1. TOP
  2. クレジットカード現金化には手数料が必要なのは当然です

クレジットカード現金化には手数料が必要なのは当然です

クレカ現金化手数料必要

クレジットカード現金化では、ホームページに記載されている還元率は表面的なものです。

そこから手数料が差し引かれるため、実質的な還元率は下がります。

正しい手数料とそうでない手数料を見分ける力が必要です。

クレジットカード現金化口コミ

実質的な還元率を考える

クレカ現金化手数料必要

クレジットカード現金化を利用する際には、還元率を比較し、良心的な数値を表示している業者を利用するべきです。

10万円の利用に対して70~80%程度の還元率が大体の相場であり、この場合、利用者は7~8万円程度を受け取ることができます。

しかし、実際に業者のホームページで還元率を見てみると、10万円程度の利用で70~80%の還元率になっている業者はありません。

多くの場合、85%~90%程度の設定になっています。

これは、解釈が多少厄介です。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. 買取くん

    自宅に商品が届かないという、画期的な手法を取り入れている買取くん。
    商品は電子商材がメールで届くだけなので、スムーズに取引が完了。
    主婦の方など、現金化で購入した物が家に届いてはまずい人にピッタリのお店。
    女性限定のキャンペーンも行っており、女性のためのお店と言えます。

    公式サイトへ

業者としては、できるだけ還元率を高く表示し、利用者が多くの現金を受け取れるように見せることで、利用を促したいと考えています。

しかし、ここに表示されている還元率がそのまま適用すると考えてはなりません。

なぜならば、表示されているのはあくまでも表面的な数値であり、実質的な還元率はもっと低いからです。

クレカ現金化手数料必要

例えば、1~10万円の利用では90%の還元率と表示している業者があります。

これを見た時、クレジットカード現金化を体験したことがない人は、10万円の利用では9万円の現金を受け取れるのだと考えるでしょう。

しかし、ここから色々な手数料が差し引かれた結果、利用者が受け取れる現金は70~80%程度になるのです。

良くて80%、普通は70%台前半といったところでしょうか。

それでも、悪質業者を利用した場合には、最終的な還元率が70%を下回ることが多く、中には50%も受け取れなかったという事例もあるようですから、70~80%の実質還元率であれば、優良業者と考えることもできるでしょう。

このように考えると、業者ホームページに書かれてある還元率も理解できると思います。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

業者ホームページに、1~10万円の利用では還元率が90%と書かれていたならば、それは業者側から見た時、取り分が10%になるということです。

しかし、利用者側から見た時には、利用額の90%を丸ごと受け取れるわけではなく、色々な手数料が差し引かれていきます。

業者ホームページで「還元率」というキーワードを見た時、利用者は「利用の際に還元される現金の割合」だと考えますし、普通ならばその考え方で間違いありません。

しかし、クレジットカード現金化の場合には、「還元率を適用した金額-手数料=受け取れる現金」だと考えてください。

手数料って何なの?

クレカ現金化手数料必要

ここで気になるのが、手数料の内訳です。

これは、業者にきちんと確認しなければ、手数料として一括りにまとめられ、本来必要な手数料よりも多く取られてしまうため、業者にきちんと確認すべきです。

利用説明の際には、

「還元率は90%で、そこから手数料などが差し引かれたものが支払われます。」

などと言ってくると思いますが、そこで「わかりました。」といって流すのではなく、

「手数料の内訳と金額を教えていただけますか?」

と聞いておくと間違いありません。

そこで業者が挙げた手数料のうち、おかしなものがなければ、それは差し引かれても問題ないものですが、悪質業者の場合には、意味不明な手数料を課していることがあります。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. 商品の郵送がない買取くん

    「とにかく、家族だけにはバレたくない」という人は買取くんを要チェック。
    商品は、PDFデータなどの電子商材が電子メールで送られてくるだけです。
    「現金化した商品が届いてしまう…」そんな心配は無用のお店ですよ♪
    女性向けのキャンペーンも充実し、一番女性にやさしいかもしれないですね。

    買取くんのくちコミを確認してみる

実際に差し引かれる手数料のうち、健全なものは以下の通りです。

送料→現金化にあたって購入した商品を送る際の送料。通常のネットショップでは、高くても1500円程度。

振込手数料→還元率に応じた現金を振り込む際の手数料。振り込む金額と銀行によって手数料は異なるが、大体数百円程度。

決済手数料→クレジットカード決済に当って、店舗がクレジットカード会社に支払う手数料。通常4~7%程度。この手数料は、一般的には店舗側が売上の中から負担するものだが、クレジットカード現金化業者では利用者負担とするのが普通。

消費税→現金化にあたって購入した商品にかかる8%の消費税。

普通に考えれば、10万円の現金化にあたって、業者サイトで10万円分の商品を購入したならば、その10万円の中に消費税が含まれているべきであり、現金化の際に差し引くことは流れ的におかしいが、普通は差し引かれる。

これらを見た時、業者が表示している還元率から、これらが手数料として差し引かれるのは当たり前だとわかるでしょう。

クレカ現金化手数料必要

もし、10万円の利用で90%の還元率に設定し、これらの手数料を利用者負担として差し引かなかった場合にはどうなるでしょうか。

その場合、

10万円[利用額]-(10万円×90%)[利用者に支払う金額]-1500円[送料]-500円[振込手数料]-(10万円×5%)[決済手数料]-(10万円×8%)[消費税]=-5000円

となってしまいます。

つまり、クレジットカード現金化業者は、現金化サービスを提供することによって、5000円の赤字になってしまうのです。

慈善事業ではないのですから、そんなことはありえません。

そこで、上記の手数料を利用者負担とすることで、業者は1万円の売上をキープするのです。

その場合の利用者の取り分は、還元率90%適用後に手数料が差し引かれるため、

(10万円×90%)[利用者に支払う金額]-1500円[送料]-500円[振込手数料]-(10万円×5%)[決済手数料]-(10万円×8%)[消費税]=7万5000円

となります。つまり、ホームページに記載された還元率は90%であっても、実質的な還元率は75%になるということです。

もちろん、送料を低く抑えたり、決済手数料を低く抑えたりすることによって、還元率を高める工夫をしている優良業者もあります。

それでも、10万円利用での実質還元率は80%程度が限界でしょう。

効率よく現金化するためには、できるだけ大きな金額を一度で現金化することが重要です。

例えば、ある現金化業者では、100万円の利用の場合には、還元率96%としています。

この時の利用者の取り分を上記の試算と同様の条件で計算してみると、

(100万円×96%)[利用者に支払う金額]-1500円[送料]-500円[振込手数料]-(100万円×5%)[決済手数料]-(100万円×8%)[消費税]=82万8000円

となり、実質還元率は82.8%となります。

意外に低い還元率になることに驚いた人もいるかもしれませんが、これが現実的な数字なのです。

消費税を負担してくれる業者もあるとの情報もあり、消費税分が差し引かれなければ、利用者は非常に助かるのですが、これは期待できないでしょう。

なぜならば業者が消費税を負担する場合、業者側の損益分岐点は還元率92%のときであり、それを超えれば消費税だけで業者の赤字になってしまうからです。

例えば、100万円利用で業者の提供する還元率が93%であり、消費税まで負担するとなると、業者は7%に当たる7万円を業者の取り分とした後に、8%に当たる8万円を消費税として支払い、1万円の赤字になってしまうのです。

このようなわけで、クレジットカード現金化での実質的な還元率は、業者ホームページに記載されている数値よりも低くなると考えてください。

その中で、できるだけ良心的な還元率と差引手数料を設定している業者を選ぶことが大切なのです。

悪質業者は手数料がえげつない

クレカ現金化手数料必要

クレジットカード現金化は、まだまだグレーな業界であり、現金化業者の中には悪質業者も多いです。

悪質業者の特徴の一つに、表面的には高還元率を装っておきながら、実際に利用した際に差し引く手数料の額が非常に高くなっているということです。

例えば、10万円利用で95%の還元率を提供している業者があったとします。

高還元率だと思ってその業者を利用したところ、手数料の内訳を知らせずに5万円を振り込み、

「還元率95%なら4万5000円足りないと思うんですが・・・」

などと連絡すると、

「ああ、ウチは手数料45%ですから。」

などと言ってくるのです。

普通に請求されるべき手数料を差し引いた場合よりもずっと割高な手数料を、有無を言わせずに差し引き、勝手に振り込んでくるのです。

この「勝手に振り込む」という行為は、悪質業者の手口だと考えてください。

闇金業者にも同様の手口があります。多重債務者の名簿などから利用者の口座情報を掴むと、勝手にお金を振り込むのです。

お金に困っている利用者は、それが得体のしれない振り込みであっても、ついつい利用してしまうものです。

そして、利息が雪だるま式に増えた頃に、恫喝の電話をかけてくるというわけです。

クレジットカード現金化業者の悪質業者でも、勝手に振り込んでしまうことで強引に現金化を完了しようとする業者がいるということです。

他にも、手数料の内訳を聞いたところ、送料、振込手数料、決済手数料、消費税といったまともな手数料以外にも差し引いてくることがあります。

「審査手数料」などという名目が代表的なものです。

利用者としては、クレジットカード関連の取引をしていますし、一旦申し込むと、どこかに「これで本当に現金化できるのかな?」といった“結果待ち”のような気分になってくるものです。

ですから、手数料に「審査手数料」などの名目が含まれていても、疑わない人が多いです。

しかし、クレジットカード現金化は、あくまでも業者提供の商品をクレジットカードで購入し、代金の一部を還元するという取引です。

審査が必要になるタイミングはどこにもないのです。

これで審査が必要になるというならば、Amazonでクレジットカード決済をした際に、「クレジットカード決済にともなう審査手数料」などの名目で、手数料を請求されているようなものです。

そのような手数料は、見たことも聞いたこともないでしょう。

しかし、悪質業者はそのような手数料を平気で請求してきます。

クレカ現金化手数料必要

それに加えて、他の手数料もおかしなところがたくさんあります。

例えば、10万円利用で95%の還元率となっている業者に申し込み、手数料の内訳を聞いてみると、

「あー手数料ですね。振込手数料、送料、決済手数料、消費税、審査手数料になってます。」

といった曖昧な形で伝え、詳細は伏せてきます。全体で大幅な手数料を取っていることが分かると利用しなくなるため、ぼやっと伝えておきたいのです。

そこで、詳しい金額を聞こうとすると、沈黙したり、「ホームページを見てください」と言ってきたり、「別途必要な手数料はありません」などと言ってきます。

そのような業者ならば、利用しない方が賢明です。

「別途必要な手数料はない」と言われれば、利用者には好都合にも思えますが、上記の計算の通り、手数料を負担すれば業者は赤字になってしまいますから、そんなことはありえません。

したがって、業者を利用するときには、

「手数料の内訳はどうなっていますか?それぞれの金額も教えてください。」

と聞き、業者が教えてくれた金額を含めて計算したうえで、

「では、最終的に振り込まれる金額は〇〇円ということで間違いないですね?」

と聞き、「間違いないです」という確約を取ってください。

このときの内容は、録音しておくとなお良いでしょう。

業者が勝手に差し引いた金額を振り込んできたときにクレームをつけると、「そんなことは言っていない」と言い出すことがありますから、その際に「録音しているから確実だ」と責めることができるからです。

もっとも、業者も警察とのトラブルは避けたいものですから、利用者がここまで慎重になれば、悪質業者も面倒な客だと思い、利用に至らないと思います。

「不安なら別の業者を使ってください」とかなんとか、言ってくることの方が多いと思います。

なお、手数料を聞いた時に曖昧なことしか言わなかったり、手数料が高いことが分かったりした時、「手数料がよく分からないので使いません」「手数料が高いので使いません」などと言うと、キャンセル料を請求してくる業者もいます。

しかし、まだ説明を聞いている段階でキャンセル料が発生することはありませんから、そのような電話は切ってしまい、折り返し電話があっても無視しておいて構いません。

まとめ

クレカ現金化手数料必要

手数料が差し引かれ、ホームページに記載されている還元率よりも低くなることに驚いた人もいると思います。

しかし、詳しい計算を見れば、業者が手数料を負担すれば赤字になるため、利用者負担になるのが当たり前だということが分かるでしょう。

表示と違うなんて悪質だという意見もあるでしょう。

しかし、解釈次第でどうにでもなるような記載というのは、クレジットカード現金化だけではなく、社会的にまともと思われている場所でも、しばしば目にすることです。厚生労働省が安全を保証している食品でさえ、解釈によっては発がん性物質になるのですから。

ですから、大切なのは利用者が賢くなることです。

クレジットカード現金化でも、還元率適用後に手数料が差し引かれるという仕組みを前提として、より賢い使い方を追求していけば、何の問題もなく利用できるものなのです。

そのような利用のためにも、皆さんには当サイトを通して、正しい知識と利用方法を身に着けてほしいと思っています。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

クレカ現金化手数料必要

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ