1. TOP
  2. 現金がないときに現金を作る、クレジットカード現金化の是非
クレジットカード現金化マニュアル

現金がないときに現金を作る、クレジットカード現金化の是非

お金が急に必要になった場合、どうしますか?

現金がないときに現金を作る方法としてクレジットカードの現金化があります。

その是非を見ていきましょう。

クレジットカードのショッピング枠の現金化が社会問題に

現金を作る方法

お金が必要になった場合、大きく分けて二つの考え方があります。

まずは働いて必要な金額を稼ぐという考え、もう一つは金融機関から融資を受けるという考えです。

どちらが正しくてどちらが間違いということはなく、どちらにも特徴がありメリット、デメリットがあります。

今すぐにでも現金が必要、というケースだと金融機関からの融資が早いですが、それほど急ぎでないというケースだと一生懸命働いてお金を貯めたほうが良いでしょう。

また、金融機関と言っても銀行だと審査に時間がかかるうえに審査基準が厳しいため審査に落ちてしまうこともあります。

スピードを重視するのなら消費者金融のキャッシング一択となるでしょう。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法もあります。

現金がないときに現金を作る方法として有名ですし、チャレンジしたことのある方も多いのではないでしょうか。

実は、このクレジットカードのショッピング枠現金化は一種の社会問題にもなっています。

ショッピング枠の現金化はスピーディに現金を得る方法として知られていますし、実際現金化を専門的に行っている業者もあるくらいです。

現金を作る方法

業者を利用した場合、素早く現金化することができますが、手数料として数パーセントを取られてしまいます。

業者を介して100000円を現金化した場合、手元に残るのはだいたい80000円程度です。

引かれた20000円が業者の手数料となります。

しかし、これは計算してみると非常に高い利率となりますから、正直な話大損です。

普通に考えるとあり得ないような年利になりますが、とにかくすぐに現金が必要だと焦っている方はそこまで気に掛けることはありません。

落ち着いてじっくりと計算してみると理解できますが、現金がとにかく必要だからと焦っている状態では普段なら気づくことも気づかないのです。

ショッピング枠を現金化したとしてもそれは自分自身の借金です。

そのお金はどこかから降ってわいたものではなく、ショッピング枠を現金にして融資してもらったのと同じです。

当然返済期日が近づいてきたら返済しなくてはいけませんし、自分の借金を増やしたのと同じことになります。

クレジットカードのショッピング枠現金化にまで手を出してしまう方は既に破綻している方、破たん寸前という方も少なくありません。

自転車操業どころか、もう自転車が壊れて動けない状態です。

傷口をこれ以上広げるようなことはしない方が良いのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の危険性について

現金を作る方法

会社の運転資金が足りないけど銀行は融資してくれない、借金の支払期日が明日までだけどお金がない、冠婚葬祭が立て続けにあったから給料日まで持たないなど、お金が必要になるケースは実にさまざまです。

すぐにでもお金を貸してくれる優しい身内や友人がいれば助けてもらうことができますが、このご時世そのような余裕のある方はそうそういないでしょう。

このような時にクレジットカードのショッピング枠を現金化してしまおう、と考える方が多いですし、実際に急場をしのぐためにクレカショッピング枠を換金しようとする方はたくさんいます。

確かに急場をしのぐことはできるかもしれませんが、クレジットカードのショッピング枠現金化はさまざまなリスクも抱えています。

多くの方はメリットばかりを考えてしまいますが、リスクもあるということをしっかり理解しなくてはなりません。

では、クレジットカードのショッピング枠現金化にはいったいどのようなリスクがあるのかということですが、一つには詐欺や横領といった罪に問われてしまう可能性があるということです。

クレジットカードを利用して商品券などの換金性の高いアイテムを購入し、すぐに質店や金券ショップに転売することで現金化が可能となりますが、この時点で罪に問われてしまう可能性があります。

現金を作る方法

なぜなら、クレジットカードを利用して購入した商品は支払いが終わるまでカード会社の持ち物なのです。

つまり、他人のお金を使って購入したものを勝手に売ってしまった、という状況になります。

クレジットカードを利用するということはカード会社に商品代金を立て替えてもらったということになり、まだアナタの持ち物にはなっていません。

カード会社への返済が終わって初めて所有権があなたに移るのです。

その前に売却してしまうというのは横領にあたる可能性があるのです。

また、カード利用規約で禁止されている転売目的の購入をしていますから、詐欺罪に問われる可能性も出てきます。

カード会社は転売や現金化を禁止していますから、その約束を破ったとなるとカードが利用できなくなります。

また、会員資格を抹消されてしまう上に残債をすべて一括で返済してくださいと迫られるかもしれません。

クレジットカードの現金化を軽い気持ちで行っている方はこのようなリスクについてしっかり理解しているのでしょうか。

クレジットカードが使えなくだけでも困ってしまいますが、残債の一括請求など考えただけでも恐ろしいですよね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル