1. TOP
  2. ヤミ金あがりの悪徳業者もいるので要注意です!
クレジットカード現金化マニュアル

ヤミ金あがりの悪徳業者もいるので要注意です!

近年、クレジットカード現金化の利用者が増え、広告を目にすることも多くなりました。

優良業者ももちろん多いのですが、その広まりに便乗して悪徳業者もたくさん存在するのがこの業界です。

法律に違反し逮捕された業者

ヤミ金注意

近年、クレジットカード現金化の利用者が増え、広告を目にすることも多くなりました。

優良業者ももちろん多いのですが、その広まりに便乗して悪徳業者もたくさん存在するのがこの業界です。

ここでは、逮捕された業者と、その代表的な手口を見ていきましょう。

現在増加傾向にある手口は、個人情報取得詐欺です。

クレジットカード現金化の際には、業者のホームページの入力フォームに個人情報を入力します。

この時に入力された個人情報を抜きとって闇金業者に転売すると言うものです。

これはそのクレジットカード現金化業者から直接的に被害を受けるわけではないため、被害に遭ったことに気づきにくい悪質な手口です。

この他にも、利用できるクレジットカードをきちんと調べて申し込んだにもかかわらず

「そのクレジットカードは利用できない」

としたうえで

「利用できる業者を紹介する」

として、別の業者を紹介して紹介量を請求する「紹介屋詐欺」なども悪質な手口の一つとしてあります。

また、現金化が済んだ後に

「金額の上乗せができるから、そのために事務手数料を振り込んでくれ」

といわれ、手数料を振り込んだあとに上乗せが行われることはなく、そのまま音信不通になると言う手口もあります。

このような振り込め詐欺が行われることもあります。

出資法違反で2011年にクレジットカード現金化の業者が逮捕される

ヤミ金注意

このような詐欺行為を働く悪徳業者は少なくないため、業者選びは慎重に行うべきです。

2011年には悪徳業者が逮捕されたケースがあります。

この事件では、業者は利用者に支持を行い50万円のネックレスをクレジットカードで購入させます。

そして、そのネックレスをさらに40万円で買い取ることで現金化を行ったと言うものでした。

この時の利息は年利にして150%にもなったため、出資法違反に問われて逮捕されたというものです。

利用者は50万円の利用分をクレジットカード会社へ返済しなければなりません。

つまり、40万円を手にして50万円を支払うため、これは非常に高金利の借金をしていることと同じなのです。

そのため、実質上高利貸しであるとして、貸金業者として登録していなかった業者は貸金業法違反にも問われることとなりました。

優良な業者を選ぶ必要がある

ヤミ金注意

クレジットカード現金化を行うためには、当たり前のことながら誰もがスムーズに行いたいと思うものです。

そのためには、優良業者を選ぶ必要があります。

そのためには、いくつかのポイントに配慮して業者選びをする必要があります。

最初に注意したいのはホームページのデザインです。

明らかにデザインが安上がりであると感じたり、携帯専用ページだけしか設けていないような業者は悪徳業者の可能性が高いので避けるべきでしょう。

さらに、現金化を申し込んだ後には電話連絡を受けますが、その時の電話のやりとりでも注意してください。

対応がぞんざいであると感じさせる業者は信用できません。

この他、できたばかりで実績のあまりない業者も信頼は薄いので避けたほうがいいでしょう。

また、インターネットを使えば利用者の体験談もたくさん見つかります。

それらを鵜呑みにするのも行けませんが、参考までに利用して悪徳業者を避けるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル