1. TOP
  2. 現金化?商品券をカード払いで購入する前に知っておきたいこと
クレジットカード現金化マニュアル

現金化?商品券をカード払いで購入する前に知っておきたいこと

現金が欲しいというときに重宝できるのがキャッシングですが、多重債務に陥る方が急増したり、債務整理する方が増えたりしたことから現在では消費者金融でも簡単にキャッシングができなくなってしまいました。

そんな時、商品券カード払いで購入して転売するというクレジットカード現金化は、キャッシングができないようなシーンで重宝できます。

キャッシングを利用できない時に便利

商品券カード払い購入

現金が欲しいというときに重宝できるのがキャッシングです。

消費者金融のキャッシング専用カードを持っているという方もいるでしょうし、銀行のカードローン契約をしているという方もいるかもしれませんが、キャッシングなら最寄りのATMから簡単に現金を引き出すことができるため、いざというときに重宝できます。

現在のクレジットカードにはキャッシングの機能がついていることが多いですから、どうしても現金が必要というシーンではATMからお金を引き出して利用するという使い方ができます。

一昔前だと消費者金融が猛威をふるっていましたし、テレビでも毎日のようにたくさんの消費者金融業者のコマーシャルが流されていました。

一定の条件さえ満たしていれば誰でも融資を受けることができ、働いていない主婦や学生でもキャッシングをすることができたのです。

しかし、その結果多重債務に陥る方が急増したり、債務整理する方が増えたりしたことから総量規制が敷かれてしまい、現在では消費者金融でも簡単にキャッシングができなくなってしまいました。

働いている方でも時には審査で落とされてしまうほど審査基準も厳しくなったのです。

商品券カード払い購入

商品券カード払いで購入して転売するというクレジットカード現金化は、キャッシングができないようなシーンで重宝できます。

先ほどお伝えしたように現在ではキャッシングそのものが難しいですから、新たに契約しようとしても審査で落とされてしまうことも珍しくありません。

また、キャッシングの契約をするには自宅や職場に在籍確認の電話もかかってきますし、確実に収入があるという証明も必要となります。

人によっては働いていないけど現金が必要というケースもありますし、そのような時にキャッシングでは助けになりません。

商品券カード払いで購入してそれを転売するなどのクレジットカード現金化なら、審査なども不要で現金を用立てることが可能となります。

商品券を利用した現金化にはさまざまなメリットがあるものの、商品券の購入前には知っておくべきこともたくさんありますから、事前にしっかり覚えておくことが大切です。

換金性が高く、金券ショップなどに持ち込めば迅速な現金化ができる一方、カード会社に警戒心を抱かせてしまう原因にもなり兼ねませんから注意が必要です。

これから商品券やギフトカードをクレジットカードで購入し、現金化しようと考えている方はリスクについても理解しておくべきでしょう。

オークションで商品を売買する際に注意したいこと

商品券カード払い購入

インターネットオークションを利用したことがあるという方は多いのではないでしょうか。

ネットオークションを利用すると身近な不用品を簡単に処分することができますし、ちょっとしたお小遣い稼ぎなどにオークションを利用する方もたくさんいます。

また、現在では「せどり」と呼ばれる手法を用いてオークションで稼いでいる方もたくさんいますし、欲しいアイテムをお値打ちな価格で手に入れることもできるためネットオークションを愛用している方は年々増えています。

以前はセキュリティにやや問題もありましたが、近年ではそこも改善されたため、詐欺などが行われることも少なくなりました。

オークションで商品券を売買しようと考えている方もいるかもしれませんが、オークションサイトにはそれぞれ利用規約がありますし、オークション運営会社ごとに異なります。

例えば、ヤフーが運営しているヤフオクではAmazonギフトカードを出品することができますが、楽天オークションでは出品できないとなっています。

利用規約を熟読せずにオークションを利用してしまうとうっかり禁止されている品を出品してしまうこともありますから注意が必要です。

禁止されているアイテムを出品してしまった場合、アカウントの停止などに繋がる恐れもあります。

商品券カード払い購入

少しでも高く商品券を売りたい、という場合にオークションで自作自演を考える方もいます。自分で出品した商品に別アカウントから入札し値を吊り上げるという方法で最終的な落札価格をあげてしまうという考えの方は多いですが、これは絶対にやらないほうが良いです。

いくら別アカウントでもアクセスポイントが同じだとバレてしまう可能性がありますし、自作自演がバレてしまうとこれも利用規約違反となりアカウントの停止、最悪削除ということにもなりかねません。

絶対に一定価格以上の値で落札してほしい、という場合には最低落札価格を設定しておくことも大切です。

格安出品にするのも良いですが、本当に格安で落札されてしまっては意味がありません。

不用品の出品なら別にかまわないかもしれませんが、商品券を少しでも高く売りたいのならこれは少々リスクが高いのではないでしょうか。

また、近年では1円スタートで注目を集めるという方法も主流となっていますが、これも上手くいけば高値で売れるものの、うまくいかないということも当然あります。

オークションは生ものですから、注目を集めても入札者が少ないということも多々あります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル