1. TOP
  2. 業者の換金率について
  3. 現金化業者の換金率が変動する理由を徹底調査!
クレジットカード現金化マニュアル

現金化業者の換金率が変動する理由を徹底調査!

クレジットカード現金化を初めて利用する人の中には、クレジットカード現金化がどのようなものであるかよく知らずに利用している人もいます。

そのような人は、知らないがゆえに悪質な現金化業者の言いなりになり、低い換金率で取引をしてしまうこともあります。

このような間違いを起こさないためには、なぜ換金率が変動するのかを正しく知っておき、業者の言い分が正当なものであるかどうかを判断できるようにしておかなければなりません。

クレジットカード現金化口コミ  

クレジットカード現金化とは

換金率変動

すぐに現金が必要になったものの、預金が全くなく、親や友人から借りることもできないという状況を想定した場合、皆さんはどのような方法によって現金を得るでしょうか。

多くの人は、消費者金融からの借り入れを検討することと思います。

たしかに、最近の消費者金融はどこでもスピーディに審査をするようにしていますし、金利などの条件で差がない以上、融資実行までのスピードで他社に差を付けようとしているきらいがあります。

そのため、消費者金融を選択肢にするのはもっともなことです。

しかし消費者金融は、いくらスピーディさを売りにしているとはいえ、申し込めば即座に融資されるようなものではありません。

返済能力のない人に融資を行なえば、消費者金融は回収不能リスクを抱えてしまうことになるため、審査はきちんと行われます。

そのため、スピーディとはいっても午前中に申し込めば当日中に振り込まれるというくらいのものであり、数時間は待つ必要があります。

換金率変動

また、無職である、安定した職業についていない、過去に金融事故を起こした経歴があるなどの理由から、返済能力に疑いがあると判断された場合には、審査に落ちて融資を受けることはできなくなります。

したがって、何時間も待っていられない状況に置かれている人や、審査に通る自信がない人にとっては、消費者金融からの借り入れは選択肢とはなりません。

では、そのような人でもお金を用立てるための方法はあるのでしょうか。

その答えは、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得るという方法であり、本人名義のクレジットカードを持っている人ならば誰でも利用することができます。

手元のクレジットカードを使えば、ショッピング枠の残高の範囲内で消費者金融からの融資よりもかなり速く現金を得ることができ、審査などもないため信用に問題がある人でも可能です。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

換金率が変動する理由

換金率変動

かつてのクレジットカード現金化業者は、店舗を構えて買取方式という方法で現金化を行なっていました。

これは、現金化の利用者にブランド品や家電製品などの中から指定した商品をクレジットカード決済で買わせ、それをさらに現金化業者が買い取ることによって現金化を行うというものです。

現金化業者は、買い取った商品を転売することで利益を得ます。

しかし、インターネットが普及してからというもの、店舗を持たずにインターネット上で運営される現金化業者が増え、今ではそのような業者が主流になっています。

この場合には、買取方式ではなくキャッシュバック方式を採用する業者が多くなるため、今では多くの現金化業者がキャッシュバック方式によって現金化を行なっています。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

キャッシュバック方式とは、業者がオンラインショップでキャッシュバック付き商品を指定し、利用者がそれをクレジットカード決済で購入すると、規定の還元率でのキャッシュバック相当分が利用者に振り込まれるという方式で換金を行なっています。

この時、色々な理由から換金率が変動することになります。

その理由は、以下の通りです。

業者ごとの設定の違い

まず、業者によって換金率は異なります。

これは、大して驚くべきことではありません。一般的な商売にしてもごく普通にあることで、A店の卵とB店の卵ではB店の方が10円安いなどと言うことはよくあることです。

したがって、業者によって換金率は異なるため、換金率の高い業者を選ぶことが大切です。

業者の利益確保

換金率変動

また、換金率は利用する額面によっても異なります。

なぜ額面によって換金率が異なるのかと言えば、業者の利益率が関係しています。

最小の申し込み可能額は1~5万円と設定されていることが多いのですが、このような小口の申し込みと大口の申し込みで換金率を一律に設定してしまうと、業者の利益率は下がってしまうからです。

例えば、全ての申し込みに対して90%の換金率を保証したとしましょう。

この場合、5万円の利用者では業者に5000円の利益が発生し、100万円の利用者では業者に10万円の利益が発生することになります。

100万円の利用ならば十分な利益が確保できますが、1万円の利用の場合にはそれほど利益が得られません。

そして、クレジットカード現金化を利用する人の多くは「あと数万円足りない」という状況に置かれているため、小口の利用が多くなります。

換金率変動

そのため、小口の利用者に対する換金率を下げることで、それなりの利益を確保しなければならないのです。

もし5万円の利用に対して80%の換金率としておけば、業者の利益は1万円となり、90%の場合と比較して2倍の利益が得られることになります。

このような理由から、業者は利用額に応じて換金率が変わるシステムになっているのです。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

クレジットカードの種類の違い

このほか、クレジットカードの種類によっても換金率が異なることがあります。

これは、悪質な場合と、それなりに真っ当な理由から換金率が変わる場合とがあります。

 悪質な場合

悪質な場合とは、クレジットカードの種類によって換金率が異なるとしておき、実際にはどの種類で申し込まれても換金率の引き下げを図るというものです。

例えば、

Visaで申し込まれれば「Visaは審査が厳しいので換金率○%下がります」
JCBで申し込まれても「JCBは審査が厳しいので換金率が○%下がります」
AMEXで申し込まれても「AMEXは審査が厳しいので換金率が○%下がります」
といった説明をして換金率を引き下げるのです。

換金率変動

それでも利用者は緊急にお金を要していることが多く、業者の主張を呑んで低い換金率で現金化をしてしまうことがあります。

悪質業者では、ホームページ上では90%の換金率であるとしておきながら、クレジットカードの種類を理由にして実際には60%や70%の換金率とすることもあるほどです。

真っ当な理由

それなりに真っ当な理由とは、クレジットカードの種類によっては業者のリスクが高くなったり、手間がかかったりすることから、換金率をいくらか引き下げることで手数料を取るというものです。

クレジットカード会社よって決済手数料が違うため、カードの種類によって換金率が変動するのはしょうがないことです。

またよくあるのは、JCBやAMEXを利用した場合に換金率が下がるというものです。

クレジットカード現金化を申し込む人の多くは、Visa、Master、JCBのブランドのいずれかだと思います。

中にはAMEXを持っている人もいるかもしれませんが、それほど多くはないでしょう。

換金率変動

AMEXはワンランク上のクレジットカードであり、年会費は高く審査も厳しく、それなりにステータスが求められます。

そのようなステータスの人ならば、緊急の際には金融機関からの借り入れができる可能性が高いため、わざわざクレジットカード現金化を利用する必要がないのです。

何はともあれ、JCBとAMEXで現金化をしようとした場合、換金率が下がることがあります。

これはなぜかと言えば、現金化業者が利用している決済端末に理由があります。

換金率変動

JCBやAMEXでクレジットカード現金化を行ったとき、キャッシュバック付き商品を購入すると、現金化業者が利用する決済端末の特殊性から、海外のショッピング履歴に計上されることになります。

実際の取引は国内で行われていますが、海外でショッピングをしたことになるのです。

実際には海外で買い物をしていないにもかかわらず、海外で買い物をしたことになっているということは、そこに整合性はありません。

クレジット会社がその気になれば、実際に海外で買い物をしていないということが分かります。

実際にクレジット会社そこまでするかどうかは分かりませんが、理論上は十分に可能です。

つまり、クレジット会社はJCBやAMEXの現金化を調べれば、クレジットカードの使い方がどこかおかしいと悟る事にもなります。

クレジットカード現金化を利用していることが分かれば、利用者に利用停止措置や退会措置などが講じられるほか、現金化業者にも何らかの被害があるかもしれません。

換金率変動

そもそも、クレジットカード現金化は非常にグレーな商売であり、完全に違法ではないものの、解釈によっては違法性を問うことができるものです。

実際に、クレジットカード現金化業者が逮捕されたケースもあります。

そのため、現金化業者としては外部から突っつかれることはできるだけ避けたいことです。

そのため、JCBやAMEXでの利用を受け入れることによって生じるリスクをできるだけ軽減するためにも、現金化業者は対策をしなければならなくなります。

したがって、それ以外のカードでの取引よりも実務上の負担なども大きくなるため、換金率を下げることによって手数料を受け取るようにしているのです。

発行元によって異なる

このほか、発行元によって異なる場合もあるようです。

クレジットカードにはいくつかの限られたブランドがありますが、発行元は様々です。

例えば同じVisaでも、イオンが発行しているもの、セゾンが発行しているもの、三菱UFJ銀行が発行しているもの、ENEOSが発行しているもの、ツタヤが発行しているもの、セブン&アイが発行しているものなど様々です。

換金率変動

この中でも、銀行が発行元になっているクレジットカードであれば、換金率が引き下げられることがあります。

これは、銀行系ではクレジットカード現金化に対する取り締まりが厳しいため、現金化業者としても取り扱うリスクが高まるためです。

このリスクに対応するための手数料を受け取るために、換金率を引き下げるのです。

換金率引き下げに対する対応

では、皆さんがクレジットカード現金化を利用する際、換金率を引き下げると言われた場合にはどうすればよいのでしょうか。

まず、利用額や業者の設定による引き下げ(というよりも変動)は仕方のないことです。

むしろ、利用額や業者の設定による変動を承知の上で申し込んでいるのですから、これは受け入れなければなりません。

換金率変動しかし、カードブランドや発行元による換金率の引き下げには慎重になるべきです。

悪質業者による引き下げ工作であるのか、真っ当な理由による仕方のない引き下げであるのかを判断する必要があるからです。

この判断は難しいものではありません。

何十%も引き下げられるようであれば悪質業者、数%の引き下げであれば真っ当な理由であると判断できます。

大幅な引き下げの場合には、おそらく悪意を持った引き下げであり、全ての申し込みに適当な理由をつけて引き下げようとしている悪質業者であると分かります。

しかし、小幅の引き下げの場合には、業者がリスクへの対処として引き下げを行なっていると判断できるため、仕方のないものとして受け入れることもできるのです。

クレジットカード現金化を利用する時というのは、得てして緊急性があり、業者の言いなりになってしまうことが多いものです。

しかし、業者の言い分を鵜呑みにするのではなく、おかしいかどうかを冷静に考えてから取引をすることが重要です。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ