1. TOP
  2. 金券ショップをかしこく利用する、商品券のうまい売り方
クレジットカード現金化マニュアル

金券ショップをかしこく利用する、商品券のうまい売り方

クレジットカードで購入した金券をショップに売って現金化する際の、得するポイント、注意点などをまとめました。

よりお得に金券ショップで現金化をしてください。

金券ショップに売れる商品券の種類

商品券売り方

金券ショップに足を運んだことのある方も多いと思いますが、一度も利用したことがないという方だとどのようなチケットが売られているのか分かりませんよね。

また、ほとんどの金券ショップは入り口付近にでかでかと「金券買取!」のような派手な看板を掲げていますし、少し入りづらい雰囲気であることは間違いありません。

少々怪しく感じている方も実際多いと思いますが、金券ショップは合法なビジネスですし、違法なものは一切扱っていません。

金券ショップはさまざまな金券を買い取ったり、買い取った金券を販売しているお店になります。

金券ショップというくらいですから金券を売買しているということくらいは想像がつくかもしれませんが、金券と言ってもさまざまな種類がありますから、実際にはどんな金券が売れるのだろうと疑問に思ってしまう方もいるでしょう。

最近だとコンビニにたくさんのプラカード型ギフト券も販売されていますが、こうしたプラカード型のギフト券も売却は可能です。

ただし、買取ってもらえるのはインターネット上で残高が確認できるものだけになります。

どれだけの残高が残っているのか分からないような状態では当然買取ってもらえません。

商品券売り方

また、買取をしている金券ショップそのものがまだ少ない傾向にあります。

商品券やギフトカードは当然買取ってもらえます。

百貨店で使える商品券やギフト券は普通に売ることができますし、換金率も高めです。

不要な商品券をたくさん持っているのなら持ち込んでみるのも良いですね。

切手も金券の一種となりますが、こちらは状態によって買い取り額が違ってきます。

バラとシートでは買い取り額も変わってきますから注意しなくてはなりません。

また、シートでも古い切手になると取り扱っていないことがあります。

古い切手はそれだけで価値が高いこともありますが、金券ショップだと価値を正しく見極めることは難しいですから別のところに持ち込んだ方が良いでしょう。

新幹線のチケットも金券ショップに売却できる金券の一つです。

人気のある金券ですし、取り扱っていないという金券ショップはまずありません。

ほぼ100パーセントの確率で扱っていますから、売却したい場合には持ち込んでみましょう。

ただし、利用区間によって売値が変わってくるのは仕方ありません。

大都市から大都市へ移動する区間のほうが高く売れる傾向にあり、地方都市行きのチケットはそこまで高く売れないことがあります。

商品券を売る場合の確認ポイント

商品券売り方

不要な商品券売る場合にはいくつかチェックポイントがあります。

ポイントを押さえておかないと損してしまうこともありますからしっかりと覚えておきましょう。

まず、金券ショップはできるだけ安く買って高く売ることで利益を出しています。

そのため、お店によっては人を見て換金率を変えてしまうことも珍しくありません。

特に、飛び込みでやってきて急いで換金してくれと訴えるような人には低い換金レートを適用することも多いです。

急いでいる方は換金率が多少低くてもその時は気にしませんから、あとで気づいて後悔するというケースがほとんどです。

余裕がなさそうに見える人には低い換金率を提示するお店もあるということは覚えておきましょう。

事前にレートをチェックしておくと良いですね。

高く売りたいのならそれなりに交渉することも大切です。

家電量販店などで値引き交渉をしたことがある方もいるかもしれませんが、何かを売るときにも同じように交渉してみましょう。

一枚の商品券や新幹線チケットを売るのにしつこく交渉するのは人としてどうかと思いますが、まとまった数の商品券やギフトカードを売る場合にはそれもアリです。

商品券売り方

実際、まとまった額のギフトカードなどの場合換金率をアップしてくれるお店もありますから、交渉してみる価値は十分あるでしょう。

近くに別の金券ショップがある場合にはそちらも引き合いに出したりして駆け引きしながら交渉してみると良いかもしれません。

金券ショップに商品券を売るのなら絶対に飛び込みで行かないということが大切です。

先ほどもご説明したように、飛び込みで行ってしまうと余裕のない客だと思われてしまい、安く買いたたかれてしまうのがオチです。

また、換金レートについても知らないとなると向こうの言い値で売ることになりますから不利です。

あらかじめ電話連絡し、換金率について確認した上で周辺のお店と比較してみましょう。

間違っても余裕のない素振りを見せないことも重要です。

急いでいるなと思われた瞬間に換金率は1~2パーセント下がると思って間違いありません。

交渉の大切さも先ほど述べた通りです。

値上げ交渉をすることが恥ずかしいと思ってしまう方もいるかもしれませんが、こんなことは商人の町大阪では当たり前のように行われています。

その時だけは大阪人になったつもりで値上げ交渉してみましょう。

関西弁を使って「もうちょっと高くなりまへんか~?」と言ってみるのもいいかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル