1. TOP
  2. 現金化の方法
  3. 業者?自分で?クレジットカードを現金化する方法
クレジットカード現金化マニュアル

業者?自分で?クレジットカードを現金化する方法

クレジットカードのショッピング枠現金化と聞いてもさっぱり意味が分からないという方は多いでしょう。

現金化を専門とする業者もいますが、まずは業者を使わず自分でクレジットカードを現金化する方法をご紹介します。

クレジットカード現金化口コミ  

クレジットカードを現金化する仕組み

自分?業者?クレカ現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化とはその名の通り、クレジットカードに備わっているショッピング枠を現金に換金するという行為になります。

これにより、キャッシング機能が備わっていないクレジットカードでも現金を得ることが可能となりますし、突然現金が必要になったというようなシーンでも重宝できます。

クレジットカード現金化の仕組みは極めて簡単で、ショッピング枠を使って購入したものを転売するだけです。

クレジットカードで商品を購入すると当然現金は必要ありませんよね。

今イチバンお客様から評価されているクレカ現金化サイト♪

  1. トレンドクレカ

    今人気急上昇中のクレジットカード現金化サイト♪
    ベテランスタッフがすごくていねいに接客してくれると評判です^^
    お客様第一主義の営業方針が全スタッフに行き届いていて、
    利用していて気持ちがよくなります♪
    業界最高水準の還元率と、各種キャンペーン適用で、どこの業者よりも手元に残ります!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店♪
    98%!高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    ご利用金額にかかわらず、80%を入金いたします。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

現金で支払う代わりにクレジットカードを利用しているわけですが、これはカード会社がユーザーの代わりに料金を立て替えてくれているのです。

そのため、カードユーザーはお金をその時は支払う必要がありません。

お金が必要になるのは請求がきて以降ですから、商品購入時には現金がなくても大丈夫なのです。

これを逆手にとるのがクレカ現金化です。

購入した商品を質店や買取店、リサイクルショップ、金券ショップなどに売却し、それで現金を得るという裏技になります。

クレジットカード現金化自分でやる方法も簡単です。

先ほどお伝えしたことをすべて自分でやれば良いだけです。

カード購入したものをすぐ転売する、このツーステップです。

自分?業者?クレカ現金化

ただ、損しないように転売するにはそれなりのコツやノウハウが必要となりますから、間違った方法でやってしまうと大損してしまうこともあります。

10000円で購入した商品を5000円で売ってしまったら大損ですよね。

しかし、実際このような失敗をしてしまう方は多いですから、クレジットカードのショッピング枠現金化を行動に移す前に、ある程度の知識やノウハウは得ておいた方が良いでしょう。

《業者えらび》利用者の口コミから比較できるサイト

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

先ほどご紹介した転売先のほか、ネットオークションに出品するという方法もあります。

ネットオークションだとマニアックな商品でも比較的高く売れる傾向にありますから、オークション利用に慣れている方はこちらが良いかもしれません。

ただ、オークションは基本的に日数がかかりますし、商品の発送手間などもかかってしまいます。

しかも、ヤフオクなどの場合は出品手数料も高くついてしまいますから、ケースバイケースで対応しましょう。

アイテムによって高く売れるところとそうでないところがありますから、そのあたりを見極めることも大切です。

クレジットカードのショッピング枠現金化の裏ワザ

自分?業者?クレカ現金化

現金化業者を使った現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化を専門とする業者もいますが、業者に依頼するのはメリットもデメリットもあります。

両方をしっかり理解しているのなら良いですが、メリットしか知らない、デメリットについて詳しくないという方だとあまりオススメできません。

端的に説明すると、業者を利用した場合は現金化までのスピードが非常に速いため、とにかく急ぎで現金が欲しいというシーンでは向いています。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. ジョイフル

    はじめてご利用の方と、他社からのお乗り換えの方に向けたキャンペーンに力を入れているのがジョイフルです。
    「迷ったらジョイフル」と言われるほど定評のある業者ですので、くらべるのが面倒な時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪きっと期待に応えてくれるはず!

    ジョイフルのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  3. エーキャッシュ

    【ご利用者さま10万人突破キャンペーン】
    ご利用金額にかかわらず、換金率は80%です!
    (通常は78%)
    換金率が固定なのはエーキャッシュだけ!
    商品の郵送もありませんので、内緒で現金化したい方にはピッタリ♪
    この機会にぜひご利用を^^

    エーキャッシュのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

しかし、当然向こうもビジネスとしてサービスを提供していますから、手数料として10パーセント以上取られてしまうこともあります。

ただ、クレジットカードの現金化を考えている人は「即金」を必要としているため、すぐに現金が手に入る業者での現金化がベストだったりします。

以下、あまり知られていないクレジットカードのショッピング枠現金化の裏技をご紹介しましょう。

ヤフオクで現金化

自分?業者?クレカ現金化

あまりオススメできる方法ではありませんが、わざわざ商品を転売するのが面倒くさい、業者に依頼するのもイヤという方には試してみる価値があるでしょう。

必要なのはヤフオクのアカウントですが、一つではムリですから二つのアカウントを用意します。

また、同じパソコンではムリですから、一つはパソコン、もう一つはタブレットなどにして分けると良いかもしれません。

やり方は簡単で、一つのアカウントから何かの商品を出品し、それをもう一つのアカウントで落札するというものです。

要するに自作自演オークションということになりますが、こうすると落札したほうのアカウントからヤフー簡単決済を利用することができますから、現金化することが可能となります。

しかし、この方法は手間がかかる割にリスクが高いですし、不自然な決済だとはねられてしまうことも多々あります。

以前は比較的簡単だったのですが、現在は厳しくチェックされていますから難しくなっています。

二つの端末が必要となりますし、登録住所が同じだとアウトです。

あまり実用的ではないかもしれません。

もう一つ裏技をご紹介します。

立て替え払いの現金化

自分?業者?クレカ現金化

これもそこまでオススメできる方法ではありませんが、友人たちと飲み会などに出かけたとき、支払いを自分が買ってでます。

全員から支払い名目で現金を集め、いざ支払うときにはクレジットカードを使って支払います。

こうすることで手元には現金を残すことができますよね。

ただ、この方法だと友人たちに見られないように支払いをしなくてはいけませんし、追求されると面倒なことになるかもしれません。

どうしてわざわざ現金を集めたんだという話になると説明にも苦労するでしょう。

よほどバレない自信があるときだけ使いましょう。

クレジットカード現金化マニュアル   クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化
クレジットカード現金化よくある質問   換金率をアップする
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?

クレカ現金化比較
比較サイトへ