1. TOP
  2. クレジットカード現金化では身分証の提示が必要です
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカード現金化では身分証の提示が必要です

当サイトでは、クレジットカード現金化に伴う手続きに関する記事もいくつか書いてきました。

最近ではより具体的なことばかりを記事にしてきましたから、ここでおさらいをしておきましょう。

クレジットカードの現金化の際には、身分証明書が必要となります。

それ以外の書類は基本的に必要なく、クレジットカード情報などは渡してはいけません。

クレジットカード現金化には身分証明書が必要

現金化身分証提示

世の中のよろずの取引ごとでは書類のやり取りをするものであり、それがあって初めて法的な効力も発生し、契約が成立します。

クレジットカード現金化も同様であり、業者を利用して現金化をする際には、現金化業者に必要書類を提出して契約を交わしたのちに現金化を行います。

もっとも、クレジットカード現金化に伴う書類は堅苦しいものではありません。

ほとんどの業者では身分証明書の提出を求めているというだけです。

これは運転免許証、保険証、パスポートなどのことですが、現物を差し出すというのではなく、携帯電話で撮影して写メールを送ったり、FAXで送ったりすれば問題ありません

(FAXを設けておらず、写メールのみの対応となっている業者もあります)。

しかし、中には悪質な業者もあるのがクレジットカード現金化の現状です。

そのような業者では、個人情報詐取のために身分証明書以外のものを提出させようとしたり、特にクレジットカード情報を詐取しようとする業者も多いので、気を付けたいものです。

クレジットカード現金化では、身分証明書以外の提出は必要ありません。

何のために身分証明書を提出するのかといえば、これはクレジットカードの名義と利用者の名前が一致していることを確認するためです。

クレジットカードは本人以外が利用してはならないと定められているからです。

現金化身分証提示

クレジットカードの利用を受けたお店や業者は、クレジットカードが本人名義であるかどうかを確認する義務を負っていることから、身分証明書の確認を行なわなければならないのです。

そもそも、クレジットカード現金化はまだまだグレーな取引です。

業者側の逮捕例は少なく、利用者が逮捕されたケースはありません。

しかし、これは法的に整備されていないことや、業者数が多すぎるために取り締まったところで効果が上がりにくいことから取り締まりが行われていないというだけのことです。

しかし、もし利用されたクレジットカードが本人のものではなく、拾ったものや盗んだものであればどうでしょうか。

後々トラブルに発展して警察沙汰になれば、警察は必ずクレジットカードがどのように使われたかを調べます。

そうなれば、クレジットカードが現金化に利用されたことは容易に分かり、業者は警察から「なぜ本人確認をしなかったのか」と追及されることになります。

現金化身分証提示

司法や警察がその気になれば取り締まりは可能であるため、業者としてはできるだけ健全な取引を行う必要があり、だからこそ身分証明書の確認を徹底しているのです。

以上のことから、クレジットカード現金化の時には、身分証明書だけが必要となり、それ以外の書類を提出する必要はありません。

身分証明の延長としての資料提出

現金化身分証提示

身分証明書以外の提出は不要であるものの、業者によっては新規契約に慎重な業者もあり、そのような業者では身分証明書の延長として他の資料を要求してくることもあります。

まず、取引に当たっては、現金化業者は身分証以外に口頭で個人情報を聞いてくるものです。

その個人情報とは、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

の4つです。

現金化身分証提示

これらの情報は、身分証明書としての効力を持つものならば全て記載されています。

しかし、その情報だけでは満足しない業者もあります。

なぜならば、身分証明書とクレジットカードの名義を一致させたとしても、他人のものを利用することは決して不可能ではないからです。

例えば、山田太郎という人がいたとして、この山田太郎さんが田中太郎さんになりすますことは可能です。

山田さんが「自分は田中太郎である」と言い、田中太郎さんの身分証明書とクレジットカードを利用してクレジットカード現金化をすることができます。

そのようなケースは少数派ではあるものの、実際には存在します。

もし山田太郎さんが暴力・お金を貸している・弱みを握っているなどで田中太郎さんの意思決定権を握っていたとすれば、田中太郎さんは山田太郎さんに言われるままにクレジットカードと身分証明書を提供し、知らない間にクレジットカード現金化をされているということにもなりかねません。

この場合、もちろん田中太郎さんの預金口座も山田太郎さんに握られているため、口座名義との不一致も起きないというわけです。

このような利用であれば、多くの現金化業者はあまり疑わずに取引をすることでしょう。

しかし、中には慎重な業者もあり、その他の資料を提供を求めることもあるようです。

例えば、運転免許証を持った自画像のメールを送るように求めることがあります。

その時、運転免許証の顔写真と自画像の写真が一致しなければ、クレジットカード現金化はできなくなります。

このほか、公的な郵便物の写メールを求めることがあります。

現金化身分証提示

免許証や保険証に記載されている住所が旧住所などであれば、現金化業者は実際の情報を得られないことになります。

そこで、現住所の住所と身分証明書の住所の一致を確かめるために、直近1~2ヶ月くらいまでのクレジットカードの明細書、電気料金の明細書、携帯料金の明細書などを提供してもらうことで確認を行います。

ここまでやれば、現金化業者に落ち度はなくなるでしょう。

山田太郎さんの指示で田中太郎さんが身分証明書を持った写メを撮るということもあり得るでしょうが、そのような場合には実質的には田中太郎さんがクレジットカード現金化を行うことと変わりありません。

もし法的な制裁を求められることがあれば、それはクレジットカード現金化業者ではなく、山田太郎さんに対してのものです。

つまり、他人を恐喝してお金を作らせて搾取しているのですから、恐喝罪になるということです。

現金化身分証提示

もっとも、ここまでしつこく確認されることはほとんどなく、多くの場合は身分証明書の提供だけです。

また、もし身分証明書を持った写真や郵便物の写真を求められても、ほとんどの人はやましいところを持たずに利用していることでしょうから、なんら問題なく対応できると思います。

まら、そこまでしっかりと確認を行う業者は、利用者から面倒くさいと思われて敬遠されるリスクを負ってまで確認を行なっているのですから、優良業者の可能性が高まります。

クレジットカードの写真は送ってはいけない?

現金化身分証提示

悪質業者の典型的な例として、クレジットカードの写真を求めてくるというものがあります。

基本的にクレジットカード現金化のためにクレジットカードの写真を送る必要はありません。

しかし、カード番号を口頭で伝えると間違いが必ず起きるため、業務の簡素化のためにカードの写真を提出させる業者もあります。

現金化業者として真っ当な運営をしている業者なら、特段問題はないと考えます。

ただ、巧みな悪質業者になると、身分証明書を受け取りながらも本人であるかどうかを不審がり、追加の確認としてクレジットカードの郵送を求めてくることもあります。

しかし、本来ならばクレジットカード情報は本人以外には知らせてはいけない情報です。

どのようなルートで悪用されるか分かりませんし、まだ一般的に知られていない手口で悪用されることも充分にあり得ます。

クレジットカードを不正利用され、身に覚えのない支払いを負わされてしまったなどと言うことになってしまうのです。

現金化身分証提示

そうならないためには、クレジットカード情報を求められた時点でおかしいと悟り、利用をやめることです。

そもそも、クレジットカード現金化では、業者が指定するオンラインショップで自らクレジットカード決済を行うことでキャッシュバックを受け取ったり、買い取ってもらったりするのですから、クレジットカード情報を入力するのは自分でやる事なのです。

業者がクレジットカード番号などを入力して決済をすることはなく、したがって業者がクレジットカードの情報を必要とする理由は全くありません。

以上のことから、クレジットカード情報を求められた時には、悪質業者である可能性が高いと判断してください。

現金化の際に必要となるのは、身分証明書とその延長の資料だけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル