1. TOP
  2. クレジットカードが不正利用される!?悪質業者の手口と対策

クレジットカードが不正利用される!?悪質業者の手口と対策

悪徳業者について この記事は約 8 分で読めます。
悪質業者手口

クレジットカード現金化の危うさが指摘されることも多い昨今ですが、その中には、クレジットカード現金化業者を利用すると、クレジットカードが不正利用されることがあるという指摘もあります。

これは、一体どういうことなのでしょうか。

本稿では、悪質業者がクレジットカードを不正利用する手口と、対策法について解説していきます。

クレジットカード現金化口コミ

便利な現金化に死角あり

悪質業者手口

当日中にお金が必要になった時、クレジットカード現金化によって資金調達をする人が増えています。

クレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードさえあれば誰でも利用することができるため、消費者金融などから借り入れをするよりも気軽に利用することができ、人気が高まっているのです。

しかし、クレジットカード現金化自体は非常に優れたサービスなのですが、一定数の悪質業者が存在すると言う難点があります。

業者選びを誤り、悪質業者と契約をしてしまった人の中には、詐欺被害に遭った人もいます。

いくつかの被害事例のうち、本稿で取り上げるのはクレジットカードの不正利用です。

つまり、現金化に利用したクレジットカードが不正利用が不正利用されるという被害です。

悪質業者手口

実際に、クレジットカード現金化の取引によって、このような詐欺にあってしまった人は、皆さんが想像している以上に多く、中には刑事事件にまで発展してしまったケースもあります。

このような被害を避けるためには、どのようにすればよいのでしょうか。

基本的には、クレジットカード現金化業者と契約を交わす際には、漫然と契約を交わすのではなく、注意深く契約する必要があります。

とはいっても、どのように注意すればよいのかわからないと言う人も多いことでしょう。

本稿では、クレジットカードの不正利用を防ぐためにも、対処法を説明していこうと思います。

悪質業者を避けよう

悪質業者手口

残念ながら、クレジットカード現金化業界にはまだまだ悪質業者が潜んでいます。

これは、クレジットカード現金化の流行がごく最近のことであり、法律的な整備がなされていないからです。

したがって、警察が積極的に取り締まるということもなく、悪質業者の一斉検挙なども行われた事はありません。

過去にいくつかの逮捕事例はあるものの、まだまだ悪質業者が野放しになっているというのが現状です。

どのような業界にも、悪質業者は多かれ少なかれ存在するものですが、クレジットカード現金化業界においては、悪質業者の比率が高いと言って良いでしょう。

そのため、クレジットカード現金化の際には悪質業者を利用しないということが重要になります。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. キャッシュチェンジ

    いつも笑顔を大切にするキャッシュチェンジは、笑顔になってしまうキャンペーンが充実♪
    ◎新規申し込みで最大3万円プレゼント
    ◎ご友人等の紹介で最大5万円プレゼント
    ◎他社からのお乗り換えキャンペーン実施中
    還元率にも定評があります。ホームページにも、「他業者より還元率を必ず1%でも高く現金化しますのでお気軽にお伝え下さい」と記載されているので、より高い還元率をお求めの方はご相談してみてはいかがでしょうか。

    公式サイトへ

上述の通り、クレジットカード現金化業者の悪質な手口のひとつに、クレジットカードを不正利用をすると言うものがあります。

その他には、利用者と約束していたよりも大幅に換金率を引き下げる、あるいは換金率の引き下げにあった利用者がキャンセルを申し出た時に、高額のキャンセル料を請求して無理矢理利用させる、より悪質な例では、現金化を提供してクレジットカード決済をさせ、お金を振り込まないなどと言う手口もあります。

このように、クレジットカード現金化では悪質業者による被害が相次いでいます。

クレジットカード現金化を満足のいく結果にもっていくためには、ひとえに策失業者を利用しないということが最重要視されることなのです。

クレジットカード不正利用の手口とは?

悪質業者手口

さて、クレジットカードの不正利用とはどのようなものなのでしょうか。

わかりやすく言うならば、クレジットカード現金化を利用した人に対して、その時点ではそれなりに満足のいく換金率を適用し、振り込みもきちんと行うため、利用者はなんら怪しむことなく取引が終わります。

しかし、後日クレジットカード会社から送られてきた利用明細書をみると、全く身に覚えがない請求がなされているのです。

言うまでもなく、これはクレジットカード現金化を利用した際に、クレジットカード情報を現金化業者から抜き取られており、不正利用されたためです。

クレジットカード現金化を利用していること、そして見に覚えのない請求を受けていることを合わせて考えると、悪質業者の利用を原因として、その請求が発生している可能性が高いと考えて良いでしょう。

では、悪質業者の利用が原因であるならば、悪質業者はどのようにして不正利用が行われているのでしょうか。

悪質業者手口

それは、ほとんどの場合、利用者が悪質業者に言われるままクレジットカード情報を提供してしまっていることに原因があります。

これを理解するためには、クレジットカード現金化業者を利用する際の取引の流れを知る必要があります。

クレジットカード現金化業者に申し込みを行うと、現金化業者は身分証明証の提出を求めます。

これは何ら悪質なことではなく、すべての業者が等しく行っていることです。

むしろ、現金化業者にだけではなく、クレジットカードでの支払いを受け入れている全てのお店では、身分証明証の提出を求めて本人確認を行うものです。

これは、クレジットカードの不正利用を防ぐためであり、店舗側に義務付けられていることだからです。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

したがって、クレジットカード現金化業者でも当然の義務として、利用されるクレジットカードが本人名義のものであることを確認するために、身分証明証の確認を行っています。

もし、そのクレジットカードが盗難品などであれば、そこから警察沙汰になること可能性も十分にあります。

クレジットカード現金化業者はグレーゾーンでの営業しているため、警察沙汰になることをできるだけ避けたいと思っていることからも、本人確認を徹底しているのです。

クレジットカード情報は個人情報である

悪質業者手口

ここまでは、すべての業者が等しく行っている事ですが、悪質業者はここで本来必要ではない情報も求めてくることがあります。

クレジットカード現金化において必要となる書類は、手続きの内容から考えても、本人確認書類以外にはないのですが、その時にクレジットカード情報を求めてくることがあります。

つまり、本人確認書類と同様に、クレジットカードの写メも送るように要求してくるのです。

クレジットカード現金化の利用者の多くは、クレジットカード現金化の仕組みをそれほどよく理解せずに利用していることがほとんどであるため、身分証明書を確認されると同時に、クレジットカード情報の提出も求められると、あまり疑わずに提出してしまうケースが多いようです。

しかし、そこから得られたクレジットカード情報をもとに、不正利用が可能となるのです。

真っ当な運営をしている業者なら不正利用はしませんが、悪徳業者は別です。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. スピード対応で評判のキャッシュチェンジ

    月末などの混雑時は、どの業者も振込まで時間がかかるもの。
    でもキャッシュチェンジならスピード対応してくれます!
    お急ぎの方はキャッシュチェンジで決まり^^
    女性限定プランを用意しているなど、女性にも優しいのが特長。
    お客様の笑顔を大切にする真面目なお店です。

    キャッシュチェンジのくちコミを確認してみる

このような被害を未然に防ぐためには、身分証明書以外の書類の提出を求められたときに、基本的には応じないという態度が必要となります。

そもそも、繰り返して言う通り、クレジットカード現金化を利用する際には身分証明書以外には必要となる書類はありません。

クレジットカード情報についても同様です。

悪質業者は、いろいろな理由をつけてクレジットカード情報の提出を求めてくると思います。

例えば、「当社の決済端末と、お客様のクレジットカードの相性確認するために、クレジットカード情報の提出をお願いいたします」などと、もっともらしいことを言って求めてくるのです。

そのように言われれば、疑うことなく提出ししまう人も多いのですが、このような口車に乗せられてはいけません。

クレジットカードに記載されている情報としては、表面にはクレジットカード番号、指名、有効期限、ブランド名などが記載されており、裏面にはセキュリティーコードが記載されています。

悪質業者手口

これらの情報は個人情報であり、そのことについては経済産業省も個人情報保護法の方針の中で、明確に指摘していることです。

したがって、これらのクレジットカード情報は、クレジットカード会社と契約者本人しか知り得ないものであり、第三者は何人たりとも(たとえ家族あろうとも)知ることができないものです。

個人情報保護法でも個人情報に指定されている、クレジットカード情報を要求してくるという事は、その現金化業者の要求は違法になる可能性を秘めているのです。

そのような要求に応じてよいのは、実績のある優良現金化業者だけです。

ですから、業者がどさくさに紛れてクレジットカードの写メなどを求めてきた時は、最新の注意を払ってください。

カードの写真を送らせる現金化業者は、実際に多いのです。

まとめ

悪質業者手口

クレジットカード現金化の際には、悪質業者を決して利用しないことが大切です。

クレジットカード現金化業者の中には、一定数の悪質業者が存在します。

そして、悪質業者の中には、クレジットカード情報を詐取し、不正利用しようとする業者もあります。

このような業者にから被害に遭わないようにするためには、クレジットカード情報を教える際に細心の注意を払う必要があります。

そもそも詐欺業者は、まともな現金化業者を装って、カード情報を得て不正利用しようと企んでいるからです。

そのため、契約の際にクレジットカード情報を求めてきた時点で、かなり注意深く業者を見定めましょう。

いかなる好条件を提示してきたとしても、詐欺業者に引っ掛かってしまってはアウトです。

悪質業者によるクレジットカード不正利用の被害者にならないためにも、クレジットカード情報を渡す際には気をつけましょう。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

悪質業者手口

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ