1. TOP
  2. 初めて使うクレカ現金化業者は少額で試してみるべき?
クレジットカード現金化マニュアル

初めて使うクレカ現金化業者は少額で試してみるべき?

クレジットカード現金化は、少額での利用も可能です。

不安な人は、少額で試してみるのも良いと思います。

ただし、その場合には還元率が低くなるため、必ずしも賢い利用方法とは言えません。

不安な場合には少額の利用を

クレカ現金化少額で試す

クレジットカード現金化業者の中には、悪質業者も少なくありません。

見抜くポイントさえ正しく知っていれば、それらを避けて優良業者を選ぶことは、それほど難しくはないのですが、それでも初めて利用する人にとっては不安も大きいと思います。

そのような不安のために、なかなか利用に踏み切れないという人は、少額で試してみるという方法をお勧めします。

クレジットカード現金化では、少額からの利用が可能になっている業者もあります。

多くの業者では10万円程度から受け付けているのですが、中には1万円から利用が可能となっている業者もあります。

したがって、初めての利用で不安という人は、まずは悪質業者をとことん切り捨てた上で、残った業者の中から最低申込金額が小さな業者を選んで、少額での利用を試してみるのが良いでしょう。

少額では還元率が低くなる

クレカ現金化少額で試す

この時に注意したいのが、還元率です。

全ての業者で、利用金額に応じて還元率が変動する仕組みになっており、利用金額が高くなるほど還元率も高くなっています。

このような仕組みになっているのは、考えてみれば当然のことです。

業者は、クレジットカード現金化を行なうためには、クレジットカード決済手数料、振込手数料、商品の送料、消費税、人件費、事務所経費など、色々なコストがかかります。

そのような中で、毎回の申し込みから、着実に利益を上げていかなければなりません。

もし、全ての申し込みに対して一律95%の還元率としていたならばどうなるでしょうか。

100万円の申し込みに対して95%の還元率を適用すれば、業者の取り分は5万円となり、それなりの売上になるといえます。

しかし、クレジットカード現金化を利用する人の多くは、少額の利用を希望しています。希望金額の多くは、10万円~30万円くらいのものでしょう。

全ての申し込みに対して一律95%の還元率を適用するとした場合、10万円の利用ならば業者の取り分は5000円となり、様々な手数料や経費を差し引くと、おそらく赤字になるでしょう。

したがって、利用金額が小さい場合には還元率を引き下げる、例えば10万円の利用に対しては80%の還元率を適用して2万円を売り上げるなど、還元率を利用金額に応じて変動

させることによって、利益を出していく仕組みになっているのです。

そのため、全ての金額で還元率が一定しているような業者は、まともな業者ではないと考えてよいでしょう。

少額での利用はできるだけ避ける

クレカ現金化少額で試す

上記のことから、不安だから試しに少額で使ってみたいという場合には、還元率が低い条件で利用することになりますから、現金化の効率は落ちてしまいます。

試験的に少額で使ってみるというのは悪いことではないのですが、その中でもできるだけ還元率を高めるように工夫すべきです。

もちろん、少額での利用は最初の1回だけに留めておき、2回目以降はできるだけ大きな金額で利用し、現金化の効率を高めるようにした方が良いでしょう。

また、そもそも優良業者を正しく選べるならば、少額で利用する必要はないはずです。

そして、悪質業者は当サイトで解説する方法によって、かなり正確に避けることができます。

もしも、悪質業者だったら困る。だから、最初は最低金額の1万円だけやってみよう。そうすれば、もし悪質業者だった場合にも、被害が小さくなる。

などという人がよく見られますが、それでリスクをコントロールしているような気になっているのです。

しかし、お金を手に入れるために現金化をしており、正しい業者選びの方法はあり、正しく業者を選べば単なるサービスの利用によって現金化が可能であるのに、そこにリスクを認識し、被害額のことを最初から考えて取り組むというのは、論理的に矛盾しています。

クレカ現金化少額で試す

現金化は投資ではないのです。投資ならば、リターンを得るためにリスクも抱え、リスクに応じたリターンが得られます。

もし現金化でリスクを抱え、現金化によって得られる現金をリターンのように捉えているならば、それはおかしなことなのです。

現金化でリスクが発生するのは、口コミを鵜呑みにしたり、現金化業者のランキングサイトを鵜呑みにしたり、業者を比較せずに検索結果の上位の中から適当に選んだり、悪質業者を除外しようと調べたりしなかった場合です。

いわば、リスクを抱えるべくして抱えているのです。

リスクへの対処法はあるのに、それをしていないのです。

例えるならば、スタッドレスタイヤをはけばいいのに、わざわざ雪道をノーマルタイヤで走っているようなものです。

それで、「もし事故を起こしたときに最小限度の被害で済むように、徐行で走ろう」などと考えて、時間もガソリンも無駄にしながら走っているのです。

こんな馬鹿げたことはありません。

中には、スタッドレスタイヤを履いても、それでもなお不安に感じてスピードを十分に落とす人がいるように、十分に悪質業者を選別しながらも、なお少額の利用に留める人もいると思います。

そのような場合には、個人の性格上の問題であり、どこまで対策をしても少額の利用でなければ不安なのですから、そこは少額の利用でも良いでしょう。

しかし、対策方法はきちんとあり、それは別に高度なものでもないのですから、リスクをきちんと取り除いているならば、必ずしも少額利用に留める必要はないと考えたほうが、賢い現金化が可能になるのは間違いありません。

まとめ

クレカ現金化少額で試す

どうしても不安な人にとっては、クレジットカード現金化を最低金額でやってみるというのも良い選択だと思います。

しかし、少額の利用では還元率が低く、現金化の効率は悪くなってしまいます。

ですから、本当に賢く現金化を利用しないならば、きちんと悪質業者を見極めて優良業者を利用し、騙されないことを前提として、できるだけ高い還元率で使った方が良いでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル