1. TOP
  2. 店舗型現金化
  3. ≪クレカ現金化業者VS自分で現金化≫効率が良いのはどっち?
クレジットカード現金化マニュアル

≪クレカ現金化業者VS自分で現金化≫効率が良いのはどっち?

 

クレジットカード現金化はショッピング枠を活用したものなので、自分で行うことも不可能ではありません。

一方ではクレカ現金化業者の存在もあります。効率や還元率などを比較し、どちらの方が適しているのかをチェックしてみました。

 

クレジットカード現金化口コミ  

見出し

自分でクレジットカードの現金化をする方法

 

クレジットカードの現金化とは簡単に言えばクレジットカードのショッピング枠を現金にするものです。

ショッピング枠で買い物をしたものを売却すれば立派な「現金化」です。

そのため、業者を頼らなくとも自分でもできるのではと考える人がいるのも当然です。

特にネットを上手く活用すれば、ショッピング枠を現金にすることは決して難しくはありません。

 

アマゾンギフト券による現金化

 

大手流通業者「アマゾン」が発行しているアマゾンギフト券を活用した現金化は自ら行う現金化の方法としてポピュラーなものです。

店舗型のクレカ現金化業者でもアマゾンギフト券の買取による現金化を行っているほど。

 

方法は至って簡単で、アマゾンギフト券をクレジットカードで購入し、購入したアマゾンギフトの「アマゾンギフトコード」をメールで送るだけです。

金券ショップまで持っていく必要もなく、簡単に現金化が可能です。

 

業者が見つかればすぐにでも換金ができる点や、アマゾンという誰もが利用している通販サイトの金券なので信用性が高い点、利用者が多い点などメリットは多々あります。

 

アマゾンギフト券による現金化のデメリット

アマゾンギフト券による現金化のデメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 換金率が低い
アマゾンギフト券による現金化はポピュラーです。
むしろポピュラーになりすぎていますので、需要と供給のバランスが崩れつつあります。

簡単に言えば「アマゾンギフト券による現金化をしたい人の方が多い」状況となっていますので、現金化する業者としても「買い取っても売れないもの」になりつつあります。

そのため換金率が低下しています。

  • そもそも規約で禁止されている

また、そもそもアマゾンギフト券による現金化そのものがアマゾンの規約に違反しています。

特に転売や現金化に対してはアマゾンやクレジットカード会社も対策を講じていますので、

何度もアマゾンギフト券を購入していれば、クレジットカード会社としても「転売しているのではないか」と疑い、

アマゾンギフト券を購入しようとしても買い物の認可が下りずに購入できなくなることも考えられます。

アマゾンギフト券が購入できないだけではなく、最悪クレジットカード退会処分も考えられるのでリスクが高い方法だと覚えておきましょう。

 

高い家電の転売

 

家電量販店で商品を購入し、転売するという手法もクレジットカード現金化ではよく見られるものです。

家電量販店ではポイントが付与されますので、ポイント分を合わせれば高い還元率とすることも夢ではありません。

 

例えば40,000円のテレビを購入したとします。

クレジットカードでも8%ほどのポイントが付与されるので3,200ポイントをゲットできます。

つまり、40,000円から3,200ポイントを引いた36,800円で売却したとしても還元率は実質的には100%です。

 

新品なので売り手を見つけられれば効率の良い現金化の方法ではあります。

 

家電転売現金化のデメリット

家電製品転売による現金化のデメリットは購入者が見つかるのかという点です。

オークションやフリマアプリなど、個人でも販売できる機会が増えていますが、裏を返せばそれだけ出品者が増えていることを意味していますので、自分の出品したものが埋もれてしまっては残念ながら売れません。

高い還元率も、あくまでも「売れれば」の話であって、売れなければ「必要ない商品をクレジットカードで購入しただけ」でしかありません。

 

ブランド品の買取による現金化

 

ブランド品をクレジットカードにて購入し、ブランド品買取ショップにて売却することで現金化する手法です。

こちらは古くから用いられている手法です。

ブランド品の買取店も増えていますので、先の家電転売による現金化のように相手が見つからないケースはあり得ません。

また、ブランド品は高額なので高く売却できるなどメリットは多いです。

 

ブランド品買取による現金化のデメリット

もちろんブランド品買取にはデメリットがいくつかあります。

  • 実は還元率が低い

まず、そもそもなぜブランド買取店が買取ってくれるのかといえば再び売るためです。

当然、買取額は安く抑えた方が利益になりやすいです。

そのため、買取店を利用したとしても実は還元率はさほど高くはありません。

また、買取店は査定も含めてプロです。必要なくなったから買取にやってきたのか、あるいは現金化なのかくらいは見抜けますので、現金化のためにやってきたお客だと分かれば当然足元を見ることでしょう。

相手は現金が欲しいと分かっている以上、買い叩かれるのも無理のない話です

  • クレジットカード会社に疑われる

それまで頻繁にブランド商品をクレジットカードで購入している人であれば良いでしょう。

しかし現金化をしたい一心でクレジットカードにてブランド品を購入した場合、現金化云々ではなく、まずは「本人なのか」という点で怪しまれます。

 

クレジットカードで商品を購入する場合、その都度クレジットカードの認証を取得するのでどこでどのような商品を購入しているのかは全てクレジットカード会社に筒抜けです。

それまで一度もブランド品を購入したことがない人がいきなり高額なブランド物を購入するとなれば、転売の前に不正利用なのではと警戒するでしょう。

 

その際、本人だと告げれば事なきを得られますが、何度も続くようであればクレジットカード会社としても疑い始めます。

クレジットカード会社としてもクレジットカード現金化には目を光らせていますので、現金化だと露呈すれば商品を購入できないだけではなく、退会処分が課せられることも十分に考えられます。

 

金券を購入しての現金化

 

具体的に言えば「金券ショップで売却できる金券」をクレジットカードで購入し、売却することで現金化する手法です。

新幹線の回数券が広く用いられている手法で、金券ショップの数も多いので売却する相手にも困りません。

金券ショップであればその場で現金に換えられるので、とにかくすぐにでもクレジットカード現金化をと思ったら駅の券売機で新幹線回数券を購入し、売却するだけです。

 

新幹線回数券による現金化のデメリット

  • 換金率が低い

それもそのはず、アマゾンギフト券のデメリットでもお話したように、「新幹線回数券を求めている人」と、「新幹線回数券を売却して現金化したい人」とでは現金化する人の方が多いです。

昔ながらの手法だからこそですが、金券ショップに足を運べば大抵は新幹線のチケットが用意されていることからも分かるように、新幹線のチケットは余っています。

そのような物を金券ショップが高く買取る必要はありません。

結果、還元率はとても低くなります。

また、クレジットカードによる高額買い物になりますのでこちらもクレジットカード会社から怪しまれるというデメリットがあります。

常日頃から新幹線の回数券を購入している人であれば問題ないかもしれませんが、急に新幹線回数券を購入すればクレジットカード会社も警戒します。

ましてや何度も続くようであればクレジットカード会社としても「現金化なのでは」と思うことでしょう。

こちらも決済が認可されないだけではなく、最悪クレジットカード退会となるリスクがあります。

 

幹事になって現金化

 

自分自身が飲み会の幹事となり、参加者の会費を徴収しつつ会計は自分のクレジットカードで支払えば、立派な「現金化」です。

この場合、その場でお金が入るのでタイムロスもなければ、同じ額が現金で集まるので還元率は限りなく100%に近付きます。

 

幹事になっての現金化のデメリット

手法としては悪くはないかもしれませんが、そもそも現金化したい時に飲み会があるのかという根本的な問題があります。

また、会計がどれくらいになるのかなど蓋を開けてみなければ分かりません。

クレジットカード現金化をしたいからと飲み会を開くことができるほどの人望や人脈がある人であれば良い手法かもしれませんが、自分が求めている現金が集まるのかは未知数です。

 

また、個人で営業している居酒屋ではクレジットカードが使えないケースも珍しくありませんので、その場合集めたお金で会計することになるので、現金化ができません。

更に、現金化していることが露呈した場合、人間関係に悪影響が出ることも懸念されます。

友人との関係が崩れることは取返しのつかないデメリットになってしまうのではないでしょうか。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

クレカ現金化業者を利用する方が効率的で安全

 

個人でもクレジットカード現金化は可能ですが、デメリットの数々を考えると自ら行うよりもクレカ現金化業者を利用した方が効率的且つ安全です。

個人で現金化を行う場合、予期せぬデメリットに遭遇し、取り返しのつかない事態に発展してしまう可能性もゼロではありませんが、クレカ現金化業者であればデメリットを回避できます。

また、何よりとても簡単です。個人で行うよりも断然簡単な点もまた、大きなメリットです。

 

業者を利用した場合の現金化の流れ

クレカ現金化業者を利用した場合、どのような流れで現金になるのかチェックしてみましょう。

店舗型のクレカ現金化業者の現金化の流れ
  1. 店舗まで足を運びます
  2. 店舗にてスタッフより説明を受けます
  3. スタッフに指定された商品をクレジットカードにて購入
  4. 購入した商品を店舗にて買取ってもらい現金化

基本的に店舗タイプのクレカ現金化業者を利用する場合、このような流れでの現金化となります。

決して難しいこともなく、指定商品もお金に換えやすい物・購入しやすい物なので難易度は低く、初めてクレジットカード現金化を行う人でも戸惑うことはないはずです。

 

デメリットとしては店舗まで足を運ばなければならない点が挙げられます。

店舗は24時間営業ではありませんので仕事終わりにと思っても既に閉店している可能性もありますし、そもそも近隣にクレカ現金化業者がない場合、「足を運ぶ」という点がとても高いハードルになってしまいます。

自分の顔を見られることもデメリットだと感じる人もいるかもしれません。

また、指定商品を購入しての売却となりますが新幹線の回数券やブランド品のケースもあります。

この場合、自分でクレジットカードにて購入することになりますので個人で現金化をする際と同様のデメリットがあります。

クレジットカード会社に警戒され、購入を承認されない可能性や現金化だと思われたらクレジットカードを退会しなければならない可能性もあります。

無店舗型クレカ現金化業者の場合

無店舗型クレカ現金化業者の場合、買取方式とキャッシュバック方式があります。

買い取り方式の場合の流れ
  1. 無店舗型クレカ現金化業者のホームページから申し込み
  2. 折り返しの電話でクレカ現金化業者のスタッフから説明を受ける
  3. 指定された商品をクレジットカードにて購入
  4. 自分の指定した銀行口座にお金を入金してもらう

言うなれば店舗型のクレカ現金化業者とほぼ同じ流れです。

自分の足でお店を回るのではなく、ネット上で完結しているので店舗型のクレカ現金化業者よりも手間がかかりません

キャッシュバック方式の場合の流れ
  1. クレカ現金化業者のホームページから申し込み
  2. クレカ現金化業者からの電話にて本人確認や金額等の説明を受ける
  3. 指定商品をECサイトに手購入
  4. 購入確認次第口座に「キャッシュバック」として入金

ピンと来ないシステムかもしれませんが、物を購入したりサービスを受けた際、キャッシュバックが受けられる商品は珍しくはありません。

現金化も同様で、指定の商品を購入すれば現金をキャッシュバックするという理屈です。

この場合、クレジットカード現金化を怪しまれるリスクが低い点や二度目以降の利用の場合、説明や本人確認がありませんので数分程度で現金化が可能です。

 

クレカ現金化を使う場合のメリットは大きい

 

クレカ現金化業者を利用した際のメリットに「安全性」が挙げられます。

個人で現金化を行う場合、安全性は皆無です。

クレジットカード会社に睨まれた場合、現金化ができないどころか退会処分が課せられる可能性もあります。

その点を踏まえると、クレカ現金化業者は「安全」です。

ここでは、個人で現金化するより業者を使うほうが安全な理由をお伝えします。

 

クレジットカード会社でさえ判断が難しい

無店舗型クレカ現金化業者の場合、現金化の定番商品ではなく、違う商品を購入しての現金化となりますので、クレジットカード業者としても現金化なのかを判断するのが難しいです。

ECサイトを利用してのキャッシュバックの場合、現金化のためのショッピングなのか、あるいは購入者が必要だと思ったからこそのショッピングなのかを判断するのは決して簡単ではありません。

それまでの購入履歴を参照しても怪しいこともなければ、急にそれまでとはまったく違う傾向のショッピングではない場合、クレジットカード会社としてはどうすることもできません。

 

決済代行会社の存在

現金化の際、決済代行業者を利用している業者もあります。

この場合、安全性が格段に高まります。

決済代行業者とはクレジットカード業者とお店の間に入る業者です。

ウェルネットやペイジェントが有名で個人経営のネットショップを利用したことがある人であれば耳にしたこともあるのではないでしょうか。

 

クレジットカード利用可能にした方がお客が来てくれる可能性が高まりますし、その場での現金の授受の手間を省けるなど店舗側にはメリットが多い一方、クレジットカード会社の加盟店にならなければなりません。

大手企業の場合、加盟店として認可されるのは難しくはありませんが個人の場合、少々難しいです。
そこで決済代行業者が間に立ち、クレジットカードの利用を事実上可能にしているのですが、現金化業者でも決済代行業者を利用している所があります。

 

決済代行業者が間に入る場合、クレジットカード会社は個人ではなく、決済代行業者との取引になりますので個人で何を購入してもバレにくいのです。

つまり、クレジットカード利用停止になる可能性も低いのです。

 

現金化業者はノウハウを分かっている

クレカ現金化業者は現金化がお仕事なので、現金化のノウハウが蓄積されています。

何が安全で何が危険なのかをしっかりと理解しているからこそ、利用者を危険に晒さない方法にて安全に現金化が可能です。

自ら現金化を行う場合、何が危険なのかさえよく分かっていないがために、安易に高額商品に手を出してクレジットカード会社に目を付けられてしまうこともあれば、

高く買い取ってもらえるだろうと思っていたものが想像以上に安いため、換金率にするとかなり低い額になってしまうケースもあるのではないでしょうか。

こういった点を考えると、クレジットカードの現金化はクレカ現金化業者に依頼した方が「安全」であり「確実」だと分かるのではないでしょうか。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

さらに効率を求めるなら無店舗型がおすすめ

 

クレジットカード現金化はクレカ現金化業者に任せた方が安全であり、確実ですがさらに効率を求める場合、無店舗型クレカ現金化業者がおすすめです。

ここではなぜ店舗型より効率よく現金化ができるのか、店舗のある業者と比較しながら、無店舗型業者の魅力についてお伝えします。

 

24時間現金化が可能な業者もいる

無店舗型クレカ現金化業者の場合、24時間対応の所もあります。

店舗型のクレカ現金化業者は営業時間内だと先にお伝えした通りですが、

24時間営業している無店舗型クレカ現金化業者の場合、早朝でも深夜でも自分が現金化したいなと思った時にいつでも現金化が可能です。

急な出費など、今すぐに現金を必要とした場合店舗型のクレカ現金化業者を利用する場合、

営業時間外となれば翌日まで待たなければなりませんが、無店舗型クレカ現金化業者であればいつでも手続きが可能です。

 

どこに居ても現金化が可能である

無店舗型のクレカ現金化業者での現金化の場合、場所を問いません。

都心部に住んでいても過疎地に住んでいるとしても関係ありません。

ネット上から現金化を申し込むだけで良いので効率的です。

店舗の場合、店舗まで足を運ばなければなりませんので営業時間の問題もありますが、周辺にクレカ現金化業者があるのかという問題もあります。

都心や繁華街を擁する大きな都市であればクレカ現金化業者もあるでしょう。

しかし、そうではないエリアに住んでいる人はそもそもクレカ現金化業者を見つけることが困難ですし、いざ見つけたとしても足を運ぶだけで何時間もかかるようでは効率が悪いです。

その点、無店舗型クレカ現金化業者の場合、ネット環境さえあればどこに住んでいても関係ありません。

 

プライバシーという点でも安心できる

無店舗型クレカ現金化業者の場合、本人確認はしますが顔を見られることはありません。

店舗型のクレカ現金化業者の場合、足を運ぶので自分の顔を見られてしまいます。

できれば現金化は誰にも知られたくないと思っている場合、店舗型のクレカ現金化業者はデメリットです。

その点、無店舗型のクレカ現金化業者の場合、自分の顔を見られることはありませんし、お店を出入りしている姿を誰かに見られるリスクもありません。

 

店舗型に比べて店舗のない業者の方が換金率が高い

クレジットカード現金化は「現金化できるのかどうか」だけではなく、換金率の高さにもこだわりたいところです。

せっかくのショッピング枠を利用する以上、できれば多くの現金を手にしたいと思うのは当然ですが、換金率という点でも無店舗型クレカ現金化業者を使うのはメリットです。

近年はネット上だけでビジネスを展開している業者も珍しくありませんが、無店舗タイプの業者全てに共通しているのは、「店舗」というスタイルでビジネスを行う場合の経費が必要ない点です。

 

テナント料金や店舗経営に関する人件費、光熱費など最低限支払わなければならないお金があります。

これらのお金は利益から支払うことになりますので、店舗型のサービスはサービス料金にそれらの経費も「上乗せ」しています。

クレカ現金化業者の場合、換金率を低くすることで自社の利益が高まります。

逆に無店舗にてサイト上で営業している業者はそれらのお金を必要としません。

そのため、経費がかからないからこそお客への還元率も高くなるので、クレカ現金化業者の場合、無店舗の方が換金率が高いです。

いくつかのメリットをお話しましたが、「換金率が高い」だけでも無店舗型クレカ現金化業者を選ぶべき理由になるのではないでしょうか。

 

無店舗型の業者はリピートがしやすい

クレジットカード現金化の「その後」のことを考えても店舗の無いクレカ現金化業者のメリットは大きいです。

いわば無店舗型のクレカ現金化業者はクレジットカード会社に警戒されるリスクがとても低いので、その後のクレジットカード利用に支障をきたす可能性が低いです。

 

クレジットカード会社としても現金化に対して敏感になっていますが、あくまでも買い物の「データ」からクレジットカード現金化なのではないかと推測するのみです。

急にそれまでにはない高額な商品を購入したり、クレジットカード現金化にありがちな商品を購入しようとしている時、クレジットカード会社は「現金化かもしれない」と察知します。

仮にですが退会処分となった場合、当然クレジットカードは使えなくなるどころか新規でクレジットカードに入会することすら難しくなります。

 

しかし無店舗型のクレカ現金化業者であればリスクが低いので、その後クレジットカードが使えなくなる可能性が低いので、二度、三度と現金化をリピートすることも可能です。

 

店舗型の現金化業者では自分で現金化しているのと変わらない

店舗型のクレカ現金化業者の場合、指定された商品を購入して買取ってもらいます。

その際、自分一人で足を運んで購入することになりますので、結局自分一人で現金化を行う場合とメリット・デメリット含めて変わりません。

買取先が確保されているだけで、自分でクレジットカードにて新幹線の回数券やブランド品を購入することになるので、結局のところ個人でクレジットカードの現金化を行っているのと変わりはありません。

もしもですが、そこで商品を購入できない場合でも店舗型のクレカ現金化業者が補填してくれる訳ではありません。

「残念ですが現金をお渡しすることはできません」で終わりです。

しかし無店舗型クレカ現金化業者の場合、そもそもそのようなリスクが低いです。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

悪質な業者も存在するので要注意です。

 

クレジットカード現金化は無店舗型クレカ現金化業者が良いのですが、無店舗型クレカ現金化業者にも悪質な業者がいます。

そこでどのような業者が悪質なのか、見分ける点をチェックしてみました。

 

ホームページの「会社概要」をチェック

無店舗の場合、必ずホームページがあります。そこには「会社概要」があるはずです。

会社概要がない業者はその時点で論外ですが、会社概要を見て住所・代表者の氏名・固定電話の電話番号があるのかをチェックしましょう。

電話番号が携帯電話の場合、解約されてしまったらどうすることもできません

つまり、「逃げられやすい」ことを意味しています。

 

実際に電話をかけてチェックしてみるのもあり

実際に電話をかけて業者がどのような応対をしてくれるのかを確認してみるのも良いでしょう。

ホームページでは都合の良い言葉ばかりが並べられているものの、実際に電話してみたら不愛想で気も利かないし、説明も不十分。

このような業者は控えるべきです。

無店舗型クレカ現金化業者の場合、顔を合わせない点はメリットですが、顔を合わせないからこそ

電話でどれだけこちらに安心感を与えてくれるのかが求められますので、電話の応対も大切な判断材料です。

また、そもそも会社概要に明記されている電話番号が本当なのかを確認するためにもまずは電話をかけてみるのも良いでしょう。

その際、リダイヤルされていないのかもチェクポイントです。

 

「審査」という言葉が出ないかもチェック

クレジットカード現金化には審査は必要ありません。

クレジットカードのショッピング枠で商品を購入するものであって、お金を貸してくれるサービスではありません。

つまり、貸金業ではありませんので審査など本来は必要ありません。

しかし、電話越しに「審査が必要なので」と個人情報を聞き出してくるような業者は控えた方が良いでしょう

基本的にはクレジットカード情報、本人確認。これらのみで現金化は可能なので、それ以外の情報をあれこれ聞いてくるような業者の場合、控えた方が無難です。

 

別の現金化業者を勧めてくる業者

クレジットカード現金化はショッピング枠での購入になるので「指定のクレジットカードで決済ができなかった」と告げられることもあります。

他にも取り合え付かないことは決して有り得ない話ではないのですが、その後「付き合いのある現金化業者を紹介しましょう」と告げてくる業者は控えた方が無難です。

「付き合いのある現金化業者」が怪しい存在の可能性が高く、ともすれば初めからそちらに誘導することが目的の業者もいますので、他の業者に紹介すると提案してくる業者は控えた方が無難です。

 

口コミや評判をチェックしてみる

実際に業者のお世話になった利用者の口コミ・レビュー等を確認してみるのも良いでしょう。

口コミにはいわば「感想」「真実」がありますので、口コミで辛辣に書かれているような業者は控えた方が無難です。

良い評価の中にたまに辛辣な評価があるくらいであればともかく、辛辣な口コミの方が多い業者を利用したところで同じように嫌な気持ちになるだけです。

 

まとめ

クレジットカード現金化について様々な角度からお話させていただきました。

  • クレジットカード現金化は自分でも行えるけど面倒且つデメリットも多い
  • 安心・安全に利用するのであればクレカ現金化業者を利用した方が良い
  • 店舗型クレカ現金化よりも無店舗型クレカ現金化業者の方が効率面などメリットが多い
  • 無店舗型クレカ現金化業者の中にも悪徳業者がいるので注意が必要

要約する以上になります。

クレジットカード現金化は行為そのものは決して難しいものではありませんが、

安全面や換金率を考えると無店舗型クレカ現金化業者を選んだ方が「ベスト」であり「無難」だと分かります。

 

 

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ