1. TOP
  2. クレジットカード情報を悪用する業者もいるのでご注意を!
クレジットカード現金化マニュアル

クレジットカード情報を悪用する業者もいるのでご注意を!

クレジットカード現金化を利用したところ、悪質業者によってクレジットカードが不正利用されてしまうことがあります。

一体、どのように不正利用されてしまうのでしょうか。

情報を悪用する業者

クレカ情報悪用業者

クレジットカード現金化業者の中には、色々な悪質業者が存在しています。

そのような業者では、当たり前のように個人情報を悪用しています。

利用者の顧客情報をリスト化し、再度利用を促す電話をしつこくかけてくるならばまだ優しい方で、ひどい業者になるとその個人情報を転売することで利益を得ています。

闇金業者その他に情報を転売するのです。

その結果、情報が流出してしまった利用者は、闇金業者をはじめとした怪しい人達からしつこく電話を受けたり、ダイレクトメールを送り付けられたりすることになります。

もっとも、このような被害に遭った時には、電話番号を変えるなどの対処を行えば解決します。

それよりももっとひどいのが、クレジットカード情報を悪用されてしまうケースです。

現金化とクレジットカード情報

クレカ情報悪用業者

クレジットカードは、そのカードの名義人以外は利用できない決まりになっています。

他人がカードを不正に利用することを防ぐためであり、家族でさえも利用は禁止されています。

クレジットカード現金化でも、この決まりは守られています。

クレジットカード現金化業者は、グレーな業界で営業しており、法律に触れてトラブルになることを非常に嫌います。

そのため、クレジットカード現金化を利用する際には、クレジットカード情報もある程度提供することになります。

また、クレジットカード会社では、クレジットカードの保有者の本人確認が適切に行われず、不正利用に至った場合には、カード会社からの支払いが行われない仕組みになっています。

つまり、業者側の売上がなくなってしまうのです。

そのため、本人確認は徹底して行なうようにしており、優良業者であればあるほど、この確認は徹底しています。

したがって、現金化のためには、クレジットカード情報を提供することが必要ですから、どの業者でもそれ自体は問題ありません。

ただ、そこで提供する情報や、提供する業者に問題がある場合があります。

クレジットカード現金化の際には、クレジットカード現金化の画像を送るように求められることがあります。

なぜならば、本人確認のためにカード番号、有効期限、セキュリティコードなどを把握する必要があるからです。

これらの情報は、ネットショップで買い物をする時にも、入力を求められる情報であり、カードの有効性を確認するとともに、本人確認をする意味があります。

それらの情報を電話口で聞いたり、メールなどに記載して送るという方法では、聞き間違いや転記間違いが起こる可能性があるため、カードの写真を送るように求めるのです。

クレジットカードの画像だけでは、クレジットカードを不正利用することはできません。

インターネットショッピングでは、カードが手元になくとも、情報を入力することで買い物ができますが、暗証番号を入力しなければ決済はできないからです。

クレカ情報悪用業者

ただし、中には暗証番号などを聞いてくる業者もいます。

暗証番号を聞かれ、それに答えてしまうと、業者にとってカードを不正利用する条件は整ってしまいます。

「暗証番号なんて教えるわけないじゃん」と思う人も多いでしょうが、実際に国民生活センターに寄せられた相談の中には、そのような事例がいくつもあるのです。

クレジットカードの現金化を利用したら、その時は約束通り振り込まれたんですけど、その後、身に覚えのない請求をショッピング枠いっぱいまで受けたんです。

国民生活センターに相談したら、利用の際に暗証番号を教えていたのが原因らしいといわれました。

よく考えてみたら、業者が利用できる条件、全部教えちゃってるんですよね。馬鹿ですよね。

でも、その情報がそろえばすぐに現金化できるって言われて、その当時、どうしてもすぐにお金が必要だったし、とりあえず教えたんです。

不正利用前だったら、カード会社から業者に支払いもされていないし、カードを止めることもできたと思うんです。

でも、もう使われてます。

業者の電話も通じなくなっていますから、泣き寝入りです。

このような話を、被害者本人から聞いたこともあります。

クレジットカード現金化を利用する人は、何らかの切羽詰まった理由を抱えているケースが多いため、業者から煽られるようにして教えてしまったり、恫喝されて教えてしまったりすることがあるのです。

暗証番号を教えなくても悪用されるかも

クレカ情報悪用業者

また、暗証番号を聞いていなかったとしても、悪質業者にクレジットカード情報を不正利用される可能性があります。

というのも、現金化利用者の中には、暗証番号を「0000」などの簡単なものに設定していたり、自分の生年月日などの個人情報から特定可能な暗証番号に設定していることがあるからです。

したがって、暗証番号以外の色々なクレジットカード情報を受け取った悪質業者の中には、個人情報から考えられる様々な暗証番号を試してみて、暗証番号を特定し、不正利用することがあるのです。

そのため、暗証番号を聞いてこない業者ならば、絶対に安全とは言い切れないのです。

暗証番号以外は多くの業者が聞いてくる情報であり、教えなければ現金化はできません。

しかし、その情報をもとに不正利用してくる可能性があるのですから、暗証番号を聞かれなくとも、十分に注意する必要があります。

暗証番号を教えず、特定不可能なランダムな暗号に設定しているならば、不正利用をされる可能性はかなり低くなるでしょう。

したがって、当サイトでお教えしている方法をもとに悪質業者を除外していき、暗証番号を要求してくる業者は避け、さらに暗証番号が誰にも特定されないものならば、不正利用の心配はほとんどありません。

不正利用されたらおしまい

クレカ情報悪用業者

不正利用されてしまった場合には、泣き寝入りする可能性が高いです。

そのような業者は、日常的に不正利用を繰り返しており、被害者が本格的に動いた時の対策を常に考えています。

もし、被害者が警察に相談し、クレジットカード会社に情報を照会すれば、提携している悪質業者情報はすぐに特定できますから、警察が捜査に乗り出してきます。

そこで、すぐに移転できるようにマンションの一室で営業していたり、事業に関わる様々な名義を虚偽のものにしたり、振込口座は第三者の口座を買い取って使っていたり、簡単には捕まらない対策をしています。

したがって、被害者が訴えたところで、業者が捕まらない可能性は高いですし、訴えたことによって現金化をしたことがバレてしまえば、カード会社はカードの利用停止と一括返済を求めてくる可能性があります。

普通に利用して不正利用の被害に遭った場合には、クレジットカード会社が全額補償してくれます。

これは、クレジットカードにはあらかじめ、盗難保険が付帯しているからです。

しかし、クレジットカード会社の利用規約違反を犯した結果として不正利用に遭っていたならば、この補償も受けられないでしょう。

補償が受けられず、業者が捕まるとは限らず、一括返済を求められるのですから、泣き寝入りしたほうがマシなのです。

まとめ

クレカ情報悪用業者

クレジットカード現金化業者から、クレジットカード情報を求められると、怪しい感じがしてしまうかもしれません。

クレジットカード番号は、普通は人に教えるものではありませんし、それによって買い物ができるカードなのですから、心配もするでしょう。

しかし、お店で普通に買い物をする時、クレジットカードで決済する場合には、決済端末にカードを通します。

これによって、店舗にクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードといった情報を提供しています。

現金化業者からクレジットカード情報を求められるのも、これと大差ありません。

しかし、色々と聞いていく中で、どさくさ紛れに暗証番号まで聞いてくる業者もあり、それを教えてしまうと不正利用される可能性が極めて高いです。

また、特定されやすい暗証番号に設定している場合にも、不正利用の可能性があります。

皆さんは、現金化の際にクレジットカード情報を提供するとき、それを機密情報として適正に管理してくれる優良業者を利用することを心がけてください。

それさえできれば、クレジットカードを不正利用される心配はほとんどありません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  
クレジットカード現金化マニュアル