1. TOP
  2. クレジットカード現金化の手軽さには気をつけて!

クレジットカード現金化の手軽さには気をつけて!

メリット・デメリット この記事は約 9 分で読めます。
クレカ現金化手軽さが仇に

クレジットカード現金化は、自分名義のクレジットカードさえあれば現金が作れるため、非常に手軽な方法です。

しかし、その手軽さゆえに悪質業者に引っかかったり、使いすぎてしまったりすることもあります。

クレジットカード現金化口コミ

お金を作る方法は色々だがストレスだ

クレカ現金化手軽さが仇に

クレジットカード現金化は、非常に手軽な方法として知られています。

普通、お金のない人がどうにかしてお金を作ろうと考えた場合には、家族や友人に頼んでお金を借りる、持っているものを売り払う、消費者金融などから融資を受けるなどの方法が考えられます。

しかし、想像すれば分かる通り、これらの方法はどれも簡単な方法ではありません。

クレジットカード現金化サイトランキング

  1. ジョイフル

    ジョイフルは、「お客様の満足を第一に考え、 質の高いサービスの提供」という理念で運営されています。
    その姿勢が評価され、昨年のリピーター率は、なんと87%!
    10人に8人以上のお客様が、2回目以降もジョイフルを選んでいるということです。
    初回利用者、他業者からのお乗り換えで、現金最大30,000円のプレゼント!
    この機会をお見逃しなく!

    公式サイトへ

  2. 買取くん

    自宅に商品が届かないという、画期的な手法を取り入れている買取くん。
    商品は電子商材がメールで届くだけなので、スムーズに取引が完了。
    主婦の方など、現金化で購入した物が家に届いてはまずい人にピッタリのお店。
    女性限定のキャンペーンも行っており、女性のためのお店と言えます。

    公式サイトへ

家族や友人から借りる

家族や友人からお金を借りる時、精神的なストレスは大きいでしょう。

家族にしろ友人にしろ、お金を借りて返せなかった場合には、家族や友人といった身近な人に害を加えることになってしまいます。

信頼を損なうこともあるでしょう。家族でもそうなのですから、友人ならばなおさらです。

また、きちんと返済するにしても、お金を貸してほしいといわれて良い気がする人はあまりいないものですし、関係に傷がつくこともあります。

ですから、お金を貸してほしいと思った時、頼み方には非常に気を遣うものですし、万が一返せなかったら・・・と考えると不安でたまらないことでしょう。

持っているものを売る

持っているものを売るならば、誰かに迷惑をかけることではありませんから、それなりに楽な方法です。

しかし、買取業者というものは、往々にしてできるだけ安く買いたたこうとするものです。

これまで集めて来たコレクション、ゲームソフトやDVDや漫画、ブランド品などを売ったとしても、自分の思い入れや期待とは裏腹に、「たったこれだけ」と思う現金しか得られないのが普通です。

それだけに、必要な現金を全て用立てられないこともあるでしょうし、なによりみじめな気持ちになります。

お金がないために売らなければならず、自分の大切にしていたものを業者に買いたたかれ、置かれている状況が悪いために提示された買取価格を呑まなければならない・・・これは非常に悔しいことです。

現金化業者の口コミや評判を調べてますか?

  1. クレジットカード現金化の口コミと評判まとめ

    厳選した優良店5店舗をご紹介。
    ・お客様の声
    ・換金率
    ・振込スピード
    ・接客対応
    ・土日祝日対応
    ・15時以降対応
    などで比較できる。

    口コミサイトへ

筆者も以前、お金に困ったことがありました。

どうしてもお金を作らなければならず、何年もかけて集めて来た貴重な古書などを、古書店に売りました。

買った時には10万円もしたような本が、売る時は10分の1以下の価値になってしまいました。

また、貴重な古書をレジに積み上げると、それぞれの本を詳しく見ることもなく、「これ全部で〇千円なら買うよ」などとも言われました。

足元を見られていることが悔しく、それでも呑まなければならない状況を恨みました。

したがって、この方法は誰かに迷惑をかけるものではありませんが、非常にストレスの大きい方法だといえるでしょう。

消費者金融などから融資を受ける

この方法は、比較的ストレスの少ない方法です。

家族や友人から借りた場合には、「返せなければ関係を壊してしまう、迷惑をかけてしまう」という不安が付きまといますが、相手が消費者金融業者ならば、そのような意識はあまり芽生えないものです。

万が一、返せなかった時にも、弁護士を立てて債務整理をすることで、合法的に返済を免除してもらうことができます。

しかし、お金に本当に困っている時に限って、融資を受けられない人もたくさんいます。

というのも、貸金業者は総量規制(貸金業者は、利用者の年収の3分の1までしか貸してはならないという法律)を守りつつ貸す必要があるからです。

これまで借入の経験がなく、定職に就いており、安定した収入を得ている人ならば、消費者金融から融資を受けることができますし、即日融資もおそらく可能です。

しかし、これまでに借入をしており、それが年収の3分の1に達している場合、総量規制によって追加融資を受けることはできません。

もちろん、定職についておらず、収入が安定していなかったり、収入がゼロの場合にも、借入をすることはできません。

クレジットカード現金化の優良業者まとめ

  1. お客様対応で評判のジョイフル

    「迷ったらジョイフル」
    と言われるほど、定評のある業者。
    色々と比較するのは面倒ですよね…
    そんな時はジョイフルにお願いしちゃいましょう♪
    きっと期待に応えてくれるはず!
    他社からのお乗り換えキャンペーン中です^^

    ジョイフルのくちコミを確認してみる

  2. 商品の郵送がない買取くん

    「とにかく、家族だけにはバレたくない」という人は買取くんを要チェック。
    商品は、PDFデータなどの電子商材が電子メールで送られてくるだけです。
    「現金化した商品が届いてしまう…」そんな心配は無用のお店ですよ♪
    女性向けのキャンペーンも充実し、一番女性にやさしいかもしれないですね。

    買取くんのくちコミを確認してみる

上記のことから、個人信用情報に問題がなく、総量規制による借入限度額にも問題がない人ならば、消費者金融から借り入れるのが最も良い方法です。

わざわざ、家族や友人から借りたり、持っているものを売ったりする必要はありません。

利息は年利18%と高いですが、支払うには問題のないレベルです。

問題は、消費者金融から借りられない人です。

そのような人が、家族や友人から借りるという方法を利用したくない、持っているものを売るという方法を利用したくない、あるいは利用できないという場合には、どうすればよいのでしょうか。

クレジットカード現金化を利用しよう

クレカ現金化手軽さが仇に

そのような時、高利貸しや闇金業者といったところならば、総量規制などとは無関係に貸付けていることが多いですし、闇金業者に至ってはほぼ無審査ですから借りることができるでしょう。

しかし、高利貸しは高金利、闇金業者は超高金利ですから、利用したら必ず後悔することになります。

上記の方法でお金を作ることができず、高利貸しや闇金業者から借りることもできないならば、クレジットカード現金化を利用するのが良いでしょう。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って、現金を手に入れる方法です。

クレジットカードは本人名義のものが必要

もちろん、クレジットカードも持っておらず、クレジットカードを作れるだけの信用力がない人は、クレジットカード現金化を利用することはできません。

クレジットカード現金化に使うクレジットカードは、必ず本人名義であることを求められますから、自分名義のクレジットカードを持っていない人は利用できないのです。

他人のクレジットカードを「自分名義だ」と偽って利用することも困難です。

なぜならば、振込口座の名義がクレジットカードの名義と一致している必要があるからです。

本人確認

もし、何らかの方法で名義人のクレジットカードと口座を利用できる状況ならば、クレジットカード名義も口座名義も他人のものを利用し、クレジットカード現金化を利用することは可能でしょう。

しかし、、それはどのような場合かと考えてみると、健全な方法とは言えません。

したがって、クレジットカード現金化は、原則として本人名義のクレジットカードを利用する必要があります。

クレジットカード現金化は手軽

自分名義のクレジットカードを持っているならば、クレジットカード現金化が可能です。

これは、家族や友人から借りる、持っているものを売る、貸金業者から融資を受けるなどの方法に比べて、かなり手軽なものです。

何しろ、クレジットカード現金化は融資ではないのです。

クレジットカード現金化というと、

「クレジットカードを何らかの方法で使う(ショッピング枠で業者の商品を買うなど)する代わりに、現金化業者からお金を借りられる方法」

と考える人がいるのですが、決してそうではありません。

現金入手安全な方法

このことは、クレジットカード現金化の流れを見ていけばわかるでしょう。

クレジットカード現金化の流れを簡単に説明すると、

1、クレジットカード現金化業者に申し込む

2、クレジットカード現金化業者と電話し、利用の意思確認や内容説明を受ける

3、内容説明に納得し、利用するならば、業者が提供する商品をクレジットカード決済で購入する

4、業者側で決済確認が取れたら、あらかじめ決められていた還元率に沿って、利用者の口座に支払われる

5、後日、購入した商品を受け取ったら現金化業者との関係は終了し、その後はショッピング枠の利用額を、クレジットカード会社に対して返済していく

このように、決してクレジットカード現金化業者から融資を受ける方法ではありません。

利用後、利用者はクレジットカード会社に対して、ショッピング枠利用の際の条件に基づいて返済を進めていくことになります。

もちろん、分割払いやリボ払いも可能です。

利用者側からしてみれば、家族や友人から借りる、持っているものを売る、消費者金融から借りるといった方法と比較し、非常に手軽な方法であることが分かるでしょう。

手軽さがクレジットカード現金化の売りなのですから、当然といえば当然のことです。

その気軽さゆえに・・・

クレカ現金化手軽さが仇に

しかし、クレジットカード現金化では、その手軽さが却って仇になることがあります。

なぜならば、クレジットカード現金化はあまりに手軽であるがゆえに、悪質業者を利用してしまったり、優良業者を利用するにしても、利用しすぎてしまうことがあるからです。

クレジットカード現金化は、優良業者も多い中で、悪質業者も多いという特徴があります。

「なんだ、こんな手軽な方法があるじゃん!」などと考え、業者を選別せずに安易に選んでしまうと、悪質業者を利用することになってしまい、期待していたよりもずっと少ない現金しか受け取れなかったり、全く受け取れなかったりと、詐欺被害に遭うこともあります。

このため、クレジットカード現金化がいかに手軽な方法であるとしても、ひと手間ふた手間かけることを心がけるべきです。

利用を検討している業者が悪質業者でないことを確信するために、業者情報を色々と調べるのです。

複数業者を調べていき、その結果優良業者であるとわかれば、安心して利用することができます。

しかし、優良業者であったとすれば、そのクレジットカード現金化は「手軽+絶対安心」という方法になってしまいます。

そのこと自体は非常に良いことなのですが、手軽に利用することが重なり、ショッピング枠を一杯までつかってしまい、クレジットカード会社への返済が大変になるケースが見られます。

したがって、クレジットカード現金化の手軽さは間違いなくプラスの要素であるけれども、それが却って仇になってしまうことがないよう、自制心を持ちながら使うことが大切です。

まとめ

クレカ現金化手軽さが仇に

クレジットカード現金化は、非常に手軽で便利な方法です。

もちろん、優良業者を利用することが前提にはなりますが、その条件さえクリアしてしまえば、お金を作るための選択肢が少ない人にとって、これほど心強い方法はないと言ってよいでしょう。

しかし、手軽であるということは、それを安易に利用することにもつながります。

本来は、クレジットカード現金化を利用しなくても問題なく、生活が安定していた方が良いに違いないのですから、困ったときにはすぐにクレジットカード現金化に頼り、頼らざるを得ない状況を打開する努力をしないのは間違いです。

したがって、皆さんは困ったときにはクレジットカード現金化で手軽に現金を手に入れつつ、現状の改善を図ることを忘れないで欲しいと思います。

クレジットカード現金化口コミ   利用停止になりにくい現金化   クレジットカード現金化よくある質問  

\ SNSでシェアしよう! /

クレジットカード現金化マニュアルの注目記事を受け取ろう

クレカ現金化手軽さが仇に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クレジットカード現金化マニュアルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
換金率をアップする   現金化重要
くらべてますか?
クレジットカード現金化業者は比較して選ぶ時代。かしこく現金化しましょう。

のりかえキャンペーンも行っていますので、この際に見直してみませんか?


比較サイトへ