1. TOP
  2. 携帯電話のキャリア決済を使ってスムーズに現金化する方法
クレジットカード現金化マニュアル

携帯電話のキャリア決済を使ってスムーズに現金化する方法

携帯電話のキャリア決済をうまく利用して現金を手にする方法があります。

一体どのようなやり方なのでしょうか?

キャリア決済とは?決済の仕組み

かんたん決済現金化

携帯電話が普及したため、現在では小さな子供からお年寄りまで携帯電話を持っています。

普及し始めた当初は、デザインもあか抜けない無骨なイメージのものが多かったですが、現在ではスマホが主流となっていますし、見た目にもスタイリッシュな端末が数多く販売されています。

スマホ用のアクセサリも充実していますし、オシャレなカバーもたくさんありますから、アクセサリ感覚で持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。

現在ではドコモとau、ソフトバンクが国内の三大キャリアと言われていますが、もしauの携帯やスマホを利用しているのなら便利なauかんたん決済を利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

auかんたん決済とは、auショッピングモールなどで商品を購入するときに使える決済システムのことです。

毎月の携帯電話料金と一緒に支払うことができますから、クレジットカードのような使い方ができるということですね。

携帯電話の通話料金と一緒に請求がくるため支払いを忘れてしまうということもありませんし、支払わないと携帯電話そのものが利用できなくなる恐れもあるため延滞してしまうリスクも低いです。

あらゆるシーンで利用できますから、クレジットカードよりもこのキャリア決済をよく使うという方も多いのではないでしょうか。

かんたん決済現金化

auでの携帯電話契約期間によって毎月使える額が決まっています。

25ヶ月以上なら毎月50000円までの商品購入ができますから、ちょっとした買物には便利ではないでしょうか。

クレジットカードを持っていない方でもauの携帯電話を持っているのなら後払いで商品を購入することができますから、いざという時には頼りになります。

給料日まであと少しだけど欲しいものを見つけてしまった、というようなときにはキャリア決済が役に立ちます。

クレジットカードほど利用できる範囲が広くありませんが、近年のauショッピングモールは品揃えも充実していますから相当使い勝手はよくなっています。

携帯電話は料金が後払いとなっていますし、通話料金と合算して請求してもらえるというのはメリットです。

このほうがお金の管理もしやすいですし、最初に言ったように支払いを忘れてしまうということも少ないでしょう。

現在ではビジネスシーンでも携帯電話がないと話になりませんし、携帯電話が停まってしまうようなことになっては大変です。

お金にだらしない方でもしっかり返済できるのはメリットです。

キャリア決済現金化のデメリット

かんたん決済現金化

auかんたん決済現金化と呼ばれる手法をご存じの方もいるかもしれませんが、これはキャリア決済の枠を使って商品を購入し、それを転売することで現金を得るという仕組みとなります。

要するにクレジットカードの現金化と同じと思っていただいてよいでしょう。

キャリア決済を利用すれば、その時現金を持っていなくても商品を購入することができますし、次回の携帯電話料金請求時に合算されて請求されるため安心です。

いざという時に頼りになりますし、どうしてもお金が必要というシーンではキャリア決済現金化を利用して現金を得るのは一つの手です。

具体的な手法は今さら説明するまでもないと思いますが、要するにauかんたん決済で購入できる商品の中から少しでも高く売れるアイテムをチョイスし、なるべく高く売れるところに転売するというだけのことです。

人気のあるゲーム機や家電などを購入して転売するのがメジャーな方法ですが、ほかにも転売アイテムはたくさんありますから自分に向いたアイテムをチョイスすると良いでしょう。

いざという時に現金を得ることができるのは大きなメリットに違いありませんが、やはりデメリットもあります。

デメリットについても理解していないと後悔してしまいますからしっかり覚えておきましょう。

かんたん決済現金化

いくら新品の商品を購入したとしても、売却するときには中古品扱いとなってしまいます。

10000円で購入したものが10000円で売れるということはまずありませんし、換金率の高いアイテムでも9000円程度がやっとではないでしょうか。

もちろん、プレミア品など価値の高い商品だと購入価格以上の金額で売れることもありますが、そのようなケースは非常にまれです。

基本的には購入額よりも低く買い取られてしまうことがほとんどですから、結果的に損をしてしまうことになります。

これは一つのデメリットと考えて良いでしょう。

とても便利なキャリア決済の現金化ですが、便利だからという理由で使い過ぎてしまうと次回の携帯電話料金支払いが大変なことになります。

通話料に加えてキャリア決済で利用した分も合算されて請求されてしまいますから、時には5~8万円程度の携帯電話料金が請求されてしまうこともあります。

一括で払えるのなら何の問題もありませんが、もし払えないとなると携帯電話が利用できなくなる可能性もありますから注意しましょう。

携帯電話が停まってしまうような事態になると社会的な信用すら失いかねません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル