1. TOP
  2. なぜ?額面以上の金額で売買される商品券が存在するワケ
クレジットカード現金化マニュアル

なぜ?額面以上の金額で売買される商品券が存在するワケ

商品券は通常使える額が決まっています。

しかし、額面以上の金額で売買される商品券が存在するのを知っていますか?

額面以上で売買される商品券

高額売買商品券

商品券は通常使える額が決まっています。

10000円の商品券なら当然一万円分の利用しかできませんし、20000円の商品券なら二万円分しか使うことができません。

そうなると、当然これらの商品券は利用できる額面で販売されているのが普通です。

10000円分しか利用のできないギフトカードがそれ以上の価格で販売されていることはありませんよね。

しかし、インターネット上でいろいろと調べてみると額面以上の価格で商品券が売買されていることは多々あります。

10000円の商品券が11000円程度で売られていることもありますし、それを購入している方もいます。

これはいったいどういう理由なのでしょうか。

額面以上の価格で販売されている商品券を買うような人が果たしているのだろうか、と思ってしまう方もいるでしょう。

というより、ほとんどの方はそう思ってしまいますよね。

10000円分しか使えない商品券を11000円で購入するというのは1000円損するのと同じことです。

小学生の子どもが考えても理解できますし、わざわざそのような割高商品券を購入する必要はありません。

しかし、実際にはこのような額面以上の商品券が売れていますし、敢えてその割高商品券を狙って購入する方もいるのです。

もっとも大きな理由は、クレジットカードで購入できるからです。

高額売買商品券

通常はクレジット商品券購入などはできませんし、街中にある金券ショップなどではクレジットカードの利用ができません。

クレジットカード購入ができるというだけで額面以上の価格で売買されているのです。

では、どうしてクレジットカード購入できるだけで高くなるのかということですが、それにはクレジットカードの現金化が関わってきます。

先ほども言ったようにクレジットカードでは商品券などは通常購入できませんが、商品券は換金率が高いため現金化したい方にとってはのどから手が出るほどほしいアイテムです。

つまり、需要があるからこそ額面以上の価格で販売されているのです。

お金がないのならキャッシングでもすればいいのに、と思ってしまう方もいるかもしれませんが、キャッシングの契約を新たにするには時間もかかってしまいます。

何よりこのご時世消費者金融でもそう簡単にお金を貸してはくれません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠現金化ならすぐに現金を手に入れることができます。

そのため、少々割高になってもクレジットカードで商品券を購入するのです。

クレジットカードで購入した商品券を売るのは違法?

高額売買商品券

クレジットカードで購入した商品券を転売することで現金を得ることができます。

俗にいうクレジットカードのショッピング枠現金化と呼ばれる手法ですが、この手法は古くから存在していましたし、どうしても現金が必要という方の金策、資金調達方法として重宝されてきました。

キャッシングや銀行などから融資を受けるよりも迅速に現金を用立てることが可能となりますし、即金性が高い手法ですからとにかく今すぐお金がいるというケースでは重宝されてきたのです。

また、これからクレジットカードで商品券などを購入して転売し現金を得ようと考えている方もいるかもしれませんが、もっとも気になってしまうのは違法性ではないでしょうか。

いくらお金が欲しいとなっても違法となるとしり込みしてしまいますよね。

違法でもいいからお金が欲しい!と考えてしまう方は既に相当末期症状です。

普通の方は違法となると躊躇してしまうものですし、もしクレカで購入した商品券を転売したらどのようになるのだろう、と考えてしまうものです。

では、実際クレジットカードを使って商品券を購入し、それを金券ショップなどに転売してしまうことに違法性はあるのでしょうか。

高額売買商品券

クレジットカードを使って商品を購入するということの本質を考えてみると理解できると思います。

クレジットカードで商品を購入するというのは、商品の代金をクレジットカード会社が立て替えてくれている状況です。

クレジットカード会社が自分に代わって支払ってくれているため、自分はその場で商品を受け取ることができ、後からお金をクレジットカード会社に支払えばよいということになります。

つまり、商品をクレジットカードで購入したときにはまだその商品は自分のものになっていないということです。

クレカで購入した商品券を転売するというのは、他人の持ち物を許可なく勝手に売ってしまうという行為と同じです。

となるとやはり違法性はありますよね。

詐欺罪や横領罪が成立してしまう可能性があります。

クレジットカード会社は転売目的でのカード利用を禁止していますし、実際このようなことが明るみに出てしまうとこのようなことになってしまう可能性もあります。

そのため、現在ではクレジットカードの現金化をする際にも専門業者を利用することが多くなっています。

キャッシュバック方式と呼ばれる手法を用いる専門業者がたくさんいます。

それだと違法性はほぼないと言われていますから、興味のある方は以下の記事にも目を通してみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル