1. TOP
  2. クレジットカード現金化とは
  3. 「一括、リボ、分割」カード会社への支払い、よく考えて
クレジットカード現金化マニュアル

「一括、リボ、分割」カード会社への支払い、よく考えて

現金化は現金化してからが重要です。

カード会社への支払いを、計画的にきちんとこなしてこそ、一流の現金化マスター、現金化の上級者といえます。

返済方法によっては手数料がかかる?

支払い考える

クレジットカード現金化はオンラインで申し込みが可能であり、手続きが完了すると即座に現金が振り込まれます。

現金を受け取り、決済した商品を受け取ったらそれで取引は終了です。

クレジットカード現金化では、手続きの際に業者には手数料が入っているので、その後の返済に関しては業者は無関係です。

クレジットカード現金化を利用した後の返済は、クレジットカード会社の請求に応じて返済していくこととなります。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. 現金化堂

    85%の換金率が保証されている現金化堂。
    100%ご成約主義をかかげており、お客様の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのが特徴です。
    「換金率をもっと良くしてほしい」「振り込みを30分以内にしてほしい」などなど、わがまま言いたい放題です!
    初回利用で現金プレゼントキャンペーンがありますので、併せて利用すればすごい換金率になりますよ!^^

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

返済方法は分割払いやリボ払いを選べて便利だが、利子が割高に手数料が必要になる

支払い考える

クレジットカード現金化の返済はクレジットカード会社に対して行っていくものです。

クレジットカード会社の返済方法に応じて、自分が最も負担が軽くなるように、希望する返済方法を選んでいくこととなります。

クレジットカード会社の返済方法には、一括払いを基本として分割払い、リボ払いがあります。

すべてのクレジットカード会社では、利用後に返済方法を変更できるようになっています。

そのため、利用後にあがっている請求に対して、分割払いやリボ払いに変更して支払っていくことができます。

また、ボーナスが出たなどの理由から多めに追加の返済をしたい時には、追加金額を設定していつもより多くの金額を返済していくことも可能です。

このように、クレジットカードの支払いは自分の都合に応じて返済していけると言うメリットがあります。

ただし、分割払いやリボ払いを選択した時には利子がかかると言うことは覚えておきたいところです。

毎月の返済金額には利息が加えられているため、利息がプラスされた金額を返済していくことになります。

もうひとつ覚えておきたいのは、分割払いよりもリボ払いの方が利子が高いと言うことです。

リボ払いは毎月の返済額が一定で分かりやすい反面、利息が高いのです。

利息を少なくするためであれば、分割払いの方がお得です。

カード停止になりづらい現金化サービス

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

クレジットカード現金化は利用した時に業者に手数料を取られている

支払い考える

クレジットカード現金化業者は貸金業者ではありません。

そのため、金利や利息といった設定もなく、利息を支払う必要はありません。

その代わり、利息の代わりに手数料を利益としており、手続きが完了した時点でクレジットカード現金化業者は利益を得ていると言えます。

クレジットカード現金化業者は、カードローンやキャッシングより手っ取り早く利益を得ていると言えます。

また、手数料として受け取っているのは金利より大きな利益です。

つまり、それだけ多くの手数料を支払って利用しているだけに、利用後の返済の際に支払う利息はできるだけ少なくしたいものです。

きちんと計算してできるだけ一括払い、不可能ならば分割払いを設定するようにして、利息を少なくするようにしましょう。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ