1. TOP
  2. 初心者向けマニュアル!クレジットカード現金化における業者
クレジットカード現金化マニュアル

初心者向けマニュアル!クレジットカード現金化における業者

さまざまな場面でクレジットカードの現金化というワードを目にするようになりましたが、そのシステムは分からないものです。

ここでは、初心者でもわかりやすくクレジットカード現金化を解説します。

初心者向け!クレジットカード現金とは

クレカ初心者マニュアル

さまざまな場面でクレジットカードの現金化というワードを目にするようになりました。

これは急に現金が必要になった際に役立つものですが、そのシステムは分からないものです。

消費者金融のキャッシングと同じようなイメージがありますが、その内容は大きく異なります。

特に大きな違いは審査の有無でしょう。

消費者金融でキャッシングをする場合、必ず審査があります。

これは年収や勤続年数、就業形態などを基にして行われ、職場に在籍確認の電話があることもあります。

これによって職場にキャッシングを知られる可能性もあるのです。

さらに、自宅に書類が届くので家族に知られることも考えられます。

だれもがキャッシングのことは知られたく無いでしょう。

しかし、クレジットカードの現金化であればそういった心配がありませんので、人気となっているのです。

こういったサービスの申し込み方法は、まず業者のホームページにアクセスしましょう。

こちらには入力フォームがありますので、住所氏名などを入力してください。

そして、時間の取りやすい時間帯も入力しましょう。

ここで指定した時間にオペレーターから電話があります。

クレカ初心者マニュアル

この電話では本人確認が行われますので、運転免許証やパスポートなどの身分証明証を用意しておきましょう。

また、こういったサービスをしたことのない方にとって、分からないことは多いでしょう。

そのため、ここでオペレーターに質問をしておきましょう。

何より大切なことは「この金額を換金したら還元率はどの程度になるか」、「いつごろ振り込まれるのか」、「最終的に手数料などは発生するか」などです。

必ず聞いておきましょう。

これを聞き逃したことで大きなトラブルに発展する可能性もあるので注意してください。

クレジットカードの現金化はショッピング枠を利用するものですので、その返済はカード会社に行います。

そのため、翌月の支払日に一括返済しなければなりません。

しかし、中にはお金が足りないこともあるでしょう。

そういった場合はリボ払いや分割払いを利用してください。

カード会社によってはボーナス一括払いが可能な場合もあります。

支払いを複数回にすることで支払いペースを穏やかにすることが出来るでしょう。

しかし、こういった支払い方は金利が発生してしまうので注意しましょう。

また、こういったサービスを利用する上で最も大切なのは、計画的に利用することです。

必要以上に換金してはいけません。

業者の利用事例

クレカ初心者マニュアル

急に現金が必要になった場合に備えて、クレジットカード現金化のことを知っておくと良いでしょう。

しかし、こういったサービスは消費者金融のキャッシングと比較して、まだまだ知らない部分も多いもの。

それでは、どういったシーンで利用されているのでしょうか。

最も多いのは現金が必要になった求職者でしょう。

仕事を辞めて次の仕事を探そうとしてもなかなか決まらないことがあります。

これまでにある程度貯金をしていれば問題ありませんが、中には急に仕事を失うこともあるのです。

消費者金融のキャッシングは審査がありますので、無職の方では審査に通過出来ません。

しかし、クレジットカードの現金化であれば、自分名義でショッピング枠の残されたクレジットカードさえあれば、誰でもスピーディーに現金を手にすることが出来るのです。

求職者だけでなく専業主婦など審査が難しい方にもおすすめ出来ます。

消費者金融のキャッシングやこういったサービスは、誰にも知られたくないものです。

しかし、誰にも知られずに現金が必要になることもあるでしょう。

そういった場合、審査の発生しないクレジットカードの現金化がおすすめです。

さらに、審査が無いことからスピーディーに現金を受け取ることが出来ます。

しかし、ここで注意したいのは金融機関の営業時間です。

金融機関は15時に営業を終えますので、それまでに申し込みをしなければなりません。

ギリギリは危険ですので14時半までに済ませましょう。

また、中には指定の金融機関の口座であれば、24時間振り込みに対応していることもあります。

クレカ初心者マニュアル

自分の口座がそれに対応しているか確認しておきましょう。

そしてもしものときに備えて、それに対応した金融機関の口座を作っておくことをおすすめします。

突発的なイベントでお金が必要になることがあります。

その代表的なものは結婚式でしょう。

披露宴に出席するとご祝儀で3万円を包まなければなりません。

大切な友だちのお祝いだとしたら、出席しないわけにはいきません。

さらに、二次会に出席するとなると、さらにお金がかかってしまいます。

遠方であれば交通費や宿泊費のことも考えなければなりません。

場合によっては年に数回結婚式に呼ばれることもあります。

そういったイベントの際に頼もしいのがクレジットカードの現金化です。

このサービスを活用して突発のイベントに対応しましょう。

そのほかに給料日前で急に現金が足りなくなった時にもおすすめです。

クレジットカードの現金化でピンチを乗り切りましょう。

総合案内!利用は自己責任

クレカ初心者マニュアル

クレジットカードの現金化はいざという時に頼りになる存在ですが、中には利用者を騙そうとする悪徳業者も存在するのです。

どういった部分で優良業者と悪徳業者を見分ければ良いのでしょうか。

何より大切なポイントは還元率です。

例えば10万円を還元率90%の業者で換金すると、手に出来る現金は9万円です。

しかし、還元率85%の業者で換金すると、手に出来る現金は8万5000円になってしまいます。

つまり、5%の還元率の差が5000円の差になってしまうのです。

還元率とはこれだけ重要なのです。

そのため、少しでも高い還元率の業者を選んでしまいがちですが、ここに落とし穴があるのです。

業者のホームページには還元率が記載されていますが、中には「必ず還元率98%で換金」などと謳っているケースがあります。

金額にもよりますが、一般的な還元率は75%から85%ですので、98%の還元率はあり得ない数字なのです。

こういった業者で換金をしてしまうと手数料を請求され、最終的な還元率は50%から60%まで下がってしまいます。

こういったサービスでは誰もが少しでも高く換金したいと考えるものですので、最終的に大きな損となってしまうのです。

こういったトラブルを避けるために、異常に高い還元率は避けましょう。

さらに、一般的な還元率でありながら手数料を請求されることもあるので、事前にオペレーターに質問しておいてください。

クレカ初心者マニュアル

そのほかに大切なことは、ホームページの会社概要です。

ここには会社の情報が記載されていますが、中には会社概要が見当たらない場合もあります。

そういった業者は絶対に避けましょう。

さらに、いくら会社概要があったとしてもチェックすべきポイントはあります。

特に住所は非常に重要で、必ず住所をインターネット検索しておきましょう。

中には適当な住所をでっち上げていることもあるのです。

そして、ビル名やフロアの書かれていない住所も危険です。

そして、代表者氏名も記載されているかチェックしてください。

苗字だけという場合も避けましょう。

つまり、情報をオープンにしていない業者は危険なのです。

また、現在インターネットを閲覧する方法はパソコンだけではありません。

携帯電話やスマートフォンで閲覧するケースもあります。

そのため、パソコン用だけでなく携帯電話用、スマートフォン用のホームページを持った業者を選びましょう。

複数のホームページを管理することは大変ですが、それだけしっかりとした営業を行っている証拠です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル