1. TOP
  2. 経営者注目!法人の資金繰りにクレジットカード現金化を活用
クレジットカード現金化マニュアル

経営者注目!法人の資金繰りにクレジットカード現金化を活用

近年、クレジットカード現金化の利用者が急増しています。

多くの人にとって、クレジットカード現金化はあくまでも個人を対象としたものでしかないでしょう。

しかし、クレジットカード現金化は法人カードでも可能であり、会社の資金繰りにも活かすことができます。

本稿では、法人カード現金化の概要、リスク、メリット、活用方法などについて解説していきます。

クレジットカード現金化口コミ

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法のことです。

本稿では、会社の資金繰りのために、法人カードをクレジットカード現金化に活用する方法を紹介していきます。

そこで、まずは前提知識として、クレジットカード現金化とはどのようなものかを紹介していきましょう。

 

クレジットカード現金化の人気が高まっている

本稿をご覧の方の中には、ここ数年で「クレジットカード現金化」というキーワードを聞くようになったという印象を抱いているかもしれません。

それもそのはずで、近年、クレジットカード現金化の利用者が急増しています。

クレジットカード現金化の利用者が増えた背景には、大きく分けて二つの理由が考えられます。

それは、総量規制の施行とインターネットの普及です。

 

総量規制の施行

最も大きな理由は、総量規制の施行です。

総量規制とは、貸金業者に対し、利用者の年収の3分の1以上を貸し付けてはならないとする法律です。

金融庁に貸金業者として登録している業者は違法なことはできないため、これを守る必要が生じました。

それ以前は、消費者金融などの貸金業者は、利用者への貸付けに上限がありませんでした。

このため、利用者の年収から考えて、明らかに返済不能な場合でも貸付け、できるだけ多くの利息収入を計ったり、返済できなくとも強引な回収に出たりすることで、利用者を搾り取ろうとすることもありました。

大手業者の中には、違法な回収で大きな話題になった業者もありました。

そこで、業者の貸しすぎと利用者の借りすぎを防ぐために、年収の3分の1以上は貸してはならないとする総量規制を設けたのです。

これによって、すでに年収の3分の1以上を借りている人は借りられなくなりました。

もちろん、専業主婦や学生といった年収がない人も借りることはできません。

さらに、年収が低い人は借りられる額が少なく、困ることも増えました。

家計の基本は支出を収入の中に収めることであり、国によって借入上限額が返済可能な範囲内に収められることは、一見すると理に適っています。

しかし、そのような理屈はさておき、年収に関わらずとにかくお金が必要な人が一定数いるのも確かなことです。

そのような人達は、どうしてもお金が必要であるにもかかわらず、総量規制によってお金が借りられなくなりました。

その結果、違法営業の闇金業者などに駆けこむ人が増え、これが問題となっています。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金化するもので、現金化業者からお金を借りるものではありません。

したがって、現金化サービスを提供する業者も、利用者の年収を考慮する必要はなく、クレジットカードを持っている人ならば、誰でも利用できる方法となっています。

総量規制でお金を借りられなくなったからと言って、闇金業者に奔ってしまえば、破滅は目に見えています。

そこで、クレジットカード現金化を利用することによって、急場をしのぐ人が増えています。

これは、法人でも同様です。

資金を調達できずに困った会社が、闇金業者などから借りて破滅に陥るケースがありますが、クレジットカード現金化ならばそのようなリスクはありません。

 

インターネットの普及

インターネットの普及も、クレジットカード現金化に拍車をかけています。

といっても、インターネット自体は1990年代末期から2000年代にかけて、かなり普及が進みました。

ここでいう普及とは、「誰もがインターネットの存在を認知し、利用できるようになった」ということではなく、「誰もがインターネットをいつでも、手軽に、好きなだけ利用できるようになった」ということです。

横軸ではなく、縦軸での普及とも言えます。

それをもたらしたのが、スマホの存在です。

代表的スマホであるiPhoneを例にとれば、iPhoneの初代は2007年に発売され、日本でも徐々に浸透していき、iPhone4くらいになると、すでに普及率はかなり高くなったと言えます。

iPhone4の発売は2010年であり、他のスマホと合わせると、多くの人がスマホを所有するようになっており、これが総量規制の時期と見事に一致しています。

スマホの利点は、ガラケー時代のインターネットと比較し、ずっと便利で高性能の環境下でインターネットを利用できることにあります。

クレジットカード現金化にしても、優良業者のスマホサイトが利用できるようになりました。

これによっても、クレジットカード現金化の利用者は急増したと考えられます。

 

クレジットカード現金化のネット化

以上の2点が、クレジットカード現金化業界を大きく変えました。

総量規制の施行によって市場の拡大が始まり、同時にインターネットの普及も決定的になったことで、クレジットカード現金化業界も変化を迫られました。

従来のクレジットカード現金化業者は、大型の駅の近くなどで店舗を構えて営業していました。

今も、そのような業者が日本の代表的な繁華街の周辺に、わずかに残っています。

インターネットが普及していない時代には、オンラインでの利用はあり得ず、クレジットカード現金化をするならば店舗を訪問して行うことになります。

これによって、クレジットカード現金化と店舗の関係は切っても切れないものでした。

しかし、インターネットが普及して以降、クレジットカード現金化業者はネットでの営業が可能となりました。

ネットで営業すれば、店舗エリア以外の全国の人に対して集客することができ、店舗運営費用も掛かりません。

さらに、よりスピーディにサービスを提供できるため、利用者にもメリットがあります。

このことから、インターネットが普及して以降、敢えて店舗で運営する必要性があまりなくなったため、店舗での営業からインターネットでの営業へと切り替える業者が続出しました。

また、新規にインターネットで開業する業者も増え、ネット上には非常に多くの業者が見られるようになりました。

総量規制の施行とインターネットの普及によって、利用者が急増しました。

しかしこれは、法人よりもむしろ個人において顕著であるように思います。

実際、ネット上のコンテンツを見てみても、個人向けのものは多く、法人向けのものはやや少ないように感じます。

しかしこれは、法人向けの利用者が増えていないというわけではありません。

クレジットカード現金化の普及によって、法人の資金繰りに活用されるケースも確実に増えています。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    詳細、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. 買取くん

    業界最高の換金率を誇る買取くん。
    商品発送もメールなのですごく簡単スムーズ!
    他人に知られたくない人にはピッタリのお店♪
    還元率には絶対の自信を持っているようで、
    「還元率を他社より1%でも高くさせていただきます」
    と言いきっています。
    少しでも高く現金化したい人は必ず相談してみてください。
    驚異のリピート率!ご利用者数10万人突破!

    詳細、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

 

クレジットカード現金化のしくみ

では、クレジットカード現金化の仕組みを解説していきましょう。

上記の通り、クレジットカード現金化業者は店舗で営業している業者と、ネット上で営業している業者があります。

この両者は現金化の方式が異なり、店舗型業者は買取方式、ネット型業者はキャッシュバック方式によって現金化を行ないます。

それぞれの方法には、以下のような違いがあります。

 

【買取方式】

買取方式は、以下のような流れで現金化を行ないます。

 

  1. 業者店舗を訪問し、現金化を申し込む。
  2. 業者が、クレジットカード決済で購入すべき商品を指定する(新幹線チケットなどが多い)。
  3. 利用者は一旦店舗を出て、指定商品をクレジットカード決済で購入する。
  4. 再び店舗に持ち込み、商品を買い取ってもらうことで現金化する。

 

店舗型業者の中には、法人歓迎としている業者もあり、買取方式でも法人カードの現金化が可能です。

ただし、店舗に出向く手間や、自分で商品を購入しなければならない手間などから、あまり適していない場合もあります。

ただし、個人よりも法人の方が、買取方式に適している場合もあります。

個人で新幹線チケットを大量購入して現金化すると、クレジットカード会社が怪しんでカードの利用を停止することも考えられます。

しかし法人カードならば、社員の新幹線チケットをまとめ買いすることなどは普通にありますから、現金化を疑われにくいのです。

 

【キャッシュバック方式】

キャッシュバック方式は、以下の流れで行われます。

 

  1. 現金化業者のサイトにアクセスし、利用を申し込む。
  2. 業者から電話連絡を受け、利用の説明などを受ける。
  3. 利用を正式に申し込んだら、業者がオンラインで提供するキャッシュバックつき商品を、クレジットカード決済で購入する。
  4. 購入が確認されたら、キャッシュバック分が振り込まれる。

 

ネット業者のキャッシュバック方式ならば、店舗を訪問したり、商品を自ら買いに行ったりする必要がなく、忙しくても柔軟に利用することが可能です。

また、ネットの優良業者の中には、経費として説明がつきやすいものにキャッシュバックをつけて売り、結果的に現金化してくれる業者もあります。

そのような業者を利用すれば、より安全に現金化することが可能です。

 

個人は、店舗とネットのどちらの業者でも利用可能ですが、法人の場合には、法人向けサービスを提供している業者を選ぶ必要があります。

法人カードの現金化は、金額が大きくなることがあるため、資金力の関係から、中小の業者には対応できない場合もあると思われます。

 

クレジットカード現金化のメリット

ここまで読むと、クレジットカード現金化のメリットが大体分かったと思いますが、ここにまとめておきます。

 

  • 借金ではないため、審査も不要であり、法人でも個人でも誰でも利用できる。
  • ネットの業者を利用すれば、どこからでも、スピーディに利用できる。
  • クレジットカード現金化の利用者は年々増加しており、業界のクリーン化も進んでいる。

 

特に法人向けのメリットもありますが、それは以下に詳述します。

 

クレジットカード現金化のリスクを知る

クレジットカード現金化というものに怪しげな目を向ける人もまだまだ多いのですが、実際に利用者が急増していることは重要な事実です。

それが本当に社会の害悪であるならば、闇金業者や詐欺業者のように社会問題として取り上げられることでしょう。

しかし、クレジットカード現金化に関しては、そのような問題とはみなされていません。

ただし、クレジットカードはメリットばかりで、リスクがないということではありません。

クレジットカード現金化が問題であるとする意見の根拠には色々なものがありますが、主に以下のようなリスクがあることが根拠になっています。

 

一部の悪質業者の存在

問題の大部分を占めるのが、一部の悪質業者の存在です。

クレジットカード現金化は、上記の通りネット化が進んでおり、それが利用者の増加に拍車をかけました。

業者数が増え、業者間の競争が高まったことから、現在では以前に比べて、悪質業者の数はかなり少なくなってきています。

それでも、まだまだ悪質業者の被害は多いです。

なぜ被害が多いのかというと、ひとつには利用者が無知だからです。

クレジットカード現金化に対し、「クレジットカードで現金を作ること」ということくらいしか知らず、悪質な業者が存在することや、悪質な業者の見抜き方などを知らないために、悪質業者を利用してしまうのです。

また、ネット化そのものも悪質業者が絶えない原因になっています。

現金化業者がネットで営業していなかった時代には、現金化サービスを提供するために店舗を構える必要があり、誰でも手を出せる商売ではありませんでした。

ところが、ネットがクレジットカード現金化のスタンダードになったことで、流れが変わりました。

ネットで出店するならば、店舗を契約する費用や店舗運営費用などが掛からず、初期費用も非常に低く抑えられることから、新規参入が容易になったのです。

このことから、闇金業者とクレジットカード現金化業者を兼業する者や、闇金業者からクレジットカード現金化業者に鞍替えする者が現れ、悪質な現金化業者が絶えないのです。

 

違法のリスク

違法のリスクは、個人よりも法人にとってより重視すべきでしょう。

業者側と利用者側の観点から、違法リスクを見てみます。

 

【業者側の違法性】

業者が、クレジットカード現金化を提供しているという行為自体は、景表法という法律の裏付けがあるため、違法にはなりません。

ただし、あまりにも安い換金率・還元率でクレジットカード現金化を提供した業者に対しては、警察が摘発したケースがあります。

しかしこれは、多分に見せしめ的な摘発であり、悪質業者のごく一部が摘発されたにすぎません。

 

【利用者側の違法性】

また、利用者も厳密には横領罪と詐欺罪が適用可能です。

まず横領罪ですが、横領罪とは自分に所有権がないもの(人の財産)を横取りする行為です。

クレジットカード現金化では、ショッピング枠を利用して商品を購入し、それを転売したり、キャッシュバックを受け取ったりして現金を得ます。

店舗型業者で買い取ってもらうならば転売であり、この場合に横領罪が適用されます。

というのも、クレジットカードで購入した商品は、クレジットカード会社に完済するまでは、クレジットカード会社に所有権があるからです。

つまり、自分に所有権がないものを転売に利用していますから、横領罪となります。

しかし、ネットの業者におけるキャッシュバック方式ならば、横領罪にはあたりません。

次に詐欺罪ですが、詐欺罪とは取引相手を欺いて利益を得る行為です。

クレジットカードを作る際には、利用規約に必ずサインしているものですが、その中にはクレジットカード現金化に利用しないことが明記されています。

サインしてカードを作ったということは、クレジットカード現金化を利用しないことを、クレジットカード会社と約束したということです。

しかし、クレジットカード現金化を利用したということは、この契約を守ると言いながらカ-ド会社を欺き、利益を得たことになるため、詐欺罪に当たるのです。

もっとも、個人・法人を問わず、クレジットカード現金化を利用したことで逮捕されたケースはこれまで1件もありません。

業者が違法に問われる可能性があったりなかったり、また利用者は厳密には違法でも逮捕されることがないことなどが、クレジットカード現金化がグレーな取引であると言われる一つの根拠であると言えます。

たとえグレーで逮捕される可能性が極めて低いとしても、法人としては法的リスクをできるだけ避けたいと思うことでしょう。

しかし、ネットのクレジットカード現金化業者を利用すれば、配慮がなされた商品での現金化が可能であり、それを購入してキャッシュバックを受け取ります。

したがって、経費計上が可能な商品を通してクレジットカード現金化を図れば、トラブルを避けられることでしょう。

 

クレジットカード会社の批判

次に、クレジットカード会社の立場からの非難があります。

クレジットカード現金化を利用する人の多くは、上記の通り消費者金融などから借り入れできない個人や、銀行などの金融機関から借りられない法人であり、資金繰りが危険な状態にあります。

クレジットカード会社がクレジットカード現金化を認めると、返済能力が乏しい個人や法人が、クレジットカード現金化を目当てにクレジットカードを作りたがる可能性が高まります。

そうなると、クレジットカード会社が不良債権を抱える可能性も高まるため、クレジットカード現金化を見過ごすわけにはいかず、非難の対象となっているのです。

法人カードを利用する法人と、クレジットカード会社は取引関係にあります。

取引関係にあるクレジットカード会社が嫌う現金化をするということは、万が一の場合に大きく信頼を失うことにもなりかねません。

したがって、法人カード現金化の際にはクレジットカード会社とトラブルにならないよう、配慮の上で現金化すべく、優良業者の利用が必須なのです。

 

自己破産できなくなる(法人カードは関係なし)

これは、法人には関係のないリスクなのですが、経営者の個人カードを現金化し、それを会社に貸し付けるという方法を考えている人もいるでしょうから、解説しておくべきでしょう。

いよいよ借金で首が回らなくなると、自己破産によって再びゼロからスタートするのが効果的です。

しかし、自己破産には免責不許可事由というものがあり、それに該当すると自己破産が認められなくなります。

ギャンブルや浪費などによって作られた借金が代表的なものですが、クレジットカード現金化も免責不許可事由に当ります。

したがって、経営者自身のクレジットカードを現金化し、会社に貸し付けることを考えている人もいると思いますが、そのような人は慎重に現金化すべきです。

優良業者を利用し、クレジットカード現金化だとみなされない形で現金化するように注意しましょう。

一方、法人カードで現金化するならば、このような問題はありません。

個人の自己破産に悪影響があるならば、会社の破産にも悪影響があると思う人もいるでしょうが、クレジットカード現金化によって、会社の破産が認められなくなるということはありません。

会社の破産が認められるのは、支払不能・支払い停止に陥っている場合、債務超過の場合であり、それを満たしているならば、クレジットカード現金化を利用していたかどうかにかかわらず破産申請が可能となります。

 

資金繰り困難な状況で借り入れが厳しい理由

ここからは、会社へ資金を供給してくれる様々な機関の活用について考えていきましょう。

資金繰りが困難なタイミングでは、これらの機関からの資金調達が難しいケースが非常に多いものです。

それを知ることによって、法人とクレジットカード現金化の関係をよりよく理解できます。

 

銀行

ここでは、分かりやすく銀行という書き方をしますが、信用金庫や信用組合なども含めて考えます。

会社が資金繰りのために資金を必要とした際には、多くの場合、銀行から借り入れて用立てることになります。

しかし、銀行も株式会社であり、営利目的で活動しています。

すなわち、預金者から集めたお金を会社に貸付け、元金に利息をプラスして返済してもらうことによって利益を得ているのです。

このため、返済の見込みのある会社でなければ融資しないという特徴があります。

融資期間中に返済が危うくなった場合には、追加融資によって会社を支援することもありますが、基本的には返済がなければ銀行は損失になりますから、融資に慎重になります。

資金繰りが困難になり、何とか資金を調達したいと考えている状態では、銀行はあまり頼りになりません。

資金繰り困難な会社に新規融資することは考えにくいですし、追加融資にも慎重になります。

一歩間違えれば、追加融資どころか回収に動き出す可能性も考えられます。

銀行はあくまでも営利目的であり、融資による利益を求め、貸し倒れによる損失を嫌うものだと十分に認識することが大切です。

 

政府系金融機関

政府系金融機関とは、日本政策金融公庫に代表される、100%政府の出資によって運営されている機関です。

政府系金融機関の目的は、政府の経済政策の推進です。

企業に融資を行うことで経済の活性化を目指しています。

ここが、営利目的の銀行と大きく異なるところであり、融資の判断基準もおのずと異なります。

資金繰りが悪い会社には、銀行は融資しません。

しかし政府系金融機関は、資金繰りが悪い会社であっても、国家の経済のためには支援して良いと判断した場合には、融資してくれる可能性があります。

それでも、融資を簡単に受けられるというわけではありません。

経営者は面談を受け、経営者としての資質を問われますし、経営計画をきちんと説明できなければなりません。

現在の資金繰りに至った理由と対策なども、理路整然と説明できなければ、政府系金融機関は支援の必要はないと判断してしまうかもしれません。

したがって、銀行から融資を受けられなかった会社が政府系金融機関に相談しても、同じく融資は受けられないことも多いです。

 

ノンバンク

ノンバンクは、銀行機能を持っていない貸金業者です。

つまり、預金を受け入れて融資に回すのではなく、融資のための原資を銀行などから借り入れた上で、個人や会社に貸す業者のことです。

皆さんがよく知っている、消費者金融もノンバンクです。

個人でも、銀行などから借りられなかった人は、消費者金融から融資を受けます。

つまりノンバンクは、銀行などで借りられるだけの信用状況にない人の受け皿になっているとも言えます。

法人も同じで、銀行や政府系金融機関などで借りられなかった人は、ノンバンクを頼ることになります。

ノンバンクは高金利であることが特徴であり、15~18%程度の金利を取られます。

したがって、会社の資金繰りを大きく圧迫する恐れがあり、よほどのことでなければ利用するべきではありません。

しかし、どこからも借りることができない会社には、ノンバンクが役立つ場合もあります。

銀行にリスケジュールなどの相談をし、返済猶予を認めてもらい、その上で立て直し資金をノンバンクで調達するなどの方法が考えられます。

とはいえ、ノンバンクは借入額がそれほど大きくはありません。

最大1000万円まで融資可能としているノンバンクは多いですが、それはあくまでも最大値です。

そもそも、信用の低い会社に貸そうとしているのですから、ノンバンクも慎重であり、最初から限度額一杯まで借りられるということはほとんどありません。

場合によっては、50万円や100万円しか借りられず、とても足りないということも考えられます。

さらに、ノンバンクからの借入は信用にマイナスになります。

ノンバンクからの借入がある状態では、銀行融資の審査に通りにくいものなのです。

このことから、ノンバンクは金利が高く、利便性は低く、信用においてもデメリットのある方法です。

 

親族や知人

親族や知人から用立てるという方法も、ないわけではありません。

しかし、親族や知人から借りられる額はそれほど多くはありませんから、資金繰り困難な会社には焼け石に水でしかないでしょう。

親族や知人などからの借入で有効と言えるのは、少人数私募債を発行することです。

これは、簡単に言えば50人未満に社債を発行するものであり、発行手続きも簡単です。

経営者の親族や知人、親しい取引先の人、社員、社員の親族などのように、縁故者に対して発行することになるため、縁故者債とも呼ばれます。

少人数私募債も、年々広く認知されてきていますが、あまり気乗りしない人も多いと思います。

資金繰り困難な状況では、先行きに不安があるものです。

少人数私募債を発行したものの、やはり資金繰りがうまくいかず、社債の償還が不可能になれば、縁故者に多大な迷惑をかけることになるからです。

そうなってしまうと、会社の経営以前の問題になってしまい、その後の人生に大きな禍根を残すことになってしまいます。

 

資産の売却

資産の売却は、会社の持っている資産を売るのですから、どこからか借りてくるわけでもありませんし、会社の状況に関わらず利用可能な方法です。

会社が所有している資産を整理してみると、売れるものがあるかもしれません。

土地や建物などの不動産を売ったり、手形割引によって手形を売ったり、ファクタリングによって売掛債権を売ったり、機械設備をセール&リースバックによって売却して再度リースしたり、色々な方法が考えられます。

ただし、これらの方法は、あくまでも売れる資産を持っている場合です。

会社によっては上記のような資産があまりないという場合もありますし、売却しても十分な資金を得られないということもあります。

さらに、売却しにくい資産であれば、想定していた資金調達ができなかったり、売却までにかなりの時間を要することもあります。

資産の売却は、オフバランス化もかねて是非検討すべきことですが、万能ではないのです。

 

法人カード現金化が資金調達に向いている理由

以上のことから、多くの場合において、資金繰り困難な会社は厳しい状況に置かれることが分かるでしょう。

これに対して、法人カードの現金化はどうでしょうか。

法人カードの現金化は借入ではないため、貸し手が貸し渋ることによって資金を調達できないということはありません。

また、法人カードの枠内で自由に使うことができるため、限度額に悩むこともありません。

さらに、資金調達のスピードでも、クレジットカード現金化は優れています。

銀行や政府系金融機関では、長ければ融資実行までに1ヶ月以上かかることもあります。

ノンバンクは最短即日を謳っていますが、即日で受け入れられた融資は、数十万円程度の小規模な融資になることが多いです。

少人数私募債で調達するためには、受け入れてくれる人を探したり、資料を作成したり、金利や償還期限を決めるために時間がかかります。

資産の売却は、売却する資産にもよりますが、不動産などは手続きにかなり時間のかかることが多いです。

しかしクレジットカード現金化は、借り入れではないために審査がなく、非常にスピーディに資金調達が可能です。

早ければ1時間程度での借り入れも可能でしょう。

ビジネスの現場において、スピーディに資金調達ができるということは非常に大きなメリットであり、これも法人カード現金化をおすすめする理由の一つと言えます。

 

急場をしのぐにはクレジットカード現金化でよい

ただし、クレジットカード現金化にもデメリットがあります。

それは、クレジットカード現金化の手数料は高めだということです。

クレジットカード現金化の還元率は80~90%であり、10~20%の手数料がかかります。

ただし、この還元率は、利用額が大きくなるほど高くなっていくシステムになっています。

法人カードは枠が大きく、数百万円単位での利用になることも多いでしょう。

その場合には、90%以上の還元率で利用可能となることも多く、手数料はかなり抑えることができます。

場合によっては、ファクタリングなどとそれほど変わらないくらいの手数料になることも考えられます。

例えば、あるクレジットカード会社では、法人カードで100万円以上を現金化する場合、94%の還元率で現金化するとしています。

この業者で100万円分の法人カードを現金化すれば、94万円が得られるということです。

その後、クレジットカード会社に対して、利用した100万円の返済をしていきます。

クレジットカード会社に返済するのですから、金利としてはノンバンクとあまり変わらないでしょう。

手数料分だけノンバンクより条件が悪いと言えますが、非常にスピーディであることや、法人カードの枠内で必要なだけ利用できることなどから、ノンバンクよりも優れていると言えます。

ただし、これはあくまでも急場をしのぐための方法だと言えます。

クレジットカード会社への返済は金利が高く、さらに現金化業者に手数料も支払わなければなりません。

ノンバンクが、あくまでも急場しのぎの利用になるのと同様に、法人カードの現金化も急場しのぎに利用すべきでしょう。

銀行や政府系金融機関などで借りられるならば、その方法を利用すべきでしょうし、売るべき資産がある会社であれば、資産を売却したほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化といった方法は、信用状況や時間の問題、資産状況の問題などから、融資や資産売却利用できない会社が利用すべき方法だと言えます。

逆に言えば、そのような会社によっては、クレジットカード現金化がおすすめの方法です。

 

法人カードのクレジットカード現金化はある意味適している

さて、ここまでクレジットカード現金化の概要、法人の利用などについてみてきましたが、法人カードの現金化は、以下の要素によって、ある意味法人に適しているということができます。

主婦などにピッタリのクレジットカード現金化

  1. 商品の郵送がないから家族にバレにくい買取くん

    通常、現金化業者を利用すると必ず商品が家に郵送で届きます。
    しかし買取くんは、あなたのメールアドレスに納品するという方法。
    よって商品が家に届くことがなく、メール添付で届いて取引完了です♪
    主婦など家族にバレたくない人、同居人に知られたくない人にはすごく便利。
    内緒で現金化したいなら買取くんで決まり!
    換金率もかなりイイですよ^^

    詳細、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

 

限度額が大きい

法人向けのクレジットカードは、個人向けのクレジットカードと比較して、多額のショッピング枠が設けられるものです。

個人のクレジットカードならば、年収の少ない人では10~50万円程度であり、年収に比例して100万円以上にもなりますが、それほど多くの枠が設けられることはありません。

これに対して、法人カードでは多額の枠が設けられることが多く、500万円程度の枠が設けられることも珍しくありません。

これは、個人と法人とでショッピング枠の用途を比較した場合、個人よりも法人のほうがまとまった枠を要する機会が多いからです。

したがって、個人カードよりも法人カードの方がショッピング枠が大きくなり、それだけに現金化に利用できる金額も大きいと言えます。

個人のカードではせいぜい数十万円程度しか現金化できないところを、法人カードならば数百万円単位での現金化も可能です。

法人が支出のために現金化を行なう場合、まとまった現金を必要としていることと思います。

法人カードの現金化では、そのニーズを満たすことができるのです。

 

法人特典がある

単に利用の上限額が大きいだけではなく、クレジットカード現金化では還元率が重要となります。

例えば100万円の現金化をする場合、還元率が85%と90%とでは、最終的に手にできる金額に5万円もの差が出ます。

その点、法人カードの現金化にはメリットがあります。

法人カードの現金化に対応している業者の中には、法人特典として還元率が数%プラスされていることが多いからです。

これは、法人カードの現金化には、クレジットカード現金化業者にもメリットがあるからです。

個人が還元率85%で10万円を利用した場合、業者は15%にあたる15000円の手数料を取り、そこから様々な経費やクレジットカード会社への手数料などを支払うため、実際の利益はそれほど多くありません。

しかし、法人が還元率90%で100万円を利用したならば、業者は10%に当たる10万円の手数料を取るため、諸経費を差し引いても多くの利益が残ります。

このようなメリットがあるため、個人よりも法人を還元率を優遇し、利用を促しているのです。

まとまった金額を現金化する法人にとって、より高い還元率で利用できることは大きなメリットとなります。

このほか、現金化業者の中には、一定額以上の利用で特典を適用する業者もあります。

例えば、30万円以上の利用で現金1万円の上乗せといったあんばいです。

法人カードは利用額が大きいため、このような特典が適用されやすいというメリットもあります。

 

スピーディである

個人におけるクレジットカード現金化では、非常にスピーディに現金化が行われることで有名です。

これは、あくまでも少額を現金化するからであって、法人ならばもう少し時間がかかると思っている人も多いのではないでしょうか。

おそらく、個人で利用する消費者金融の審査はスピーディに行われ、法人で利用する銀行などの審査には時間がかかることからくるイメージだと思われます。

しかし、個人・法人を問わず、クレジットカード現金化は非常にスピーディに行われます。

クレジットカード現金化業者のサイトを見ると、「最短5分で現金化」などの宣伝がよく見られますが、これは特に個人向けという但し書きがあるわけでもなく、法人にも適用される業者が多いと考えて良いでしょう。

もっとも、「最短5分」などの文言が見られた際にも、5分で必ず現金化されるとは思わない方が良いでしょう。

このような文言は、あくまでも利用を申し込み、業者とのやり取りがあり、必要な手続きを全て終わらせたことを業者が確認したのちに、5分で現金化されるという場合がほとんどだからです。

したがって、5分で現金化されると書かれていたとしても、実質的には30分や1時間を要することがあります。

それでも、他の資金調達の方法と比較すれば、かなりスピーディだということは間違いありません。

スピードが求められるビジネスの現場では、すぐさま資金を要することもあるでしょう。

数時間の猶予も無いという場合もあると思います。

そのような場合、クレジットカード現金化のスピーディさは大きなメリットとなります。

 

タイミングを問わない

タイミングを問わないことも、法人がクレジットカード現金化を利用するメリットと言えます。

ここでいうタイミングとは、土日祝日や深夜など、金融機能がストップしやすいタイミングのことです。

銀行や日本政策金融公庫などからの借入は、時間がかなりかかりますから、タイミングを問わないという以前の問題です。

資産の現金化も同様です。

ノンバンクはスピーディであることを売りにしていますが、いくらスピーディとはいえ、土日祝日や深夜には対応していません。

その時間は営業時間外であり、審査のしようがないからです。

しかし、クレジットカード現金化は借入ではなく、審査も不要です。

さらに、ネットの業者を利用すれば、年中無休、24時間対応で現金化している業者も多いですから、タイミングを問わずに利用することができます。

ビジネスにはリスクが付きものであり、緊急事態が発生することもあります。

緊急事態が発生し、翌朝までにどうしても現金が必要だという状況に陥った場合、法人カード現金化による資金調達以外には考えられないでしょう。

もっとも、タイミングを問わずに振込対応を受けるためには、インターネットバンキングに対応しているクレジットカード現金化業者を選び、なおかつ自社がインターネット口座を持っている必要があります。

通常の銀行口座などは、銀行の営業時間外には送金が反映されないため、現金化業者側が現金化を受け入れて送金したとしても、翌営業日にならなければ送金は反映されないからです。

また、ネットの業者の中には、「24時間対応」と謳っていても、単にメールやフォームからの受付を24時間受け入れているだけで、実際の現金化は翌営業日の朝一番に行うという業者もあります。

したがって、確実に24時間対応で現金化してくれる業者を選ぶ必要があります。

以上のように、法人カードでクレジットカード現金化をすることには、法人だけが受けられる様々なメリットがあります。

資金調達に困っている会社の強い味方になってくれることでしょう。

また、経営内容がよい会社でも、いつ資金困難に陥るか分からないのが、ビジネスというものです。

これだけメリットのある方法ですから、実際に利用しないにしても、選択肢の一つとして知っておき、利用できる体制を平常時から整えておくことをお勧めします。

 

法人カード現金化の手引き

では、ここからは具体的に、法人カード現金化の手引きを書いていきましょう。

 

法人カードの作り方

まず、法人カードを作っていない会社では、法人カードを作るところから始めます。

法人カードの申し込みは簡単で、クレジットカードを発行している会社の公式サイトにアクセスし、インターネットで申し込み、審査を待つだけです。

三井住友ビジネスカードを例に、流れを確認しておきましょう。

  1. 公式サイトの申込フォームから申し込みを行う。
  2. 申し込み情報を印字した入会申込書が、三井住友カードから送られる。
  3. 申込書に必要事項を記入し、必要書類を同封して返送する。
  4. 三井住友カードで審査を行う。
  5. 審査に問題がなければ、約3週間で法人カードが発行される。

発行会社によって細かい流れは異なりますが、それほど大きく変わることはないでしょう。

なお、申し込みに当って必要となる書類には、以下のようなものがあります。

  • 発行会社が用意した入会申込書
  • 登録時証明書や登記簿謄本のコピー等、法人の確認用書類(発行から6ヶ月以内のもの)
  • 免許証やパスポートのコピーなど、申請代表者(経営者)の本人確認書類
  • 引き落としに利用する法人口座を確認できる書類

また、法人カードは個人カードよりも貸し倒れリスクが高いため、連帯保証人を据えることが必須となっています。

経営者本人や役員クラスの社員が連帯保証人になることが多いです。

法人カードは、個人カードよりも審査が厳しいです。

悪質業者住所調べる

これは、個人に比べて法人の方が経済情勢などの影響から経営状態が悪化しやすく、貸し倒れに陥るリスクも高いからです。

このため、法人カードを作成する際には、経営者個人と会社のステータスが審査の対象となります。

いくつかの目安を挙げるならば、

  • 設立年数(設立から3年以上経過していることが好ましい)
  • 決算内容(黒字決算であることが求められる)
  • 経営者個人の信用状況(過去に滞納や破産を起こしていないこと)

などです。

これらに問題がない場合には、法人カードを作ることが可能です。

クレジットカード現金化を利用する会社は、緊急であるために利用する場合を除くと、多くは他に資金調達方法がないためにクレジットカード現金化を利用しています。

つまり、経営状況が悪化し、融資などを利用できないためにクレジットカード現金化を利用しているのです。

そのような状況に陥ってしまえば、クレジットカード会社は法人カードを発行してくれないでしょう。

したがって、法人カードは、経営状態の良いうちに作っておくことが大切です。

平常時に法人カードを作っておき、非常時に法人カードを現金化できるようにしておきましょう。

 

法人カード現金化の流れ

法人カードの現金化の流れは、個人でのクレジットカード現金化とほとんど変わりません。

以下で流れを確認しておきましょう。

  1. ネットでクレジットカード現金化業者を複数閲覧して比較する(個人の利用条件は業者間で大差ないが、法人カードの現金化の場合、それぞれの業者で特典が異なることが多い。そのため、最も良い条件で現金化できる業者を選ぶ。)
  2. 業者を決めたら、サイト内の申込フォームに入力して申し込む。
  3. 申し込みを確認した業者から、電話などで連絡を受ける。
    利用希望額や条件の詳細などを確認し、正式に申し込む。
  4. 正式に申し込むと、業者からメールが送られてくる。
    メール内にはURLが添付されており、リンクにアクセスすると、業者のオンラインショップが表示される。
  5. 事前に業者から指定されている商品を、オンラインショップでクレジットカード決済にて購入する。
  6. 決済を確認すると、購入した商品に伴うキャッシュバックとして、法人口座に現金が振り込まれる。
  7. 後日、購入した商品が会社に配達される。

以上のような流れとなります。

簡単に言うならば、申し込んだら業者から連絡を受け、希望額や条件などに応じて商品の指定を受け、それを購入することで現金化するということです。

例えば300万円を還元率95%で現金化するならば、95%のキャッシュバック特典が付けられている300万円の商品を購入することで、キャッシュバックとして285万円が振り込まれます。

ただし、上記でも紹介した通り、クレジットカード現金化業者の一部には悪質業者がいるのも事実です。

そのような業者では、高還元率での現金化を謳いながら、実際には様々な名目で手数料を差し引き、最終的な還元率が70%を切ってしまうこともあります。

法人カードで多額のショッピング枠を現金化し、その還元率が70%を切るような事態に陥ってしまうと、会社の経営は大きく圧迫されてしまいます。

クレジットカード現金化を利用するほどに経営状態が悪い会社ならば、悪質業者の詐欺によって倒産ということにもなりかねません。

そのようなことがないように、業者選びは徹底的に行うことが重要です。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    詳細、申込方法、流れを確認 ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. 商品の郵送がない買取くん

    商品の発送方法がメールで行われる買取くん。
    家に商品が届かないので家族にバレたくない人に最適♪
    「お客様の手残りを最優先」と掲げた換金率には定評があります。
    少しでも高い換金率をお望みの方はぜひ相談を!
    はじめてのご利用でも専門スタッフがていねいに説明しますので安心です。

    詳細、申込方法、流れを確認 買取くんのくちコミを確認してみる

 

法人カード現金化の活用方法

以上が、法人カード現金化の利用方法となります。

では、利用方法からさらに一歩進み、活用方法を見ていきましょう。

経営状態が悪く、様々な資金調達が不可能だからこそ法人カード現金化を利用しているならば、何の対策も無く現金化に手を出してはいけません。

クレカ現金化犯罪

会社の経営を立て直す見通しが立たないままでは、法人カード現金化によって手に入れた現金もすぐに尽きてしまい、焼け石に水でしかないからです。

したがって、まずは対策をしっかりと立て、立て直し資金を調達するために法人カード現金化を行なうことが大切です。

例えば、以下のような流れが考えられるでしょう。

 

  1. 銀行への返済が経営を圧迫しているならば、銀行にリスケを相談し、元金返済を猶予してもらうことで支出を大幅に減らす。
    その上で、法人カード現金化で立て直し資金を調達する。
  2. 信頼できる取引先に事情を話し、買掛金の支払いを猶予してもらったり、支払いサイトを長期化してもらったりすることで、支出を先送りする。その間に立て直すべく、法人カード現金化で資金を調達する。
  3. 資産を売却すれば経営を十分に立て直せるものの、資産売却に時間がかかり、その間に資金ショートを起こしそうならば、法人カード現金化によって資金を調達し、資産の売却完了までを凌ぐ。

 

いずれにせよ、このようにしてしっかりと対策を立てた上で現金化することが大切です。

まとめ

本稿では、クレジットカード現金化を法人が利用する場合の概要から、リスクやメリット、実際の活用方法などに至るまで、詳しく解説してきました。

法人カードでのクレジットカード現金化を検討しているならば、本稿の知識をもとにすれば良いでしょう。

大切なことは、法人カード現金化は最善の方法ではないこと、一般的な資金調達が可能ならばそちらを優先すること、その上で難しい場合には法人カードの活用が有効だということです。

そのことを踏まえて、緊急時に法人カード現金化を利用できる体制を整えておけば、多くの会社がその恩恵を受けることができることでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
換金率をアップする   クレジットカード現金化マニュアル
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ