1. TOP
  2. クレジットカード現金化とは
  3. クレジットカード現金化は還元率に注目
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカード現金化は還元率に注目

普通に暮らしていても時として一定の額の現金は必要になります。

急な出来事でまとまった現金を用意できない時は、還元率が高いことでお得な「クレジットカード現金化」の方法を利用することをおすすめします。

還元率の高いお得なクレジットカード現金化を利用しよう

現金化還元率注目

まだ知名度はそれほどではありませんが、手軽にほとんど時間もかからず現金を手に入れられるサービスとなっています。

このクレジットカードの現金化を行う業者は多数存在します。

その仕組みは簡単で、単にカードを使って業者から商品を購入し、それを業者に買い取ってもらうというだけです。

カードで業者から購入した時点で業者にはカード会社から代金が支払われるので、業者には損失が出ません。

入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者

  1. スピードワン

    入金ベースの換金率で75~83.3%と業界最高水準。
    とにかく入金が早いので急に必要になった時はスピードワン!
    そしてカード利用停止になりづらいのもスピードワン♪
    接客が非常にていねいなのも有名で、親身になって相談に乗ってくれること間違いなし!
    早さと安心でいったら、スピードワンの右に出る業者はいません。

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

  2. エーキャッシュ

    正直運営のエーキャッシュ
    80%の固定換金率を採用している優良店
    98%!、高換金率など、ウソの広告でだまされてしまった人を救いたい…
    そんな経営理念がエーキャッシュにはあります!
    エーキャッシュはウソをつきません。
    入金額で80%です!

    評判、申込方法、流れを確認 公式サイトへ

業者が確実に代金を受け取れる以上、業者とのトラブルも無くて済みますし、手続きも全く簡単に行われます。

一般のカードローンなどとはここが大きく違います。

従来の金融業者のイメージを思い浮かべて不安に思われてる方は安心してご利用ください。

現金化のメリットとデメリットにはどんなことがあるか

現金化還元率注目

まずメリットに関してはなんといってもその高い還元率です。

還元率とは何かというと、業者から購入した商品代金の何割を現金として受け取れるか、という率のことです。

還元率は一般的に85%以上なのでかなりお得なパーセンテージとなっています。

デメリットとしては、返済の支払い期間が長めになるかもしれないという点です。

特にリボ払いを利用した場合は、長期間になるでしょう。

簡単に借りられるという点ではメリットですが、こうしたデメリットもあるのです。

この点を忘れず現金化は賢く計画的に利用しましょう。

クレジットカード現金化の還元率に注目すること

現金化還元率注目

クレジットカード現金化を利用するにあたっては、還元率に注意することが大事です。

還元率は業者によってまちまちなことがあるからです。

また悪質な業者になるとサイト上で謳ってる還元率と実際の取引では異なっていたり、あれこれ理由をつけて費用や手数料として別途金額を差し引こうとする者もいます。

こうした悪質な業者には騙されず、信頼できる業者のみと取引しましょう。

業者選びにあたっては、まずは還元率の数字に注目して比較してみる事です。

還元率は申し込み金額によって変わりやすく、一般的に額が高いほど還元率も高く設定されています。

他にもあまりに高額の申し込みの場合は要相談なことがほとんどです。

またあまりに還元率が高く謳っていたら怪しいと思ったがいいかもしれません。

《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較

  1. 複数業者を比較してかしこくお得に現金化

    【比較項目】
    ・総合的に比較
    ・口コミで比較
    ・還元率で比較
    ・スピードで比較
    ・お客様対応で比較
    ・土日祝日営業で比較
    ・15時以降の振込で比較
    ・キャンペーンで比較

    比較してみる

  2. 〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了

    簡単なフォーム送信だけで最大20社を比較可能。
    換金率で比較したり、送金スピードで比較したり、
    あなたにぴったりな条件の業者を一括で探せる、
    便利なクレカ現金化業者の一括見積もりサイト

    比較してみる

クレジットカードの現金化は、一般の金融業の融資とは異なります。

ショッピング枠を使って普通に買い物し、結果として現金を得るサービスです。

ここに多くのメリットがあるわけです。

しっかりと還元率を調べ上げて、悪質業者に引っかからないようにしましょう。

なぜ還元率の高い業者を選ぶか

現金化還元率注目

還元率は現金化サービスを利用する際にもっとも注目すべきポイントではありますが、業者によってかなりの差があります。

ここで注意したいのは還元率とクレジットカードのキャッシングの金利の違いに関してです。

申し込み金額の差 現金化とキャッシングのどちらが得か

キャッシングでお金を借りると当然ながら金利がつきますが、法律で上限が決められています。

主に以下のようになっています。

10万円未満を貸し出す場合の上限金利 ・・・ 20%

10万円以上100万円未満を貸し出す場合の上限金利 ・・・ 18%

100万円以上を貸し出す場合の上限金利 ・・・ 15%

キャッシングに関して言うと大体の各社平均は17%前後です。

消費者金融などではもっと高くなって平均金利は19%程度です。

現金化還元率注目

消費者金融の広告を見ると『借入利率:4.5%~20% 限度額:500万円まで』などと宣伝されていて、ついつい下限金利ばかり目が行ってしまいます。

しかしこれを見て安易に「低金利だ」と喜ぶのは早計です。

実際に利用してみると分かりますが、この下限金利は貸出し限度額の500万円のケースに適用される数字です。

額が小さい場合はほとんどが20%付近で上下します。

10万円以下だとまず確実に17.8%に近い金利で融資されることになるでしょう。

要するにわれわれ一般人が消費者金融で借りる場合の金利は大体年利18%程度になると考えていたが良いです。

高く設定されている現金化の還元率

現金化還元率注目

クレジットカードの現金化で重要な用語が「還元率(換金率)」です。

これは例えていうと家電量販店やスーパーのポイントカードのキャッシュバックと同じ仕組みです。

もし家電量販店で十万円のテレビを購入したとします。

そしてこれに10%のポイント還元のサービスが付いているなら、1000円分のキャッシュバックがポイントの形で行われます。

クレジットカードの現金化では還元率は様々です。

本サイトでは掲載していませんが、店舗型業者の68%設定などや全国にネット展開する業者だと最低80%の還元率の保証がつくことがあります。

当サイトでは優良業者を中心に紹介していますが、そこでは1万円~10万円の元金で最低88%保証という高い還元率の業者もいるのです。

これに加えて各種お得なキャンペーンが用意されていたり、ネット申し込みをすれば還元率があがるサービスを行う業者も存在します。

現金を手に入れる手段としてはどれがベストか

現金化還元率注目

世の中にお金を借りる手段はいくつかあります。

クレジットカードのキャッシング、消費者金融の融資、ショッピング枠の現金化などです。

この中で一番おすすめできるお得なものはどれなのでしょうか?

ここでクレジットカード現金化を中心に比較し、お金を借りるシュミレーションをしてみましょう。

分かりやすくするために10万円と100万円が必要な場合を例にしてみます。

まずキャッシング一回払いと比べてみましょう。

クレジットカード会社のキャッシングのケース

現金化還元率注目

10万円を一回払い18.0%でキャッシング

→10万円 × 0.18 = 1万8000円

→損金:1万8,000円

100万円を一回払い15.0%でキャッシングする

→100万円 × 0.15 = 15万円

→損金:15万円

10万円キャッシングには損金が1万8000円、100万円だと15万円発生します。

これだけ余分に返済しないといけないのです。

またキャッシングで金額が多い方が金利も低くなるのが一般的です。

消費者金融で借りるケース

現金化還元率注目

10万円の融資

10万円 × 0.20 = 2万円

→損金:2万円

100万円の融資

100万円 × 0.16 = 16万円

→損金:16万円

以上を見て消費者金融の損失は際立っています。

クレジットカードのキャッシングよりも大きい損となります。

ご理解いただけるでしょう。

ここでクレジットカード現金化だとどうなるか見てみましょう。

クレジットカード現金化のケース

現金化還元率注目

10万円を90%の還元率で現金化

→10万円 × 消費税1.08 = 8,000円

→10万円 - 8,000円 - 送料・手数料1,000 = 9万1,000円

→9万1,000円 x 0.90 = 8万1,900円

→損金:1万8,100円

100万円を96%の還元率で現金化

→100万円 × 消費税1.08 = 8万円

→100万円 - 8万円 - 送料・手数料1,000 = 91万9,000円

→91万9,000円 x 0.96 = 88万2,240円

→損金:11万7,760円

いかがでしょう?

クレジットカード現金化の高還元率のメリットがお分かりいただけたと思います。

クレジットカードのキャッシング、消費者金融の融資とで、損金額にかなりの違いが出ます。

現金化還元率注目

ここでのデータで分かるように、クレジット会社によっては少額ならキャッシングが少しだけ有利になることもあります。

しかし額が高額になれば明らかに現金化のメリットの方が大きくなるとお分かりいただけるでしょう。

【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング

  1. トレンドクレカ

    今一番アツいキャンペーンを展開しているトレンドクレカ。
    元々、還元率は良いと評判の業者でしたが、更に更に、現金プレゼントキャンペーンを展開中なんです!
    当サイト限定キャンペーン適用の合言葉「トレンド」を申込時に伝えてください。
    とっても良い還元率でやってくれますよ♪

    トレンドクレカのくちコミを確認してみる 公式サイトへ

  2. 現金化堂

    現金化堂は、お客様がオトクに利用できるための努力を惜しみません。
    今開催中のキャンペーンをご紹介!
    ●ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント
    ●他業者様からのお乗り換えで現金最大30,000円プレゼント
    ●ご紹介してくれた方のご利用で現金最大30,000円プレゼント
    換金率保証サービスと併せて利用すれば最強です!^^

    現金化堂のくちコミを確認してみる 公式サイトへ

盲点となる部分 クレジットカード現金化

比較の数字を見ていて額が不足していると気付かれた方もおられるでしょう。

つまり「希望額は10万円なのに手に入る現金は10万円になってない」。

ここはポイントです。

あくまで商品にキャッシュバックするという形なので、希望額が10万円ならば12万5000円程度の商品を買う必要があります。

購入の元となるショッピング枠さえその額の分あるならば、他の手段よりも一番損金が少なくてすみます。

また他の隠れたメリットがあります。

「クレジット会社のポイント」です。

現金化メリット

あくまで形式はカードによるショッピングです。

そこにはポイントやマイレージなどが付いてくるのです。

これも加算すると損金はさらに減りますよね?

こうした入手できる現金額のメリットに加えて、クレジットカードの現金は即日振込という強みがあります。

突然の出費に対応でき、クレジットカードのキャッシング枠を限界まで使い切っていても、消費者金融に融資を拒否された方でも利用可能なのです。

いわば最後の手段となるものです。

自分の置かれた状況を考えベストなやり方でサービスを利用しましょう。

クレジットカード現金化マニュアル    
自分で現金化したいなら
自力(自分で買って売る)でのクレジットカード現金化をしたいならカンキンマン!


カンキンマンへ