1. TOP
  2. カード会社にバレますか?
  3. クレカ現金化でカードの利用停止を防ぐ方法はあるのか検証
クレジットカード現金化マニュアル

クレカ現金化でカードの利用停止を防ぐ方法はあるのか検証

近年、クレジットカード現金化という手法で簡単にお金が手に入る時代になりました。

しかし、カードが利用停止になってしまったりと不安な部分もあります。

カードの利用停止を防ぎ、安全にクレジットカードを現金化するにはどうすればよいのでしょうか。

クレジットカード現金化口コミ  

クレジットカード現金化の流れ

一枚クレジットカードを持っているだけでさまざまなシーンで役に立ちます。

実店舗で現金が無くとも買い物が出来ますし、現在はネットショッピングも可能です。

ネットショッピングは銀行振り込みや代引きでも可能ですが手数料がかかってしまうため、クレジットカード払いが中心となっています。

また、中にはどうしても現金が必要になる場面もありますが、クレジットカードはキャッシング機能も付いているので役に立つのです。

クレジットカードで現金を手にする方法はもうひとつあります。

それはショッピング枠を利用した現金化です。

キャッシング枠を使い切ってしまった、キャッシング枠以上の現金が必要、などの理由で現金化は利用されています。

こういったサービスを行う業者は数多くあり、還元率は業者によって異なります。

さらに、振り込みで現金を手にすることになりますが、そのスピードも業者によって異なります。

残念なことですが、中には利用者を騙そうとする悪徳業者も存在しているので注意しましょう。

現金化の流れとして、まずインターネットで“クレジットカード現金化”と検索をしましょう。

多くの業者がヒットしますが、還元率や振り込みのスピードは業者によって異なるので、自分のニーズに合わせた業者を選びましょう。

還元率の高い業者は振り込みが遅めで、逆に還元率の低い業者は振り込みがスピーディーです。

口コミサイトにも情報はありますが、中には業者による書き込みもありますので鵜呑みにしてはいけません。

業者が決まったらホームページにある申し込みフォームに情報を入力しましょう。

そして、自分名義のクレジットカードに、ショッピング枠が残されているか確認してください。

カードの裏面に書かれた、カスタマサポートセンターの番号に電話をすることで分かります。

そして、運転免許証やパスポートなどの身分証明証も用意してください。

その後に業者から電話がありますので、手続きを進めましょう。消費者金融のような審査はありません。

そして、業者から商品を指定されるので、その商品をカードで購入します。

すると、そのショッピングに対してキャッシュバックが行われ、現金が口座に振り込まれます。

後日、商品が届くのでそれを受け取ってください。

返済はクレジットカード会社に一括返済で行います。

一括が難しい方はリボ払いや分割払いを利用しましょう。

業者はあくまでキャッシュバックを行うまでの存在ですので、返済とは一切関係ありません。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

クレジットカード会社にバレるとどうなるの?

クレジットカードでお金を手にするテクニックである現金化ですが、これはクレジットカードの利用規約に反しているのです。

そのため、現金化を利用する前にクレジットカードの利用規約を振り返ってみましょう。

クレジットカードを作る際に必ず利用規約を定めていますが、これに同意しなければなりません。

これはクレジットカード会社と利用者の約束事ですので、カードを利用するには必ず守る必要があります。

この利用規約には“クレジットカードをショッピング以外に使用してはならない”と書かれているのです。

現金化はショッピング以外の使用になりますので、現金化をした時点で利用規約違反になってしまいます。

クレジットカードの現金化の方法には二種類あり、業者の指定した商品を購入して商品を買い取ってもらうことで現金を得る買い取り方式、指定した商品を購入するとキャッシュバックが行われ、それによって現金を得るキャッシュバック方式があります。

これはどちらもショッピング枠を利用したものですが、目的はショッピングではなく現金化です。

そのため、こういった利用方法は規約に反しています。

これは一部のカード会社ではなく、あらゆるカード会社の利用規約に記載されています。

こういったサービスを利用することは違法ではない、という意見がありますが確かに違法ではありません。

これまでにクレジットカードの現金化で利用者が逮捕されたケースは無いのです。

しかし、カード会社からペナルティを受けてしまいます。

それでは、どのような使い方をするとカード会社に現金化がバレてしまうのでしょうか。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

中でも最も危険なのは換金性の高い高価な商品の買い物をすることです。

こういった商品を売却目的でカード購入しているのではないか、と捉えられてしまいます。

ブランドのアクセサリーや時計は特にそう捉えられるでしょう。

そのほかに旅行券や商品券などの金券です。

こういったものは金券ショップで買い取っているため、カード会社は警戒しています。

旅行券の中でも東京~大阪間はオールシーズン利用者がいます。

そのため、金券ショップでも高値で買い取ってもらえるので、何度も購入していると怪しまれてしまうでしょう。

そのほかにも怪しまれる行為はありますが、これらが代表的なものです。

怪しい利用者にはまずカード会社から電話があります。

そこで、「現金化目的でカードショッピングをしましたか?」と聴かれるので注意しましょう。

もしもクレジットカード会社にバレた場合

ご存知のない方もいるかもいるかもしれませんが、クレジットカードの“クレジット”とは“信用”という意味を持っています。

つまり、クレジットカードとは利用者とクレジットカード会社の信頼関係によって成り立っています。

その信頼関係を目に見える形にしたものが利用規約です。

クレジットカードとはその場で支払いが行われるものではありません。

その場の支払いはカード会社が立て替えている状態で、実際利用者が支払うのは翌月の支払日です。

そのため、カードショッピングで商品が手に入ったとしても、カード会社への支払いが済むまではカード会社の物なのです。

このような信頼関係で成り立っているものであるため、クレジットカードの現金化は裏切り行為になっているのです。

そのため、こういった行為に対してカード会社は非常に厳しい対応をしています。

クレジットカードの現金化がバレてしまうとペナルティがありますが、具体的にはクレジットカードが利用停止になってしまいます。

そのため、現金化をする前に一度利用規約を読み返してみましょう。

ペナルティはカード利用停止だけではありません。

現金化がバレてしまうと利用した金額を一括で返済しなければならなくなります。

中にはリボ払いや分割払いで現金化をしている方もいるでしょう。

そのため、一括返済は非常に困難になってしまうのです。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

これは法律に触れるという問題ではありません。

クレジットカード会社の利用規約に書かれていることで、それを承知した上で契約を結んでいるためです。

そのため、クレジットカードの現金化で最も注意しなければならないのは、カード会社に見つからないようにすることなのです。

こういったカード会社からのペナルティも厳しいものですが、中には利用者を騙すクレジットカード現金化業者もいます。

これが同時に起こってしまうと目も当てられません。

悪徳業者はヤミ金融業者と繋がっていることが多く、個人情報をヤミ金融業者に転売しているのです。

一度個人情報が漏洩してしまうと、しつこい電話勧誘とダイレクトメールでの勧誘があるでしょう。

優良な消費者金融はこういった勧誘行為を行っていません。

さらに、ヤミ金融業者に一度関わってしまうと法外な金利と、厳しい取り立てで苦しめられてしまいます。

また、悪徳業者の中には申し込みをしたにも関わらず、全額振込んでくれないこともあります。

そして、クレームを入れようとしても連絡がつかなくなっているのです。

利用停止予備軍はこんな人

クレジットカードでお金を手にする方法として、ショッピング枠の現金化があります。

しかし、これはクレジットカード会社の利用規約に反してしまうため、カードが利用停止になってしまうのです。

「絶対にバレない」と思って利用したにも関わらず、カード会社に見つかってしまうもの。

クレジットカードの現金化を検討している方にとって、どういった理由で見つかるのか気になるところでしょう。

クレジットカード会社は当然顧客の利用状況をリアルタイムで把握しています。

この中からキャッシング枠を限界まで利用している顧客をピックアップするだけで、簡単に見つけることが出来るのです。

クレジットカードの現金化をしている方はお金を必要としている方であるため、当然のようにキャッシング枠を利用しています。

その中でもキャッシング枠を限界まで使っているということは、本当にお金に苦労している証拠です。

クレジットカードの現金化は手軽に出来ますが、さすがにキャッシングほどではありません。

どう考えても、まずキャッシングをするでしょう。

つまり、こういった顧客はいつ現金化をしてもおかしくない利用停止予備軍であるため、常にマークをしているのです。

マークされるのはこういった方だけではありません。

どのような買い物をしているかも注目されています。

特に換金性の高い高級商品を購入していると怪しまれるでしょう。

ブランドのアクセサリーやバッグなどは高額で買い取ってもらえます。

そのほかに商品券や旅行券など、換金率の高い商品も危険です。

金券ショップでは90%前後で買い取ってもらえるのでマークされています。

カード会社はキャッシング枠が限界に達している顧客をグレーな人と呼んでおり、換金しやすい商品をグレーな商品と呼びます。

このどちらかに該当しているだけで要注意人物ですが、このふたつが重なっているとガッチリとマークされてしまうのです。

そのため、この状況で換金性の高い商品を購入すると、利用停止になってしまいます。

クレジットカード会社はこういった顧客に対して、まず電話で確認を取ります。

そこで「クレジットカードの現金化をしていませんか?」と聞いてくるでしょう。

これは利用目的の確認の意味もありますが、カード会社の牽制でもあります。

このタイミングで怪しい利用をしなければ助かることもありますが、それ以上怪しい使い方をしてしまうと利用停止になってしまうのです。

クレジットカード会社は利用履歴を見ている

現金化がクレジットカード会社にバレてしまうと、カードを利用停止にされてしまいます。

カードショッピングした商品を買い取ってもらった先で、現金化が知られることはあるのでしょうか。

もちろん買い取ってもらった商品のシリアルナンバー、その商品を買った人間、持ち込んだ人間の身分証明証などの情報があれば特定は可能でしょう。

しかし、ここまで調べられるのは警察以外に不可能です。

クレジットカード会社にここまで調査する権限はありません。

複数回支払う業者注意

そもそも、通常営業を行いながらそこまで力を入れることが出来ないのです。

仮にカードショッピングした商品が転売されていたとしても、それを把握することは出来ません。

会員規約には「換金目的のカードの使用を禁止する」と書かれていますが、これは現金化を抑止する意味合いの方が強いのです。

中には、現金化をしてしまうとクレジットカード会社から商品が手元にあるのか確認される、と考える方もいるでしょう。

現金化逮捕者は業者

カード会社は顧客のカードの利用履歴を把握していますが、「この時に購入した商品は手元にありますか?見せてください」などと強制することは出来ません。

仮にそういった質問をされたとしても「諸事情で答えることは出来ません」と断ることが出来ます。

当然、クレジットカード会社は警察ではありませんので、ガサ入れをすることも出来ないのです。

それが出来るのは令状のある警察だけでしょう。

しかし、換金率の高い商品はいくつも購入していれば、現金化を疑われるのは自然なことでしょう。

そういったカードの利用ばかりしていると、利用停止は時間の問題です。

それとは逆に換金率の低い商品だけを買っていれば、カード会社に見つかるリスクは大幅に減少します。

しかし、そういった商品では換金率が低いため、現金化の効率も悪くなってしまうでしょう。

クレカ現金化なぜ合法

そのため、利用停止をどうしても避けたいと考えるのであれば、そういった商品で現金化をしてください。

カード会社は顧客のカード利用履歴を把握しており、不審な利用をしている顧客は常にマークされています。

カードが利用停止になるとカードショッピングが出来なくなるだけでなく、それ以上の現金化も出来ませんし、一括返済を求められることもあります。

つまり、クレジットカードの現金化はそれだけのリスクを背負った行為なのです。

ハイリスク・ハイリターンを選ぶか、ミドルリスク・ミドルリターンを選ぶか、じっくりと考えて行いましょう。

 

実は、現金化業者を使ったほうがバレにくい?

決済代行会社のカラクリ

【問題】
クレジットカード会社は現金化を禁止しています。でも、現金化業者はクレジットカードの決済ができています。これは明らかな矛盾です。なぜでしょうか?考えてみてください。

現金化決済代行会社

【答え】

前述したとおり、クレジットカード会社は現金化目的の利用を禁止しています。

にもかかわらず、現金化業者がクレジットカードの決済ができてしまうのは、おかしな話です。

現金化を撲滅したいなら、現金化業者がクレジットカード決済できないよう、カード会社が対策すれば良いだけの話ですが、事はそう簡単ではないのです…

クレジットカードの決済をするには、カード会社の加盟店になる必要があります。

当たり前ですが、現金化業者が加盟店になることはできません。

そこで、決済代行会社という、クレジットカード決済の専門会社を経由することにより、現金化業者がクレジットカード決済ができるような仕組みになっています。

もちろん決済代行会社は、バレたらまずいので、現金化業者の決済をうまく隠します。

決済代行会社は毎月「何十億」という膨大な額のクレジットカード決済を引き受けています。

その「何十億」の中に、現金化業者の決済をごちゃまぜにしてしまい、クレジットカード会社がわからないようにするのです。

こうして、現金化業者がクレジットカード決済できるシステムが確立されています。

だからこそ、現金化業者が継続してクレジットカード決済ができるのです。

決済代行会社もリスクはあるが…

決済代行会社

「決済代行会社が現金化業者の決済をしている」

そんな事実がクレジットカード会社にバレてしまった場合は、決済代行会社は取引停止となります。

そんなリスクのある現金化業者の決済ですが、決済代行会社はなぜ、そんなリスクを背負ってまで現金化業者の決済をするのか…

それはやはり、手数料がたくさんもらえるからです。

決済代行会社もいけない事とは分かっていつつも、一般的な企業よりも多くの手数料収入があるため、背に腹は代えられないということなのです。

だから決済代行会社は、現金化業者の決済とわからないように色々と工夫をしています。

通常のクレジットカード利用の決済が毎月何十億もある中、現金化業者の決済が1,2億混ざっていたとしても、クレジットカード会社は把握しようがないのです。

自分で売買する現金化よりも、現金化業者の方が安心

クレカ現金化

いままで述べてきた事実から分かること、それは、

換金性の高い商品を売買してやる現金化よりも、現金化業者を利用した現金化のほうが利用停止の危険が少ない

ということです。

一般的に現金化業者の還元率は、70%~80%の間と言われています。

20~30%取られますので決して安くない手数料ですが、その分安心が手に入ると思えば、現金化業者を利用するメリットはある、という結論になります。

以下サイトで、現金化業者の口コミや評判・還元率・振込スピードなどを比較することができます。

→ クレジットカード現金化口コミ.jp

様々な店舗を比較して、より有利に現金化しましょう。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ