1. TOP
  2. クレジットカード現金化とは
  3. クレジットカードの現金化とはなんですか?違法なんですか?
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカードの現金化とはなんですか?違法なんですか?

クレジット現金化は、即金を手にするには非常に便利な方法です。

ただ、一般的に「違法なのでは?」と思われているのも事実。

違法なのかそうでないのか、実際はどうなのでしょうか。

クレジット現金化とは

クレカ現金化違法?

突然現金が必要になってしまったらどうすれば良いのでしょうか。

パッと思いつくのは消費者金融のキャッシングですが、現在はクレジット現金化も人気となっています。

雑誌やインターネットの広告で目にするようになりましたが、これはどういったシステムなのでしょうか。

クレジット現金化には二種類の方法があり、ひとつは買い取り方式と呼ばれるものです。

これは業者の指定する商品をクレジットカード決済で購入して、それを買い取ってもらうことで現金を手にする方法です。

もうひとつはキャッシング方式と呼ばれるもので、業者の指定する商品をクレジットカード決済で購入すると、それに対してキャッシュバックが行われます。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. 現金化堂

    85%の換金率が保証されている現金化堂。
    100%ご成約主義をかかげており、お客様の要望に合わせて柔軟に対応してくれるのが特徴です。
    「換金率をもっと良くしてほしい」「振り込みを30分以内にしてほしい」などなど、わがまま言いたい放題です!
    初回利用で現金プレゼントキャンペーンがありますので、併せて利用すればすごい換金率になりますよ!^^

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

これらの方法はどちらもクレジットカードのショッピング枠を利用するものです。

そのため、カード会社に返済をしなければなりません。

基本的に翌月の返済日に一括返済をするものですが、中には現金が間に合わないケースもあるでしょう。

そういった場合はリボ払いや分割払いに変更しましょう。

支払いを複数回にすることで返済を穏やかに出来ます。

しかし、こういった返済方法は金利が発生してしまうので注意しましょう。

クレカ現金化違法?

また、カード会社によってはボーナス一括払いも可能です。

自分のプランに合わせた返済方法を選びましょう。

こういったサービスの申込方法はインターネットから行います。

そのため、まず業者のホームページにアクセスしましょう。

そこに入力フォームがありますので、そちらに住所や氏名を入力してください。

さらに、「連絡の取りやすい時間帯」という項目もありますので、そちらにも入力しましょう。

後日、そこで指定した時間帯にオペレーターから電話連絡があります。

これは本人確認の電話ですので、運転免許証やパスポートなどの身分証明証を用意しておきましょう。

また、何か分からないことがあったら、ここでオペレーターに質問をしておきましょう。

カード停止になりづらい現金化サービス

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

特に「この金額を換金するとどれだけの還元率になるのか」、「いつごろまでに現金が振り込まれるのか」、「手数料は必要なのか」などは非常に重要なポイントです。

これを聞き逃すと大きなトラブルに発展することもありますので、必ず確認しておきましょう。

クレジットカード現金化サービスは審査が行われませんので、家族や職場に知られる心配がありません。

同様のサービスで消費者金融のキャッシングがありますが、審査があるため家族や職場にバレるリスクがあるのです。

違法に当たるの?

クレカ現金化違法?

クレジットカードの現金化というワードをさまざまな場面で目にするようになりましたが、中にはお金に困っていても一歩が踏み出せない方もいることでしょう。

そういった方は「クレジットカードを現金化したら逮捕されるのではないか」と考えているもの。

果たして、クレジット現金化は本当に違法なのでしょうか。

クレジットカード現金化というサービスが登場してから、これまでに利用者が逮捕されたケースはありません。

しかし、クレジット現金化業者が摘発されたケースがあるのです。

この事件によって「クレジットカードの現金化は違法である」というイメージが広まったと考えられます。

この事件では、なぜ業者が摘発されたのでしょうか。

これは「クレジットカードのショッピング枠を利用しているが、実質的に貸金業と同様である」と判断されてしまい、貸金業法に触れたのです。

さらに、この業者は買い取り方式を行っていました。

そのため、この事件以来買い取り方式を行う業者は激減し、現在はキャッシュバック方式がスタンダードとなっています。

クレカ現金化違法?

クレジット現金化において、これまでに利用者が逮捕されたケースはありませんが、必ずしも絶対に安全とは言えません。

クレジットカードを作る際に利用規約に同意をしなければなりませんが、そこには必ず「現金化目的でクレジットカードを使用してはならない」と記載されています。

これはあらゆるクレジットカード会社の利用規約に記載されているものです。

そのため、利用規約に同意を指定ながら現金化をすることは、カード会社に対する詐欺罪に問われる可能性があるのです。

もちろんこれまで詐欺罪で逮捕されたケースはありませんが、クレジットカードの現金化は黒に近いグレーゾーンであることを知っておきましょう。

また、詐欺罪に問われなくとも現金化をすることで、クレジットカード会社からペナルティを課せられることもあるのです。

《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

代表的なペナルティはカードの利用停止です。

カード会社はリアルタイムで顧客のカードの利用状況を把握しており、そこで少しでも不審な使い方をしているとマークされてしまうのです。

いきなりカードが利用停止になることはありませんが、電話での使用目的の確認があります。

ここで止めれば問題ありませんが、それでも現金化をしてしまうとカードが利用停止になってしまうのです。

カードが利用停止になると、カードショッピングが出来なくなるだけでなく、それ以上の現金化も出来なくなってしまいます。

悪徳業者にはNOを!利用のためのマナー

クレカ現金化違法?

いざという時に強い味方となるクレジットカードの現金化ですが、中には利用者を騙そうとする悪徳業者もいるのです。

悪徳業者とはどのような手口で利用者を騙しているのでしょうか。

代表的なものは還元率による詐欺です。

クレジットカードの現金化は還元率によって受け取れる金額が決定されます。

例えば10万円を換金するとして、還元率90%の業者を利用すると受け取れる金額は9万円になりますが、還元率85%の業者で換金をすると8万5000円になってしまいます。

そのため、10万円を換金すると還元率5%の差が5000円の差になってしまうのです。

そのため、還元率は業者選びにおいて非常に重要なポイントです。

しかし、いくら還元率が重要だからといって高い還元率に釣られてはいけません。

中には「還元率98%で換金します」などと謳う業者もありますが、スタンダードな還元率は75%から85%ですので非常に高い数字です。

こういった異常に高い還元率の業者は非常に危険なので避けましょう。

仮にこういった業者で換金をしてしまうと、後々になって手数料を請求されるのです。

そのため、還元率は50%以下になりますので、大きな損と言えるでしょう。

そのほかに悪徳業者の手口として個人情報の転売があります。

個人情報をヤミ金業者に転売をしており、しつこい電話勧誘やダイレクトメールが送られるのです。

ヤミ金業者は法外な金利で貸し付けを行っており、厳しい取り立てがあります。

そのため、ヤミ金業者に絶対に関わってはいけません。

クレカ現金化違法?

そのほかに、個人情報の転売以外の方法でヤミ金業者に誘導する方法もあります。

クレジットカードを換金しようとすると「このクレジットカードは換金出来ないから別のお店を紹介する」と言って、別の業者を紹介するのです。

もちろん紹介された先はヤミ金業者で、厳しい取り立てがあります。

さらに、紹介料をとられることもあるのです。

ほかの業者を紹介されそうになったら注意しましょう。

こういった悪徳業者はどうやって見抜けば良いのでしょうか。

最も大切なポイントは電話番号です。

090や080などの携帯電話で始まる電話番号は非常に危険です。

携帯電話は簡単に契約が出来ますが解約も簡単ですので、何かトラブルが発生したらすぐに逃げられるようにしているのです。

優良業者であればフリーダイヤルの固定電話を用意しています。

そのほかにホームページのデザインに安っぽさや手抜きを感じたら避けましょう。

電話番号やホームページで手をぬく業者は危険です。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ