らかの罰則を受けたという話は聞いたことがありません。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

ほかにも、浮浪の罪という罪もあります。

これは、働かず、住居もない人がうろつくことを取り締まるものですが、ホームレスが捕まるというのは聞いたことがありません。

行列割り込みも罪、公共の場でたんを吐いたり、小便をしたりするのも罪、浮浪者になって道端で小銭を恵んでもらおうとするのも罪、このように考えていくと、違法であっても取り締まりを受けないものはいくらでもあります。

なぜ取り締まりを受けないのかというと、現実的な問題として、全てのものを取り締まろうと知れば、警察官の数がとても足りませんし、拘留所などの数も全く足りなくなってしまいます。

また、それらを取り締まったからと言って、大きく社会が改善されることもないでしょう。

個人や地域の道徳・ルールなどに任せておけばどうにかなる問題でもありますから、極端な言い方をすれば、取り締まる意味がないのです。

クレカ現金化犯罪

もし、法律違反を犯すものは全て取り締まっていき、いざ大きな事件を防ぐことができなければ、「こんな小さなことを取り締まるより、もっとやるべきことがあるだろう!」と国民からは怨嗟の声が起こるでしょう。

税金で機能している警察組織にとって、それは本来あってはならないことです。

だからこそ、クレジットカード現金化を利用した人は、厳密に言えば横領罪や詐欺罪に該当するのですが、それを取り締まったところでクレジットカード現金化がなくなるわけではなく、効果は薄いでしょう。

クレジットカード現金化を利用している人は何千、何万人といるのに、その中の数人を捕まえたところで、現金化の利用者がいなくなるはずはないのです。

ならば、現金化は厳密に言えば利用も犯罪だけれども、それを利用することを罪に問うようなことはせず、より大きな問題となっている悪質業者を取り締まろうと考えるのです。

このような考え方から、利用者からは逮捕者が出ず、悪質業者からは逮捕者が出るという状況になっています。

また、現金化が横領罪や詐欺罪になったとき、クレジットカード会社は横領や詐欺による被害者になるわけですから、クレジットカード会社が訴えを起こせば、利用した人は罰せられるでしょう。

しかし、クレジットカード会社も訴えを起こすことはありません。

何千、何万という現金化の利用者に対し、数人だけ訴えても何の解決にもならないからです。

それよりも、現金化を利用しているとわかったときは、すぐにクレジットカードの利用を停止し、一括で返済を求め、早期に回収することを考えます。

したがって、訴えられて罰せられることはありませんが、カード利用停止・一括返済請求のリスクはあると考えておくべきでしょう。

まとめ

クレカ現金化犯罪

クレジットカード現金化を利用することは、厳密に言えば犯罪だといえます。

全く何も悪いことはしていない、完全に合法であるなどという考え方は間違いです。

しかし、それで捕まった人はいませんし、これからも捕まる人は出ないだろうと思います。

それらを罰したところで何の意味もないことから、逮捕者が出ることは基本的にはありません。

「疑わしきは罰せず」が基本ですから、逮捕のためには証拠をそろえる必要があります。

どこかから被害届が出るわけでもないし、それをやるだけの価値がある事案ではないのです。

したがって、

クレジットカード現金化を利用することは犯罪ではあるけれども、逮捕されることはありえないため、利用しても問題ない。

というのが正しい考え方だといえます。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ