1. TOP
  2. クレカの使用が停止に?利用規約違反をおさらいしよう

クレカの使用が停止に?利用規約違反をおさらいしよう

持っているクレカが突然使えなくなった…

クレジットカード会社から、カードの使用を停止させられた人は意外に多いもの。

なぜ、使用できなくなってしまったのか、その理由は何なのか?

クレジットカードの利用規約というものに注目しましょう。

クレジットカード現金化口コミ

ショッピング枠で購入したものはバレている?

AdobeStock_73624611_R

クレジットカードのショッピング枠を現金化する手法をご存じの方は多いと思いますが、クレカの現金化はさまざまなメリットがあると同時にいくつかのリスクをはらんでいるということもご存じでしょうか?

また、クレカの現金化を頻繁にしているという方の中には「ショッピング枠で購入したものがバレるわけない」とタカをくくっている方もいます。

では、実際ショッピング枠で何を購入したかをカード会社は全く把握していないのでしょうか?

クレジットカードの利用者がカードで何を購入したかをまったく把握していないということはまず考えられないでしょう。

しかし、具体的にどのようなアイテムを購入したかということまで詳しいことは分からないかもしれません。

カードを利用した企業や店舗については特定できると思いますし、そこから何を購入したかを予測することは容易でしょう。

AdobeStock_52096622_R

では、これからクレジットカードのショッピング枠を現金化しようと考えている方や、既に換金してしまったという方がカード会社にバレてしまうことがあるのかということですが、これは恐らくありません。

ショッピング枠を使って何を購入したかということの予測はできると思いますし、ある程度特定も可能だとは思いますが、だからといってその商品を転売しているという事実まで突き止めることはほぼ不可能だと言えます。

もちろん、個体を特定できる製造番号などが存在する場合にはそれを頼りに調べることは不可能ではありません。

カードを利用したお店に商品の番号を確認し、その後利用者を特定したあと古物商などに持ち込まれたアイテムを照会すれば調べることはできます。

しかし、実際にはここまでやるカード会社はまずありませんし、そこまでする権限も持っていないでしょう。

現実的にここまで調べることができるのは警察だけですし、事件性が認められた場合にのみ警察が捜査を始めます。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. キャッシュチェンジ

    いつも笑顔を大切にするキャッシュチェンジは、笑顔になってしまうキャンペーンが充実♪
    ◎新規申し込みで最大3万円プレゼント
    ◎ご友人等の紹介で最大5万円プレゼント
    ◎他社からのお乗り換えキャンペーン実施中
    還元率にも定評があります。ホームページにも、「他業者より還元率を必ず1%でも高く現金化しますのでお気軽にお伝え下さい」と記載されているので、より高い還元率をお求めの方はご相談してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトへ

AdobeStock_89628552_R

通常のクレジットカードの現金化などで警察が利用者の特定を進めるというような話は聞いたことがありません。

また、転売目的で購入していると疑いだすとカード会社にとってはキリがありませんし、すべてを調べようと思うと膨大な時間がかかってしまいます。

このような理由から、実際には転売目的かどうかということをカード会社が調べることはごく稀と考えて良いのではないでしょうか。

したがって、あからさまに換金目的であると思えるようなアイテムを大量購入しない限り、バレてしまうということは考えられないでしょう。

還元率が高いものを購入しているのがバレている?

AdobeStock_90872754_R

現在でもクレジットカードのショッピング枠を換金している方はたくさんいますし、それを生業とする業者が存在するのも事実です。

また、このようにクレジットカードのショッピング枠を換金しようとしている方の中にはさまざまな金融機関で借金を繰り返している方や、もうどこからもお金を借りることのできない人もいますから、カード会社としてはショッピング枠の換金には強い警戒心を抱いています。

こちらが購入したものをカード会社が正確に把握するのは難しいと思えますが、還元率の高いアイテムなどを大量購入したケースなどでは話が変わってきます。

古くからクレジットカードの換金というのは行われてきましたし、年々カード会社の警戒心は強くなっています。

そのため、あからさまに還元率の高いアイテムを大量に購入している利用者については過去の購入履歴などをチェックしている可能性もあります。

AdobeStock_50140615_R

その結果、明らかにショッピング枠を換金していると疑われてしまうとカードの利用が停止されてしまうということもあります。

では、どのようなアイテムが換金率が高いのかということですが、もっともポピュラーなものとしては商品券や新幹線の回数券などが挙げられます。

また、頻繁に高価なブランド品などを購入していると疑われてしまうかもしれません。

裏を返せば、換金率の低いアイテムを狙っていけばカード会社に疑われてしまうことはありません。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

AdobeStock_98492124_R

可能な限りリスクを減らすことができますから、安全に現金に換えたいという方は換金率の低いアイテムを利用すると良いかもしれません。

換金率の低いアイテムだと明らかに損をしてしまいますから、どうしても換金率の良いアイテムをチョイスしたくなりますが、それでカード会社から何らかの処置をされてしまうと元も子もありませんよね。

リスクを減らして堅実に換金したいのなら疑われないような方法を模索するのが一番です。

自分で商品券やギフト券、新幹線の回数券などをたくさん購入して売却しているとカード会社も怪しいと勘づきます。

そうなってしまってはもう遅いですから、少しでも疑われないような方法をとりましょう。

また、キャッシュバック方式を採用している換金の専門会社ならリスクも軽減できるのではないでしょうか。

現代におけるクレジットカードのショッピング枠現金化業者の多くがキャッシュバック方式を採用していますし、安全に現金に換えたいという方は大抵業者を利用しています。

クレジットカード会社は購入履歴を見ている?

AdobeStock_2141082_R

ほとんどのクレジットカード会社はショッピング枠の換金を禁止していますし、利用規約にそう記載していることがほとんどです。

また、そのような行為が発覚した場合にはカードの利用を停止してそれなりの処置を取らせてもらうという内容を記述していることも珍しくありません。

では、クレジットカード会社は利用者が何を購入したかという購入履歴まですべてチェックしているのか、ということを気になってしまう方も多いでしょう。

結論からいうと、これは正解でもあり間違いでもあるでしょう。

現在では多くの方がクレジットカードを利用してショッピングをしていますし、近年ではコンビニやスーパーなどでもクレジットカードで支払いを済ませる方が増えてきました。

AdobeStock_76779077_R

利用するごとにお得なポイントが貯まるようなカードがたくさんありますし、支払いのたびに小銭などを気にする必要もありません。

また、カードだとスピーディに買物ができますから、現在では大勢の方が日々クレジットカードを利用して買物をしているのです。

日本全国合わせるといったいどれくらいの人がクレジットカードを利用しているのか分かったものではありませんし、その人たちすべてのカード購入履歴を調べようとすると大変なことです。

こうした理由から、クレジットカード会社が利用者の購入履歴をいちいち調べているというのは現実的ではありません。

カード会社で働いている人はそれほど暇ではありませんし、ほかにもやるべきことがたくさんあります。

もしかしたらそのような部署もあるのかもしれませんが、購入履歴を調べるメリットは少ないのではないでしょうか。

AdobeStock_92564802_R

しかし、カード会社に損失を与えてしまうような利用者に限ってはその限りではありませんから、過去の購入履歴を調べるということもあるでしょう。

クレジットカードで換金性の高いアイテムを大量購入している、頻繁に買っているという方だとショッピング枠を換金しているのではないかという疑いをもたれてしまう可能性はあります。

その際、それを明確にするために過去の利用履歴を調べるということは十分考えられるのです。

裏を返せば、よほど目立つことさえしなければわざわざカード会社が過去の利用履歴を調査するということは考えられません。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. スピード対応で評判のキャッシュチェンジ

    月末などの混雑時は、どの業者も振込まで時間がかかるもの。
    でもキャッシュチェンジならスピード対応してくれます!
    お急ぎの方はキャッシュチェンジで決まり^^
    女性限定プランを用意しているなど、女性にも優しいのが特長。
    お客様の笑顔を大切にする真面目なお店です。

    キャッシュチェンジのくちコミを確認してみる

これからクレジットカードのショッピング枠を換金しようと考えている方は、還元率の高いものを大量購入するようなことは避けるようにしましょう。

目立つ行動をしないことが一番のリスク回避です。

クレジットカード現金化と会員規約

AdobeStock_59007941_R

クレジットカードを発行してもらうためには信販会社や銀行などで審査を受ける必要があります。

審査の結果次第ではカードを発行してもらえないこともありますし、例え発行してもらった場合でも会員規約に則った利用をしなくてはなりません。

会員規約というのはクレジットカード会社と利用者とのあいだで取り決められた約束のようなものです。

基本的にクレジットカードを作成してもらうときに申込者はこの規約に同意していることになりますから、規約違反となって会員資格が停止したとなっても文句を言うことはできないのです。

利用規約にどんなことが記載されているのかというのは各カード会社によって多少異なります。

また、基本的にクレジットカードの利用規約などは非常に小さな文字で大量に書かれていますから、最後まできっちり読むという方は少ないでしょう。

利用規約というのは一種の契約のようなものですから、契約違反になると会員資格をあっさり失ってしまうこともあります。

また、この規約の中には大抵の場合クレジットカードのショッピング枠を現金化することを禁止する旨も記載されています。

これは恐らく日本に存在するすべてのカード会社が同じような規則を設けているはずです。

AdobeStock_73493797_R

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという行為は違法ではないか、という議論がしばしば巻き起こりますが、ここは正直グレーゾーンとなっているため違法とも合法とも言えないのが現実です。

しかし、クレジットカード会社の利用規約に反していることだけは間違いありません。

ショッピング枠を利用して高価なアイテムを購入し、これをすぐに転売して現金に換えるというのは明らかに現金化目的のカード利用であり、この時点で利用規約に違反したということになります。

例え違法ではなくてもカード会社のルールには完全に違反してしまいますから完全アウトです。

利用規約に違反してしまうとさまざまな弊害が生じますから、そのようなリスクを背負うくらいなら最初から専門業者に依頼して換金したほうが良いかもしれません。

転売、換金目的でショッピング枠を利用したということがバレるのは大抵利用者自ら換金率の高いアイテムを大量買いするなどの行為が原因です。

現在主流となっているキャッシュバックスタイルの専門業者ならクレジットカード会社にばれてしまうことも少ないですし、明確に会員規約に違反しているとみなされることも少ないのではないでしょうか。

クレジットカード現金化がバレると会員資格が停止に

AdobeStock_72146738_R

日常的にクレジットカードを利用してショッピングしているという方もいると思いますし、クレジットカードがあるのとないのとでは生活の利便性も随分変わってきます。

カード一枚で買い物をスピーディに済ませることができるため非常に便利ですし、買物するだけでポイントを貯めることもできますから現在では多くの方が日々の生活を送る上でクレジットカードを利用しています。

我々の生活に深く入り込んでいるクレジットカードだからこそ、突然使えなくなったりすると困ったことになりますよね。

クレジットカードのショッピング枠を換金するような行為がカード会社に知られてしまうと、カード会社は利用規約に則って処置を取ろうとします。

どのような処置をとるかは会社によって異なるものの、現金化のような行為の場合ほとんどのケースで会員資格の停止という処置がとられることになるでしょう。

クレジットカードのクレジットというのは信用という意味ですし、利用者は信用によって手に入れた商品の支払いを先延ばししているのです。

ショッピング枠を利用して転売目的に何かを買ったということは利用規約を破ったことになりますし、信用を裏切ってしまったということになるのです。

誰でも信用、信頼を裏切られたらそれなりの態度で臨むことになるでしょう。

これはクレジットカード会社でも同じことが言えます。

カード会社は信用を裏切った利用者に容赦することはありませんから、大抵の場合カードの利用停止や最悪法的な手段を取られてしまうことも考えられます。

AdobeStock_71827198_R

また、転売や換金目的でクレジットカードを利用したことが明るみにでたときには利用金額を一括で返済させられてしまうこともあります。

このようなリスクがあるということをしっかりと理解した上で、クレカショッピング枠を利用しての転売、換金に臨まなくてはなりません。

クレジットカードの現金化でもっとも怖いのはカードを利用停止にされてしまうことです。

今後の生活においてカードが使えなくなってしまうのはもちろんですが、それまでの利用金額を一括で返済させられるとなると支払い困難になってしまいますよね。

最悪自己破産というところまで追い込まれてしまう可能性もあります。

もしこれからクレジットカードのショッピング枠を換金したいという方は、くれぐれもカード会社に知られないようにするということが何より重要です。

専門業者を利用するという手段も検討してみると良いでしょう。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ