1. TOP
  2. なぜ、ホームページに掲載どおりの換金率ではないの?
クレジットカード現金化マニュアル

なぜ、ホームページに掲載どおりの換金率ではないの?

クレジットカード現金化の利用者の中には、現金化業者がホームページで記載している通りの換金率がそのまま適用されると思っている人も多いものです。

しかし、そんなことはありません。

ほとんどの業者では、換金率からさらに手数料などが差し引かれることによって、実質的な換金率が低くなってしまうことがほとんどだからです。

そこで、本稿では実質的な換金率が高い業者を利用するコツなどをお伝えします。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットカード現金化業者の換金率

現金化換金率変動

クレジットカード現金化を利用する際に、多くの人にとっての関心事となるのが換金率です。

業者ごとに換金率は異なっていますし、利用額によっても変わるものであり、これによって利用者が最終的に受け取ることができる金額も変わってくるのですから、関心事になるのは当然のことです。

換金率は、業者によって変わります。

これは、換金率が法的な定めによって決められているものではないからです。

中古品店に売りたいものを持ち込んだ時、お店によって買取額は変わってくるものですが、これはお店の方針や査定方法が異なるからです。

このように、クレジットカード現金化業者によって、方針やサービスの内容には様々な違いがあるため、換金率は異なるのです。

また、換金率は全ての利用者に対して一律で同じ換金率が適用されるものではありません。

通常、利用額が小さければ小さいほど換金率は低くなり、利用額が大きければ大きいほど換金率は高くなります。

現金化換金率変動

例えば、1~10万円の利用ならば80%、11~30万円ならば85%、31~50万円ならば88%、51~100万円ならば91%、100~200万円ならば95%、201万円以上ならば98%といった感じです。

このほか、業者に方針にとって換金率のシステムにはいくらかの違いがあります。

その業者が女性利用者の獲得に力を入れている場合には、レディースプランを設けて換金率がやや高く設定していることもあります。

法人の獲得に力を入れている場合には、法人プランを設けて換金率をやや高く設定していることもあります。

入金スピードに注意を払っている業者ならば、即日プランとスタンダードプランで異なる換金率を提供していることもあります。

このように、換金率は業者によって異なるものですから、利用者はできるだけ換金率が高い業者を利用しようとします。

現金化換金率変動

しかし、業者ホームページに記載されている換金率を見比べて業者選びをすることは、それほど意味がないこともあります。

なぜならば、最終的な換金率が、ホームページに記載されている換金率よりも低くなるケースが非常に多いからです。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

表面換金率と実質換金率

たしかに、クレジットカード現金化を利用する人の多くは、消費者金融などから借入ができ属性の人であり、経済困難に陥っている人も多いものですから、1%でも高い換金率の業者を選ぼうとするのが普通でしょう。

しかし、ここでひとつ問題が生じます。

それは、できるだけ換金率の高い業者を選ぼうとしたところで、選びようがないからです。

どういうことかというと、クレジットカード現金化業者のホームページを実際に見てみれば分かりますが、各業者の換金率はどれも同じようなものであり、どこでも「業界最高換金率98%!!」などと主張しているからです。

現金化換金率変動

これでは、できるだけ高い所を選ぼうとしても選びようがありません。

そこで、少々面倒ですが、各業者の換金率表を詳しく見て比較していく必要があります。

業者が宣伝している98%などといった高換金率は、100万円や200万円といった高額の利用の場合にのみ適用される換金率であるからです。

皆さんが実際に利用したいと考えている金額は、多くても数十万円でしょうし、中には10万円くらいを利用したいと思っている人も多いことでしょう。

とすれば、10万円を利用した場合の換金率を調べていくことになるのですが、この場合には各業者で数%の差があることが分かります。

しかし、これもまた問題があります。

それは、クレジットカード現金化を利用する時に、各業者の換金率を比較し、できるだけ高い業者を選べば必ず最大の額で現金化できるというような、単純なものではないからです。

ホームページに記載している換金率と、実質的な換金率が異なるという業者が非常に多いのです。

どういうことか、もう少し詳しくお話しましょう。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

現金化換金率変動

業者がホームページに記載している換金率は決して嘘ではないのですが、それとは別途手数料が掛かるからです。

つまり、クレジットカード現金化を利用すると、まず記載の通りの換金率が適用され、その後に決済手数料、消費税、配送料など、色々な手数料が引かれるのです。

例えば、30万円の利用を希望している利用者がいたとします。

利用する業者の換金率は85%でした。

この時、まず換金率85%が適用されて25万5000円になり、そこから、利用手数料として5%、消費税として8%が引かれたとすれば、約22万5000円となります。

つまり、当初の予定では85%の換金率を想定していたのですが、実質的な換金率は75%になってしまうということです。

利用者は、想像していたよりも10%も低い額で利用することになってしまうのです。

現金化換金率変動

手数料はブラックボックスであり、公表されているものではありません。

業者によって異なるものの、実際に問い合わせてみるまで分からないものです。

ですから、ホームページをみながら業者選びをしている段階では、表面上の換金率で比較しているというだけのことであり、実質的な換金率で比較することにはなりません。

手数料で調整している

では、業者はなぜこのように換金率を調整しているのでしょうか。

一つには、表面換金率で良い条件を提示することで、多くの利用者を獲得したいということが挙げられるでしょう。

また、手数料は業者のさじ加減で決まる性質のものであるため、それを利用して利益の確保につなげていると考えられます。

例えば、10万円の利用に対して、真面目に85%の換金率を適用したとすれば業者の売り上げは1万5000円になります。

現金化換金率変動

これでは利幅が小さいですが、上述の通りクレジットカード現金化を利用する人の多くは少額の利用です。

ですから、利用者一人当たりの利益を少しずつ上げていくことで、売上を伸ばしていくことができるのです。

10万円の利用者100人に対して85%を適用すれば150万円の売り上げですが、85%適用後に5%の決済手数料と消費税8%を差し引けば、利用者一人当たりの業者の利益は約2万5000円となるため、100人の利用者を獲得した時の売上は250万円に伸びます。

このように、手数料を差し引くことは業者によって大きな利益をもたらすことになるのです。

だからこそ多くの業者が手数料を差し引いているのであり、手数料がゼロという業者はほとんどないと言ってよいでしょう(あるのかもしれませんが、私は見た事がありません)。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、
    現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

実質換金率が高い業者を選ぶコツ

現金化換金率変動

では、表面換金率に騙されることなく、実質換金率が高い業者を選ぶためにはどのようにすればよいのでしょうか。

まず、悪質業者を避けることは基本中の基本です。

悪質業者と見抜かないままに問い合わせると、申し込んでクレジットカードの種類なども考慮して手数料を出すと言われ、申し込んだ後に聞かされた実質換金率が低いと分かって利用を控えようとすれば、キャンセル料を請求してくることもあります。

また、非常に良心的な手数料を伝えて利用させ、結局は低い金額しか振り込まなかったり、無駄に数回に分けて振り込もうとしたり、全く振り込まずに連絡が取れなくなるような業者もいます。

悪質業者は、良い換金率を伝えてとにかく利用させようとするものですから、悪質業者を避けるのは基本です。

悪質業者を除いた上で、どのようにして選べばよいのでしょうか。

それは、業者に聞いてみるのが一番です。

現金化換金率変動

業者に申し込み、利用するクレジットカードや金額を伝えたうえで、「最終的に振り込まれるお金はいくらになりますか?」と聞けばよいのです。

「換金率はいくらになりますか?」などと聞けば、実質換金率について答えてくれずにはぐらかされてしまう可能性もあります。

だからこそ、「いくら振り込まれるか」と聞いてみましょう。

こう聞けば、手数料なども差し引かれたうえでいくらの利用になるのかがはっきりします。

このようにして、複数の業者に対して実質換金率を聞いてから比較すれば、間違いなく一番高い換金率の業者を利用することができます。

ちなみに私は、業者との会話は、できることならばICレコーダーなどに録音しておくことを推奨しています。

悪質業者を避けたつもりでも、実際にはそれが悪質業者であったということもなきにしもあらずですが、そのような場合に録音した証拠を持っていれば、しっかりと交渉して業者が言った通りの換金率を適用してもらえる可能性が高まります。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ