1. TOP
  2. クレジットカードの現金化は合法であるという根拠について
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカードの現金化は合法であるという根拠について

クレジットカード現金化業者の中には、逮捕された業者もあります。

逮捕されたということは違法であり、クレジットカード現金化は危険なのだという見方があります。

実際はどうなのでしょうか。

クレジットカード現金化業者は逮捕されたことがある

クレカ現金化合法か?

クレジットカード現金化が流行しつつある昨今、今こそクレジットカード現金化の法的な部分について、確認しておきたいという人も多くなっているのではないかと思います。

特に、クレジットカード現金化業者には逮捕された業者もあり、「逮捕されたということは、違法行為を行なっていたのであって、やはりクレジットカード現金化は危険なのだ」と考える人もいるでしょう。

逮捕された業者は、出資法違反に問われて逮捕されています。

この業者では、50万円の商品を売り、40万円で買い戻すことによって10万円の利益を得ていたのですが、警察はこれを、

「実質的に貸金業者である」

と認定しました。

貸金業者であると認定されたとき、業者は出資法のくくりの中で営業する必要があるわけですが、40万円を貸し付け、それを利用者が1~2ヶ月後に50万円にして返済した場合、出資法の上限金利を大きく超えてしまうことになります。

だからこそ、出資法違反に問われて逮捕されてしまったのです。

しかし、この事実だけから違法であるか合法であるかを論じることは難しいでしょう。

なぜならば、警察が「実質的に貸金業者である」と認定したから出資法違反であり、それゆえに違法な存在であるとみなすならば、違法か合法かの判断が警察の認定に左右されてしまい、法律が形骸化してしまう恐れがあるからです。

確かに、実質的に貸金業者であると認定され、出資法違反に問われてしまったことは、全面的におかしいとは言い切れない部分もあります。

それでも、警察がこう解釈したから合法、あるいは違法というのではなく、あくまでも合法・違法の捉え方は、法的側面から純粋に考えるべきものです。

クレジットカード現金化は合法である

クレカ現金化合法か?

法的な面から考えた時、クレジットカード現金化業者は合法な存在であるといえます。

そもそも、貸金業者の定義とは何かと言えば、「貸金業を営む業者」のことです。

クレジットカード現金化では、ショッピング枠の現金化を行なっており、クレジットカード現金化業者から利用者に貸し付けているわけではありません。

実際、利用者は現金化に利用した金額を、クレジットカード会社に対して返済していきます。

このことから、クレジットカード現金化業者は、一切お金を貸すという行為をしておらず、これを貸金業であるとみなすのは無理があります。

それでも、警察が敢えて実質的に貸金業者であるとみなしたのは、一種の強硬手段とも考えることができます。

そもそも、警察から見てみれば、悪質な貸金業者も、悪質な現金化業者も同じようなものです。

グレーな業界で活動している業者であり、やや強引な解釈によって逮捕したところで、どこからも非難の声が上がることはありません。

だからこそ、法的に考えて貸金業者ではない業者を、あえて貸金業者として逮捕したところで、疑問の声が投げかけられることはありませんでした。

警察は、このような手段に出ることもある組織だと認識すべきです。

クレカ現金化合法か?

これは、警察を非難しているわけではなく、警察組織は、社会の秩序を守るためには、ブラックやグレーな業界に対してかなり厳しい措置をとることがあるのです。

筆者はヤクザが嫌いですから、それを擁護するわけではありませんが、暴対法というのも良く考えてみればかなり厳しいものです。

それなりに納得のいく禁止事項が色々ある中で、「場所によっては、5人以上集まったら逮捕」というものもあります。

これは、抗争を防ぐためのものなのですが、その地域で、組員が5人でご飯を食べに行っただけでも問答無用で逮捕されてしまうのですから、個人の尊厳を踏みにじる可能性もある、かなり厳しい法律と言えるでしょう。

また、日本国憲法によって保障されている「結社の自由」を制限するものであり、違憲であるとの意見も根強いです。

2011年に逮捕されたクレジットカード現金化業者も、内容を見てみると還元率に問題があったとは思えず、見せしめ逮捕の要素が強かったように思えます。

皆さんがクレジットカード現金化について考える時には、あくまで法的に見たらどうかを中心に据えて考えるべきです。

警察の解釈がどうであるかということは、あくまでも参考程度にとどめて置いた方が良いでしょう。

クレジットカード現金化は、法的に見れば違法性はありません。

合法であるクレジットカード現金化をかさに着て、個人情報やクレジットカード情報を悪用したり、還元率が異常に低い取引を強要したり、詐欺行為を働いたりする悪質業者の存在が問題なのです。

クレジットカード現金化業者の中には優良業者もおり、そのような業者では極めて誠実な取引を行なっています。

警察の解釈はさておき、法的に見れば合法な取引を、誠実な優良業者が行なっているとなれば、そこに危険性がないことは言うまでもありません。

だからこそ、当サイトで繰り返し解説している方法によって、悪質業者と優良業者を的確に見分けていく必要があるのです。

まとめ

クレカ現金化合法か?

クレジットカード現金化業者は、警察から逮捕されることがあり、それによって違法だと感じてしまう人も大勢います。

しかし、警察の見解よりも、純粋に法的に見て合法であるか、違法であるかを考えるべきです。

法的に考えれば、クレジットカード現金化は合法なのです。

優良業者ならば、警察に逮捕されてしまう危険性はかなり低いですし、利用者が逮捕される危険性に至ってはほぼゼロですから、安心して利用することができます。

皆さんも、クレジットカード現金化を利用するときは、優良業者を選ぶということが前提にはなりますが、何の心配もいらないのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル