1. TOP
  2. 自力で出来る!クレジットカードで現金を手に入れる裏ワザ
クレジットカード現金化マニュアル

自力で出来る!クレジットカードで現金を手に入れる裏ワザ

クレジットカードの現金化をするには業者に頼まなければいけないと思っていませんか?

そんなことはありません。

自分でカードを使い現金を手に入れられるのです。

カードで買って、翌日返品

雑誌やインターネットなどで「クレジットカードの現金化」というワードを目にしますが、このサービスについてご存知でしょうか。

誰もが生活をおくる上でどうしても現金が必要になることがありますが、そういった際に非常に役立つものです。

インターネット上にはこういったサービスを行う業者のホームページが数多くありますが、どういったシステムか分からない方も多いことでしょう。

カードで現金を手にする方法は二種類あり、買い取り方式とキャッシュバック方式に分かれます。

買い取り方式とは業者が指定する商品をカードで購入し、それを業者に買い取ってもらうことで現金を手にすることが出来ます。

それに対してキャッシュバック方式はカードで業者指定の商品を購入すると、それに対してキャッシュバックが行われます。

キャッシュバック方式は家電量販店のポイントバックシステムと同様と考えてください。

しかし、カードで現金を手にする方法は業者を利用せずとも自分で行うことが出来ます。

方法はさまざまですが、代表的な方法は返品での現金化です。

これはまず電子マネーにクレジットカードでチャージをします。

そして、その電子マネーで商品を購入した後に返品を行うのです。

これによって100%の額がバックされます。

しかし、正当な理由なく返品することはお店とカード会社に対して迷惑行為になるので、その店自体が使えなくなる可能性もあります。

また、この方法を行う場合、当日に返品をしてはいけません。

当日であればクレジット処理のキャンセルが可能ですので、現金が戻ってきません。

そのため、キャンセル処理が出来なくなる翌日に返品をしましょう。

すでにクレジット処理が完了した状態ですので、現金が戻ってきます。

こういった部分に注意して利用しましょう。

それ以外の方法として金券ショップでの転売があります。

特に東京~大阪間の新幹線の回数券は人気です。

このチケットはプライベートだけでなくビジネスシーンでも利用されているので、シーズンを問わず需要があります。

しかし、この回数券は使用期限がありますので、期限が迫るに連れてその価値が下がってしまうので注意しましょう。

また、現在は金券ショップだけでなくリサイクルショップなどで転売をすることが可能です。

特に多くの方が利用しているのはネットオークションでしょう。

バーゲンなどで安く商品を仕入れてネットオークションで転売することで現金を手にすることが出来ます。

Suicaにカードでチャージして、払い戻し

現在の日本には数多くの交通系ICカードがありますが、中でもSuicaは多くの方に利用されています。

このSuicaはコンビニなどでも使用出来ますが、現金化をすることも出来るのです。

Suicaはビューカードを利用してチャージをすることが出来ますが、これはビューカード以外のカードでは出来ません。

しかし、モバイルSuicaであれば他のクレジットカードでもチャージが可能なのです。

これは携帯電話を利用したサービスですので、モバイルSuicaに対応した携帯電話を用意しましょう。

Suicaにチャージをしたとしても現金化はどのように行うのでしょうか。

それは切符の払い戻しです。

間違って切符を購入したことにして、券売機やみどりの窓口で払い戻しをしてもらいましょう。

これによって現金を手にすることが可能です。

しかも、100%の額が払い戻されるので損をする心配がありません。

しかし、券売機での払い戻しは購入から5分以内で済まさなければなりません。

5分を過ぎてしまったらみどりの窓口で払い戻しをしましょう。

しかし、こういった現金化方法はカード会社に不審がられてしまいます。

こういった行為が続いてしまうとどうなってしまうのでしょうか。

カードを作る際には必ずカード会社の利用規約に同意しなければなりません。

そこには必ず「現金化目的でクレジットカードを使用してはならない」と記載されています。

これはカード会社を問わず記載されているもの。

そのため、こういった行為も該当しますので利用規約に反してしまうのです。

これに対してはペナルティが課され、カードが利用停止になってしまいます。

クレジットカードとはカード会社と利用者の信頼関係によって成り立っているため、規約違反には非常に厳しい対応を行っています。

カード会社は顧客の利用状況をリアルタイムで把握しています。

そのため、少しでも不審なカードの利用があると、カード会社にマークされてしまうのです。

いきなりカードの停止はありませんが、まず電話での確認があります。

これはどのような目的でカードを利用しているかの確認ですが、警告の意味も含まれています。

それでも完全が見られない場合はカードが停止になってしまうのです。

不審なカード利用でもカード会社からマークされますが、キャッシングでもマークされやすくなります。

クレジットカードの多くにはキャッシング機能がついていますが、キャッシングを利用している時点でお金に困っている証拠です。

そのため、キャッシングを利用している方はマークされやすいのです。

プレミア商品で還元率100%

クレジットカードの現金化の方法はさまざまですが、プレミアムアイテムを転売することで現金を手にすることが出来ます。

中には安く手に入れて、それをより高額で転売することも可能です。

現在はネットオークションが発達したこともあり、手軽に私物の売買が可能なのです。

しかし、ここで注意したいのはプレミアアイテムの入手方法です。

これは手に入れる時点でハードルが高く、専門的な知識も求められます。

特に限定アイテムはプレミアになりやすいものですが、早朝から並ぶなどの努力が必要です。

さらに、思わぬものがプレミアアイテムに化けることもあります。

そのため、世の中のブームや流行に敏感でなければなりません。

そのため、プレミアアイテムの転売はハードルが高いでしょう。

プレミアアイテムで無くとも新商品であれば、還元率90%ほどの高額で転売が可能です。

しかし、こういった新商品はあっという間に価値が下がってしまうので、多くの量を買ってしまうと在庫を抱えることになってしまいます。

そのため、そういった流行を捉えなければなりません。

しかし、こういった転売は誰もが出来るわけではありません。

そこで、手軽に現金を手にするのであればクレジットカード現金化業者を利用しましょう。

ところが、中には利用者を騙そうとする悪徳業者が存在するのです。

何より避けなければならないのは、090や080で始まる携帯電話の業者は避けましょう。

こういった業者は実店舗を構えずにインターネット上だけで営業を行っています。

そのため、電話は大切な窓口なのです。

携帯電話は契約も解約も簡単ですので、何かトラブルがあったらすぐに逃げられるようにしているのです。

そのため、いつ問題が起こってもおかしくないような業者ですので、関わってはいけません。

そのほかに、電話番号と同様にホームページも大切な窓口です。

ホームページにアクセスして、どこか安っぽさや手抜きを感じたら要注意です。

ホームページのように大切なものに気を遣わない業者は、雑な営業を行っている証拠。

さらに、現在ホームページを閲覧するのはパソコンだけではありません。

携帯電話やスマートフォンでも閲覧が可能です。

そのため、パソコン用はもちろんのこと、携帯電話用とスマートフォン用のホームページを持った業者を選んでください。

そして、業者に電話をして対応マナーもチェックしましょう。

明らかにマナーの悪い業者は悪徳業者である可能性があります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル