1. TOP
  2. 悪徳業者について
  3. ヤバい業者でキャンセルしたら、おどされてしまうって本当?
クレジットカード現金化マニュアル

ヤバい業者でキャンセルしたら、おどされてしまうって本当?

還元率の高い業者は怪しいぞと思いながらも期待して問い合わせてしまう人も多いものです。

しかし、このような業者はキャンセルを希望した人に対して「契約違約金がかかる」などと言って脅してくる業者もいます。

そのような場合はどうしたらいいのでしょうか。

申し込みキャンセル後脅してくる業者

キャンセル脅し

クレジットカード現金化業者を選ぶ際の重要な選定基準の一つに、還元率があります。

還元率が高くなれば受け取る金額が大きくなるため、それだけお得に利用できるからです。

ただし、還元率が異様に高い業者は不正や詐欺を行っていることが多いと言われています。

しかしながら、他に借りるところがないような人にとっては、高い還元率は非常に魅力的であります。

怪しいとは思いながらも期待して問い合わせてしまう人も多いものです。

問い合わせると、そのような業者は「還元率が高いからたくさんの現金が受け取れますよ」

と還元率が高いことのメリットばかりを説明し、利用者にクレジットカード現金化の申し込みを促してきます。

冷静に見れば、早く申し込みをしてもらおうという姿勢が見え見えなのですが、お金に困っている人にとってはこれを見抜くことができないのです。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. 現金化堂

    85%の換金率が保証されている現金化堂。
    100%ご成約主義をかかげており、お客様の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのが特徴です。
    「換金率をもっと良くしてほしい」「振り込みを30分以内にしてほしい」などなど、わがまま言いたい放題です!
    初回利用で現金プレゼントキャンペーンがありますので、併せて利用すればすごい換金率になりますよ!^^

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

個人情報を伝えたところで手数料がかかるといわれる

キャンセル脅し

還元率の高い業者に問い合わせをしたところ、多くの現金が受け取れるとメリットばかりを説明されます。

申し込みを促された時、怪しいと一歩立ち止まることなく、そのまま申し込んでしまう人がいます。

そして申し込みをすると、その後の説明で「手数料が○○円かかる」などと言って来て、当初聞いていた還元率が大幅に下がることを伝えられます。

最初メリットを説明する時にきちんと説明しているならばいいのですが、後になって説明をしてくるのです。

また、このような業者の中にはここで客が断った時、個人情報を悪用しようとする業者もいるので注意が必要です。

カード停止になりづらい現金化サービス

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

申し込み者がキャンセルを希望すると契約違約金がかかると脅される

キャンセル脅し

申し込みをしたところ還元率が下がることが分かると、キャンセルしようとする人は多いことでしょう。

しかし、このような業者はキャンセルを希望した人に対して「契約違約金がかかる」などと言って脅してくる業者もいます。

利用者は契約違約金を支払うくらいなら、と泣く泣く低い還元率で利用してしまう人もいます。

しかし、実際には契約違約金が発生することはありません。

低い還元率で承諾させるための脅し文句として契約違約金の話を出してきているだけです。

そもそも申し込みをした段階では契約は成立していないため、契約違約金も発生するはずがないのです。

契約違約金の話を出してきたら、きっぱり断るようにしましょう。

相手がしつこければ弁護士に相談する、警察に通報する、消費者センターに相談するなどと言うのもいいでしょう。

相手が強気に「こちらも法的手段に出る」などと言ってくることがあるかもしれません。

しかし、法的手段に出られると困るのはあちらなので、断固とした態度で拒否することが大切です。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ