1. TOP
  2. 旦那のカードや家族カードでも現金化はできるの?
クレジットカード現金化マニュアル

旦那のカードや家族カードでも現金化はできるの?

クレジットカード現金化を利用するためには、本人名義のクレジットカードが必要です。

では、本人名義のカードは持っておらず、家族カードを持っている場合、家族カードを現金化で使うことはできるのでしょうか。

多くの人が使えるクレジットカード現金化

家族カード現金化

クレジットカード現金化は、多くの人にとって利用しやすい方法です。なぜならば、

「本人名義の、ショッピング枠に空きがあるクレジットカードを持っている人ならば、誰でも利用できる」

方法だからです。

どうしてもお金が必要というシチュエーションは、人生に何度かあるものです。

そのような時にも、既に多くの借金をしている人や、失業中の人、専業主婦の人などはお金を借りることができません。

これは、2010年に施行された総量規制という法律によるものです。

この法律は、「貸金業者は、利用者の年収の3分の1までしか貸してはならない」とする法律であり、多重債務に苦しむ人を減らすために作られました。

したがって、安定した収入がある人でも、年収の3分の1まで借りてしまっている人は、それ以上の借入をすることができません。

もちろん、働いておらず収入がない人も、借りることはできません。

家族カード現金化

この結果、どうしてもお金が必要であるにもかかわらず、消費者金融などの貸金業者からお金を借りられない人が出てきました。

当時、業者の貸しすぎによって苦しむ人もたくさんいましたから、ある意味では政府の目論見は当たったといえます。

しかし、それでも「どうしてもお金が必要」と考える人が闇金業者などから借りてしまう事例も増えたため、その意味では失敗だったとも言えるでしょう。

いくらお金が必要だからと言って、闇金に手を出してしまえば大変なことになります。

では、消費者金融などから借りることができず、闇金にも手を出さない場合には、どうすればよいのでしょうか。

そこで活きてくるのが、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は、冒頭で述べた通り、本人名義の、ショッピング枠に空きがあるクレジットカードを持っている人ならば、誰でも利用できる方法です。

もちろん、総量規制によって借りられない人でも、クレジットカードを使って現金を手に入れることができます。

家族のクレジットカードはどうか?

家族カード現金化

しかし、クレジットカードを持っていない人はどうすればよいのでしょうか。

そのような場合には、基本的にはクレジットカード現金化を利用することはできません。

クレジットカード現金化に利用できるクレジットカードは、あくまでも本人名義のものに限られます。

これは、クレジットカード現金化業者は、グレーな業界で営業しているからです。

優良業者も多い一方で悪質業者も多く、過去に逮捕された業者もあるような業界ですから、トラブルを起こしてしまうと摘発されかねません。

そこで、クレジットカードの不正利用による現金化を防ぐために、本人名義以外のクレジットカードは受け付けていないのです。

とはいえ、専業主婦の奥さんが旦那さんのクレジットカードで現金化しようとするなど、家族名義のクレジットカードを使おうとすることもあり、その場合には名義人の同意があれば利用可能となっています。

しかし、奥さんが旦那さんに内緒で利用しようとしているならば難しいでしょう。

なぜならば、クレジットカード現金化を利用するときには、上記のような理由から本人確認を徹底するものであり、クレジットカードの名義と振込口座の名義が一致する必要があるからです。

そのため、「旦那の同意を得ている」としてクレジットカード現金化を利用することはできますが、旦那さんの口座に振り込まれるため、バレる可能性が高いでしょう。

奥さんが旦那さんの口座も完全に管理しているならば、こっそりと利用できるかもしれませんが、どちらにせよ健全な使い方とは言えません。

家族カードはどうか?

家族カード現金化

ならば、家族カードはどうでしょうか。

家族カードは、旦那さんなどがすでにクレジットカードを作っているならばそれと紐づける形で、すぐに作ることができます。

家族ならば誰でも利用できるカードであり、奥さんがクレジットカード現金化を利用する際にも、問題なく利用できます。

振込口座も、家族である奥さん名義の口座を指定することができます。

しかし、これもおそらくバレてしまう方法です。

なぜならば、家族カードを利用した時、その請求は旦那さんにまとめて請求されてしまうからです。

奥さんが請求書など全て管理しているというならば、バレない可能性もあるでしょうが、これも健全な利用方法とは言えません。

したがって、

「家族カードは、家族がクレジットカード現金化を利用するときに使えるものの、本契約者に請求されるため、バレる可能性が高い」

と考えておきましょう。

もし、どうしてもクレジットカード現金化を利用しなければならない状況になったら、隠れてクレジットカード現金化を利用するのではなく、旦那さんに相談したほうが良いでしょう。

そうすれば、相談の結果、消費者金融などから借りてくれるかもしれませんし、何らかの方法でお金を作ってくれるかもしれません。

また、クレジットカード現金化を利用するにしても、旦那さんの了承を得た上で現金化すれば、回りくどいことはしなくて済みます。

まとめ

家族カード現金化

クレジットカード現金化業者は、トラブルを防止するために、本人名義以外のクレジットカードでの現金化を受け付けていません。

自分名義のクレジットカードを持っていない場合には、家族カードを使うという方法もありますが、使ったことは大本のカードの名義人にわかるため、こっそりと使うのは難しいです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル