1. TOP
  2. クレカ現金化、キャンセルができない悪質業者の甘いワナ

クレカ現金化、キャンセルができない悪質業者の甘いワナ

悪徳業者について 注意点 この記事は約 12 分で読めます。
甘い罠

クレジットカード現金化業者の中には、悪質業者があります。

悪質業者の手口は色々ですが、よく見られる手口の一つに、キャンセル料を請求するというものがあります。

つまり、利用者をともかく申込みさせておき、色々と不利な条件が判明していく中でキャンセルの申し出があった場合に、キャンセル料を請求するのです。

本稿では、キャンセル料を請求する業者の手口と対処法を解説していきます。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットカード現金化と悪質業者

甘い罠

どの業界にも、悪質な業者というのは存在するものです。

しかし、その業界が法的にグレーな部分を持っていたり、法的に明確になっておらず取り締まりが難しい場合には、特に悪質な業者がはびこりやすいと言えます。

近年話題になっているクレジットカード現金化にしても、同じことが言えます。

クレジットカード現金化は、そのサービス自体は非常に便利なものです。

クレジットカードさえ持っていれば、どのような人でも手軽に利用することができるからです。

実際、消費者金融などからお金を借りられない属性の人が、クレジットカード現金化によってお金を工面することによって助けられたという話はたくさんあります。

しかし、クレジットカード現金化は、法的に見ると違法性を追求しにくいものであり、悪質業者の一斉取り締まりなども行なわれたことはありません。

そのため、悪質業者が存在しています。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. キャッシュチェンジ

    いつも笑顔を大切にするキャッシュチェンジは、笑顔になってしまうキャンペーンが充実♪
    ◎新規申し込みで最大3万円プレゼント
    ◎ご友人等の紹介で最大5万円プレゼント
    ◎他社からのお乗り換えキャンペーン実施中
    還元率にも定評があります。ホームページにも、「他業者より還元率を必ず1%でも高く現金化しますのでお気軽にお伝え下さい」と記載されているので、より高い還元率をお求めの方はご相談してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトへ

特に、貸金業法の改正によってお金を借りられなくなった人たちがクレジットカード現金化に流れて市場規模が大きくなると、参入する業者も増えたのですが、それに伴って悪質業者も増えています。

悪質業者の手口は、大きく捉えれば利用者を騙すということに尽きます。

そして、騙す際にはおいしい話を持ち掛けて騙すというのが常套手段です。

悪質業者のホームページなどによく表れていますが、利用者を陥れるべく甘い罠がいたるところに張り巡らされています。

甘い罠

クレジットカード現金化は便利な方法であり、皆さんにもぜひおすすめしたいものです。

しかし、悪質業者による詐欺被害が相次いでいるのは事実であり、推奨しておきながらそれを無視することはできません。

だからこそ、当サイトでは悪質業者の手口や見抜き方について色々と解説しているのです。

本稿で取り上げていく詐欺の手口は、キャンセル料の請求です。

これは、クレジットカード現金化の利用者が契約破棄をした時に、キャンセル料を請求するというものです。

利用を検討していた人が、別の方法で資金調達ができるようになってキャンセルしたり、色々と不利な点が見つかったためにキャンセルしたりすると、業者はキャンセルさせないためにも法外なキャンセル料を請求してくるのです。

利用者は、たとえ不利な条件であろうとも、キャンセル料を支払うよりはマシという理由で、現金化を利用することになるのです。

利用規約に書かれている?

甘い罠

クレジットカード現金化の主な方法として、買取方式とキャッシュバック方式があります。

最近では、大多数の業者がキャッシュバック方式を利用するようになっています。

キャッシュバック方式は、現金化業者が提供しているキャッシュバック特典付き商品をクレジット決済することで、キャッシュバックを受け取るという方法です。

クレジットカード決済をした際には、業者が導入している決済端末で認証を行い、その後指定の銀行口座に振り込みが行われることになります。

まずはこの流れを頭に入れておきましょう。

クレジットカード現金化を行うために業者に申し込むと、本人確認を行い、手続きの流れの説明などを聞き、クレジット決済を済ませて入金を受けるという流れですから、クレジットカード現金化がいかに手軽な方法であるかがわかると思います。

しかし、申し込み後にお金の工面ができたという理由でキャンセルしたいと言ったり、手続きの流れを聞くうちに不安になってキャンセルしたいと言ったりしたとき、悪質業者は「申し込み後のキャンセルの場合、キャンセル料を頂きます」と言われることになります。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

そのようなことは聞いていない、などと言ったところで、もとより相手は悪質業者ですから、簡単にキャンセルさせてくれるはずはありません。

恐らく、「利用規約で決まっているため、いかなる理由でもキャンセルはできない」などと言ってくることでしょう。

しかし、その業者のホームページを見てみても、おそらく利用規約などは掲載されていないことでしょう。

甘い罠

通常、利用規約の確認は利用者が行い、そのうえで利用するものなのですが、掲載されていないならば確認のしようがありません。

「利用規約で決められているから」などというのは、業者が利用者を納得させるための口実でしかなく、そもそも利用規約などありません。

時には、「当社の規約で」などと言い方を変えるなどして、とにかくキャンセル料を請求してきます。

もし、利用規約を掲載している業者ならば、それはきちんと読んだうえで利用すべきです。

利用規約に書いていないことを要求してくる業者はあまりないと言えますが、もしおかしなことを言いだした場合に「利用規約を読みましたが、そんなことは書かれていませんでした」と反論することができます。

無理矢理契約させようとして来る

甘い罠

実際、クレジットカード現金化の利用者の口コミを見たり、利用者に話を聞いてみたりすると、利用者の中にはキャンセルを申し出たものの受け入れてもらえなかったという人が大勢います。

キャンセルしようと思った理由は色々ですが、

「申し込んだ後に友達に止められてキャンセルしようとした」
「説明を聞くうちに換金率がとても低くなったからキャンセルしたくなった」
「申し込み後に怖くなったからキャンセルしたくなった」
「やっぱり親からお金を借りることにしてキャンセルしようとした」

などと言った理由が主だったものです。

しかし、キャンセルは許されず、どうしてもキャンセルしたいならばキャンセル料を払うように言われました。

例えば、私がインタビューしたうちの一人(仮にAさん)は、申し込み後に説明を受けると、色々な手数料を引かれて実質的な換金率が50%くらいになることに気が付きました。

あまりにも低いためキャンセルしたいというと、5万円のキャンセル料を払うように言われました。

甘い罠

Aさんは10万円の利用を検討していました。

10万円の利用で50%の換金率ならば、5万円を業者に支払い、残りの5万円をAさんが受け取ることになります。

つまり、キャンセルしてもしなくても、5万円は業者に渡ってしまうのです。

Aさんは、どちらでも5万円かかるならば、せめて自分も5万円受け取った方が良いと考え、泣く泣く利用しました。

一般的な業者でもキャンセル料の請求を行うことがありますが、申し込み後からキャンセルの間に手続きなどを進めて経費がかかっていることから、キャンセルの場合の損害をできるだけ小さく抑えるためにキャンセル料を請求しますが、その場合は、最低限の料金を請求することになります。

しかし、悪質な現金化業者のキャンセル料の請求は違います。

Aさんのケースのように、キャンセル料を受け取ること自体を目的としているのではなく、キャンセルするよりも利用した方がマシだと思わせることによって、強引に契約にこぎつけようとしているのです。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. スピード対応で評判のキャッシュチェンジ

    月末などの混雑時は、どの業者も振込まで時間がかかるもの。
    でもキャッシュチェンジならスピード対応してくれます!
    お急ぎの方はキャッシュチェンジで決まり^^
    女性限定プランを用意しているなど、女性にも優しいのが特長。
    お客様の笑顔を大切にする真面目なお店です。

    キャッシュチェンジのくちコミを確認してみる

どのようにキャンセル料を請求してくるか

甘い罠

キャンセル料を請求するにあたっての、業者の手口は様々です。

では、どのような手口があるのでしょうか。

手なずけようとしてくる

まず考えられるのは、甘いことを言って手なずけようとして来るということです。

「キャンセル料を支払うよりは利用した方が賢い」「リピーターになれば次回からの利用はもっと好条件になる」などというのがよくあることです。

しかし、このような誘いに乗ってはいけません。

甘い罠

キャンセル料を支払うよりは利用した方が賢明なのではありません。キャンセル料を支払わずに利用しない方が賢明だからです。

後述の通り、キャンセル料を支払う必要は全くないのです。

リピーターになれば次回からの利用はもっと好条件になるというのも、信用してはいけません。

そんなものは、その時の電話口で言われていることに過ぎず、次回の利用の際に適用される保証はどこにもありません。

もとよりキャンセル料を請求してくるような業者ですから、なにかと理由を付けて拒否するに決まっています。

甘いことを言われたからと言って、それに応じてはいけないのです。

恫喝してくる

甘い罠

次によくあるのは、恫喝してくるということです。

申込みの時点ではキャンセルが可能であり、業者側には何の損害も発生していないのですが、「こちらに損害が出ている、どうしてくれるんだ」と恫喝してくる業者もあるのです。

「違約金が発生したから、最低限それは払ってもらわないといけない」などと言ってくることもあります。

これは恐喝まがいのことであり、法律スレスレのことをやっていると言えるでしょう。

録音して警察に持ち込めば、恐喝罪として逮捕されるようなことをやっているのです。

だからこそ、当サイトでは業者との会話は録音することを推奨しているのです。

甘い罠

しかし、気が弱い人ならば、このように恫喝されてしまうと、怖くなって契約してしまうかもしれません。

しかし、そこで契約してしまうと業者の思うつぼですから、応じてはいけません。

怖くなったならば、電話を切ってしまえばいいでしょう。

もう手配してしまったと言ってくる

甘い罠

このほか、嘘をつくというケースもとても多いものです。

これは、「もうお申込みいただいたので、手続きを開始してしまっています。

もしキャンセルしたければ、キャンセル料が必要です」などと言ってきます。

甘いことを言うのでもなく、脅すのでもなく、このようなことを当然のように言われてしまうと、「それなら仕方ないな」と思ってしまう利用者は多いのです。

しかし、手続きを開始してしまったということはありません。

なぜならば、まだ利用者は申し込んだだけであり、利用者のクレジットカード決済があって初めて業者が決済の確認や送金といった仕事を始めることになるからです。

ですから、キャンセル料を請求される理由はどこにもありません。

このような方法は、最近増えてきているアマゾンギフト買取型の業者に多いようです。

甘い罠

この方式では、クレジットカード決済でEメールタイプのアマゾンギフトを購入し、それを業者に転売するのですが、その際にはギフトコードを伝える必要があります。

悪質業者では、かなり早い段階でギフトコードを聞き出し、利用者がキャンセルを申し出た場合に「もうこちらで手続きをしてしまったので、キャンセルはできません。

もしキャンセルとなると、こちらから現金でのお支払いとなるのですが、その際にはキャンセル料がかかります」などと言うのです。

つまり、キャンセルしたところで、結局は現金化を利用したことと何ら変わらない結果になってしまうのです。

もちろん、まだ換金が済んでいない状況でもこのようなことをいい、嘘をつくことによってキャンセルを食い止めようとしてきます。

したがって、こちらがまだ全てに納得しておらず、明確に利用に利用の意思を伝えていない段階でギフトコードを聞いてくる業者は利用しない方が賢明です。

キャンセルは可能である

甘い罠

業者は色々な手口で、キャンセルを食い止めようとして来ることでしょう。

しかし、クレジットカード現金化はキャンセルできないものではありません。

キャンセルは可能です。

これまでにも見てきたとおり、クレジットカード現金化業者がキャンセルを拒むのは、どうしても利用にこぎつけたいからというだけです。

利用者の意思でキャンセルは可能なのです。

それに、冷静に考えてみれば、クレジットカード決済をしていない状況なのですから、あなたが電話を切ってしまえば、業者はどこからもお金を取ることはできません。

そうなれば、強みはこちらにあります。

甘い罠

なぜならば、クレジットカード現金化業者はグレーな商売をしているという自覚を持っているからです。

あまりにもあくどいことをしてしまうと、警察沙汰にもなる可能性があります。

利用者からキャンセル料を受け取ったり、無理矢理利用させたいからと言って、警察沙汰になってしまえば、業者は割に合わないリスクを取ることになります。

だからこそ、利用者が強気で応じた場合には、業者は手も足も出なくなるのです。

ですから、クレジットカード現金化の際にキャンセル料を請求されたならば、その時点で電話を切ってしまって構いません。

業者は電話をかけなおしてくることさえないでしょう。

甘い罠

なぜならば、そこまでする意味がないからです。

そこでリスクを冒すくらいならば、もっよ騙されやすい人をだました方が良いと判断するに違いありません。

業者の対応がおかしかったらすぐに電話を切る。

これはキャンセル料を請求されたときだけではなく、色々なシーンで利用できることですから、覚えておきましょう。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

甘い罠

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ