1. TOP
  2. カード現金化の店舗ってどこにある?ネットでもできるの?
クレジットカード現金化マニュアル

カード現金化の店舗ってどこにある?ネットでもできるの?

さまざまな場面でクレジットカード現金化というワードを目にするようになりましたが、実際にどのようなサービスか分からない部分も多いことでしょう。

カード現金化の店舗はどこにあるのかもわからなかったりします。

しかし今は、店舗まで行く必要はなく、ネットで完結してしまうのが現代のクレジットカード現金化なのです。

クレジットカード現金化の店舗が見つからない!

現金化店舗電話で相談

クレジットカード現金化業者の申し込み方法は基本的にインターネットで行います。

リアル店舗を構える業者もありますが、その数は少数です。

確かにスタッフと対面して相談をしながら申し込む方が安心感がありますが、インターネットの場合は専任のオペレーターを用意しています。

しかも、フリーダイヤルですので通話料の心配はありません。

インターネットだけで営業する業者は、全国のどこに住んでいてもインターネット環境があれば利用可能です。

インターネットでの申し込みは、まずホームページに有る入力フォームに住所氏名などを入力しましょう。

そのほかに「連絡の取りやすい時間帯」も入力してください。

ここで入力した時間帯にオペレーターから電話がありますので必ず電話に出ましょう。

そして、この電話では本人確認が行われますので、パスポートや運転免許証などの身分証明証を用意しておきましょう。

その後に申し込み手続きが行われますので、オペレーターの指示に従ってください。

現金化店舗電話で相談

また、少しでもスムーズに申し込みを済ませたいのであれば、事前に自分のカードのショッピング枠の残高を確認しておきましょう。

クレジットカードの裏面にカスタマーサポートセンターの番号が記載されているので、そちらに電話をすることで確認が出来ます。

また、この金額を換金した場合にいくらになるのか、いつ現金が振り込まれるのか、手数料は発生するのか、そういった部分を確認しておきましょう。

これらを確認しないことで、大きなトラブルに発展することもあるので注意してください。

また、業者によってはキャンペーンを行っていることがあり、これを利用することで還元率をアップさせることが出来ます。

代表的なものはレディースキャンペーンで、女性であれば還元率がアップするのです。

さらに、女性オペレーターを用意しているので、女性が気軽に申し込み出来ます。

こういった現金化サービスや消費者金融のキャッシングは、女性にとってハードルが高いものです。

そのため、業者は少しでも女性利用者を獲得するため、こういったキャンペーンを行っているのです。

女性は積極的に利用しましょう。

これはうれしい!返済方法が選べる!

現金化店舗電話で相談

クレジットカードの現金化サービスは、クレジットカードのショッピング枠を利用するものです。

そのため、通常のカードショッピングと同様の扱いです。

そのため、返済は業者ではなくカード会社に行わなければなりません。

基本的に返済日に一括払いするものですが、中には返済日までに現金が集まらないこともあるでしょう。

そういった場合はリボ払いや分割払いを利用しましょう。

返済回数を複数回にすることで、返済を穏やかにすることが可能です。

しかし、こういった返済方法は金利が発生してしまうので注意しましょう。

また、2回の分割払いは金利が発生しないのでおすすめの返済方法です。

また、カード会社やカードのプランによってはボーナス一括払いも可能ですので、払いやすい方法を選びましょう。

また、返済が滞ってしまうとクレジットカード会社のブラックリストに掲載されることもあるので、絶対に返済が遅れないようにしましょう。

そして、何より大切なことは必要以上の現金化をしないことです。

必ず返済しなければならないものですので、計画的に利用しましょう。

現金化店舗電話で相談

これだけ多くの方に利用されているクレジットカードの現金化ですが、場合によってはクレジットカード会社からカードを利用停止にされることがあります。

クレジットカードとはカード会社と利用者の信頼関係によって成り立っています。

そのため、利用規約に同意しなければカードを作ることが出来ません。

そして、その利用規約には必ず「現金化目的でクレジットカードを使用してはならない」と記載されています。

そのため、カードの現金化は利用規約違反になってしまうのです。

カード会社はこういった裏切り行為に厳しい対応をおこなっており、そういった顧客に対してカードを利用停止にしているのです。

しかし、いきなり利用停止になるわけではありません。

カード会社はリアルタイムで顧客の利用状況を把握しており、不審な利用をしている顧客をマークしているのです。

そこで電話確認があり、それでも改善されない場合はカードが利用停止になってしまいます。

特に還元率の高い商品ばかりカード決済で買っているとマークされやすくなってしまいます。

そのほかに、クレジットカードのキャッシング枠が限度に達しているとマークされやすくなるのです。

そのため、何度も現金化をしているとカード利用停止のリスクが増加してしまいます。

何度も利用せずに本当にピンチになった時にだけ利用しましょう。

困ったときは別の手段もアリ

現金化店舗電話で相談

多くの方がクレジットカードの現金化を行っていますが、それにはクレジットカード利用停止のリスクがあります。

カードが利用停止になってしまうとカードショッピングが出来なくなるだけでなく、それ以上の現金化も出来なくなるのです。

そういった場合は消費者金融のキャッシングを利用しましょう。

クレジットカードの現金化のリスクはカードの利用停止だけではありません。

カードの利用規約に同意しておきながら利用規約違反をすることになります。

もちろん、これまでに利用者が逮捕されたケースはありませんが、違法性が疑われるグレーな取引なのです。

そのため、クレジットカードの現金化はグレーゾーンの行為である、と理解した上で利用しましょう。

そして、クレジットカード現金化業者が摘発された例があります。

これは「実質的な貸金業である」とみなされたことで、貸金業に触れたことで摘発されました。

警察もこういったサービスに対してマークをしていると考えられるので、何度も利用することはおすすめ出来ません。

現金が必要になった際に消費者金融のキャッシングを利用するという方法もありますが、何よりも大切なことはしっかりと貯金をしておくことです。

それでも現金が必要になったら、本当に必要な金額だけ利用しましょう。

そして、返済プランを立てることも大切です。

また、現金化業者と消費者金融のキャッシング以外で、現金を手にする方法があります。

それは自分での現金化です。

現金化店舗電話で相談

代表的なものはネットオークションやリサイクルショップでの転売でしょう。

ネットオークションは多くのネットユーザーに利用されており、インターネットが普及した理由のひとつです。

特にブランドアイテムや地域限定アイテム、最新のゲームソフトなどは高額で落札されています。

バーゲンセールやアウトレットショップで商品を安く仕入れても良いでしょう。

しかし、還元率のアップする商品は流行り廃りがあります。

そのため、ブームが終わってしまうと在庫を抱えることになるので注意しましょう。

そのほかの方法として金券ショップでギフト券や旅行券を転売することもおすすめです。

特に新幹線の回数券は人気で、東京~大阪間は高い還元率で買い取ってもらえます。

東京~大阪間はプライベートの旅行だけでなくビジネスシーンでも利用されているので、シーズンを問わず人気なのです。

しかし、新幹線回数券は使用期限があるので、使用期限が近づくにつれて価値が下がってしまいます。

高く買い取ってもらいたいのであれば早めに金券ショップに持ち込みましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル