1. TOP
  2. 現金化したカードの返済にはリボや分割も使える
クレジットカード現金化マニュアル

現金化したカードの返済にはリボや分割も使える

クレジットカード現金化を利用したら、通常の買い物と同じように、クレジットカード会社に返済していきます。

普通、一括返済での利用となりますから、一括返済が難しいならば分割払いやリボ払いを検討しましょう。

クレジットカード現金化も買い物も一緒

クレカ現金化返済方法

クレジットカード現金化では、ショッピング枠を利用します。

空いているショッピング枠で現金化業者の商品を購入し、あらかじめ決められた還元率に応じた現金を受け取ることができるのです。

例えば、ショッピング枠を10万円利用し、還元率が80%ならば、10万円の80%にあたる8万円を受けとることができるということです。

通常、クレジットカードのショッピング枠を使って欲しい商品を購入した時、利用者には「クレジットカードで“買った”」という意識が芽生えるため、返済も意識するものです。

返済を意識して家計のバランスを取ったり、他に買いたいものを控えたり、色々とやりくりもするでしょう。

しかし、クレジットカード現金化の場合には、「買った」という意識は芽生えません。

確かに、現金化業者の指定する商品を購入しているのですが、それは別に買いたい商品を購入したわけではありませんし、買ったという意識が芽生えにくく、それだけにお金のやりくりにもつながりにくいのです。

意識づければ大した問題にはならないのでしょうが、中にはクレジットカード現金化の便利さにばかり意識が向いて、他にやりくりの方法がある場合でも、気軽にショッピング枠を現金に換えてしまうこともあります。

しかし、ショッピング枠による買い物をしたときと同様に、クレジットカード現金化を利用したときにも、確実にショッピング枠は減っており、クレジットカード会社に対する返済の必要は生じているのですから、それを忘れてはいけません。

普通に買い物をしたときと同じく、きちんと請求書は送られてきますし、その請求書には現金化に利用した部分の請求も記載されています。

そして、あらかじめ決められた期日に、口座から返済代金が引き落とされます。

分割張りやリボ払いも検討しよう

クレカ現金化返済方法

もし、現金化をしたことをそれほど意識していなかったならば、口座からの引き落としが上手くいかず、延滞とみなされてしまうかもしれないので、注意が必要です。

買い物の際にクレジットカードを利用するならば、レジで支払う時に店員から、「支払いはどうされますか?」などと聞かれ、その場で分割払いなどの指定も可能です。

しかし、クレジットカード現金化では、基本的に分割払いの指定ができず、一括払いとして計上されています。

そのため、現金化に利用したことを意識していないと、現金化に利用した代金を一括で返済しなければなりません。

現金化を利用する際には、少なくとも数万円、多くの場合は数十万円といった金額で利用しています。

クレジットカード現金化を利用しなければならないほど手持ちがなかった人が、1~2ヶ月後に数万円、数十万円を一括で請求されても、返せない場合がほとんどでしょう。

ですから、クレジットカード現金化を利用したあとは、きちんと返済方法の変更をしておかなければなりません。

クレカ現金化返済方法

WEBから変更することもできますし、クレジットカード会社に電話で依頼することもできます。

生活が安定しておらず、やむなくクレジットカード現金化を利用した人の中には、分割払いさえも難しいということもあるかもしれません。

そのような時は、リボ払いを指定することもできます。

リボ払いとは、毎月5000円や1万円といった金額を、定額で返済し続け、1回あたりの返済金額を低く抑えられるシステムのことです。

しかしながら、利用金額が大きく、利息も大きい場合には、定額で支払うリボ払いの内訳の大部分が利息の支払いに充てられ、元金がほとんど減っていかないこともあります。

元金が減らずに利息だけを支払い続けるのですから、どこかでまとまった額の返済をしない限り、何年も、あるいは何十年も支払い続けることになり、最終的な返済総額が利用金額を大きく上回ることにもなりかねません。

したがって、経済的に余裕がない時には、クレジットカード現金化を利用した後、必ず分割払いかリボ払いに変更すると同時に、家計の圧縮などを通して、できるだけ早期に返済していくことを意識したほうが良いでしょう。

まとめ

クレカ現金化返済方法

クレジットカード現金化は便利なシステムなのですが、お金のやりくりが下手な人が経済的に困って使ってしまうと、さらに悪い状況に陥ってしまうこともあります。

もちろん、これはクレジットカード現金化に限らず、消費者金融などからの借入にも同じことが言えます。

ですから、クレジットカード現金化を利用する人は、このことを十分に認識したうえで、計画的な利用を心がけてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル